【取引手数料の大幅引き下げ】米国株投資がポピュラーになる時代が来た!

大手ネット証券のマネックス証券が、7月8日から米国株取引の最低手数料を従来の5ドルから0.1ドルへと大幅に引き下げました。

すると、楽天証券がすぐに追随し、7月22日から最低手数料を0.01ドルへ引き下げることを発表。

現時点で3強の1角であるSBI証券は最低手数料の値下げを発表していませんが、間違いなく同等の措置を取ることでしょう。

※ その後、すぐにSBI証券が最低手数料の撤廃を発表し、マネックス証券・楽天証券も撤廃を発表しました

これにより、米国株投資がより一層身近になるため、これからは米国株投資をするのが当たり前の時代になるかもしれません。

スポンサーリンク

これまでの問題点

これまでは各社で基本的な取引手数料が約定(取引)代金の0.45%、最低手数料が5ドル、最大手数料が20ドルとなっていました。

約定代金手数料比率
1ドル5ドル500%
500ドル5ドル1%
1111ドル5ドル0.45%
2000ドル9ドル0.45%
5000ドル20ドル0.4%

このように、米国株投資をするには一度で1111ドル(約12万円)ほどの取引をしないと、手数料負けするのがネックでした。

これだと個人で様々な個別企業へ少額から分散投資をするのは難しく、分散投資ができるETFでも少額では投資ができません。

これまで少額で投資をするには、投資信託を利用するしかなかったんですね。

しかし、最低手数料が大幅に引き下げられたことにより、少額でも個別企業やETFへの投資が可能になります。

ETFでも少額で購入できる

最低手数料がSBI証券は無料、マネックス証券で0.1ドル、楽天証券で0.01ドルとなっていますが、実質的には約定代金の0.45%が取引手数料となります。

0.1ドルが約定代金の0.45%となるのは、約22ドル(2200円)だからです。

なので、よほど株価の低い企業を1株だけ購入などをしない限り、基本の取引手数料が発生することになります。

つまり、SBI証券の無料や楽天証券の0.01ドルはインパクトはあってもあまり意味はない…とも言えますね。

とはいえ、少額でも約定代金の0.45%で済むのは庶民にはありがたいことです。

ETFは投資信託より信託報酬が低いので、ETFで運用したいと考える人も少なくありません。

ですが、ETFは特定口座だと最低手数料が5ドル必要だったため、やはり少額投資をするには向いていなかったのです。

それが約定代金の0.45%だけで済むのは大きい。

約定代金従来の手数料(比率)引き下げ後
100ドル5ドル(5%)0.45ドル
200ドル5ドル(4%)0.9ドル
500ドル5ドル(1%)2.25ドル

これまでは100ドルの取引でも5ドルが必要だったので、手数料比率は約定代金の5%にも及びます。

購入した時点で5%のマイナスから運用が始まるので、利益を得るためには相当なハンデとなりますね。

しかし、これからはそんなことを気にする必要はなく、米国の優良ETFを1株から購入しても問題ありません。

個別株の分散投資も自由自在

個別株でもETFと手数料が同じなので、これまでは少額取引には不向きでしたが、これからは気兼ねなく取引できるようになります。

とくに、手間がかかっても自分で企業を分析して独自のポートフォリオを組みたいという人にとっては、手数料の引き下げは大歓迎ですね。

米国株投資で人気が高いコカ・コーラやジョンソンエンドジョンソンは、それぞれ株価が約51ドル、140ドルほどです。

※ 2019年7月上旬

これらを1株や2株ずつ積み立てていくこともできますし、これから株価が大きく成長するかもしれない企業も少しだけ保有するような買い方もできます。

また、基本的にはETFで無難に分散しながら、少しだけ自分の好きな個別株を保有して楽しむのも良いですね。

少額でもコツコツと積み重ねることが大事

株式投資は金持ちがやるものだと考えている人は少なからずいると思いますが、決してそんなことはありません。

むしろ、お金持ちではない庶民こそ、株式投資の恩恵を授かるためにやるべきです。

少額しか投資できない人でも、コツコツと積み重ねることが大事なのです。

投資は雪だるまに例えられることがありますが、雪だるまを作るとき、初めのうちは芯が小さく苦労します。

しかし、次第に芯が大きくなってくると、後は勝手に転がるだけでどんどん雪だるまは大きくなっていきます。

それと同じことが、株式投資でも配当を再投資することで実現されます。

シーゲル流投資の実践も容易

米国株投資家なら目を通しておきたい一冊「株式投資の未来」には、インデックス投資よりも高いリターンを目指せる手法を「D-I-V指針」と名付け、紹介されています。

  • D…高配当戦略
  • I… 国際戦略
  • V…バリュエーション戦略

詳細は書籍をご覧になっていただきたいですが、高配当戦略のひとつとして「ダウ10種(ダウの犬)」と呼ばれるものがあります。

毎年12月31日にNYダウに採用されている企業のうち、配当利回りが高い10社へ投資して保有、翌年の12月31日になればその時点で配当利回りが高い10社を組み替えるという戦略です。

同じようにS&P10種なども高いリターンをもたらしてきたため、このような手法を少額で試してみるのも面白いかもしれませんね。

まとめ

すでに投資信託を通じて、少額からでも米国株投資ができる時代ではありましたが、これからは個別株・ETFでも気軽に米国株投資ができます。

投資に興味がない人であれば、とりあえず資産形成のためにETFや投資信託で運用しておくと将来のためになるでしょう。

ただ、それだと正直なところ退屈な投資になることは否めません。投資に楽しみを求めてなければ問題ないですが…

投資を楽しみたい人にとっては、今回の最低手数料引き下げは大きな出来事です。

今後は最低手数料ではなく、基本の手数料を引き下げてくれることに期待したいですね。

おしまい。


米国株投資に関する記事を一覧にまとめています。知っておくと人生の役に立つことは間違いないので、ぜひご覧ください。

米国株投資のすすめ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする