【悲報】米国株投資をしているけど…投資に興味が湧かない問題

僕はこのブログでもいくつか記事にしていますが、資産形成のために米国株投資をしています。

株式投資はギャンブル性が高いと思われがちですが、僕がやっているのは全くそんなことはなく、長い時間をかけて少しずつお金を増やしていく方法です。

スポンサーリンク

株式投資を始めたきっかけ

僕は28歳くらいから、仕事をせずにパチスロで生活費を稼ぐようになりました。途中、以前バイトをしていた会社でパート契約をしていた時期もありましたが、収入はパチスロがメインでした。

そんな生活なので、将来の保障は全くありません。多少は厚生年金にも加入していましたが、雀の涙にしかならないのは明白だったので、どうにか自分で将来困らないようにしなければ…と思うようになりました。

そこで考えたのが、収入源を複数作ること。

パチスロは基本的に自分が動かないとお金になりませんから、自分が動かなくても収入が入ってくる、いわゆる不労所得を作ろうとしました。そこで候補になったのが、株式投資やブログの広告収入です。

スロットで勝てる知識はありましたが、株式投資についてはド素人も良いところなので、もちろん最初はとても不安でしたよ。書籍で勉強して、とにかく大きな損失だけは出さないようにと考えていましたが、正直そんなこと考えても何も分からない。

なので、とりあえず勢いで何か買ってみようと思って投資したのが始まりでした。今になって思うのは、株式投資は何冊も本を読むよりも、少額でも良いから何かの銘柄を購入するほうが何倍も勉強になる…ということですね。

米国株投資との出会い

その後、一年ほど経ったときにとあるブログで米国株投資について知り、これこそまさに僕が思い描いていた投資や!と直感したので、その月から米国株投資を始めました。

それまでに購入していた日本株は順次売却していきましたが、運良く多少のプラスになりましたね。まぁ完全なるラッキーでした。それからは貯蓄はほとんどすることなく、毎月米国株に投資を続けていきます。貯蓄するどころか、貯蓄していた分を米国株に充てていきました。

当時は米国株投資について色々と興味があり、人のブログやら書籍やらで勉強をしていたおかげで、自分のブログでもそれなりの記事に仕上げるくらいの知識を得ることが出来ました。

結果、米国株投資では愚直に積立投資を続けることがベターであり、難しい知識を詰め込む必要はないことも分かりました。当然、何でも知っているほうが不安が和らぐ可能性は高いので、難しい知識を身に付けておくに越したことはないですけどね。

ただ、僕はもともと世界情勢や経済ニュースなどには興味はないので、米国株投資をしておくのが最も無難な資産形成だと理解した以上、さらに深い知識を得たいとも思いませんでした。

今では淡々と毎月資金を追加していくだけで、人のブログなどで情報を仕入れることも減っています。米国株投資のブログも、僕が投資を始めたころに比べて参加者が大幅に増えて飽和状態になっているのも、見る気が失せる原因かもしれません。

まだ投資熱があった頃は、周囲にも米国株投資の優位性を説いたりしたもので、そのうち一人だけ興味を示してくれて投資を始めた人がいます。その人は会社で企業型DC(確定拠出年金)に加入していたので、まずはそこで外国株に投資をすることになりました。

それまで初期設定の定期預金へ積み立てをしていましたが、5年ほどの運用で利息はたったの30円でした。それが外国株投資をしてから、ほんの数ヶ月で数万円の利益が出たことに友人は驚愕。

もちろん、それはそのときにたまたま相場が良かっただけなので、どこかで大きく下げるときも来る、何ならマイナスにまで落ち込むこともありますよとは釘を刺しておきました。

その通り、その後の収益は増えたり減ったりを繰り返していましたが、それで投資の感覚が理解できた友人はつみたてNISAを開設し、今ではそれ以外にも特定口座(通常の取引する口座)でも資金を追加しています。

面白いことに、友人も資産形成のために投資はしてるけど経済などには興味がないタイプなので、時間が経つにつれて僕と同じように投資そのものに興味が薄れてきているそうです。

とくに、僕は毎月自分で買付をする必要がありますが、友人は自動買付の設定をしているので、やることと言えば口座にお金を入れておくだけ。たまに、投資をしていることも忘れるとも言ってましたね。

以前は米国株投資を通じて多くの人が資産形成が出来るようにと、米国株投資の魅力を伝えていきたいと考えていたこともありますが、やっぱり世間一般では株式投資はリスキーなイメージなんですね。

周囲に米国株投資の良さを話しても全然伝わらないし、むしろ日本ではお金の話をしても大きなお世話と思われる風潮が強いのをヒシヒシと感じました。(プレゼン力の問題もありますが)

悲報!投資熱の低下

結果、投資やお金に関する話を周囲ですることは減りましたし、アウトプットをしないことで自分の中でも熱がどんどん冷めてくる。米国株投資の良さを知ってもらうためにブログで記事にしておいて、本人は投資に興味がないってのも珍しいんじゃないでしょうか。笑

まぁ僕がやっている米国株投資は、それでも資産形成が出来るのが良いところでもあるんですが。この投資は基本的に「退屈でつまらないもの」と言われますが、まさにその通りです。

何もすることがないので、退屈です。日々の値動きもさほど大きくないし、一夜にして大金持ちになれるわけでもなく、つまらないです。だからと言って、仮想通貨のようなギャンブル性の高いものに手を出したいとも思いませんが。

もっと色んなことに興味を持てるような好奇心が欲しいとも思いますが、僕は周りがビックリするくらい好奇心が不振※なので、興味ないもんはしゃあないと割り切るしかないですね。

※ 調べたところ、(好奇心)旺盛の反対語は不振だそうです。ホンマかいな。


米国株投資について知りたい方はこちらの記事をどうぞ!(長いで)

米国株投資のメリット・デメリット

シェアする

フォローする