投資初心者には日本株より米国株がお勧めの理由

アイキャッチコラム

※重要なお知らせ

諸事情により画像データが消えてしまいました。読みづらいところがあるかと思いますが、現在復旧中ですのでご勘弁。

株式投資をしたことがない人は、株式投資=日本の企業へ投資することだと思っているかもしれません。何を隠そう、僕も最初はそう思っていましたから。

しかし、経験?を積み、あれやこれやと勉強した結果、僕は投資初心者こそ日本株ではなく「米国株」へ投資するべきだと思うようになりました。

スポンサーリンク

米国株投資は初心者に最適

米国株投資が初心者に最適な理由は、米国は今後も経済成長を続ける可能性が高く、米国企業全体へ投資ができる投資信託やETFに積立投資をするだけで、資産形成ができるからです。

ETFや投資信託は個別企業の集合体ですから、どこかの企業の業績が芳しくなくても、全体で成長する市場を対象に投資していれば問題ありません。

つまり、複雑で面倒で答えの分からない企業分析をする必要が一切ないのです。す、素晴らしい!

株式投資は企業の分析をしてタイミングを計って売買し利益を出していく…と考えているなら、それは大きな間違い。

頑張って企業分析をしても、自分が知れる程度の情報は他人も同様に知ることができるので、他人を出し抜いて自分だけ利益を上げるのは簡単ではありません。時間と労力を掛けたところで、ほとんどの人は株式市場から離れている=負けているのが現実なんです。

これはこれまでのNYダウのチャートです。

NYダウ長期チャート

米国全体へ投資をするということは、保有している資産がこのチャートと同じように増えていくということです。ただ積立を続けるだけで。

難しいことは考えず、手間も労力も掛けずに積立を継続していくだけで資産が増えていく。これが初心者に最適と言える理由です。それを理解するまでの手間と労力(勉強)は必要ですけどね。

継続することが重要

米国株への長期投資で最も大切なのは、投資を継続すること

同時に、なるべく早く始めることも重要です。僕のような庶民は元本が少ないですから、毎月でもコツコツと元本を増やしていくことが重要で、それが複利の力で次第に大きな資産となります。

反対に、最もやってはいけないことは短期的な暴落で不安になって投資を止めてしまうこと

投資を始めて数年くらいで暴落が起こると、おそらく利益はほとんどない、もしくはマイナスとなるかもしれません。そこで投資を止めると損をするだけですし、それに耐えられないと思うなら最初から投資はやらないほうが良いかもしれませんね。

実際に暴落を経験すると、覚悟をしていても大きな不安に駆られます。リーマンショック級ではありませんが、僕も数回大きな下落を経験しています。

2020年にはコロナショックによって、数年間かけて増えてきた含み益が一転、含み損を抱えることになりました。

株を保有している状態の損益を「含み益・含み損」と言います。含み益・含み損の状態では利益も損失もなく、実際に売却したときに初めて損益が確定します。

僕はコロナショックで含み損を抱えることになっても売却することなく持ち続けています。だって、長期投資だからね。なんなら、株価が下がったので買い増しもしていきました。

その後、思ったよりも早く株価は回復し、含み益が出るようになりました。

僕にとって長期投資のゴールはまだまだ先なので、現在の株価や含み損益を気にしても仕方ありません。とは言え、含み益がどんどん増えていくのはやはり気分が良いですけどね。

米国株では、これまで何度も暴落が起こってはそれを乗り越えて株価は上昇をしてきました。しかし、これが日本株だと、株価が回復するかどうか分からないんですね。

日本株より米国株

日本は米国と違い、今後人口は減少して少子高齢化が進みます。

となると、経済が停滞・衰退していく可能性が高いので、その国の企業全体へ投資をしても資産が増えるかどうか分からないのです。実際、日本経済は失われたウン十年と言われていますよね。

こちらが日経平均株価の長期チャート。

日本株長期チャート

日本経済は、1980年代のバブルをピークに現在まで上昇・下降を繰り返し、ほぼ横ばいの状況が続いています。2020年にはバブル後の最高値を更新しましたが、未だにバブル時には程遠いのが現実。

また、GPIF(年金の運用機関)が大量にETFを買い入れたことによる株価上昇も影響しているため、本来の株価はもっと低い水準が妥当という可能性もあります。

こういったことから、投資初心者が米国株と日本株のどちらで運用するのが簡単かと考えると、その答えは明白ではないでしょうか。

日本株の場合、投資信託やETFよりも個別の企業を見極めて投資をするほうが利益を出せる可能性が高いかもしれません。しかし、それには知識と手間が必要になるので、初心者向きとは言えませんよね。

一応、毎月積み立てる(ドルコスト平均法)なら株価が右肩上がりでなくても利益が出る場合もありますが、あえて成長率の低い日本株を選ぶメリットはありません。

投資を継続することが難しい

米国株の長期インデックス投資は、基本的には積立投資を続けるだけの単純な作業なので、誰にでもできるものです。むしろ、積立は自動でできるので、作業は最初だけ。

しかし、実はそれを継続することが最も難しいんですね。というのも、実際の株価は上下するので、投資経験が少ないときに株価が大きく下がると、とにかく不安になります(経験者は語る)。

本来は株価が下がったときこそチャンスなんですが、頭ではわかっていても資産が減っていくのを目の当たりにすると、冷静でいられない人も多いはず。本当にこのままで大丈夫なんだろうか…と疑問を持つこともあります(経験者は語る)。

そうなったとき、長期投資に最も重要な「投資を継続すること」を止めてしまう可能性があります。とくに、経験の浅い初心者ほど不安の度合いは大きくなるので、それを乗り越えられるために勉強しておくことが大切なのです。

とりあえず、長い投資期間の道中では紆余曲折あることを前提に、投資を始めるように心がけていただきたいところです。

一時の仮想通貨ブームなどに見られるように、多くの人はすぐに結果を求めます。しかし、将来のための資産形成を目指すなら、短期的な結果は気にせず、黙々と投資を続ける強い心が必要です。

まとめ

米国株投資はやってみれば簡単なことだとわかりますが、やらなければ一生わかりません。将来のために何かしなければと考えているならば、僕は米国株への長期インデックス投資を強く推奨します。

途中、株価が大きく下がって不安になることもあるでしょう。このまま投資を続けても大丈夫なのか?と不安になることもあるでしょう。

そういった不安は、知識を得ることで解消されます。投資自体は簡単でやることもありませんが、それを続けるための勉強は面倒でも欠かさずにやっておくことが、長期投資を成功させるポイントだと思います。

こちらの記事では、米国株への長期インデックス投資について解説しています。

【初心者向け】米国株のほったらかし長期インデックス投資
最近、つみたてNISAやiDeCoなどの制度が少しずつ浸透し、資産形成のため投資を始めてみようと考えている増えてきた気がします。この記事をご覧になっているあなたも、おそらくその一人ではないでしょうか。ただ、「とはいえ、投資なんてよ...

こちらの記事では、株式投資はギャンブルではない理由について解説しています。

株がギャンブルではない理由
世の中には「株はギャンブルだ!」と考えている人は多いですが、本来の株式投資はギャンブルではありません。しかし、一般的に行われている株式投資はギャンブルと言えます。ただ、それは株式投資とは言えないのです。いきなり意味不明なこ...

これから投資を始めるならつみたてNISAを利用することをお勧めします。

【投資初心者向け】つみたてNISAについて解説
将来のために資産形成がしたいと思っても、何をどうすればいいかわからない!とお悩みの方に、僕は初心者の資産形成にはつみたてNISAをおすすめします。ここでは初心者の資産形成につみたてNISAが最適な理由を解説していきます。

コメント