ミニマリスト・家を買う?

物欲がまったくない僕は現在、家賃34000円(共益費・水道代・インターネット込み)のマンションに住んでいますが、家(戸建て)を買おうかと考えています。

それは住居用ではなく、賃貸として貸し出すための家です。

スポンサーリンク

資産を買う

なぜ僕が家を買おうとしているかと言うと、毎月お金を運んでくれる資産を持つため。数年前に読んだ「金持ち父さん・貧乏父さん」では、毎月自分のポケットにお金を運んでくれるものが「資産」、逆にお金を奪っていく物を「負債」と呼んでいました。

家を買うのは結婚して子供ができて…というのが一般的ですが、住宅ローンを組んで買う家は毎月お金を支払わなければならない「負債」です。お金以外に得られるものがあるので、負債だから悪いとは言い切れませんが、少なくとも資産を作りたいと考える段階では必要ないものですね。

それよりも先に資産となる不動産賃貸業として成り立つ物件を買い、その収入をさらなる物件購入に充てる。いずれ家賃収入だけで生活できるくらいになると、マイホームだって労せず手に入れることが出来るでしょう。

だがしかしッ!

問題は、完全ド素人である僕がどうやって物件を手に入れるかです。

不動産投資といえば1棟ものやワンルームマンションのイメージが強いかと思いますが、近年では中古の一戸建てを安く買い、適度にリフォームしてファミリー層に貸し出すという手法が増えているそうです。

安く買うといっても300~500万円くらいは必要ですし、それより安いものもありますが、それだと何かしら問題を抱えている可能性が高い。そういった物件を破格の値段で買う人もいるそうですが。

中古の戸建て投資は1棟ものと違い、失敗しても借金をしなくて済む金額とは言われますが、数百万をポンと出すのは抵抗がありますよね。失敗すれば全額失う…とは思いませんが、やったことがないので想像が出来ません。

ただ、株式投資を始める前も「失敗したらどうしよう…」と悩んでいましたが、始めてみると悩んでいた時間が勿体ないと思うくらい、さっさと始めれば良かったと思ったものです。

すでに戸建て投資で成功している人もいるので、とりあえず最初の一歩を踏み出すのが肝心なのは重々承知してはいるつもりですが、株式投資と違って売主・仲介業者・修繕業者等が絡んでくるので、最初の一歩のハードルが高い(コミュ障なんで)。

また、現金で買うとなると株式を一部売却しないと足りないので、そこまでする必要があるのか…とも考えてしまいます。でも長期投資は元本が少ないと増えるまでにとても時間が掛かるので、現時点では毎月のキャッシュフローを重視したほうが良いのでは…との思いに絶賛板挟み中。

戸建て投資に関連するブログや書籍を読んで勉強はしていますが、それぞれ地域も違えば物件は一つとして同じものはないので、僕が住む地域ではどうなのかも想像が付きません。

一番悩むのが、これから戸建て投資をしようと売りに出ている物件を見たときに、そのタイミングで掲載されている物件が投資対象と成りえるのか?ということです。

誰でも見れるサイトなので、有望な物件だと経験値のある方がさっさと購入し、残っているのは投資対象としては微妙な物件なのでは…と疑ってしまうんですね。だって、そんな都合よく物件が見つかるとは思わないじゃないですか。

おそらく、有望な物件だとしても現金が足りなくて買いたくても買えない…というケースもありそうなので、考えすぎかなとは思います。でも最初は慎重すぎるくらいで良いかなとも思いますけどね。早く始めたいからと無理やり物件を購入しては失敗する可能性が高くなると思うので、そこは注意しておきたいです。

そう考えると、米国株のインデックス投資はいつ始めても問題ないし(むしろ早く始めるに越したことはない)、少額から始められるので簡単なもんやなぁとつくづく思います。

ミニマリストが家を買うのはいつになるのか…乞うご期待です。

シェアする

フォローする