投資初心者にこそ最適な米国株投資のメリット・デメリット

最近、僕の周りでも株式投資に興味を持つ人が増えてきました。

実は以前から興味はあったけど、何をしたら良いか分からないし、下手に手を出して損をするのが恐いという人も多いでしょう。

投資初心者はまず株式投資に関する本を読み、専門用語を色々と勉強する必要があると考えていると思いますが、実際に投資をしている僕からすると、そんな本を読む必要はありません。

今ではネット上にとても役に立つ情報がたくさんありますし、投資はまず実際にやってみることの方が重要だと、僕は考えています。

やり方にもよりますが、少なくとも僕が推奨している投資法なら短期間で大損するようなことはありません。まず投資に触れてみて、それと同時に知識を付けていくようにする方が、本を読むより遥かに理解が進みます。

そんな僕が推奨しているのは、日本の株ではなく米国株への投資です。

とは言え、最初は僕も米国株なんて考えもしませんでしたし、日本株から始めたのですが、投資を始めてから約1年後にふとしたきっかけで米国株に出会いました。それ以降、日本株は一切購入することなく、米国株への投資を続けています。

ここでは米国株投資のメリット・デメリットと、なぜ投資初心者に米国株投資が最適なのかを解説していきます。

スポンサーリンク

米国株投資のメリット

米国株投資のメリットは、簡単に一言で言えば「儲かる」からです。儲かると言うとギャンブル的なニュアンスになるのであまり使いたくないのですが、将来的に資産が増える=儲かるということで、そのように表現しました。

ただし、短期的には株価は大きく下落する可能性もありますから、長期的に投資を続けることを前提とした話になります。

何も知らない投資初心者には、米国株投資はハードルが高いと感じるかも知れませんね。

安心してください。

僕なんて、英語力は中学生以下のレベルですし、企業の業績等に関しては米国どころか日本のことでもよく分かっていません。でも、そんな僕ですら長期的には資産を増やせるのが米国株投資なんです。

その理由を説明していきます。

米国は先進国で唯一の成長国

先進国とはすでに経済が成熟している国のことで、発展途上の国は新興国と呼ばれます。

日本も戦後に目覚ましい発展を遂げたことで、今では先進国の仲間入りをしています。安全で豊かな暮らしができるのも、先人たちのおかげなんですね。

先進国は様々なインフラが整っているので生活するにはとても便利ですが、国の成長という意味では発展途上国には敵いません。それどころか、人口が減少して経済が衰退していく可能性もあります。現在の日本がその典型例ですね。

基本的に、人口が増えなければ経済は成長しません

人がいなければモノが売れない、モノが売れなければ企業は利益が出ない、利益が出なければ給料が上がりません。人口減というのは、経済成長にとってマイナスにしかならないのです。

裏を返せば、人口が増加すれば経済も成長するということですね。

こちらは先進国の人口推移を予測したグラフです。

将来の人口の増減は、かなりの精度で予測できるそうです。

このグラフを見ると、日本以外の先進国でも人口が減少していく国ばかりですが、米国だけは人口が増え続けることが予想されています。つまり、米国の経済は今後も成長を続ける可能性が高いと言えます。

それを裏付けるのが、米国のこれまでの株式市場のチャートです。

米国でもこれまで何度か暴落が起きたという事実はありますが、それを乗り越えてこれまで右肩上がりに成長を続けているのです。

赤丸で囲った暴落時には、一時的に大きく資産が減る可能性もあります。しかし、長期的に見ればその暴落もちょっとした出来事にしか過ぎないことが理解出来るのではないでしょうか。

世界恐慌はちょっとインパクト強すぎですが、現在ではこれまでの経済危機を経て、政府が的確な政策を取れるようになったため、ここまでの暴落が起こる可能性は限りなく低いと言われます。

これまで米国株市場は、年率で平均6~7%成長を続けてきました。今後、どれくらいのペースで成長を続けるのかは分かりません。

ですが、これを読んでいるあなたが投資を始めた途端に、これまでの歴史を覆すような大暴落が起こり、それ以降経済が衰退し続けるようになると考えるのはあまりにも不合理ではないでしょうか。

今後も米国経済は成長を続ける可能性が高いなら、そこに投資をすることが最適な方法だと言うことです。

株主還元に積極的

株主還元は、配当金の支払いや自社株買いなどによって行われますが、米国企業は日本企業に比べて、株主に利益を還元する意識が高いと言われています。

実際、米国には配当金を毎年増配させている企業が日本より遥かに多く、減配するのは恥とまで考えられているそうです。(実際は分かりませんが)

25年以上連続して増配している企業を配当貴族と呼び、50年以上になると配当王と呼ばれます。前者は米国では100社以上、日本では花王の1社のみとなっています。まぁ企業の数からして違うため、単純には比べられないとは思いますが。

日本に連続増配企業が少ないのは、業績が悪化すると減配・無配に踏み切る習慣があるからです。言わば、企業と株主は連帯責任ですよ…と。

連続増配を続けている米国企業は、リーマンショックなどの暴落時にも増配を続けています。

ジェレミー・シーゲル氏の著書【株式投資の未来】では、配当は高リターンを生む源泉であることが証明されています。そのため、配当は投資家にとっては大きな意味を持ちます。

先日の財務省の発表により、日本の大企業の内部保留(会社にため込んでいる資金)が過去最高の400兆円を超えたことが分かりました。

これを賃金上昇や株主還元(増配)に回すことをしないのが日本企業の実態ということですね。

ある企業ではゆくゆく不況になったとき、従業員の給料やボーナスを減らさないために残しておくと言っているそうです。(減らすやろ)

日本企業よりも株主還元に積極的なことも、米国株投資を行うメリットと言えます。

優良ETFが多い

ETFとは、あるテーマに沿った個別企業の詰め合わせ商品のようなものです。

例えば、米国の優良大型企業の500社で構成されるS&P500という指数があり、それらの企業を詰め合わせたETFに、SPY・IVV・VOOという商品があります。それぞれ販売する会社が違い、手数料や配当金などに微妙な違いがあります。

仕組みは投資信託とほぼ同じで、違いは株式市場に上場しているのがETF、していないのが投資信託となります。(って言っても意味が分からないですよね)

ここではETFと投資信託の違いは省きますが、ETFのメリットは少額で幅広く分散投資が出来ることです。

例えば、一人でS&P500に採用されている企業の株を全て購入しようとすると、莫大な資金が必要になります。企業によって株価も違うため、1株ずつ買っていては株価が高い企業の影響力も強くなり、賢い分散投資とは言えません。

しかし、ETFなら1株購入するだけで、500社分をバランス良く保有することになり、個人の資金力でも十分な分散投資が行えます。実際には購入手数料の関係で、1株だけ買う行為は無駄が大きいのでやらない方が良いですけどね。

S&P500に投資をすることは、世界一の投資家と呼ばれるウォーレン・バフェット氏も推奨されています。投資に詳しくなくても、S&P500に投資しておけば失敗する可能性は限りなく低いと言えるでしょう。

ETFを保有するには信託報酬(経費)が発生しますが、この経費は投資のリターンに直接関係してくるので安いに越したことはありません。

ETFの信託報酬は非常に低水準のものが多く、年率0.1%を切る商品も多いです。(1万円の投資に対して年間100円以下の手数料)

安かろう悪かろうでは意味がないですが、米国ETFは安かろう良かろうなんですね。

米国株投資のデメリット

メリットだけ紹介しても胡散臭いですから、米国株投資のデメリットも紹介します。

ただし、個人的にはデメリット以上にメリットが大きいと考えているため、ここで紹介するデメリットは気にしていません。

また、これらはつみたてNISAで運用する投資信託には基本的に関係ありませんので、そういった意味でもつみたてNISAは初心者に向いた良い制度だと思います。

売買手数料が割高

現在米国株の取り扱いをしている証券会社は、SBI証券マネックス証券楽天証券です。

いずれも売買手数料は、約定代金(購入代金)の0.45%となっています。

ただし、最低手数料が5ドルとなっているので、1ドルの株を1株購入しても、手数料が5ドル必要になります。そうすると、手数料が約定代金の500%というとんでもない数値になってしまいます。

そのため、約定代金の0.45%以下にするには、1度に約1,111ドル以上の投資をする必要があります。それ以下だと、手数料比率が0.45%以上となるので、手数料が割高になります。

為替によって変わりますが、現在なら1度におよそ12~13万円ほどの資金で投資をしたいところです。

一方、最大手数料は20ドルとなっているので、1度に4,444ドル以上を投資出来れば、手数料比率はどんどん下がります。10,000ドルを投資すれば、手数料比率は0.2%…ここでも金持ちが有利になる仕組みなんですね。(悔しい)

ただし、NISA口座ならETFの買付手数料は無料になります。

現行NISAは2023年で制度は終了しますが、それまでならETFを少額購入しても手数料を気にする必要はありません。

2018年からはつみたてNISAがスタートしましたが、今のところETFの取り扱いはありません。代わりに投資信託で運用しますが、投資出来る金額がそれほど多くない人は、つみたてNISAを利用する方が良いかと思います。

ETFと投資信託で若干の違いはありますが、S&P500を対象とした商品で運用しておけば問題ありません。

NISA・つみたてNISAで資産運用を始めよう
2014年に開始した少額投資非課税制度、通称NISA。 その後、2018年にはつみたてNISAなる制度が開始されました。 これは...

配当金は二重課税

米国株を保有して受け取った配当金は、現地で10%の課税をされた後、日本でも20.315%の課税がされます。そのため、実際に受け取れるのは元の約72%となります。

例えば100ドルの配当金を受け取ったとき、現地でまず10ドル(残り90ドル)、日本で約18ドル(残り約72ドル)の税金が発生します。

米国株でも、フィリップモリスというタバコ会社は本社をスイスに置いています。

このような本社を非課税の国に構えている企業の株であれば、米国での10%は課税されませんので日本の課税のみとなります。(厳密には僅かに引かれていますが)

ただし、外国税額控除制度を利用すれば、二重課税された分から所得税や住民税が控除され、取り戻すこともできます。

確定申告での手続きが必要になるので、少額であれば手間を考えると放っておいてもいいかも知れません。後々、配当金が大きくなってきたときは利用したいですね。

また、NISA口座は非課税というメリットがありますが、非課税が適用されるのは日本の20.315%に関してのみで、米国の10%分は課税されます。

この場合、二重課税とはならないため、外国税額控除制度は利用出来ません。なお、売買益に関しては米国では課税されず、日本での課税のみとなるようです。

つみたてNISAでは投資信託で運用することになりますが、投資信託では配当金は支払われず、自動的に再投資される仕組みとなっているので二重課税に関して気にする必要はありません。

配当金は投資家に分配されたときに課税されますが、投資信託では投資信託内で配当金を留めるため、課税されないようになっているようです。

その分を新たに投資に回せるので、無駄な税金を支払わずに済み、複利の効果を最大限に活かせるのが投資信託のメリットでもあります。(意味が分からないと思いますが、要は配当金が受け取れなくても損はしないということ)

為替リスクがある

米国株は、基本的にドルで保有することになりますが、その際為替リスクが発生します。

円高になれば、同じ金額で多くのドルを購入できる一方で、保有している株式の評価額は円換算すると下がることになります。

10,000ドルの株を持っていたとして、1ドル110円から105円になったとすると評価額は、

・110円=110万円

・105円=105万円

となります。

もちろん、逆の場合もあります。

円安になれば、株価は変わらなくても評価額は上がりますね。今後、為替がどのように動くかは誰にも断定はできません。

個人的には為替については良く分かりませんし、通貨の分散がどれだけ意味のあることなのかもピンと来ないのが本音です。

ただ、株価の上昇や配当金の積み重ねなどによって、為替リスクは相殺されるともいわれているため、あまり気にしていないです。

どうしても気になって解決するまでは手を出したくない…という人は、詳しく説明されているブログをご覧になってください。(丸投げ)

米国株投資が初心者に最適な理由

米国株投資のメリット・デメリットを紹介しましたが、なぜ米国株投資が初心者に最適と言っているのか。その理由は、米国株は長期的に成長を続ける可能性が高いため、貯金感覚で定期的に積み立てるだけで効果が得られる(可能性が高い)からです。

もちろん、個別の企業に投資をするなら話は別ですが、S&P500のような米国の優良企業に分散投資していれば、何も難しいことを考える必要はありません。何も…は言い過ぎですが。

積み立てるのが日本株ではダメで、米国株が良い理由もこれまで説明してきました。日本では人口減少→経済停滞(衰退)だからです。

こちらが日経平均株価の長期チャートです。

日本経済は、1980年代のバブルをピークに現在まで上昇・下降を繰り返し、ほぼ横ばいの状況が続いています。

2017年後半から株価が急上昇し、日経平均も20,000円を超えて推移をしていますが、それでもピーク時の半分程度です。

また、少子高齢化が進む一方なので、今後の成長余地には疑問がありますよね。戦後の高度成長期は人口ボーナスという状況によって起こったものだとすると、今後の日本経済の成長に大きな期待をすることは難しいと思います。

それらを考慮した場合、米国株と日本株でどちらが将来的に高いリターンをもたらしてくれるかは明白です。

日本株なら日経平均などよりも、これから成長が期待出来る個別企業を見極めて投資をする方が利益が出せる可能性が高いと言われます。

ただ、それには小難しい専門用語や企業分析、購入・売却のタイミングを考えたりなど、やらなければならないことが多々あります。

経済成長に期待出来る米国株にただ積み立てていくだけか、事業や決算内容から今後伸びる企業を選定しなければならない日本株か、果たして初心者が投資をするのにどちらが簡単だと思いますか?

まとめ

米国株投資の最大のメリットは、難しいことを知らなくても、ただ積み立てていくだけで効果が得られる可能性が高いことです。

将来のことを完璧に予測することは出来ませんから、確実に利益が得られるかどうかは断言出来ません。しかし、これまでがそうであったように、今後も米国市場は成長するでしょう。

投資は資金が多い方が有利ですが、資金が少なくても長い時間をかけてコツコツやることが重要です。そして、途中で大きな暴落が起きても決して焦らずに保有し続けること。

ETFや投資信託で優良な米国企業へ分散投資をし続けることが、最も簡単に将来の資産形成が出来る方法だと思います。

おしまい。

配当再投資のメリット・デメリットを紹介。

配当再投資のメリット・デメリット
このブログでは米国株投資を推奨しています。 その理由は、米国は先進国の中で唯一、今後も人口増加が見込まれ、経済成長に期待出来るからです...

複利の効果について紹介。

人類最大の発見?!複利の力
世の中のお金持ちがさらにお金持ちになり、一般人がどれだけ一生懸命働いてもお金持ちになれない理由をご存知ですか? それは、お金持ちは存分...

投資初心者のスタートにおススメのサービスです。

投資が不安な初心者は、まずワンタップバイで米国株投資を体験しよう
1,000円から気軽に個別株への投資ができることで話題のワンタップバイですが、その気軽さから利用者の7割が投資初心者と言われています。 ...

米国株投資のバイブルです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 堀寿彦 より:

    ご質問させて頂きます。
    フォルクスワーゲンとポルシェ社の株購入を考えているんですが、買い時のタイミング的にはどうなのか。また購入方法や手数料等を教えていただきたいのですが、よろしくお願いします。

    • hide より:

      ご質問ありがとうございます。

      お調べしましたところ、ドイツ株は大手ネット証券でも取り扱いがなく、少し古い情報ですがこちらに購入方法が書かれています。
      しかしながら、購入代金にもよりますが手数料が割高なこと、個別企業でリスクが高いことなどから購入は慎重に検討していただいた方が良いかと思います。

      仮に短期的な売買で差益を狙おうとされているなら、株価の変動は運に左右される可能性が高いことからタイミングを図ることは難しいと思われます。

      僕は長期的に投資を継続していくことが最も効率的な投資法だと考えていますので、このブログではそういった投資法についてご説明させていただきます。
      ぜひ参考にしていただければと思います。