淡路産たまねぎと北海道産たまねぎの味は違うのか?!焼いて食べ比べてみた

アイキャッチ日々の生活

野菜を摂らんとアカンな~と思う今日この頃。

かと言ってあれこれ手を加える料理は面倒なので、最近は野菜を焼いて塩だけの味付けで食べることにハマっています。

これがね、思った以上に美味しいんです。

じっくりと焼いた野菜に塩をするだけで、野菜嫌いの人でも食べれるやろって思うくらい甘みがあって贅沢な一品になりますよ。

僕が最初に試したのが淡路産のたまねぎです。

スパイスカレーを作るときはいつも北海道産で安いのを選んでいましたが、せっかくなのでいつもより高いたまねぎを使ってみようと思い、大ぶりの2玉198円のものを買いました。

いつも使っているたまねぎに比べると、倍くらいする(僕の中では)高級品!

それを輪切りにし、オリーブオイルを敷いて弱火で焦げ目が付くくらいまで焼き、少しだけ塩をしていただくと…

甘い

予想以上の甘みで、これが野菜?!という驚きと切なさと心強さ(?)がこみ上げてきます。

さすが淡路産。

それからというものの、ほぼ毎日淡路産たまねぎステーキを食べています。といってもまだ数日ですが。

僕は自分の舌が肥えているとは思いませんが、こうなると淡路産のたまねぎと北海道産のたまねぎでは、どれだけ味に違いがあるのかが気になるところです。

もしかしたら、僕の舌ではどちらも大差ない結果になるのでは…という可能性も十分。ちなみに、カカオ70%のチョコを2種類食べ比べてみたときは、何の違いも分かりませんでした。ガッデム!

ということで、実際に両者を焼いて食べ比べてみました。

スポンサーリンク

淡路産たまねぎと北海道産たまねぎを焼いてみた!

比較するたまねぎは淡路産が1玉あたり約100円、北海道産は1玉29円(特売)のものです。ただ、大きさが違うので単純比較はできませんが、それを考慮しても淡路産のほうが単価は高め。

すでに淡路産のたまねぎは前日に切ってしまっていたので、輪切りにしてフライパンに並べた画像がこちらです。(オリーブオイルを敷いてます)

生たまねぎ

フライパンの底が剥げているのは気にしないで(/ω\)

ちょっと北海道産のほうを厚めに切っていますが、見た目からして色合いが少し違いますね。北海道産はやや黄みがかっているのに対して、淡路産は真っ白と言っても良いくらいの感じ。

あと、北海道産のほうがやや固く、淡路産は柔らかい気がします。

では、弱火でじっくりと焼いていきます。火が強いと甘みが出る前に焦げてしまうので、じ~っくりと焼きましょう。

……

………

焼たまねぎ

はい、焼けました!!

淡路産と北海道産の位置が逆になったのは気にしないで(/ω\)

そうなんです。(何が?)

たまねぎは焼くとフニャフニャになってくるので、綺麗な形のまま焼き上げるのがとても難しい!

ひっくり返そうとするとニュルンと分離してしまい、元に戻そうとしてもなぜかぴったりと収まらなくなるので、普段はバラバラにしてお皿に移しています。…誰が興味あんねん。

焼いてても淡路産のほうが北海道産よりフニャフニャになっていくのが分かります。…たんに厚みのせいか?

今回はたまねぎの味のみで比べるため、塩はしておりません。では早速、淡路産のたまねぎからいただきましょう。

実食ッ!!(食わず嫌い王風)

……

………

甘い

当然、淡路産のたまねぎは甘みがあって美味しいです。食べる前から分かっていました。

続いて北海道産のたまねぎを。

実食ッ!!(食わず嫌い王風)

……

………

うん、まぁまぁ甘い。

これだけ食べたら「たまねぎ甘いやん?素敵やん?」って思いそうですが、淡路産と食べ比べると甘みの違いは結構はっきりと出ましたね。

僕の舌でも判別できるレベルです。

ただ、今回はたまねぎの厚みが違ったので、もしかしたら火の通り方が若干変わった分の差もあるかもしれません。

同じ厚みで同じ時間だけ火を通して違いが出るか…多分、結果は同じだと思いますが、改めて試してみようと思います。

淡路産たまねぎと北海道産たまねぎ食べ比べの結論

淡路産と北海道産のたまねぎは、甘みという点では淡路産の圧勝です。

ただ、北海道産は硫化プロピルという辛み成分が多く、生食には不向きですが加熱すると甘みが増します。加熱して普段の料理に使う分には十分な甘さが出るので十分ですね。

生食やシンプルに焼くだけの野菜ステーキなら、値段が張っても淡路産を使うほうが、より美味しい食事になるんじゃないかな…と今回の検証で思いました。

なお、辛み成分の硫化プロピルには血液をサラサラにするなどの効果があり、たまねぎが健康に良いと言われる一つの要素ですが、加熱したら意味なくなんのかなぁ…

そう思っていた時期がありました

なんと、硫化プロピルは加熱するとセパエンという物質に変身し、血液サラサラ効果がアップするのです。(と言われているようです)

おいおい、美味しいうえに健康効果もアップだと?

…素敵やん。

また、豚肉と一緒に摂取することで効率良く栄養素を吸収できるそう。豚肉とたまねぎを油を敷いた冷たいままのフライパンに並べ、弱火で焼いて軽く塩をするだけで多分めっちゃ美味しいでしょう。(試してない)

硫化プロピルは水溶性(水に溶ける性質)のため、生のたまねぎは辛いので水にさらしましょう!と聞いて水にさらしていると、肝心の血液サラサラ効果は失われてしまいます。

生で食べるときは淡路産を使うか、北海道産ならスライスしてバットへ広げ、空気にさらしておくとまた違う成分へ変身し辛みは抜けますが、短時間だと辛みが残るので注意が必要。

最後に言いたいことをひとつ。

みんな、たまねぎ食べようぜッ!(‘ω’)bグツ!!

コメント