【自動車保険】節約する方法を考える

自動車保険は車を運転する人にとって必要不可欠ですが、金銭的には結構な負担となる方もおられるでしょう。

保険は何も考えずに加入していると、無駄に保険料を支払っているというケースが少なくありません。

保険料を抑えるには、まず保険の中身を理解することが重要です。ここでは自動車保険について、節約するためのポイントをまとめました。

スポンサーリンク

自賠責と任意保険

ご存知の方は多いと思いますが、自動車やバイクの保険には、大きく分けて「自賠責保険」と「任意保険」があります。

自賠責保険は加入が義務付けられているので、基本的には加入していることでしょう。

自賠責に加入せずに運転していることが発覚すると、厳しい処罰が待っているので必ず加入するようにして下さい。

自賠責保険の内容

自賠責保険とは、事故を起こした際に「相手側に対する補償」をしてくれる保険です。

その対象は「人のみ」なので、物への補償はされません。自賠責保険で対応できるのは「対人の賠償責任のみ」ということになります。

補償の上限額は、相手の状態によって違います。

  • 怪我…120万円
  • 死亡事故…3,000万円
  • 後遺障害…75~4,000万円

死亡事故や後遺障害が残った場合、自賠責の上限を超える賠償請求が起こる可能性は十分に有り得ます。

車社会では事故が起こる可能性そのものが高いため、万が一に備えて任意保険に加入しておくことは非常に重要なことなのです。

任意保険とは

任意保険は、大きく分けて以下の補償があります。

  • 相手方(物)への補償
  • 自分や同乗者の補償
  • 車の補償
  • オプション

これらの補償をどうするかで、保険料は大きく変わります。

まず、保険とは、「自分では賄えない高額な支払いに備えるもの」です。言い換えると、自分で対処できるものに対しては、本来備える必要はありません。

それを前提に考えると、任意保険で最も重要になるのは、「相手方(物)への補償」となります。

自分の治療費や、車の修理費用などは、貯蓄があればわざわざ保険で備える重要性は高くありませんよね?

事故を起こしたときには保険金が貰えるかもしれませんが、何も起こらなければ保険料は無駄になります。自分で用意できる金額なら、その分は自分で貯めておく方が明らかに合理的です。

任意保険では、相手方への補償である「対人・対物」が主契約となっていて、基本的にどの保険会社でもこれに関しては無制限の補償となっているはずです。

自分への補償や車の補償は、人によっては要らないケースもあるでしょうし、オプションに関しても最低限必要だと思うものだけ加入していれば問題ありません。

つまり、自動車保険を節約するポイントは、いかに「相手方(物)への補償以外の部分を抑えるか」ということになりますね。

人身傷害保険

人身傷害保険とは、「自分自身や同乗者への補償」をしてくれる保険となります。

搭乗中の家族や友人なども対象になり、各々に対して保険金の上限まで補償がされ、保険会社によっては人身傷害保険も主契約に盛り込まれているところもあります。

また、この保険で補償する範囲を「車内のみ」か、「車内・車外とも」で選択することができます。

車内のみ

こちらの契約では、契約中の車に「搭乗中の事故」に対して保険金が支払われます。

補償の範囲は限定的ですが、それだけ保険料は安くなります。言い換えると、最低限の補償をするということですね。

車内・車外とも

こちらの契約では「車内のみ」のケースに加えて、「外出先での歩行中に交通事故に遭った場合」でも保険金が支払われます。

被保険者だけでなく、その「配偶者・同居の子供(親族)・別居中の未婚の子供」まで対象になるので、補償としてはかなり手厚くなっています。

家族で2台以上の車を所有している場合は、1台で車内・車外ともで契約し、2台目は社内のみで契約すれば、外出先の事故の補償が受けられることになります。

保険料も大きく変わるので、家族で重複して加入しないよう、確認しておきたいポイントです。

ただしこの契約では、他人名義の車(や二輪)を運転した場合に発生した交通事故に関しては、補償されないことに注意してください。

その他、保険金が支払われないケースなども各保険会社に記載されているはずなので、確認しておくことが大切です。

補償の範囲

人身傷害保険では、怪我の治療費以外にも様々なケースに対応できます。

例えば、事故によってしばらく仕事を休む必要が出た時に、その間の収入をカバーしてくれる「休業損害」や、入院・通院に掛かる「交通費・雑費」などにも保険金が支払われます。

死亡事故や後遺障害などが残った場合でも、残された家族のために保険金が支払われます。

一部は生命保険とも重複しますが、同乗者への補償までされることを考えると、加入しておくのが無難に思えます。

また、人身傷害保険では、過失割合に関係なく実際の損害額が支払われることになります。

相手側からの賠償金がある場合は、その分を差し引いた金額が人身傷害保険から支払われ、示談交渉を待たずして先に保険金を受け取ることも可能なようです。

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は、契約中の車に搭乗している全員を対象に、自動車事故による怪我などに対して「あらかじめ決められた金額」が支払われる保険です。

例えば、頸部の骨折または脱臼の場合は〇〇万円、頸部の神経・筋または腱の損傷・断裂の場合は〇〇万円など。

ざっくり言えば、人身傷害保険の上乗せ保険です。人身傷害保険よりも、搭乗者傷害保険の方が保険金の支払いがスピーディと言われています。

しかし、保険料の面からも、絶対に必要かと言われると微妙な気もします。保険料を安く抑えたいのであれば、加入する必要はないでしょう。

車両保険

車両保険とは、「車本体の補償」をしてくれる保険です。

要は車の修理費用を負担してくれるということですが、車の年式や家計状況によっては加入する必要性は高くありません。

また、車両保険を申請すると、保険料に影響を与える等級が「1~3等級ダウン」するケースがあります。

等級が下がることで翌年以降の保険料が上がり、逆に損をする可能性もあるので、安易に車両保険を利用するのも考えものですね。

補償されるケース

車両保険で補償してくれるのは、自分の車の修理にかかる費用です。

単独事故ではなく、相手がいる事故では相手側の任意保険(対物)によって保険金を受け取れるケースがありますが、過失割合によっては全額が補償されるわけではありません。

こちらに3割の過失がある場合はその3割分は自費となるので、その部分を車両保険で対応することになります。

補償の範囲

車両保険に加入する場合で、各社で名称は違いますがどの程度まで補償をするかを選びます。

大まかにわけると、「あらゆるケースで補償を受けられるタイプ」「一部のケースでは補償が受けられないタイプ」があります。

補償の範囲で保険料に大きな差が出ることがあるので、できれば保険料を安く抑えらえる後者のタイプを選びたいですね。

補償がされないケースはしっかり確認しておきましょう。

免責金額とは

車両保険には「免責金額」という項目がありますが、これは修理をする際の「自己負担額」を指します。

例えば免責【5-10万】という契約の場合で、修理費用が50万円だったとします。

その場合、1回目の修理では「5万円」を自己負担し、残りの45万円を保険金として受け取ることになります。

2回目以降の修理では「10万円」を自己負担して、40万円の保険金が受け取れます。

つまり、免責金額を多く設定しておけば、修理が必要な際の負担は大きくなるが、保険料は安くなるということです。

自己負担が少ない方がお得だと思って免責金額を5万(もしくは0円)にすると、使うかどうか分からない保険のために高い保険料を支払うハメになります。

免責金額は多めに設定しておくほうが、保険料は安く、事故をしなければ自己負担もありません。

自己負担が少ない方がお得だと勘違いしないようにしましょう。

その他の特約

車両保険の特約には、車を修理している間にレンタカーを借りた場合、そのレンタカー費用を補償してくれるものがあります。

他に身の回り品特約のような名称で、自己で携行品が壊れた場合などに補償してくれるものがありますが、これらの必要性は低いでしょう。

意外とこれだけでも保険料が上がってしまうので、何も考えずに加入はしないほうが良いと思います。

車両保険は必要か

車両保険には2つデメリットがあります。

  • 保険料の支払いが増える
  • 車両保険を申請すると、等級が下がる(可能性がある)

これらのデメリットを考えると、修理費用が少額の場合、自己負担で修理するほうが特になる可能性も高いです。

安い車に乗っているのであれば、いざというときは買い替えるくらいのつもりで、車両保険には加入しないという判断もアリだと思いますね。

高級車やローン残高の多い状況だと、加入しておくのが良いかもしれませんが、保険料は当然高いですよね。

なるべく補償の範囲を狭くしたり、免責金額を多く設定して、保険料が少しでも抑えられるようにしましょう。

オプション

オプションには各社で多少の違いがあると思いますが、ここでは加入して損のないものを取り上げておきます。

弁護士特約

自動車事故では自分に責任のないもらい事故の場合、保険会社は法律によって示談交渉ができないそうです。

その場合、自分で示談交渉を行う必要があるので、弁護士に任せる方があらゆる面でメリットがあります。

ネックになるのは弁護士費用ですが、この特約を付けていればその費用を負担してくれます。

弁護士特約の費用は月々200~300円程度なので、それほど大きな負担にはなりません。

もらい事故は自分がどれだけ気を付けていても防ぎきれないこともありますからね。

自動車事故以外でも費用を負担してもらるので、加入して損はないでしょう。

個人賠償(責任保険)特約

日常生活の事故で自身が加害者となってしまった場合に、「相手側への損害賠償費用等を補償してくれる」もので、被保険者の配偶者・同居の子供(親族)・別居で未婚の子供までが補償の対象となります。

例えば、子供が自転車で人に怪我をさせた場合なども、この特約で補償されます。

近年加入が求められている自転車保険は、個人賠償+医療保険のような商品なので、これに加入していれば別途加入する必要はありません。

損害賠償額は高額になるケースも多いため、月額200円前後で加入できる個人賠償特約は、加入しておくべき特約ですね。

注意しておきたいのは、個人賠償責任保険は火災保険などでも特約として加入しているケースが有り得るということです。

また、補償の対象が別居中の未婚の子供まで及ぶので、親が加入していれば重複して加入する必要はありません。

あまり知られていないことなので、気付かずに重複加入しているケースは多いのではないでしょうか。

基本的には特約として加入することになりますが、個人賠償責任保険を単体で加入することもできるそうです。

いずれの保険でも加入していない場合は、単体で加入しておくことをおススメします。

ファミリーバイク特約

ファミリーバイク特約は、「125㏄以下のバイク事故による賠償を補償してくれる」特約です。これも、被保険者と配偶者・同居の子供(親族)・別居の未婚の子供が対象になります。

バイク単体で任意保険に加入するよりも割安な保険料で加入できることが多く、バイクに乗る家族が多いほどお得な特約です。

ただし「125㏄以上のバイクは対象外」なので注意して下さい。なお、補償金額は自動車保険の対人・対物と同じ金額です。

この特約には、「人身傷害型」と「自損型」があります。

どちらも相手方へ対する対人・対物は補償されますが、違いは「自身の怪我に対する補償」です。

人身傷害型は相手がいる事故でも補償され、自損型は相手のいない自損事故による怪我のみ補償されます。

つまり、人身傷害型の方が補償が手厚い分、保険料は高くなるということです。支払われる金額についても違ってくるので、一度確認しておきましょう。

バイクの保険に関しても重要なのは相手方への補償なので、自分に対する補償に関しては、あまり必要性は高くないと個人的には考えています。

人身傷害型と自損型では保険料に大きな違いがあるので、節約するポイントのひとつです。

ちなみに、どちらのタイプでも、自分のバイクの修理費用に関しては補償はありません。

まとめ

自動車保険で最も重要なのは、「対人・対物」の補償です。

極論を言えば、それ以外の補償は要らないということになりますが、家庭によって考え方は違ってきますので必要だと思うものには加入しておきましょう。

ただし、何も考えずに加入することだけは避けたいですね。必要性の低い保険に無駄なお金を支払うのは勿体ないですよ。

おしまい。


保険の本質について考えよう。

【保険とは?】無駄な保険に加入しないための考え方
日本は世界的にみても民間保険への加入率が高く、保険に加入するのが当たり前のような風潮すら...

実家の車両保険の見直しで、年間2万円の節約ができました。

https://xn--n8jr8c3bz579cbda294h.xn--tckwe/car-insurance2/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. いつもゃぞ より:

    ゴミアフィブログうざい