株価大幅下落中!!こんなときこそ仙道の名言を胸に刻もう

ここ数日、レンタルサーバーの移行手続きでブログの更新が滞ってしまいました。(意味なく滞ることも多々ありますが)

そんなさなか、長らく絶好調だった米国株が大幅な下落を見せています。

僕が米国株に投資を始めてからここまで下落したのは初めてですね。

どうせ今日の日経平均も釣られて大幅安になるんだろうなと思っていたら案の定、分かりやすい結果となりました。

スポンサーリンク

歴史的な下落なのか?

新聞やネットでは米国株の一日での下落幅が過去最高を記録しただの騒いでいますが、果たしてそんな大騒ぎするようなことでしょうか。

確かに一日で1175ドルも下落したことは、一見すると大暴落のようにも思えます。

過去2番目の下落幅が700ドルちょっとらしいですが、そもそも元の株価が違うのに株価の下げ幅だけで比べるのは何の意味もないでしょう。

株価に対しての割合で言うと今回の下げは4.6%程度ですから、パニックになるような出来事ではないですよね。

賢明な投資家なら全く動じていないと思いますが、最近投資を始めてこれだけの下落を経験するのが初めての方にはこの言葉を贈りたいと思います。

みなさん、落ち着きましょう。

2月の購入予定銘柄を購入

僕は年初に今年の投資計画を立てて、それに基づいて2月も予定銘柄を購入致しました。

購入したのはNISA口座でXOMVYMVDCの3銘柄です。

どうせならもう少し早く下げといて欲しかった…

まぁいつか下落する可能性は高いとは思っていたものの、まさか購入した直後にこれだけ一気に下がるとは思いませんでしたね~。

すぐに回復されるとジェレミー・シーゲル氏の言うリターンのアクセルを踏めない状態になるので、どうせならしばらく下げといてもらった方が良いかなとも思います。

今回はたまたま大きく値を下げる直前に買ってしまいましたが、事前にそうなることを予測するのは無理です。

これまでは上昇する前に購入しているわけなので、定期的に買うことはこういうもんやって思うしかないですよね。

まとめ

おしまい。

投資のタイミングを計るのは難しいです。

米国株投資は購入するタイミングを考える必要はない
株式投資では、株価が安いときに買い、高いときに売ることが鉄則とされています。しかし、実際に投資をしているとそれがいかに難しいことかを実感する...

円高・株安で資産が減少なう。

円高・米国株安で僕の資産が溶けていくぅ~…
米国株投資をしている多くの人は、2018年になってから相場にヤキモキしているのではないでしょうか。 とくに高配当株をメインに投資をして...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする