実家の自動車保険を見直して年間約3万円の節約

以前、実家の家計改善のために保険を見直す必要があると考え、まず生命保険や医療保険の変更をしました。

ただ、自動車保険に関しては僕の兄の友人のところで加入していたので、契約内容を変更しても良さそうな部分だけ伝えて、後は親に任せていました。

ところが、なかなか変更することなくズルズルと月日が経ちます。

見直したところで月額で言えば1~2,000円の差ですが、一度契約し直すだけで節約できるんですからやらないともったいないですよね。

ってことで、すぐに営業の人に来てもらいました。

保険は人それぞれで最適な案は違いますが、見直しを考えている人の参考程度になればと思います。

スポンサーリンク

見直した内容

自動車保険で最も重要なのは、相手方に対する賠償責任を負う「対人補償」です。当然、この部分は無制限で手を付けることはできません。

今回見直したのは以下の点です。

  • 車両保険の免責
  • 車両保険のレンタカー特約
  • ファミリーバイク特約の内容
  • 甥っ子の医療保障

車両保険の免責

車両保険の免責とは、車の修理の際に自己負担する金額です。契約書には【0-5】や【5-10】と記載されています。

【0-5】の場合、仮に1回目の修理代金が20万円だったとすると、自己負担は0円。20万円が保険金として受け取れます。

【5-10】の場合なら、5万円を自己負担して15万円を保険金として受け取るということです。

一見、自己負担がない方がお得と思えそうですが、当然その分毎月の保険料が高くなりますね。

また、車両保険を使用すると保険料に影響する等級が下がることになり、翌年以降の保険料自体が高額になってしまう可能性もあります。

そのため、少額の修理代金なら保険を使わず実費で直すという選択もあるわけです。

免責0にするのは保険料が高くなるうえ、高額な修理代金が必要になった場合にしかメリットがなくなると考えると、あまり得策とは言えません。

修理代金を自己負担する余裕がない場合、生活そのものを見直すことが必要でしょう。(おいおい、車買ってる場合か?)

で、うちの契約をみると免責が【0-10】となっていました。

これを【5-10】へ変更することで保険料を削減。正直、車両保険そのものを外しても良いかと思いましたが、車に乗るのは僕じゃないんでそこまでは決めれません。

本当は車に乗る当事者が考えて、決めなければいけないことなんですけどね。

レンタカー特約

レンタカー特約は、車両の修理をしている間に車をレンタルした際に、その費用を支払ってもらえるかどうかの特約です。

そもそも修理するかどうかも分からないし、それを保険で備えておくのはあまり合理的ではないと思います。

使うかどうか分からないものに毎月お金を払うより、必要なときに貯蓄から賄う方が結果的に安く済む可能性が高いはず。

ということで、レンタカー特約は外します。

ファミリーバイク特約の内容

ファミリーバイク特約には、「人身傷害型」と「自損型」があります。

どちらも相手方に対する補償はありますが、違いは「自分に対する補償」です。

前者は自分の怪我に対しても保険金が受け取れますが、後者は自分の怪我に対して保険金を受け取るには条件が厳しくなります。

つまり、前者は補償は手厚く保険料は高め、後者は補償が薄いために保険料は安くなります。

自分に対する保険で言えば、我が家の場合は府民共済に加入していますので、多少の備えはしています。

また、母と僕がバイクに乗りますが、母がバイクに乗るのは基本的に仕事中がメインです。もし事故に遭うとしたら仕事中である可能性が高いので、その場合は労災もあります。

つまり、自分に対する補償はあまり必要性は高くなく、気を付けて運転していれば特に問題ないと考えます。

ということで、人身傷害型から自損型へ切り替えました。

甥っ子の医療保障

我が家にはとある事情により、僕の姉の子供(オス・15歳)が同居していて、姉はすでに他界し、父親は自分の実家で親と同居しています。

自動車保険の契約に、甥っ子の医療保障として入院時に〇円・死亡保障〇円という内容が含まれていました。

しかし、片親ということで、国の援助により18歳までは医療費の自己負担はないそうです。

母に聞くと、どうやら弁護士の方に「自転車などでぶつかって相手に怪我をさせたときの保険」には加入しておいてくださいと言われたので、それを保険の営業の人に伝えたとのこと。

弁護士の方が言っているのは、いわゆる「個人賠償責任保険」のことですね。しかし、母はあまりよく分かっていないので、この医療保障がそれに該当すると思っていたようです。

実際には個人賠償責任保険も特約で加入してあったので、それが弁護士の言っている保険のことやと説明(半信半疑でしたが)。

結局、甥っ子の医療費は無料で済むのに、無駄な医療保障を付けてその保険料を支払っていたことになります。

金額的には月額670円くらいでしたが、無意味なものにお金を支払う必要はありません。ということで、この医療保障は外します。

と思っていたんですが、営業の人に話を聞くと、どうやらこの契約を付けることで全体的に保険料が割引されるとのことでした(よく分からん)。

それでも保障内容を下げることは可能なようで、とりあえず月額100円程度の一番安い内容に変更してもらうことで節約することになりました。

まとめ

今回見直した内容をまとめます。

補償変更点
車両保険の免責【0-10】から【5-10】へ
レンタカー特約解約
ファミリーバイク特約の内容人身傷害型から自損型へ
医療保障最低額の保障へ

これらの見直しによって、月額約8,000円だった保険料を約5,400円まで下げることに成功。

年間で約3万円の節約になりますが、ネットで申し込める自動車保険にすればもっと安くなるでしょう。

ですが、人付き合い云々が…という親の気持ちも分からないでもないので、自動車保険に関してはこれで十分かと思います。

おしまい。

保険は知らなきゃ損することがたくさんあります。

賃貸でおすすめの火災保険は?自分で契約するために知っておくべきこと
賃貸契約の初期費用として火災保険がありますが、ほとんどの場合でこの火災保険には無駄な保証...

なぜ保険が必要なのか、根本的なところから考えましょう。

無駄な保険には加入しない!無駄かどうかの基準って何?
日本は世界的にみても民間保険への加入率が高く、保険に加入するのが当たり前のような風潮すら...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする