運用開始から約1年半・私のiDeCo遍歴と途中経過を報告します

僕がiDeCoを開始したのが2016年の夏ごろでした。当初は投資に関しても方針が固まっておらず、今考えるととんでもない商品で運用していたなと思う次第です。

その後、米国株の優位性に気付いてからは米国株を中心に運用を続けています。

スポンサーリンク

僕のiDeCo遍歴

iDeCoを開始した当時は、とりあえず色々と分散させようとだけ考えて、取扱商品を見ながらよく分からないまま幾つかの商品を選びました。

何を選んでいたかも覚えていませんが、中には信託報酬が年率0.5%を超える商品を選んでいたことは鮮明に覚えています。その頃は信託報酬、何それ美味しいの?レベルだったんです。

その後、米国株への投資に目覚め、iDeCoの運用商品にもNYダウに投資ができるものが追加されたため、全ての商品をNYダウへスイッチング(乗り換え)しました。

NYダウだけでも問題ないと考えていますが、念には念をということで、先進国と新興国への投資も少しだけ振分をしています。

iDeCoの運用状況

これが運用開始から約1年半経った現在の状況です。

拠出金額は389,000円、資産残高は470,463円(手数料等含む)なので、約8万円の利益が出ていることになります。

1年半でたった8万かよ…と侮ることなかれ。元本に対しての利益率は20.9%ですから、元本が1,000万あれば約200万の利益ということ。金額より率ベースで考えることが重要ですね。

まぁ、2017年はひたすら米国株は上昇していたので、これくらいは当然です。日本株も大きく上昇していたので、株式で運用していた人の多くは恩恵を授かれたと思われます。

元本保証の商品ではこのようなリターンは有り得ませんし、これがリスクを取った人のみが受けられる恩恵だということです。

もちろん、今後は一時的に利益が減少したり、下手すればマイナスになる可能性はあります。

それでも僕が60歳になるまではまだ20年以上ありますから、途中経過はそれほど気にする必要はありません。

ただし、受け取る時期に暴落すると痛いので、徐々にリスクの低い商品へ変更するように対策はするつもりです。

恩恵は利益だけじゃない

iDeCoのメリットは、運用して得られる利益だけではありません。

拠出している金額は全額所得控除が適用されるため、支払う税金が少なくなります。僕はパートとして給与を貰っているので、拠出上限は23,000円。年間で276,000円ですね。

年末調整で申告することで、この276,000円が所得から引かれるので支払う税金が少なくなるんです。このおかげで、僕は所得が0円という状態になっています。

つまり、所得税・住民税の支払いが発生しません。(あぁ非国民)

その代わり、僅かですが毎月寄付をするようになりました。元々物欲もないタイプでしたが、ホセ・ムヒカ大統領の存在を知ってから、より贅沢に興味がなくなった気がします。

まとめ

人によって優先するものは違いますから、全員が今すぐiDeCoを始めるべきとは思いません。

しかし、公的な年金制度だけでは将来が不安だと感じているなら、少なくとも興味を持って制度について理解を深めておくことは重要でしょう。

今ではネットでほとんどのことが調べられる時代、自分の人生をより良いものにするには、圧倒的に恵まれていますから。

おしまい。

SBI証券のiDeCoはおススメです。

まずは資料請求から。

iDeCoで選ぶべき金融機関と商品について解説しています。

iDeCoでお勧めの金融機関と商品はこれだ!!
2017年からiDeCoの加入対象枠が広がり、知名度も少しづつ上がってきたように思われます...