米国株投資は購入するタイミングを考える必要はない

このブログでは、米国株投資についてお話をしています。そのなかでも、よく読まれているのが当記事で、やはり投資のタイミングについて悩む人が多い印象を受けます。

ここでは投資のタイミングについて書いていますが、結論を先に言うと「タイミングは考える必要がない」です。その理由は、一言で終わります。それは…

考えても分からないから!!

としか言いようがありません。

株価が高いか安いかなんて、所詮は結果論でしかありません。実際、投資のプロと呼ばれる人でも、そのときの株価が高いか安いかなんてことは、完璧に見抜ける人がいないことは歴史が証明しているのです。

ただし、考えるのを放棄しているわけではありません。まぁ長期投資に至っては、考えるのを放棄して愚直に積立していくことが良い結果に繋がる可能性もありますが…

考えた結果、僕たちのような凡人はタイミングなど考えずに、定期的に積立を行うことがベターな戦略であるということです。

スポンサーリンク

今の株価が高いのか安いのかは分からない

米国のNYダウが史上最高値の更新を続けるなか、もはや米国株は割高で買うタイミングではないと考える人もいます。しかし、実際のところはどうなんでしょうか?

NYダウは、2013年に14,000ドルの値を付けたときにも高すぎると言われていたそうです。高すぎる株価は適正な価格に調整されると言われますが、その後の株価はどうなったのか…

ご存知(?)の通り、その後も株価は上昇を続けています。

2018年には25,000ドルを突破していますから、今になってみれば当時の株価は安かった。むしろ、バーゲンセールとも言える価格だったことになります。

2014年に株価が割高だと投資をしなかった人は、その後上昇を続ける株価を見て何を思ったでしょうか。彼らは、株価は近いうちに必ず暴落する!!

となったのではないでしょうか。来るべき投資のタイミングを見計らったまま、未だそのときを迎えずに過ごしているかも知れません。

仮に25,000ドルから40%の暴落が起きたとしても、ようやく2014年と同じ水準です。それほどの暴落が、これまでどれくらいの頻度で起こったでしょう。

もちろん、結果論ですのでこれまでに暴落していた可能性があったかも知れません。しかし、結果的に投資ができなかった人の機会損失は相当なものになりました。

どちらにしても結果論としか言いようがなく、このことから分かるのは「僕たちが事前にそれ(株価の高低)を知ることはできない」という事実です。

大事なのは投資を継続すること

投資には、ドルコスト平均法という手法があります。

ドル・コスト平均法(英:dollar cost averaging)とは、株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。

金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。

例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。

出典元:wikipedia

12万円の投資資金があれば、月に1万円ずつ、12ヶ月に分けて購入するということですね。

ドルコスト平均法は、株価が高いときには買える株数は少なく、株価が安いときには多くの株数が買えることになります。

例えば、ある株を毎月1万円ずつ購入するとして、最初の月の株価が1,000円だと10株が購入できます。翌月に株価が2,000円になっていれば、その月は5株しか購入できません。翌月に株価が500円に下がっていれば、今度は20株を購入できます。

この3ヶ月では、合計3万円で35株の株を購入することができました。このとき1株の平均取得単価は、約860円となります。

投資手法に正解はない

ドルコスト平均法は、株価が高いときには少しだけ、安いときにはたくさんの株が購入できるため、その後に株価が上昇する相場においては非常に有効な投資法と言われています。逆に、相場が下がる場合には損失が膨らむデメリットもあります。

ドルコスト平均法のメリットだけを謳い文句に、投資の勧誘をしてくる営業マンの話は鵜呑みにはしない方が良いですよ。

個人的にはドルコスト平均法に限らずどのような手法でも、メリット・デメリットがあるものだと思います。そして、どれが正解とも言い切れません。

そもそも、未来は不確実である以上、投資そのものに正解があるわけではありません。それでも、より良い選択=ベターな行動をすることが、投資家として重要になってきます。

ベターな行動=投資の継続

投資で重要なのは、それを継続することです。

そのために、答えの分からない株価の高低を意識し過ぎて疲弊するよりも、一定期間ごとに投資をしていくルールを作っておくと精神的にも楽になります。

ドルコスト平均法は、一般的には同じ金額で買い付けることを指しますが、同額にこだわる必要はないと思います。誰もが毎月同じ金額を投資に回せるとも限りませんし、自分のペースで金額は調整すれば良いでしょう。

米国株投資にタイミングは関係ない

米国株投資の有名な書籍に、ジェレミー・シーゲル氏の「株式投資・第4版」があります。

この本によると、過去100年において株価は8回のピークを付け、そのピークから10~30年に渡り、株式・長期債・短期債を保有したときに得られた実質利回りは、株式が最も高いことが分かったそうです。

…ちょっと何言ってるか分かんない?

僕も投資をしていなければ意味が分からなかったでしょう。

簡単に言うと、株価が高い時に投資をしても、長期的には株式のリターンが最も高くなるということ。それも、断トツに…です。

また、約20年ほどの期間を取れば、米国株のリターンがマイナスになったことがないことも明らかになっています。

…ちょっと何言ってるか分かんない?

簡単に言うと、米国株は長期的に保有していれば、損をすることがなかったということです。

ここで言う米国株は、個別の株ではなく市場全体に投資をするインデックス投資です。投資信託やETFという商品で、分散投資をしていることが前提ですね。

つまり、その時期の株価が最も高いピーク時に投資を始めても、長期的には株式のリターンが最も高くなり、そのリターンはマイナスにならない=損をすることがなかったのです。

そのため、今は株価が高い気がする…まだ下がりそうな気がする…など考えず、いつ投資を始めても結果が出ていた=タイミングを考える必要がないということです。

リスクの意味

一般的に、リスクというと危険度という意味で使われると思います。投資はリスクがあると考えられるのは、損をする危険があるから…という具合ですよね。

しかし、投資の世界で使われるリスクとは、値動きの幅の大きさを指します。

株式投資は株価が上昇する幅も下落する幅も、元本保証の預貯金より大きくなります。そのため、預貯金より株式投資の方がリスクが大きいということは正しいです。

しかし、そのリスクには株価が上昇するという意味も含まれていますので、利益が出る可能性についてもリスクという意味が使われることになります。

一般的に使われるリスク(危険)の意味では、長期的にリターンがマイナスにならない株式は、実はリスクが低い…と言えますよね。

まぁリスクに関しては知らなくても気にする必要はないかも知れませんが、知っておくことでどこかで役に立つことがあるかも知れません。

機会損失を防ぐ

定期的に株を購入していくことは、機会損失を防ぐというメリットもあります。

先ほども言ったように、今が割高だと考えて投資をしていなかった場合、これまでの株価上昇の恩恵を一切授かることができません。

もちろん、これは結果論ですから違った形になっていた可能性もありますが、やはり僕たちがそれを事前に知る術はないので、コツコツと投資を継続していくことが大切です。

最高のリターンを望まない

株価が右肩上がりに成長を続けるなら、現在の株価が最も安いとも言い換えられます。ということは、現時点で投資できる資金を全て投入することが最も高いリターンに期待できるとも言えますね。

しかし、長期的には右肩上がりでも短期的には激しく上下するのが株価です。数年程度では、現在の株価より下がっている可能性も大いに有り得る話です。

そのため、現時点で一括投資をするのはあまり得策とは思えません。逆に、株価が安いとき(底値)を見極めて投資ができれば最高のリターンが得られますが、問題はそんなことは簡単にはできないということです。

しかし、僕はこう思います。

そもそも投資で最高のリターンを求める必要があるのか?

そりゃ最高のリターンが得られるに越したことはないですが、実際にそれを求めようとすると、相応のリスクが発生します。機会損失もそうですよね。

今後もいずれ米国株が暴落する可能性は高いと思います。でも、もしかしたら僕たちが生きている間には暴落と呼べる暴落をすることはないかも知れません。

仮に、近いうちに暴落が訪れ、もうこれ以上下がることはないだろうとありったけの資金を投入したとします。が、さらにもう一段落の暴落に見舞われたら…悔しいですねぇ。

あれだけ安値で買うことにこだわっていたのに、その安値で

何もできない!!

なんて。(大爆笑)

まさかそんなことにはならないだろう、と思っているそこのアナタ。

2016年のEU離脱・トランプ大統領の誕生、2017年はビットコインの大躍進。これらが事前にどれだけ予測できたでしょうか?

今後もまさかそんなこと起こるわけがないと高をくくっていると、またか…と嘆くことになるかも知れませんよ。

最高を望むより、最悪を避ける

最高の結果を望むと、欲望が邪魔をして思うような行動ができなくなる可能性があります。

欲を出して最高のリターンを求めるのではなく、常に最悪の事態を避けられるような心構えでいることが重要です。

投資における最悪の事態とは、株式市場から退場させられることです。そうならないためにも、タイミングは深く考えず、時間も分散して投資を継続することがベターな選択になるのではないでしょうか。

まとめ

長期的にはタイミングを見計らって投資をすることに大した意味はありません。

タイミングは気にせず定期的に投資をしていくことは、最高のリターンは期待できずとも、最悪の結果は避けられるでしょう。

投資で資産形成をしていくには、何よりも最悪の結果を避けることを重視する必要があると思います。

おしまい。

米国株投資ができる証券会社を紹介。

米国株投資にお勧めの証券会社【SBI証券・マネックス証券・楽天証券】
最近、投資に興味を持つ人が少しずつ増えてきたように思います。実際はどうか分かりませんけど、...

長期投資に働く複利の力。

【資産形成の助っ人】人類最大の発見?!複利の力
世の中は、お金持ちがさらにお金持ちになるようにできています。なぜなら、お金持ちは複利の力を...