【京都で義務化】自転車保険は義務化されても加入しなくて良い場合もあります

京都市では、2018年4月から自転車に乗る人に「自転車保険」への加入が義務化されました。広告やテレビCMなどで見かけることも多いのではないでしょうか?

加入していなくても罰則等はないようですが、万が一のときに保険は役立ちます。過去には自転車事故によって億を超える賠償請求が発生した事例もあるそうです。

まぁそんな事例はそう起こることはないでしょうが、もしそうなったときに困らないよう、保険への加入はしっかりと考えておきたいところ。しかし、何が何でも「自転車保険」に加入しなければならないわけではありません。

スポンサーリンク

自転車保険加入の義務化とは

自転車保険加入の義務化と言われますが、厳密には少し違います。京都市のHPでは、自転車保険加入の義務化についてこのように記載されています。

Q.義務の対象となる保険はどのようなものですか?

A.加入義務の対象となる保険等は,自転車事故により生じた他人の生命又は身体の損害を填補することができる保険,共済又はサービスに付帯する保険等としています。


出典元:京都市サイクルサイト

京都市のHPは、どこを見ても分かりにくいと思うのは僕だけでしょうか?

要は、義務化の真意とは、自転車事故による「相手方への損害賠償責任を補償できる保険」に加入してください…ということです。つまり、すでにそういった保険に加入しているのであれば、新たに自転車保険に加入する必要はありません。

相手方への補償がある保険

自転車事故による相手への損害賠償責任を補償してくれる保険とは、自動車保険や火災保険などに特約で加入できる「個人賠償責任保険」や、「TSマーク付帯保険」が該当します。

とくに、個人賠償責任保険は、「同居している家族や別居している未婚の子供」まで補償の対象になります。もし、家族が個人賠償責任保険へ加入していれば、すでに自転車保険加入の義務は果たしているということです。

そのため、自転車保険に加入しなければならない人は、意外と多くない可能性もありますね。

個人賠償責任保険へ加入済みかチェック

自動車保険や火災保険に加入している人は、まず個人賠償責任保険に加入しているかどうかをチェックしてください。基本的には特約で加入する保険ですが、クレジットカードに付随して加入することもできるようです。

保険は複雑なので、契約する際には中身をほとんど理解せず契約している人が多いと思いますし、いつの間にか個人賠償責任保険に加入していた…なんていうケースは多いんじゃないでしょうか。

個人賠償責任保険・TSマーク付帯保険のどちらも加入していない場合のみ、自転車保険を含めていずれかの保険に加入する必要があるのです。

自転車保険とは?

そもそも、自転車保険とはどのような保険なのでしょうか。

それを説明する前に、まず個人賠償責任保険について理解してもらうと話が早いので、そちらから簡単に説明していきます。

個人賠償責任保険

個人賠償責任保険とは、自転車で事故を起こしたり、飼っているペットが他人に怪我を負わせた場合など、「日常生活で他人に与えた損害に対して賠償責任を補償してくれる保険」です。

怪我だけではなく、モノを破損させた場合などにも適用され、補償金額は1億円のケースが多く、2億円・3億円の契約ができるものもあります。それでいて月額の保険料は約200円程度で、補償は家族まで対象となるため、実は非常に優れた保険なのです。

月額200円程度でそれだけの補償があるということは、裏を返せばそれだけ保険を利用する機会がないとも言えます。しかし、高額な賠償責任を問われるケースもあるため、「少ない保険料で万が一に備える」という、本来の保険の意味合いとしてしっかりと機能しています。

個人賠償責任保険は相手方への補償をしてくれる保険なので、京都市が定める義務の対象を満たしていると言えます。

自転車保険

そして、自転車保険とは「相手方への補償」と「自身の怪我に対する補償」をしてくれる保険です。相手方への補償の内容は、個人賠償責任保険とほぼ同じです。

つまり、「自転車保険=個人賠償責任保険+医療保険」ということです。一部では医療保険のないタイプもあるようですが、自転車保険としては稀。相手方への補償(個人賠償責任保険の部分)は1億~5億であったり、自身への補償(医療保険の部分)も保険会社によって内容は様々。

個人賠償責任保険と違うのは、自転車保険は基本的に「個人向けの保険」となるので、家族も対象にするにはそれに対応するプランへ加入する必要があります。

例えば、au損保の自転車保険。

本人タイプ」の加入では、個人賠償責任保険のように家族までは対象になりません。家族も対象にするなら「家族タイプ」へ加入する必要があります。3人以上で加入するなら保険料は割安になる計算ですね。

また、医療保険に比べると保険料に対して支払われる保険金が大きいですが、これは基本的に「交通事故による怪我」にしか支払われないからです。しかし、自転車保険とは言いつつも、自転車以外の交通事故でも保険金は受け取れるようです。

病気などによる入院に関しては、自転車保険では保険金は受け取れませんので、貯蓄もしくは医療保険で対応しましょう。プランによってはそれ以外のケースでも支払われるようになりますが、その分保険料は高くなるので安易に飛びつかないほうが良いですね。

TSマーク付帯保険

TSマークとは、自転車安全整備士が点検・整備をした自転車に添付されるもので、それに保険が付帯します。

自転車にこのマークが貼られていれば、義務化の対象となる保険に加入していることになります。

しかし、左側の「第一種」は補償額が十分ではないため、個人賠償責任保険か自転車保険に加入したほうが良いです。右側の「第二種」では、相手方への補償は最大1億円となっているので、補償の内容としては十分でしょう。

自分は自転車保険に加入する必要があるか?

さて、自転車保険加入が義務化されたとはいえ、必ずしも自転車保険に加入する必要はないことはおわかりいただけたでしょうか?

そもそも、加入の義務化の背景には「相手方へ支払う賠償金」が高額になり過ぎる可能性があるということが挙げられます。つまり、それさえ対応できれば問題ないわけで、自分の怪我に対する費用まで備える必要があるかと考えると、必要性は高くはないですよね。

個人的には、自転車保険やTSマーク付帯保険より、個人賠償責任保険への加入をお勧めします。

おススメの自転車保険

それでも自転車保険に加入しておきたい…という方のために、自分が加入するとしたらこれを選ぼうかと思うものを紹介しておきます。

au損保

ひとつは、先ほど画像でも紹介したau損保です。

保険料は、個人タイプで月額360円・家族も対象にするなら740円。相手方への補償は2億円までとなり、十分と言えるでしょう。自身の怪我に対する補償に関しては、自転車事故によるものであれば2倍の保険金が受け取れる特徴があります。

楽天の自転車保険

保険料はなるべく安く済ませたいという人には、楽天の自転車保険があります。

こちらは月額170円・家族型でも月額300円と破格の安さで、相手への補償は1億円まで対応できます。自身に対する補償はau損保より劣りますが、基本は相手方への補償が重要なので問題はないですよね。

通院で保険金が支払われるか

自転車保険の自身に対する補償では、通院でも保険金が支払われるかは契約内容によって異なるので事前に確認してください。実は入院時にしか保険金は支払われず、損した気分になるかもしれません。

どちらも相手方への補償は十分できるものなので、どちらがいいかは本人の好みの問題と言えそうです。

医療保険の部分は基本的に不要

保険とは、個人では対応できない金額に備えるためのものです。自分の怪我に掛かる治療費なら、普段の生活資金から十分捻出することは可能な人がほとんどではないでしょうか。

僕が個人賠償責任保険を推奨しているのは、自分で対応できるものには保険に加入する必要がないと考えているからです。多くの人は数千円~数万円の治療費なら対応できますが、数千万単位の賠償責任にはとても対応できません。

保険とは本来、そのようなものに備えるものなのです。十分な貯蓄があるのに医療保険に加入しているのは、僕にはお金をドブに捨てているようなものにすら感じます。

もちろん、その稀に起こる医療費の支払いが困難…という人には、医療保険は心強いでしょう。働き始めて間もない若い人は、十分な貯蓄もないので、医療保険も加入のメリットがあります。

働き始めて数年経ってもお金がない人は、そもそもの生活を改めて考える必要があるのではないでしょうか。

まとめ

現在の自転車保険への加入を促進する広告は、いかにも自転車保険という保険に加入しなければならないように受け取れますね。個人的にはミスリードでお粗末な広告に思います。

加入するかどうかを考える前に、まずは個人賠償責任保険に加入しているかどうかを確認してください。もし、既に加入しているのであれば自転車保険への加入は必要ありません。

自分に限って事故なんか起こさない…という考えは危険です。自分が事故を起こすと思って運転している人なんていませんからね。。自分の人生を守るためにも、自転車に乗る機会がある人は個人賠償責任保険には加入しておくようにしましょう。


シェアする

フォローする