WiMAXの1年契約ができるBIGLOBE WiMAX 2+の注意点

アイキャッチお金

小型の端末を持ち歩き、Wi-Fiがどこでも使えるようになるWiMAXですが、現在は基本的に3年契約+自動更新となるので、なかなか契約に踏み切れない方もおられるかもしれません。

しかし、BIGLOBE WiMAX 2+は唯一、1年契約で自動更新なし、しかも1年後以降はいつ解約しても契約解除料はかからないというプランを出しています。

一見いいこと尽くめのようにも思えますが、気を付けておきたいところもありますから、ここではBroad WiMAX 2+について紹介していきます。

ちなみに、WiMAXとWiMAX2+は何が違うの?ということに関しては、初代と2代目というだけで気にする必要はありません。

スポンサーリンク

BIGLOBE WiMAX 2+の注意点

1年契約ができるBIGLOBE WiMAX 2+の注意点は、月額料金がそれほど安くないことハイスピードプラスエリアモード・端末代金が有料であることです。

月額料金は安くない

BIGLOBE WiMAX 2+の料金は、申込手数料・月額料金・端末代・オプション代があり、端末とSIMの同時申込ならキャッシュバックが受け取れます。

費目金額
申込手数料3,000円
月額料金(開始月)0円
月額料金(1ヶ月目~)3,980円
端末代19,200円
(800円×24回払いも可)
オプション代1,005円※
キャッシュバック15,000円

オプション代については後述しますが、ここではオプション代を含まずに1年間利用したときの実質月額料金を計算してみます。

費目金額
申込手数料3,000円
月額料金×12ヶ月47,760円
端末代19,200円
キャッシュバック-15,000円
合計金額54,960円
実質月額料金4,580円

2年目以降も使い続けると、手数料や端末代の負担が減るので実質月額料金は少し下がります。

年数実質月額料金
2年4,280円
3年4,180円

これは3年契約がメインの他社と比べても、かなり割高ですね。

プロバイダー3年使用時の実質月額料金
GMOとくとくBB3,407円
Broad WiMAX3,572円
カシモ WiMAX3,685円

また、BIGLOBE WiMAX 2+では、「ハイスピードプラスエリアモード」を利用すると、その月はオプション代として1,005円が追加で発生します。

ハイスピードプラスエリアモードとは?

ハイスピードエリアモードとは、auの4G LTE回線を使用することで、さらに高速通信+WiMAX2+回線では電波の届かない場所でも使えるようになるモードのことです。

他社でも以前はこのモードを使用するのに1,005円必要でしたが、3年契約になったのと同時にこのオプション代が無料となりました。

とはいえ、BIGLOBE WiMAX 2+でもオプション代が発生するのは使用した月だけなので、使わなければ問題ありません。

また、ハイスピードプラスエリアモードでは、月7GBまでの制限があります。それを超えた場合、ハイスピードプラスエリアモードだけでなく、データ無制限プランでも速度制限がかかるため、使い勝手は悪いですね。

なお、BIGLOBE WiMAX 2+でも、スマホをauで契約している場合は「auスマートバリュー mine」というサービスでスマホ代1,000円引き+ハイスピードプラスエリアモードのオプション代が無料となります。

英字とカタカナが多すぎてわかりにくいわ!

それが彼らのやり方さ!

端末代金が有料

WiMAXの端末代は無料となっていることがほとんどですが、BIGLOBE WiMAX 2+は端末代金として19,200円(800円×24回払いも可)が必要です。

他社が無料なのは、3年契約にすることで、端末代を無料にしても月額料金から回収できるとの計算ではないかと思われます。

これも短期契約と引き換えのデメリットとなりますね。もちろん、端末を自分で用意しておけば端末代は不要です。

ただし、キャッシュバックは端末とSIMの同時申込の場合に限られるので、端末を自分で用意したときはキャッシュバックはありません。

BIGLOBE WiMAX 2+のメリット

BIGLOBE WiMAX 2+のメリットは、1年契約+それ以降はいつ解約しても契約解除料が無料ということです。

最低利用期間は12ヶ月間ですが、その間に解約しても違約金は1,000円と良心的。まぁその分が月額料金などに反映されているということですけどね。

また、キャッシュバックがあっても結局は端末代ですべて消えるので、これはとくにメリットと呼べるものではありません。

まとめ

BIGLOBE WiMAX 2+は、現時点でWiMAXの1年契約ができる唯一のプロバイダーですが、実質的な月額料金は高めに設定されています。

そのため、長期的に利用するのが確実な場合は、他社で契約するほうがお得になるでしょう。まぁ確実に利用するかどうかがわからないのが困るんですけどね。

https://xn--n8jr8c3bz579cbda294h.xn--tckwe/broadwimax-merit-demerit/

短期間の契約であれば、レンタル型のWi-Fiを利用するのもいいかもしれません。それはそれでデメリットがあるのも事実ですが、まずは自分のスタイルに合った契約を考えることが必要ですね。

コメント