投資初心者にこそ最適な米国株投資のメリット・デメリット

僕は現在、米国株への投資を行っています。

最初は米国株なんてイミフでしたので日本株から始めたわけですが、それから約1年後に米国株の魅力に気付き、今ではほぼ米国株にしか投資をしていません。

ここでは米国株のメリット・デメリットと、投資の初心者こそ米国株へ投資をすることが最適であることを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

米国株投資のメリット

おそらく、米国株はハードルが高いと感じるかも知れません。

米国企業なんてよく分からないし、そもそも自分英語なんて出来ないッス。という人がほとんでしょう。

でも、僕も英語は小学校2年生レベルですし、企業のことなんて米国どころか日本でもよく分かっていません。

それでも、それが米国株へ投資をする障害になることは何もありません。

先進国で唯一の成長国

先進国とはすでに経済が成熟している国のことで、現在発展途上の国は新興国と呼ばれます。

日本も戦後に目覚ましい発展を遂げたことで、今では先進国の仲間入りをしています。安全で豊かな暮らしができるのも、先人たちのおかげなんですね。

先進国は様々なインフラが整っているので生活するにはとても便利ですが、国の成長という意味では発展途上国には敵いません。

それどころか、人口が減少して経済が衰退していく可能性もあります。現在の日本がその典型例でしょうし、そうするとどうなるのか。

基本的に、人口が増えなければ経済は成長しません。

人がいなければモノが売れない、モノが売れなければ企業は利益が出ない、利益が出なければ給料が上がりません。

人口減というのは、それだけ経済成長にとってマイナスにしかならないのです。

そして、ほとんどの先進国では人口は減少することが予測されています。

人口数は相当高い精度で予測できるそうなので、おそらくそうなる可能性が高いでしょう。

しかし、グラフを見ても一目瞭然ですが、米国だけ人口が増え続けていきます。

成長力では一部の新興国に劣るのは仕方ないですが、新興国は経済が安定する前に破綻してしまうというリスクもあります。

その点でいうと、米国が破綻する可能性は限りなく低く、安定と成長が両立している唯一の国と言えるのではないでしょうか。

米国が破綻するとしたら、そのときは世界が終了していそうですね。なんだかんだで、やっぱり世界一の大国であることは変わらないでしょう。

株主還元に積極的

米国企業は、日本企業に比べて株主に利益を還元する意識が遥かに高いです。

米国には配当貴族と呼ばれる25年以上連続増配を行っている企業が100社以上ありますが、日本では花王の一社のみ。

日本に連続増配企業が少ないのは、業績が悪化するとすぐに減配・無配へと舵を切る習慣があるからと言われています。言わば企業と株主は連帯責任であると。

ところが、米国では25年どころか50年以上増配を続ける配当王と呼ばれる企業も存在します。

これほどまで差があるのは米国では株主の利益を優先するためであり、減配することは恥とまで考えらえているからだそうです。

まぁ企業の数そのものが違うので単純には比べられませんが、少なくとも米国企業の方が株主を尊重していることは間違いありません。

連続増配を続けている企業は、リーマンショックなどの暴落時にも増配を続けています。

ジェレミー・シーゲル氏の著書【株式投資の未来】では、配当は高リターンを生む源泉であることが証明されています。そのため、配当は投資家にとっては大きな意味を持ちます。

先日の財務省の発表により、日本の大企業の内部保留(会社にため込んでいる資金)が過去最高の400兆円を超えたことが分かりました。

これを賃金上昇や株主還元(増配)に回すことをしないのが日本企業の実態ということですね。

ある企業ではゆくゆく不況になったとき、従業員の給料やボーナスを減らさないために残しておくと言っているそうです。(減らすやろ)

優良ETFが多い

ETFとは、あるテーマに沿った個別企業の詰め合わせ商品のようなものです。

例えば、米国の優良大型企業の500社で構成されるS&P500という指数があり、それらの企業を詰め合わせたETFに、SPY・IVV・VOOという商品があります。

それぞれ販売する会社が違い、手数料や配当金などに微妙な違いがあります。

ETFのメリットは、少額で幅広く分散投資ができること。

一人で大型優良株500社に投資をするとなると、莫大な資金が必要になります。企業によって株価も違うので、比率を合わせようとすると考えるだけで嫌になりますよね。

ETFは1株で500社分を保有できることなるので、個人レベルの資金でも十分な分散ができるのです。

S&P500を対象としたETFは、世界一の投資家と呼ばれるウォーレン・バフェット氏も推奨しています。他にも高配当株のVYM・生活必需品を取り扱う企業のVDCなどがあります。

ETFを保有するには信託報酬(経費)が発生しますが、この経費は投資のリターンに直接関係してくるので安いに越したことはありません。

ETFの信託報酬は非常に低水準のものが多く、年率0.1%を切る商品も多いです。安かろう悪かろうでは意味がないですが、米国ETFは安かろう良かろうなんですね。

米国株投資のデメリット

日本在住で米国株を購入することには、メリットだけではなくデメリットも存在します。

それでも、米国株にはデメリットを凌駕するメリットがあると思っていますので、個人的にはあまり気にしていません。

一応、デメリットも紹介していきます。

売買手数料が割高

現在米国株の取り扱いをしている証券会社はSBI証券マネックス証券楽天証券です。

各社の売買手数料は現在ではすべて同じで、約定代金(購入代金)の0.45%となっています。

しかし、最低手数料が5ドルとなってるため、極端なことを言えば1ドルの株を購入するのに5ドルの手数料が必要になります。手数料比率が500%です。笑

手数料比率が約定代金の0.45%となるのは、約1,111ドルからです。それ以下の金額では手数料比率が0.45%以上となるので、手数料が割高になるということですね。

なので、米国株への投資は1度に12~13万円を用意したいところです。

逆に、最大手数料は20ドルとなっています。1度に4,444ドル以上の株を購入すれば、手数料比率は0.45%以下になりお得です。

10,000ドル購入すれば手数料比率は0.2%…こんなところでも金持ちが有利な仕組みになっているんですね。(悔しい)

ただし、NISA口座ならETFの買付手数料は無料になります。

ETFなら広く分散投資が可能なので、NISAを利用するのも一つの手だと思います。

2018年から始まった積立NISAではETFの取り扱いがありませんが、代わりに米国に投資できる投資信託があるので、それを利用するのもいいでしょう。

NISA・積立NISAで資産運用を始めよう
2014年に開始した少額投資非課税制度、通称NISA。その後、2018年には積立NISAなる制度が開始されました。 これは、政府がもっ...

配当金は二重課税

米国株の配当金は現地で10%の課税をされた後、日本でも20.315%の課税がされます。ゼイキンタイコク・ニッポン!!

実際に受け取れる配当金は、元の配当金の約72%程度になると考えておきましょう。

米国株でも、フィリップモリスというタバコ会社は本社をスイスに置いています。

このような本社を非課税の国に構えている企業の株であれば、米国での10%は課税されませんので日本の課税のみとなります。(厳密には僅かに引かれていますが)

ただし、外国税額控除制度を利用すれば、二重課税された分から所得税や住民税が控除され、取り戻すこともできます。

確定申告での手続きが必要になるので、少額であれば手間を考えると放っておいてもいいかも知れません。後々、配当金が大きくなってきたときは利用したいですね。

また、NISAの非課税が適用されるのは日本の20.315%に関してのみです。

米国の10%分は課税されることになり、この場合は二重課税とはならないので外国税額控除制度は利用できないことは覚えておきましょう。

なお、売買益に関しては米国では課税されず、日本での課税のみとなるようです。

為替リスクがある

米国株は基本的にドルで保有することになります。

多くの米国株ブログでも、通貨の分散という意味でもドルで保有すること推奨されているように思います。

しかし、ドルと円では為替リスクが発生します。

円高になれば、同じ金額で多くのドルを購入できる一方で、保有している株式の評価額は円換算すると下がることになります。

10,000ドルの株を持っていたとして、1ドル110円から105円になったとすると評価額は、

・110円=110万円

・105円=105万円

となります。

もちろん、逆の場合もあります。

円安になれば、株価は変わらなくても評価額は上がりますね。

今後、為替がどのように動くかは誰にも断定はできません。

しかし、日本の経済が(今後も)停滞し、米国は成長を続けることを前提とすると、米国の通貨の価値が高くなる可能性は高いと予測されます。

つまり、ドル高円安になる可能性があるということですね。

まぁ個人的には為替については良く分かりませんし、通貨の分散がどれだけ意味のあることなのかもピンと来ないのが本音です。

また、株価の上昇や配当金の積み重ねなどによって、為替リスクは相殺されるともいわれているため、あまり気にしていないです。

どうしても気になって解決するまでは手を出したくない…という人は、詳しく説明されているブログをご覧になってください。(丸投げ)

米国株が初心者に最適な理由

ここまで米国株のメリット・デメリットを見てきましたが、なぜ米国株が投資初心者に最適なのでしょうか。

その理由としては、米国株ならやることは定期的に積み立てるだけでいいからです。それこそ、日本人が大好きな貯金感覚でやるだけです。

多くの人は経済や企業に関してそれほど興味がないでしょうから、難しいことを勉強したくないのが本音だと思います。

S&P500に連動するETFなら、なぜそれに積み立てるだけで良いのかさえ理解しておけば、後は何も考える必要はありません。何も…は言い過ぎですが。

では、なぜ積み立てるだけで良いのかを解説します。

チャートで見る日米株式

先ほど人口減は経済にとってマイナスだと言いましたが、人口がどれだけ経済に影響を与えているかは、これまでの株価を見ると分かりやすいです。

こちらは1900年以降の米国NYダウのチャートです。

過去に大きな暴落が起きたところを赤で囲っています。

このチャートを見ても分かるように、米国でも過去に何度も株価は大きな下落をしています。しかし、米国はそれらを全て乗り越え、長期的には右肩上がりの成長を続けているのです。

2017年は稀に見る安定相場でしたが、2018年に入って株価は乱降下しています。それでも、長い目で見たときに短期的な株価の動きは気にする必要があまりないことが分かるはずです。

一方、日本の日経平均株価のチャートがこちら。

日本経済は、1980年代のバブルをピークに現在まで上昇・下降を繰り返し、ほぼ横ばいの状況が続いています。

2017年後半から株価が急上昇し、日経平均も20,000円を超えて推移をしていますが、それでもピーク時の半分程度です。

また、少子高齢化が進む一方なので、今後の成長余地には疑問がありますよね。

戦後の高度成長期は人口ボーナスという状況によって起こったものだとすると、今後の日本経済の成長に大きな期待をすることは難しいと思います。

それらを考慮した場合、米国株と日本株でどちらが将来的に高いリターンをもたらしてくれるかは明白です。

右肩上がりの成長に期待ができる

そんな米国でも過去数回の暴落が起こっていることは事実です。近いうちに暴落が起きる可能性がないとも言いきれません。

それでも米国は暴落を乗り越えて発展してきました。

その背景には、人口が増え続けていることや、企業が株主に対して利益を還元する意識が強いことなどがあります。

今後も人口が増えることが予測され、株主還元の意識が強い米国なら、今後も一時的に暴落することがあってもそれを乗り越えていくでしょう。

これは成長を続ける米国だから意味があるのであって、経済成長に期待できない日本そのもの(日経平均株価)に投資をしても結果は振るわない可能性が高いのです。

そのため、日本株は市場に連動する商品よりも、成長する個別企業を見極めて投資をする必要があると言われます。

企業分析などせずにETFへ投資をしておけば成長する可能性が高い米国と、事業や決算内容から今後伸びる企業を選定しなければならない日本株。

果たして、初心者が投資をするのにどちらが簡単だと思いますか?

米国株が初心者に適しているというのは、そういうことなんです。

それでも将来のことは確実には分かりません。

そのリスクを取れない人は投資をしない方がいいと思いますが、投資をする人・しない人では数十年後に大きな格差が生まれるのが現実だということは覚えておいてください。

まとめ

投資は間違いなく資金がある方が圧倒的に有利ですが、多くの人にはそんな資金はありません。だからと言って諦める必要もありません。

資金がなければ、長い時間をかけてコツコツとやっていけばいいんです。

投資は早く始めるほど複利の力が働き、少ない資金でもやがて大きな資産となります。

米国株なら何に投資をしても良いというわけではないので、ETFや投信で分散投資をしながら徐々に知識を付けていけばいいと思います。

個別株に投資するなら、それからでも遅くはありません。

投資に興味を持ち始めた友人には、あれこれ勉強するよりとりあえず投資に触れてみる方が良いとアドバイスしています。

もちろん、投資は強制することはできませんから、やるやらないは本人次第。でも、本を読んでいるだけでは投資を始める気が起こらない可能性が高いです。

せっかく興味を持ち始めたなら、将来に向けて大きな第一歩を踏み出して欲しいと思います。

おしまい。

配当再投資のメリット・デメリットを紹介。

配当再投資のメリット・デメリット
株式投資の魅力の一つに、企業から配当金を受け取れることが挙げられます。 また、配当を出さずに、企業がさらなる発展を遂げるための投資へ使...

複利の効果について紹介。

人類最大の発見?!複利の力
世の中のお金持ちがさらにお金持ちになり、一般人がどれだけ一生懸命働いてもお金持ちになれない理由をご存知ですか? それは、お金持ちは存分...

投資初心者のスタートにおススメのサービスです。

投資未経験者が投資に触れるためのステップに、ワンタップバイをおススメします
1,000円から気軽に個別株への投資ができることで話題のワンタップバイですが、その気軽さから利用者の7割が投資初心者と言われています。 ...

米国株投資のバイブルです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする