「アメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書」を読んで。投資は早く始めるに越したことはない。

アメリカでは日本よりもお金に関する教育が進んでいて、学生の頃から色々と学ぶようです。

今回は「アメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書」 という本を紹介します。

スポンサーリンク

パーソナルファイナンス教育

パーソナルファイナンス教育とは、消費者の為の金融教育と言う意味です。

アメリカでは低所得者は銀行口座を作れないらしく、それによって高い手数料を支払う生活を余儀なくされる人が増加しているそうです。

そのため、学生のうちに正しい金融知識を身に付けさせようとしています。

日本でもマイナス金利の影響で、金融機関はカードローンの営業に躍起になっています。

ただ、お金を簡単に借りられるのをいいことに、カードローンの利息の高さを知らずに借り入れてしまうと、借金の返済が一向に進まないということになりかねません

しまいには自己破産…となる危険性もあるので注意が必要です。

日本人はお金の話を嫌う傾向にありますが、お金は生きていく上でとても重要なものです。

しかし、日本では学校で金融教育が行われることはなく、金融教育に関しては各家庭で行われるので、子供の金融リテラシーは親から受け継がれると言っても良いでしょう。

ただ、その親も金融リテラシーが低ければ、まともな金融教育ができません。

いつまでも投資が普及せず、貯蓄率の高い日本では親の金融リテラシーが総じて低いと言わざるを得ません。

親の世代は投資をする必要がなかった時代でもあるので、資産運用に関して知らなくても仕方ないとは思います。

でも今の時代は違います。

給料は増えない・年金は減る・社会保障費は上がる~という社会を、何の不安もなしに切り抜けることができるのでしょうか?

世の中を動かす複利のパワー!!

資産運用に関して、親が知らないなら自分で勉強しなければなりません。

資産運用に欠かせない要素に、複利の力があります。

投資をしている方ならよく聞く言葉だと思いますが、世の中では意外と知られていないんだなというのが、最近友人と話していても感じたことです。

かの有名なアインシュタインは言いました。

人類最大の発見は複利である」と。

多くの人は、億万長者になる為には何か特別な才能や、起業して大成功するしかないと考えていると思いますが、それは大きな間違いなんです。

規則正しい貯蓄と、投資で複利の力を最大限活かすこと

これがお金持ちになる最大の秘訣であり、これは誰もが少し頑張れば達成できることです。

気を付けなければならないのは、複利はプラスにもマイナスにも働くということ。

借金に対しても複利のパワーは働くので、リボ払いやローンがある人はいつまでもお金持ちにはなれないのです。

ただし、借金も悪いものばかりではありません。

利息を上回る利益を上げる使い方ができれば、その借金が大きな力となります。

企業が成長するために利用する借金や、個人では不動産投資のために借り入れる借金などがそれにあたります。

72(114・144)のルール

複利の原則で、72を複利(金利)で割ると、元本が2倍になるまでの年数が割り出せます。

これを応用して、元本が3倍になるには114・4倍になるには144で割れば、その年数が判明します。

例えば、2%の複利で運用した場合、元本が2倍になるまでには

72÷2=36年

が必要になるということです。

逆に10年で元本を2倍にしたいと思えば、7.2%で運用する必要があることが分かります。

言葉ではピンと来ない方の為に、表を作成しました。

これは元本10万円を、7.2%で複利運用した結果です。

複利運用について説明します。

1年目の元本は10万円で、利息が7,200円。2年目の元本には、1年目の利息を上乗せします。

それによって2年目の元本が10万7,200円となり、2年目の利息は7,718円と1年目より増えることになります。

同じように利息を翌年の元本に上乗せすることで、年数が経つごとに元本が大きくなり、その分だけ利息も増加していきます。

その結果、10年後には元本10万円が2倍の20万円になります。

簡単に言うと、複利運用とは利息を元本に上乗せして運用することです。

この後も同じように運用していけば、20年後には40万円、30年後80万円と元本が加速度的に増えていきます。

元本が大きければ大きいほど、複利の力はその威力を発揮してくれます。

また、ここでは利息のみ上乗せしていますが、実際の運用では定期的に資金を追加することで元本を大きくし、利息を増加させることもできます。

複利は時間を味方につけて利息が利息を呼び、億万長者への手助けをしてくれるのです。

そのためにも、運用する資金をしっかりと捻出することが大切です。

可処分所得を理解せよ

可処分所得とは、給料から所得税などを差し引いて残った金額。

一般的には手取りと呼ばれるものですね。

可処分所得が自由に使えるお金で、その金額内で生活する必要があります。

式で表すとこのようになります。

可処分所得=消費

しかし、これでは稼いだお金を全て使っていることになります。

貯蓄や投資に回すお金が無いので、いつまで経っても生活するために働き続けなければなりません。これでは、どれだけ働いても億万長者にはなれないのです。

億万長者になるためには、次のような式を作る必要があります。

可処分所得=消費+貯蓄+投資

貯蓄ができない人は、可処分所得=消費となっている人です。

消費の割合が大きいほど現状を重視した生活となり、将来への備えが少なくなります。

しかし、今現在を楽しく過ごせなければ意味がありませんから、将来が不安だからと言って貯蓄部分に重きを置きすぎるのも問題はあります。

要はバランスが大事ということですが、投資に回せるのが少額でも時間を味方につけて複利の力を活かせれば、将来的に大きな金額になります。

これが、投資は早いうちに始める方がいいと言われる理由でもあります。

どうしても貯蓄ができないという人には、先取貯蓄が有効な方法として知られています。

アメリカでは、貯蓄は今日の消費を犠牲にするほどの価値があると言われるそうです。

それだけ貯蓄・運用をすることは、将来大きなメリットを得られるということでしょう。

何にいくら使ったのかを知る

先取貯蓄でも、残ったお金を貯蓄するにしても、自分が何にどれだけお金を使ったのかを知るのは重要です。

1円単位で把握する必要はありませんが、ざっくりとどの項目にどれくらい支出の割合が取られているのかを把握するために、簡単な家計簿でも付けるようにしたいですね。

また、貯蓄をするには大きく分けて2通りの方法があります。

1つは稼ぎを増やすこと、もう1つは支出を減らすことです。

同時進行できるに越したことはないですが、ほとんどの場合で収入を増やすことは簡単にはできません。

まずは支出を減らす方が、誰でも簡単にできるのではないでしょうか。

ただし、支出を減らすことには限界があります。

限界まで減らすのはストレスにも繋がるので、ある程度まで減らすことができた後は、収入を増やす方法を考えていけばいいと思います。

まとめ

この本に書かれていることは、投資を始めて数年が経った今では当たり前だと思うことばかりです。

しかし、20代前半の頃は全くこのような考えはなく、やはり相応のお金しか持つことができていませんでした。

その頃から複利の運用効果を理解して投資をしていれば、今とは全然違う景色を見ていたのかなぁと思うこともあります。

人生お金があれば幸せになれるとは限りませんが、お金がなければ不幸になる可能性が高くなります。

お金があることで解決できる問題もたくさんあるはずですし、お金がある方がより楽しく過ごせることも間違いはないでしょう。

自分の人生を楽しくするためにも若いうちから金融リテラシーを身に付け、お金に支配されないようにすることが重要だと思います。

おしまい。

米国株投資のメリット・デメリットを紹介。

【初心者にこそ最適】米国株投資のメリット・デメリット
これから株式投資を始めようとする投資初心者の方は、まず日本の株で取引をしようと考えると思い...

日本人は間違った投資の概念を持っています。

「株式投資」とギャンブルが決定的に違う理由
株式投資なんてギャンブルだからやるもんじゃない!!と思っているそこのアナタ。投資とギャンブ...

株式投資について、基本のきを紹介。

投資初心者のための株式投資の基本①
最近、(積立)NISAやiDeCoという言葉を聞く機会が増えていませんか? これらは...