6号機…というよりAT機が苦痛問題

最初に言っておきますが、今回の内容はかなりネガティブな内容となっていますので、それが嫌な方は見ないようにしてください。見るなよ?見るなよ?絶対見るなよ?

前回の稼働記事ではリゼロ(設定6と推定4)と絆2(推定5)を打ったことをお伝えしましたが、最近はAT機を打つのが苦痛で仕方ないと感じるようになっています。

前回でも書いたように、リゼロの推定4を18時まで、絆2の推定5を約1800G、モンキーⅣの低設定×2台を1回ずつ当たるまで打って合計65000円負けました。

その前にもあるホールの特定日でモンキーⅣ2台を1回当てるまでと絆2を少し打って約40000円負けと、高設定でもやれない&低設定だと遊技にすらならない展開が続いていたんですよね。

まぁ店選びや絞り込みが甘く低設定を打っていることも多いし、高設定でも負けるのは理解していますから、負けたことに関してはどうでもいいんですよ。

…実際は大地が揺れるほど激怒しています。最近地震を感じたなら、それは僕(タイタン)が発動した「大地の怒り」です。(FFの召喚獣ね)

それは置いといて、AT機だと出玉を抜きにしてもとにかく通常時は暇すぎるし、ようやく当たったATもあっという間に終わってばかり。

一撃を得るためにはどれだけ薄いところを連続で引き続けなければいけないのか…と思うと、当たったところで全然ワクワクしないし、気合を入れてレバーを叩こうという気にもなれません。

だってねぇ…

例えばリゼロ。

500Gまでハマれば弱ATやとほぼマイナス確定じゃないですか。

プラスにするにはおねだりで連打乗せや7揃い、もしくはレア役を重ねたり、AT中にチャンス目以上を何回も引いて上乗せするしかないけど、そんなこと1日打ってて何回起こるよ?ってレベルです。

やのに高設定では最も移行しやすいであろう通常Bでの振分は天井付近がほとんど。引き戻しで当たらんかった時点でマイナスがほぼ決まってしまう区間の何を楽しめと?

しかも白鯨に当選したところでATが確定するわけでもないし(強ATならなおさら)、1回負けるだけでそのマイナス分を回収する作業に下手したら数千ゲーム必要になりますからね。何を楽しめと?

弱ATはG数が少ないから、ちょっとベルが引けないと純増通りに出せることすらできなくなります。ベルの確率が圧倒的に高いはずなのに、なぜかハズレやリプレイが荒ぶるんですよね…

40Gで200枚とか、50Gで300枚に満たないとか結構な頻度で起こりますし、そうなったらやる気が根こそぎ奪われていきます。

モンキーⅣは別の記事でも書いたように、最初こそ初代に似せてきたところもあって面白いと感じていましたが…スマン、あれは嘘だ。

打てば打つほど6号機の規制が重くのしかかってマイナスポイントばかりが目立つようになり、今では何も面白いと思えません。

だって…低設定は天国抜けたらほぼ天井やし、何が楽しくて延々とガセと分かっている前兆を消化し続けなければならないのか。

G数を短縮するにも弱レア役を何度引いてもポイントが貯まらなかったり、前兆が開始するG数付近でレア役を引くと優出がかき消されるんちゃう?という挙動もあります。

そうなると貯まるはずのポイントも貯まらず、投資が嵩むだけ。優出がなくても内部的にポイントが貯まっているのでは?と考えたこともありますが、挙動的におそらくその可能性は低いですね。

ゲーム性のカギにもなる勝負駆けポイントが貯まる優出がなかったら、それだけでめっちゃ損した気分になります。優出中のレア役では抜け後に勝負駆け入らんとか、絶対やったらアカンやつでしょ。

天井ではシナリオは優遇されてもG数乗せがそもそも弱すぎるので、継続率&超抜頼みです。継続率なんて80%でも簡単に負けますから、いうほど出玉にも期待できません。

高設定は高設定で設定6以外はただの修行やし、設定6でも半日以上はミミズグラフを形成する区間になることがほとんどなので、ただひたすら暇です。

以前モンキーⅣが(6号機では)面白いと書いた記事については、速やかに削除させていただきます。南無。

絆は初代から嫌いでしたが、絆2も基本的な仕組みは同じなのでやっぱり嫌い。前回の稼働記事でも書いた推定5を打ったときは、低設定と何ら変わらない挙動で嫌悪感はより増しました。

まぁそのときは1800Gくらいしか回してないですけど(それで2万負け)、設定6を1度だけ打ったときも20時くらいまでマイナス域で、その後のATで完走してようやくプラスになっただけで、ず~っとイライラしていましたね。

なんせ当たりやすいはずのBCが(設定6でも)まったく引けないんですから。

低確の巻物なんてほぼ無抽選(くらいに思わせるのがダメ)やし、何百分の一の強チェや何十分の一の弱レア役の薄い確率で高確以上に上げ、その短い高確中で何十分の一の巻物を引いてやっとチャンス。

やっとこさBCに当選しても、低確ならモードCでも残念、高確以上でも大半はATに繋がらない程度の確率でしかAT抽選がされない。

薄いところを重ねて重ねてようやっと手に入れたATでは、高確対応役を引けない限りレア役はほぼ空気、対応役を引いたとしてもベル・弱チェでは確定するわけではない、継続率も空気…

おいおい、お前さんは数百枚の出玉を得るためにどこまで天文学的な薄いところを立て続けに引いてこなアカンのや?

とにかく絆は現行機種のなかでも上位に入るくらい打つのが嫌になっています。

あ、そうそう。何日か前にエナで化物語2を打って1800枚くらい出たんですが、あの台も本当にどうしようもないゴミ台ですね。

明らかに表記上の突破率ほど突破できないCZに、ようやく突破したところで大半はクソみたいな出玉で終了。倍々チャンスで奇跡的なヒキを発揮してついにまともな上乗せに繋がる~!

と思ったら強制的に上乗せ終了…あとは50%継続で頑張ってね(はーと)ですよ?

どこまで乗せるかわからない期待感があるからこそ普段のゴミ倍々チャンスを受け入れるしかないのに、上乗せは上限があります(はーと)って…

こいつは6号機の規制と最も相性の悪い特化ゾーンを搭載したと言っても過言ではないでしょう。まぁ僕は化物語に限らず、サミー系の6号機はもれなく大嫌いですけどね。

あれこれ言うてますが、僕がここで言いたいことはつまり、、、

AT機なんてもう高設定でも打ちたくねぇ!!

ってこと。どうやら僕はAT機を受け付けない体質になってきたようです。

当てるまでに薄いところを引かなきゃならない、当てても出玉を得るにはさらに薄いところを引かなきゃならない、それができなきゃクソ出玉だけ払い出してクソ暇な通常時のやり直し…

うん、書いてて何の希望もないね。

最近はジャグラーを打つ機会が多くなっているので、やっぱり1G1Gで勝負している感じがAT機とは格段に違います。

そりゃハマることもしょっちゅうあるけど、演出がないだけに毎ゲーム目押しするために画面と向き合う必要があるし、スマホなんていじってられないですよ。まぁ息抜きにちょっとスマホを見ることもありますが。

ノーマルタイプは薄いところなんて引かなくても確率通りにボーナスフラグを引ければ出玉になりますし、ちょっとビッグが引ければ結構な出玉にもなりますよね。その確率通りに引くのが難しいんですけど、AT機に比べれば遥かに真っ当な抽選で勝負できる感じがします。

ジャグラーでも理不尽なほど引けないときも多々あるし、ちょっと打っただけでめっちゃ負けることだって最近だけでも何回も喰らっています。

それでもAT機のような嫌悪感はなく、また明日もジャグラーの高設定で勝負したいと思うんですよ。ただ、そうそう毎日打てるような環境でもないのが悲しいですね。

今回はかなり愚痴が混じった内容となりましたが、もうAT機の設定狙いはお腹いっぱいなんでしばらくやりたくありません。お腹いっぱいどころか、食中毒起こしてますわ。

もともと設定狙いは昨年くらいから分かりやすい台でするようになった程度なので、癖読みやデータ分析のレベルも低いし、そもそも人が集まる店に行きたくないという問題もあります。

AT機はできれば打ちたくないけど、これで収入を得ている以上は打たざるを得ない。でも設定狙いで1日打つのは嫌なので、やっぱり僕にはエナで1台を長く打たないほうが性に合っているようです。

最近はジャグラーで勝てるときが一番楽しいので、今後はジャグラーで攻められる店を探すようにしていこうかと思います。

次回は最近のジャグラー稼働で起こった出来事について書いていきます。

最後に、今後もし高設定が確定しているAT機があったらどうする?と言われれば…

そりゃ嫌でも打たなしゃあないでしょう。(あぁ俺のバカッ!!)

コメント