AOYAMAライフマスターカードは年会費を払っても圧倒的にお得!

アイキャッチお金

洋服の青山の「AOYAMAライフマスターカード」では、年会費が1,250円かかります(初年度は無料)。

僕は何枚かクレジットカードを持っていますが、年会費が必要なのはこの1枚だけ。しかし、青山で買い物をするのは年に1回か2回程度です。

にもかかわらず青山のカードを保有しているのは、AOYAMAライフマスターカード(以下、青山カード)には年会費を払ってもお得になる特典があるからです。

いや、自分は青山で買い物せんからええわ~、と思っている人でも、この特典を利用すれ

AOYAMAライフマスターカードのメリット

早速、青山カードのメリットをお伝えします。

それは、年会費1,250円で毎年4,000円分の商品券が貰えることです。ついでに、誕生日月と同じ特典(10%割引)として利用できる特別商品優待券も付いてきます。

青山カードの特典

年会費を払うどころか、2,750円が貰えるようなもんですよ。

とはいえ、そもそも青山で買い物をすることがなければ意味がない!と思う方もおられるでしょう。

その通りだッ!

実際、僕も年に1回か2回しか行かないと言いましたが、おそらくこの商品券を貰わなければ行くことはありません。

では、僕がこの商品券をどのように利用しているのかをお伝えします。(誰が興味あんねん)

特典をこう使っています

僕は青山の商品券を、必ず買い替える必要が出てくる下着・靴下の購入に使います。

ブランドなどのこだわりはないので、選ぶ基準は色やシンプルなデザインかどうかくらい。安くても使い物にならないのは論外ですが、今どき安くてもそんな粗悪なものってそうないですよね?

その点、青山は品質については問題ない。ユニクロとかより高めですが、商品券があることでユニクロよりも安く買うことができますね。

正直、どっちのほうが品質がいいかなんてわかりませんよ。そこまで気にしてないし、クレームを付けたくなるようなことも一切ありません。

どれくらいの期間で買い替えるかは人によりますが、僕は年に1回くらいでしょうか。いつも商品券が届く頃に買い替えています。靴下は破れたらさすがに使いませんが。

もっと長く使えばコストは少なく済みますが、ヨレヨレになるまで使うより、ほどほどで新調するほうが気分的にもアゲアゲ~。とまではなりませんけど、まぁ気分はいいですよね。

AOYAMAライフマスターカードの特典

青山カードには、商品券以外にもいくつか特典があるので紹介しておきます。

  • 洋服の青山の買い物が5%割引
  • 100円につき4ポイント進呈
  • 特別商品割引券を毎年プレゼント
  • 新規入会で割引券をプレゼント
  • オンライン入会でキャンペーン中
  • 年会費は初年度無料

青山の買い物が5%割引

青山の買い物で青山カードを提示すると、毎回5%の割引、誕生日月なら10%割引になります。

会員の特典として割引がされるのは多いですが、他のサービスと併用ができないなどのルールがあったりするので、すべてを把握するのは難しいですよね。

青山でも、アプリに登録したりすれば割引されたりするので、実際にどれだけ割引がされるのかわかりにくいことはあります。

ただ、店員さんが併用できる割引を教えてくれるので、もっともお得な割引が適用されるのは親切ですね。

青山で使えるポイント進呈

青山での買い物を青山カードもしくは現金払いにしたときは、100円につき4ポイントが貰えます。

ただし、ほかのクレジットカード払いや他店で青山カードを利用したときは、100円につき1ポイントです。

貯まったポイントは青山での買い物に利用することができます。

割引券のプレゼント

先ほども言ったように、AOYAMAライフマスターカードを保有していれば毎年4,000円分の特別商品割引券が貰えます(正確には3,000円と1,000円の割引券)。

加えて、誕生日と同じ特典が利用できる特別商品優待券(10%割引券)も貰えます。

この特典はクレジットカードを発行し、手元に届くときにも同封されています。初年度は年会費無料なので、発行するだけでいきなり得をするということですね。

2年目以降は年会費が引き落とされる時期に送られてきます。ただ、僕は一度だけ音沙汰がないことがあり、問い合わせてみたところすぐに対応して送付してくれました。

また、オンラインでの入会限定で、10%割引の特別クーポンがメールで送られるようです。※キャンペーン終了時期は未定

洋服の青山のクレジットカード

洋服の青山では、発行できるクレジットカードが13種類もあり、どれがいいのかよくわかりません。

しかし、よほどの青山愛好家でない限り、選ぶのは「AOYAMAライフマスターカード」もしくは「BLUE ROSE カード(ライフカード発行)」のどちらかで問題なし。

後者はレディス商品が割引になるカードなので、女性ならこちらを選ぶといいですね。

また、いずれもオンラインで入会手続きができるため、わざわざ店舗に行かずとも発行できるのでおすすめです。

まとめ

クレジットカードは上手に使うとお得になるのは間違いないですが、下手に使うとお金を使いすぎてしまうので注意が必要です。

お得だからと作りすぎると管理が面倒になったりするので、そのなかで自分にとって恩恵が大きいと感じるものを優先的に発行するといいでしょう。

下着類は必ず買い替える必要があるし、その費用を安く抑えられるAOYAMAライフマスターカードは、僕にとって非常に便利です。

もちろん、青山の商品が気に入らないなら作る必要はありませんが、とくにこだわりがないならAOYAMAライフマスターカードを作ってみてはいかがでしょうか?

コメント