SBI証券で米国株を購入する方法を画像付きで紹介

米国株は最低手数料の引き下げによって、少額から気軽に投資ができるようになりました。

しかし、経験者ならまだしも、初心者ではどうやって株を購入するのかわかりませんよね。

経験者でも、国内株と米国株では取引画面が少し異なるため、最初は戸惑うかもしれません。

この記事では、実際にSBI証券で米国株を購入する手順を画像付きで解説していきます。

スポンサーリンク

米国株を購入する前に

米国株は、基本的にドルで買付をします。

SBI証券は円のまま買付する「円貨決済」ができますが、為替手数料をより安く抑えるために住信SBIネット銀行を利用したほうがお得です。

住信SBIネット銀行でドル転する方法

この方法はSBI証券でしか利用できないため、個別株・ETFを購入したい場合はSBI証券で口座開設するのがベストです。

スマホから購入したい場合

現在、SBI証券のスマホ版サイトからは、海外株式の購入はできません。スマホから購入したい場合は、PCサイトへ移動して操作する必要があります。

スマホ版からPCサイトへ移行するには、ログイン後に画面下部にある「PCサイト」をタップするだけです。

米国株の購入手順

では、米国株を購入する方法を解説していきます。

SBI証券へログインし、右側の外国株式の「取引」をクリック。

銘柄を検索する

続いて、銘柄を検索します。ここではみんな大好き、コカ・コーラを検索しましょう。

米国株では証券コードの代わりに「ティッカー」と呼ばれるものがあります。コカ・コーラのティッカーは「KO」なので、どちらで検索してもいいです。

検索結果から銘柄を選択

検索結果から該当する銘柄を選択。

買付をする

銘柄の情報画面になるので、チャート上部の「買付」をクリック。

ちなみに、この画面で配当利回りなどが左の情報欄に記載されています。米国株は配当が年4回あるので楽しみが多いですね。

注文の情報を入力

赤枠部分の入力をします。

日本株には単元制度がありますが、米国株は1株から購入可能です。

SBI証券では最低手数料が撤廃されたので、1株からでも手数料負けを気にすることなく購入できるようになりました。

指値は「買値を指定する方法」で、成行は「取引が成立すればすぐに購入する方法」です。

後者の場合、取引量が少なすぎると現時点の株価と離れた価格で取引が成立してしまう可能性もあります(取引量が多ければ、ほぼその時点の株価で買えます)。

預かり区分は特定・NISAのどちらかを選択します。NISA口座で購入したい場合は、NISA預かりを選択しましょう。

決済方法はドルを用意して「外貨決済」を選択しましょう。

最後に黄枠のチェックボックスにチェックし、取引パスワードを入力して注文確認画面をクリックします。

注文を確定する

最後に注文確認画面が出てきますので、問題なければ「注文発注」をクリック。見積価格と概算受取金額は気にしなくても大丈夫です。

赤枠で囲ったところには手数料(+税)が表示されています。

画像は以前の最低手数料5ドルが必要になるときのものですが、最低手数料が撤廃されたことで、約定代金の0.45%(今回の場合は0.13ドル)で済みます。

SBI証券は、NISAならETFの買付手数料は無料になります。

まとめ

手順は難しいものではありませんが、最初はどうすれば良いか迷いそうですね。

一度購入した銘柄であれば、外国株式ホーム画面の「口座管理」をクリックすると保有銘柄として一覧表示され、次はそこから買付することもできます。

米国株投資はほったらかしで良いのが大きなメリット。ぜひ、将来のために米国投資を始めてみましょう。

おしまい。


長期投資では配当金が大きな意味を持ち、コツコツと継続していくことの大切を教えてくれます。

長期投資における配当金の貢献度

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. ワトソン より:

    メルカリで金持ち父さんを購入したものですw
    立派なブログですね!
    不動産投資を始めたばかりなので落ち着いたら米国株やFXにチャレンジしてみたいです

    • hide より:

      ご覧いただきありがとうございます!
      個人的にFXはお勧めできませんが、米国株は長期投資としてお勧めです!
      このところ大きく下げ続けている米国株ですが、長期投資では今こそチャンスと考えたいです。