【2020】新種牡馬の特徴を考察する

アイキャッチ競馬

ディープインパクト・キングカメハメハの両巨頭がこの世を去り、サイアーランキングも戦国時代を迎えようとしています。

今回は2020年に産駒がデビューする新種牡馬について、血統などから特徴を考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

2020年の新種牡馬

2020年に産駒がデビューする主な新種牡馬はこちら。

  • ドゥラメンテ
  • モーリス
  • ミッキーアイル
  • ラブリーデイ
  • リオンディーズ
  • ホッコータルマエ
  • アジアエクスプレス
  • マクフィ

ドゥラメンテ

今年の最注目は二冠馬ドゥラメンテです。

父キングカメハメハ・母父サンデーサイレンス・母母父トニービンと日本を代表する名血がびっしり。自身が圧倒的な強さを見せるのは納得ですが、この血統が繁殖馬としては逆効果になってしまう可能性も。(母母母父にはノーザンテースト)

基本的には海外の牝馬が配合相手になりそうですが、キングカメハメハの系統は母系を引き出す傾向にあるので、ドゥラメンテも母方の血統をチェックするのが重要になりそうです。

母系が米国型なら早い時期から活躍するタイプ、欧州型ならゆっくり成長するタイプになりそうですが、トニービンの血があるので全体的に晩成傾向になるかもしれません。とは言え、ルーラシップよりは影響は薄いでしょうから、クラシックに間に合う馬も出るかと思います。

ドゥラメンテ自身が芝の主流血統で固められているので、ダートは向かないでしょう。芝で惜敗続きの馬がダートに矛先を向け、人気になっていたら喜んで消します。それで好走しても責任は取りません!

  • 馬場…芝〇・ダート×
  • 距離…1600~2400m
  • 根幹距離…〇
  • 非根幹距離…△
  • 重馬場…△
  • 多頭数…〇
  • 少頭数…△
  • 内枠…〇
  • 外枠…△
  • 広いコース…〇
  • 小回りコース…△
  • 坂…〇
  • 格上げ戦…〇
  • 短縮…〇
  • 延長…△

モーリス

父スクリーンヒーロー・母父カーネギー・母母父モガミという血統でこれだけ活躍したのは驚きです。一応スクリーンヒーローはサンデーの血を持っていますが、ディープ牝馬との配合も可能。

なぜこの血統でマイル~中距離で走ったのかが分かりませんが、サッカーボーイのように種牡馬となると本来の血統通りのタイプを輩出することがあります。モーリス産駒は瞬発力ではサンデー系・キングマンボ系には敵わず、馬力とスタミナでゴリ押しするタイプとなるでしょうか。

つまり、根幹距離よりも非根幹距離向きで、クラシックは難しいということ。距離適性もどうなるか未知数ですね。自身と同じマイルから中距離を得意とするのか、血統通りに中~長距離をこなすようになるのか。

ただ、繁殖の質がかなり良いそうなので、母方の良さを引き出すタイプなら自身の重さを帳消しにできるかも。そうなると、圧倒的だった基礎能力と相まって良い方向に出そうです。

母系がダート血統なら、ダートでも活躍しそうな気がしますね。バリバリの絶頂期に敗れた2戦は少頭数でスローの上がり比べとなった安田記念、距離延長の札幌記念なので、この辺りは弱点となる可能性もあるでしょう。

もしかしたら、種牡馬としては案外な結果に終わる可能性もありそうです。

  • 馬場…芝〇・ダート〇(母系がダート血統)
  • 距離…1400~2200m
  • 根幹距離…△
  • 非根幹距離…〇
  • 重馬場…〇
  • 多頭数…〇
  • 少頭数…△
  • 内枠…〇
  • 外枠…〇
  • 広いコース…△
  • 小回りコース…〇
  • 坂…〇
  • 格上げ戦…〇
  • 短縮…〇
  • 延長…△

ミッキーアイル

父ディープインパクト・母父ロックオブジブラルタル・母母父ヌレイエフで、マイルを中心に活躍。産駒もマイル前後で活躍する馬が多くなりそうで、2歳戦から走る馬も多いでしょう。

自身が休み明けを苦にせず、外目の枠で揉まれないときの好走が多かったので、ひとまず産駒にもそういった傾向があるのではないかと注目しています。外枠で好走からの内枠替わりは危ない?!レースの条件よりも、いかに気分よく走れるかがカギになりそうです。ヌレイエフも持っているし、意外とダートもこなせるかも。

  • 馬場…芝〇・ダート〇?
  • 距離…1200~1600m
  • 根幹距離…〇
  • 非根幹距離…△
  • 重馬場…△
  • 多頭数…〇
  • 少頭数…〇
  • 内枠…△
  • 外枠…〇
  • 広いコース…〇
  • 小回りコース…〇
  • 坂…〇
  • 格上げ戦…△
  • 短縮…〇
  • 延長…〇

ラブリーデイ

父キングカメハメハ・母父ダンスインザダーク・母母父トニービンで、古馬になってから力を付けてG1を2勝。その後は勢いを失い、好走はするものの勝てずじまいで引退となりました。

母系にダンス・トニービンがいるので、同父のドゥラメンテよりは中距離適性が高そう。ただ、キンカメは長距離となるとダメなので、産駒も中距離がベストでしょう。

母系が米国型なら早い時期から走れても不思議はないですが、やはりトニービンの血を持つ馬の真骨頂は古馬になってからでしょうか。基本的に休み明けから全開で走ることはなく、叩いて上向いていくタイプだったので、産駒にもそのような傾向が出るかもしれません。

ダートは多分ダメでしょう。

  • 馬場…芝〇・ダート×
  • 距離…2000~2400m
  • 根幹距離…〇
  • 非根幹距離…△
  • 重馬場…△
  • 多頭数…〇
  • 少頭数…〇
  • 内枠…〇
  • 外枠…△
  • 広いコース…〇
  • 小回りコース…〇
  • 坂…〇
  • 格上げ戦…〇
  • 短縮…〇
  • 延長…△

リオンディーズ

朝日杯で武豊のJRA全G1制覇の夢を砕いた馬。父キングカメハメハ・母父スペシャルウィーク・母母父サドラーズウェルズの良血馬です。母は名馬を多数輩出しているシーザリオですね。

ダービーまでの5戦で引退してしまったので、はっきりとした特徴が分からないままですが、キングマンボとサンデーを持っているので配合相手が難しい。とはいえ、サンデー自体は母父父となるので、ここまで来ると問題ないのかな?

エピファネイア同様、シーザリオの良さが全面に出ればクラシックでも通用しそうですが、マイルから中距離が活躍の場となりそう。相手強化にも怯まず、短縮でパフォーマンスを上げそうなイメージです。

  • 馬場…芝〇・ダート×
  • 距離…1600~2400m
  • 根幹距離…〇
  • 非根幹距離…△
  • 重馬場…△
  • 多頭数…〇
  • 少頭数…〇
  • 内枠…〇
  • 外枠…△
  • 広いコース…〇
  • 小回りコース…△
  • 坂…〇
  • 格上げ戦…〇
  • 短縮…〇
  • 延長…×

ホッコータルマエ

父キングカメハメハ・母父チェロキーラン・母母父アンブライドルドの血統で、ダートG1を10勝した名馬。

産駒も基本的にはダートで活躍するでしょうが、母方にサンデーの血を持っていれば意外と芝もこなせるのでは?と思えます。パンパンの良馬場ではなく、雨で渋った馬場になれば穴を出す可能性も。

現在のダート中距離界はゴールドアリュールが君臨していますが、どこまで対抗できるか楽しみですね。ゴールドアリュールよりも地方競馬の適性は高くなるのではと思います。

  • 馬場…芝△・ダート〇
  • 距離…1800~2400m
  • 根幹距離…〇
  • 非根幹距離…〇
  • 重馬場…〇(芝)
  • 多頭数…〇
  • 少頭数…〇
  • 内枠…〇
  • 外枠…〇
  • 広いコース…△
  • 小回りコース…〇
  • 坂…〇
  • 格上げ戦…〇
  • 短縮…〇
  • 延長…△

マクフィ

父ドバウィ(ミスプロ系)・母父グリーンデザート(ダンチヒ系)・母母父アイリッシュリバー(ネヴァーベント系)という血統。ドバウィの父ドバイミレニアムは数世代の産駒を残しただけで亡くなりましたが、そのポテンシャルの高さは相当なものでした。

血統的に日本のクラシックでどうこうできるとは思いませんが、芝ダート兼用で短距離から中距離までこなせそうで、馬主孝行な種牡馬となりそうな気がします。

母系が米国型ならダートで、欧州・日本型なら芝で狙いたいですね。ダンチヒの血を持っているので、前走の勝ちっぷりを信用すると痛い目にあいそう。逆に、前走で大敗してもあっさり巻き返してくるでしょう。

ドバウィ産駒の種牡馬にはモンテロッソがおり、短縮や内枠(芝)、坂のあるコースで一発に期待できるのはマクフィ産駒にも通ずるところがあるのではないでしょうか。

  • 馬場…芝〇・ダート〇
  • 距離…1400~2000m
  • 根幹距離…〇
  • 非根幹距離…△
  • 重馬場…〇
  • 多頭数…〇
  • 少頭数…△
  • 内枠…〇
  • 外枠…△
  • 広いコース…△
  • 小回りコース…〇
  • 坂…〇
  • 格上げ戦…△
  • 短縮…〇
  • 延長…×

まとめ

ドゥラメンテ・モーリス・ホッコータルマエ・リオンディーズはおそらく良血揃いで人気馬が多く、馬券的にはいつ嫌うかがポイントになるでしょう。案外、モーリスは根幹距離で負けた後の非根幹距離で穴狙いができるかも。

キングカメハメハの系統は、基本的にはどのような条件でもそつなくこなしそうなので、はっきりとした弱点を見付けるのは難しいかなという印象があります。

ミッキーアイルは2歳戦からガンガン狙えそうですが、(前走より)揉まれる条件では脆そう。ラブリーデイは種牡馬としてはちょっとどうなのかな?という印象ですね。

馬券的に面白いのはマクフィでしょう。好走後や延長で凡走した場合は気にせず、次走で短縮・内枠替わりになれば激走する可能性は十分。重馬場や坂のあるコースは得意だと思うので、上手く馬券に活かしたいところです。

コメント

  1. アルミ より:

    俺得な記事!
    参考にします