【画像付き】Broad WiMAXの解約方法と注意点

現在、Broad WiMAXの解約はインターネット上から手続きを行うことができます。

WiMAXなどのポケットWi-Fiは、同じプロバイダーで長期契約しても特典がないので、面倒ですが更新月ごとに乗り換えるのがお得です。

ここではBroad WiMAXを解約する方法と、注意点について解説していきます。

スポンサーリンク

Broad WiMAXの解約方法

Broad WiMAXで契約している方は、「Broad お客様向けサポートサイト」の登録をしていると思います。

まずはここからログインし、画面右側の「ご契約内容の変更」を選択します。

続いて、画面下部にある「 契約解除申請フォーム」を選択。

続いて「解約の手順を確認する」を選択すると、以下の画面が出てきます。

解約させたくない気持ちが伝わりますが、気にせず下の方までスクロールし、下画像にある「解約の手順を確認する」を選択しましょう。

続いても下の方へスクロールして「契約解除申請フォーム」を選択します。

基本的には「8日目以降~の方」を選択すると思いますが、初期契約の解除や2台以上契約している方は自分に合ったところを選択してください。

続いて、右上のBroad WiMAX(1年以上での解約の方)を選び、赤枠のタブから「Broad WiMAX」を選びます。解約理由は適当に。

僕のときは赤枠部分に「3WiMAX」というのが勝手に選ばれましたが、3WiMAXてなんやねん…?

下のほうには注意事項が書いてありますので、目は通しておきましょう。

上記内容に同意するを選ぶと、さらに注意事項が浮かび上がってきます。下部にある「確認しました」をチェックしなければ次に進めません。

最後にも注意事項の確認をチェックして、下部の「内容を送信する」を選択すれば完了です。

解約の注意点

何度も注意点を確認しなければならないのは少し鬱陶しいですが、相手からすると「これだけ確認してるんだから文句はなしよ」ということでしょう。

なので、文句を言わなくても済むように、解約する際の注意点をまとめておきます。

更新月をしっかりと確認しておく

WiMAXの契約では、更新月以外の解約には違約金がかかります。更新月は契約月の翌月から数えて36ヶ月後、契約月を含めると37ヶ月後です。

僕の場合はまだ2年契約があったので、2016年12月に契約 → 更新月は2019年1月でした。

今が契約後の何ヶ月目かはお客様向けサポートサイトの「ご契約内容の確認」で確認することができます。

また、更新月を逃した場合、次の更新月は初回更新月の36ヶ月後になるので、間違えないようにしましょう。

期間による違約金は以下の通りです。

解約申込日に注意

Broad WiMAXでは、25日までに解約の申込が完了すれば、当月内での解約となりますが、26日以降だと翌月の解約扱いになります。

なので、解約するつもりなら更新月の早いうちに手続きをしておくようにしましょう。※ 月初に手続きをしても、月末まで利用することはできます。

解約月は日割りではない

月初に解約手続きをしても、月末までサービスは利用できます。そのため、解約月の料金は日割りではなく月額が必要です。

日割りにしてくれるほうがありがたいと思うのは、僕だけでしょうか?

手続き完了後の取り消しはできない

解約の手続きが完了すると、いかなる理由でも取り消すことができません。

どんだけ融通きかへんねんって思いますが、注意事項にも書かれていることなので訴えても勝てないでしょうね。

Broad WiMAXではチャットで質問を受け付けているので、気になることがあればすべて確認してから、解約の手続きを完了させましょう。

まとめ

以前は電話でしか手続きができなかったことを考えると、ネットで手続きができるのは助かります。

とはいえ、解約までに押さなければならないボタンが多すぎる気もしますが…

Broad WiMAXでは解約しても端末を返却する必要はないので、そのまま処分しても大丈夫です。

WiMAXは契約期間が3年と長いので、更新月を逃さないように気を付けましょう。

おしまい。


WiMAXの月額料金が安いおすすめの5社を厳選!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする