【wordpressのバックアップ】初心者向けのカンタン設定ガイド

アイキャッチブログ運営

WordPressではバックアップを取っておくことで、万が一トラブルがあったときにもデータを復旧させることができます。

しかし、wordpressを始めたばかりの初心者にとっては、バックアップって何?どうすんの?という状態でどうすればいいかわからないですよね。

私もそうでした。(現在進行形)

バックアップの方法を解説しているサイトはたくさんありますが、詳しい人の書くことは知ってて当たり前のような表現も多いので、、初心者にとってわかりづらい場合もあります。

ということで、ここではwordpressにもパソコンにも詳しくない僕が、wordpress初心者に向けてバックアップの方法をカンタンに解説していきます。

スポンサーリンク

BackWPupでバックアップを作成する

まず、wordpressの初心者がバックアップをするには「BackWPup」というプラグインを使用するのが手っ取り早いです。

プラグインとは拡張機能のようなもので、自分でプログラミングができなくても、さまざまな機能が使えるようになるお助けマンですね。

BackWPupを使用するには、管理画面の「プラグイン」→「新規追加」と進み、右上の検索窓にBackWPupと入力します。

BackWPupのインストール

該当するプラグイン右側の「今すぐインストール」をクリックし、インストールすると「有効化」と出るので、有効化をクリックします。※ 画像は有効化された後の状態

これでプラグインのインストール、有効化ができました。

では、BackWPupでバックアップの設定をしていきます。

プラグインを有効化すると、管理画面の下のほうに「BackWPup」が追加されているので、「新規ジョブを追加」を選択します。

新規ジョブの追加

ここから各設定を行いますが、難しいことはいいからとりあえず設定だけしたい!という方のために、先に必要な設定だけ箇条書きにした簡易版で解説します。

BackWPupの設定(簡易版)

まず、バックアップは「ファイル」と「データベース」の2つ作成しますが、最初にファイルのバックアップを設定していきます。

  • ジョブの名前→「ファイルのバックアップ」に変更(なんでもいい)
  • ジョブのタスク→「ファイルのバックアップ」にチェック
  • アーカイブ形式→「Zip」を選択(Macの場合はTar Gzipを選択
  • バックアップファイルの保存方法→「フォルダーへバックアップ」にチェック
  • 設定を保存をクリック

続いて、画面上部のメニューから「スケジュール」の設定をしていきます。

  • ジョブの開始方法→「WordPress の cron」を選択
  • スケジューラー→「毎週・日曜日・4時」で設定
  • 変更を保存をクリック

続いて、メニューから「宛先:フォルダー」の設定をします。

  • バックアップを格納するフォルダー→初期のフォルダ名の後に「file/」を追加
  • ファイルを削除→「9」で設定

これでファイルのバックアップの設定は完了です。

同じ要領でデータベースも作成するので、新規ジョブの追加から設定していきます。

  • ジョブの名前→「データベース」に変更
  • ジョブのタスク→「データベースのバックアップ」・「インストール済みプラグイン一覧」にチェック
  • アーカイブ形式→「Zip」を選択(Macの場合はTar Gzipを選択
  • バックアップファイルの保存方法→「フォルダーへバックアップ」にチェック
  • 設定を保存をクリック

続いて、画面上部のメニューから「スケジュール」の設定をしていきます。

  • ジョブの開始方法→「WordPress の cron」を選択
  • スケジューラー→「毎日・4時」で設定
  • 変更を保存をクリック

続いて、メニューから「宛先:フォルダー」の設定をします。

  • バックアップを格納するフォルダー→初期のフォルダ名の後に「database/」を追加
  • ファイルを削除→「15」で設定

以上でデータベースの設定も完了です。

次はここまでの設定内容を画像付きで紹介し、もう少し詳しく解説していきます。

BackWPupの設定(画像付)

BackWPupではファイルとデータベースの2つのバックアップを作成しますが、まずはファイルのバックアップから設定していきましょう。

ファイルのバックアップ

新規ジョブの追加画面で、このジョブの名前を「ファイルのバックアップ」にしていますが、自分でわかるように設定してください。

新規ジョブの追加

このジョブは…の部分は「ファイルのバックアップ」にチェックを。これでこの設定ではファイルのバックアップをしますよ!ということになります。

アーカイブ名はいじらずに、その下の項目を設定します。

アーカイブ形式は「Zip」にしますが、Macの場合は「Tar GZip」がいいそうです。

バックアップファイルの保存方法は「フォルダーへバックアップ」にチェック。これでサーバー上に保存されるようになります。

フォルダーへバックアップ

もしサーバーにトラブルがあっても安心ということで、保存先をDropboxにする人もいるようですが、まぁどちらでもいいでしょう。

メールアドレスにはエラーが起きた際に通知が来るものを、メールの送信元はエラーを送ってくる相手の名前として表示されます。ここは触らなくてオッケー。

変更を保存し、上部のメニューバーから「スケジュール」を選択します。

ここではどのタイミングで自動バックアップを実行するかを設定します。

ジョブの開始方法を「WordPressの cron」に変更し、スケジューラーを「毎週・日曜日・4時」で設定しておきます。

スケジュールの設定

これで毎週日曜日の午前4時にバックアップが実行されます。

デフォルトでは3時となっていますが、この時間に他の人のバックアップが集中しないよう、少しずらしておくほうがいいそうです。あまりサイトが見られない時間帯ならオッケーなので、曜日や時間は別でもかまいません。

変更を保存し、次はメニューから「宛先:フォルダ」を選択します。

バックアップを格納するフォルダーはそのままでもいいですが、次にデータベースのバックアップも作成するので、わかりやすくするため最後に「file/」と付け足します。

ファイルを削除は「8」としておきます。

保存するファイル名

これでバックアップのデータはサーバーの「public_html→該当ドメイン→wp_content→uploads」の中に保存されることになります。

レンタルサーバーのファイルマネージャーにこういったファイルがあるので、確認しておきましょう。間違ってファイルを消さないようにご注意を!

今回は毎週バックアップを行うようにしているので、1週間×8週分のファイルを保存し、それより古い分は削除されるようになります。

バックアップはいつの間にかサーバーの容量を圧迫し、容量が足りないと記事を書くときに画像のアップロードもできなくなったりするので、古いデータは消していきましょう。

ここを「12」とすれば12週分=約3ヶ月分は残しておけることになります。

データベースのバックアップ

続いてデータベースのバックアップですが、基本的な手順は同じです。

新規ジョブの追加をして、ジョブの名前を「データベース」に、このジョブは…では「データベースのバックアップ」と「インストール済みプラグイン一覧」をチェック。

データベースのバックアップ

プラグインは必要なものを覚えていれば別にバックアップは取らなくても…とは思いますが、数が増えると面倒なのでチェックしておいていいと思います。

アーカイブ形式バックアップファイルの保存方法は先ほどと同じ「Zip」と「フォルダーへバックアップ」でいいです。

続いてスケジュールの設定へ。

ジョブの開始方法は「WordPressの cron」を選択し、スケジューラーは「毎日・4時」としておきます。

データベースのスケジュール

データベースには投稿記事などが含まれているので、こちらは毎日バックアップを取っておくほうがいいとのことです。時間は4時じゃなくてもかまいません。

最後に、宛先:フォルダーの設定をします。

フォルダー名の最後に「database/」を付け足し、ファイルを削除は「15」にします。

データベースの宛先フォルダ

今回は毎日バックアップを取るので、15日分は保存しておきますということですね。

まとめ

一通りの設定はこれで完了ですが、僕はこれまで2回ほどバックアップのデータによってサーバーの容量がパンパンになっていました。

普段は何も起こらないのに、たまにこういったことになるのが不思議ですが、原因がわからないので、とりあえず残しておくデータを少し減らしています。

正直、まだバックアップしたファイルを使って復元するような事態になったことはないので、いざバグが起きたときにちゃんと復元できるかは半信半疑…

まぁ滅多に起こることではないので、ひとまずバックアップさえ取っておけば後はなんとかなるでしょう!

こちらの記事で初心者におすすめのプラグインを紹介しています。

【ブログ初心者向け】プラグインのおすすめ12選
ブログ初心者には自分でサイトをカスタマイズするのは難しいことです。しかし、プラグインを使えば便利な機能が簡単に使えるようになり、ブログの運営にとても役立つでしょう。ここでは初心者におすすめの12のプラグインを紹介します。

コメント