なぜわざわざ他人の投資法を否定する人がいるのだろうか?

米国株ブログ界で最もメジャーな人物といえば、バフェット太郎氏ではないでしょうか。

僕が米国株投資を始めたきっかけも、バフェット太郎の秘密のポートフォリオのある記事を読んだことがきっかけです。

僕は別に信者でもなんでもありませんが、彼の言っていることは概ね筋が通っているし、これから投資を始めようとする人にはおススメしたいブログの一つと思っています。

しかし、辛辣な表現や実践している投資のリターンが市場平均に比べて芳しくないことから、本人も「日本一アンチの多い米国株ブログ」と言っています。

スポンサーリンク

アンチ・バフェット太郎

先日、たまたま目にしたブログの記事でバフェット太郎氏の出版した書籍を批判しているものがありましたが、内容を見る限り中身のない批判だなぁと感じました。

そのブログが否定している内容として、バフェットの名を借りながらバフェットの推奨するS&P500へのインデックス投資をしていないことや、バフェットとは異なる投資を実践していることを挙げています。

バフェットを真似ているわけではない

しかし、バフェット太郎氏は、バフェットの推奨するインデックス投資もブログ内で推奨しています

そもそも、本人はジェレミー・シーゲル氏の書籍に影響を強く受けているため、それに則って投資銘柄を選定しているだけです。

では、彼はジェレミー・シーゲル太郎に改名しなければならないのでしょうか?

そんなわけありませんよね。著作権(?)的にどうかは分かりませんが、ブログ名なんて好きに付けていいじゃないですか。

リターンが劣っている

また、バフェット太郎氏の実践している高配当株への再投資戦略のリターンがS&P500に劣っていることを挙げ、高配当戦略は一応稼げるが、もっと稼げるのはS&P500ETFへの投資であるとも言っています。

正直、これを言い切れる根拠はどこにあるのかと感じます。そもそもS&P500を確実に上回り続ける投資法が事前に分かれば、誰もがそれを実践するでしょう。

でも、そんなことは誰にも分かりません。

ジェレミー・シーゲル氏の書籍では、高配当株への再投資戦略がS&P500を上回ってきた実績があることを受けて、バフェット太郎氏は今のポートフォリオを作ったはずです。

ただ、それが今後S&P500を上回る保障はないし、逆に上回らないとも言い切れません。それを断言してしまうのはおかしな話です。

本当に投資に関して知識があるのか…とすら思ってしまいますね。

というか、僕が考えるに高配当戦略を取っている人からすると、S&P500を上回るとかそんなことはどうでもいいと考えていると思います。いや、どうでもいいは言いすぎですが。

リターンよりも配当金の最大化

バフェット太郎氏のポートフォリオについて、トータルリターンばかり指摘して非難する人をよく見かけますが、僕は正直バフェット太郎氏がうらやましいです。

なぜなら、彼の資産は(公表しているのが真実だとして)すでに5,000万円を超えており、ポートフォリオから単純に計算しても、年間150万円近い配当金を受け取れるはずです。

毎月約10万円が、何もせずに口座に入ってくるんです。短期的に株価が下落して時価総額が減ったとか、どうでもいいとすら思ってしまいます。いや、どうでもいいは言いすぎですが。

高配当戦略を取っている人の目的は、毎月の配当金を最大化していくことだと思います。最大化するには、ただ高配当なだけでは減配・倒産リスクがあるので選別する企業も重要です。

今後のトータルリターンなんて、何に投資をすれば最大化されるのかなんて分かりません。でも、配当金ならある程度の目途を立てられます。(たてられるハズです)

僕がバフェット太郎氏の投資法に賛同できる理由としては、将来的に得られる配当金を大きくしていくことがお金に対する不安を和らげてくれる要素になるからです。

永続的な収入源は心強い

将来、受け取れる年金は減額されることでしょう。

そのとき、貯蓄を切り崩して生活するだけでは心許ないし、年金以外にも永続的に得られる収入減を確保しておくことが重要だと考えています。

バフェット太郎氏に限らず、他にも高配当戦略を取っている人はトータルリターンより配当金を重視しているのではないでしょうか。

少なくとも、僕は結果的にトータルリターンがS&P500を上回れば良かったね…くらいにしか思っていません。(ダメなの?)

歴史から学び、成長の罠を警戒する

トータルリターンばかりに目を向けてバフェット太郎氏の投資法を非難するのは、自身の度量のなさをひけらかしているようにも思えますね。

バフェット太郎氏は自分のポートフォリオが絶対だと言っているわけでもないし、それを外野がどうこう言うこと自体がお門違いな気がします。

バフェット太郎氏のブログではAmazonなどの成長株に対して否定的な発言もしていますが、それもジェレミー・シーゲル氏の研究から多くの投資家が陥ってきた成長の罠に対して警告しているに過ぎません。

Amazonは今後も成長する可能性は高いですが、それが投資家のリターンと直結するかどうかは別問題です。

Amazonはこれまでの企業とは違って、今後も投資家に莫大なリターンを得られると考えるならそれも一つの考えとしていいと思いますが、過去にはそういった事例が多々あったことを冷静に考えることも重要ではないでしょうか。

あくまでも過去の事例から、Amazonを過信するといつかババを引く可能性があることを指摘しているのです。(多分)

詐欺リエイターなのか?

もう一つ、そのブログではバフェット太郎氏のブログはただのアフィリエイトブログであり、初心者にはお勧めできないと言っています。

確かにバフェット太郎氏の最新記事一覧にはワンタップバイを紹介する記事が固定表示されていますが、ワンタップバイは別に悪い商品とも思えません。

そもそもワンタップバイを万人に推奨しているわけではなく、若い人が少額で投資経験を積めることを前提に話をされています。

米国個別株は少額では手数料負けするので、その面ではワンタップバイが明らかに有利です。

それに、生涯ワンタップバイから投資をしなければならないわけでもないので、これを否定する理由はとくにないはずです。

人を騙してまでお金儲けをしたいとは思わないとおっしゃっていますが、それについては同意します。

僕もこのブログで何か紹介しようかと考えてはいますが、自分が本当に良いと思うものしか紹介したくはないので、そうすると紹介できるものがほとんどないのが現状です。

ただアフィリエイターを批判するのは簡単ですが、情報の真贋を見抜く能力次第で何の説得力もない話になってきます。

ワンタップバイは投資初心者にとって本当に悪徳商法になるでしょうか?

僕は決してそうは思いません。

最近、僕の友人が投資に興味を持っていたので米国株に関して話をしましたが、難しいことを勉強しようとしても挫折するだけやからとりあえず投資を始めてみた方が良い。

S&P500などのインデックス投資なら、短期間で投資した分がなくなることなんてないからと勧めましたが、むしろワンタップバイを勧めた方が良かったのかな…とも思います。

書籍を推奨する人の立場を考えると…

そのブログでは、米国株ブログ界隈でバフェット太郎氏の書籍を絶賛する声が多いことが不思議でならないとおっしゃっていますが、それはその書籍が初心者にとって読むに値するものだから…というだけのことでしょう。

ブログ主はバフェット太郎氏に個人的な恨みがあるのか、絶賛している人たちは書籍紹介からのアフィリエイト収入や自サイトへのアクセス増を狙っているだけとか否定的な意見を書かれています。

しかし、書籍を紹介されている人のなかで少なくとも米国株ブログ界の重鎮(?)であるたぱぞう氏は、その程度のレベルで物事は考えていないはずです。

たぱぞう氏はすでに米国ブログ界ではトップクラスですし、話題性をもとにアクセス増を狙う必要はありません。

また、リスクを冒して自身のブログの価値を下げるような案件を紹介するメリットもありません。むしろ、価値のないものを紹介するデメリットの方が大きいはずです。

たぱぞう氏のブログを読んでいれば分かることですが、多くの人に米国株投資の良さを知ってもらうために有益な情報をたくさん書かれていますし、人柄の良さも滲み出ていますよね。

そんな人が利己的な記事を書かれるとは思いません。

そこでバフェット太郎氏の書籍を紹介しているということは、つまりそういうことなんですよね。この書籍を否定するのは、たぱぞう氏の否定にも繋がるのではないでしょうか。(大袈裟)

もちろん、他に紹介されている方も同じように価値があると感じているはずです。

ブログ主の目的がよく分からない

正直、僕から見ればバフェット太郎氏を批判しているこのブログの方が、胡散臭い要素が多いと感じます。

完全に推測でしかありませんが、なんとなくネタというかただのアクセス集めのためにやっているようなブログに見えます。

あからさまにAmazon信者っぷりを強調していることも違和感があり、暴騰するにしろ暴落するにしろ、注目を集めやすいだけにアクセスは集まるでしょうね。

実際、ブログ開始から数日で米国株カテゴリーで20位くらいまで上がっていますし。

まぁ広告などは一切貼っていないようなので正直、何がしたいのかよく分からないブログだな…というのが率直な感想です。違ったら、ゴメンナサイ。

これがバフェット太郎氏の自作自演サイトだったとしたら、ある意味スゴイですけどね。笑

まとめ

賢明な人は、投資に絶対解はないと理解しています。そして、多くの人にとっての最適解はS&P500などへのインデックス投資であることも理解しています。

だからと言って、みんなが最適解を実行する必要はありませんし、個別株投資をしている人を批判する権利は誰にもありません。

バフェット太郎氏が影響を受けた「株式投資の未来」では、IBM(成長株)とXOM(クソダサい株)のリターンは50年もの長期的な結果から導き出されたものです。

ここ数年のリターンを比べて批判すること自体がズレていると思いますし、それはバフェット太郎氏を否定するための根拠としてはあまりにも内容が薄い。

そもそも、長期的に得られる配当金を増やしていく投資戦略ですから、批判するなら投資している企業が今後配当を維持できない可能性を挙げ、そのリスクをしっかりと指摘するのが筋ではないでしょうか。

また、バフェット太郎氏に影響を受けている僕の投資家としても目標は、S&P500のリターンを超えることではありません。(バフェット太郎氏本人は分かりませんが)

大型ディフェンシブ株を中心としたポートフォリオを組んでいる人も、Amazonなどの成長株を中心としたポートフォリオを組んでいる人も、数十年後にS&P500を超えるリターンが得られるのかは誰にも分かりませんよね。

それぞれがそれぞれの思惑によって投資をしているなら、それでいいじゃないですか。僕は将来の収入減の一つとして、配当金が魅力だと感じているので投資を続けていきます。

ただし、このブログではゼロサムやマイナスサムとなる投機・ギャンブル的な取引をすることは基本的に否定しています。

あくまでもプラスサムと成り得る投資をしている場合に限り、それぞれの投資手法を批判するのは無意味だと思うのです。

まぁ、だからと言って投機・ギャンブルを完全否定しているわけではありませんし、やりたい人は仕組みを理解したうえで勝手にどうぞ…って感じですね。

思いのほか長くなりました。

僕はバフェット太郎氏に影響を受けて米国株投資を始めましたが、別に信者でもなんでもありません。最近では毎日更新されるブログも、全てに目を通すこともなくなっています。

小難しい内容のことはよく分かりませんし、過去と同じような内容の記事については理解してしているからです。(しているつもりです)

それでも同じことを何度も繰り返し目にすることで、その知識が深くなっていくので完全に見なくなることはないと思います。

言葉は辛辣でも言っている内容の多くは筋が通っていると思うので、これから投資を始めようと思う人にはおススメできるブログであることは間違いありません。

別に僕がおススメしたところで、バフェット太郎氏にも僕にも、とくにメリットはありませんけどね。

最後に、バフェット太郎氏が最近出版された書籍ですが…

僕は読んでません。

ブログをずっと見てたから、改めて読む必要もないかなと。

もちろん、読んでないので書籍に関しては何も言えません。

おしまい。

ゼロサムとマイナスサムについても解説しています。

「株式投資」とギャンブルが決定的に違う理由
株式投資なんてギャンブルだからやるもんじゃない!!と思っているそこのアナタ。 投資とギャンブルの違いを理解せずに、イメージだけでそう思...

現状の仮想通貨取引では、全員が幸せになることは不可能です。

仮想通貨を勧める人の建前と本音
コインチェックがハッキングされ、580億円もの仮想通貨が流出した事件で気が気でなかった人は多かったのではないでしょうか。どうやら日本円での支...

ファイナンシャルアカデミーのセミナーを紹介していますが、投資に関する内容には注意が必要です。

ファイナンシャルアカデミー【お金の教養講座】を受講して~騙されないために知識を高めよう~
お金の教養を身に付けるための、日本唯一のマネースクールとして誕生したファイナンシャルアカデミー。そこで行われている無料のセミナー「お金の教養...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする