賃貸契約の火災保険には気を付けろ!!

賃貸契約をする際に、一般的に初期費用として組み込まれている火災保険

実は、無駄が多すぎることをご存知ですか?

火災保険は多くの人にとって必要なものではありますが、不動産会社に言われるがまま契約していると、大損する可能性もあります。

実際、僕が引っ越しをしたときの火災保険契約は、僕のニーズに全く合わないボッタくり保険でした。

スポンサーリンク

火災保険とは

まず、火災保険とはどのようなものかご存知でしょうか?

火事になったときに何かしら補償をしてくれる保険であることは分かると思いますが、その内容まで把握している人はあまりいないと思います。

基本的に火災保険の対象となるのは建物家財で、実はそれぞれ別の契約になります。

建物に関しては、賃貸の場合、その物件を所有するオーナーが加入します。

入居者である僕たちが加入するのは家財を対象とした保険です。

家財とは、その名の通り自分の所有している家具や財産などで、火災によってそれらが被害を受けたときに保険金が受け取ることができます。

家財保険は重要ではない

つまり、賃貸契約で加入する火災保険は基本的に自分の財産に掛けるもので、高級な家具などを持っていなければ、そもそも保険を掛ける必要すらないとも言えます。

まず火事が起こる確率がそれほど高いわけではないですし、そのために保険を掛ける必要があるのか…と。

火災保険に加入する目的は、実は別の理由がメインになるんです。

重要なのは借家人賠償責任保険

賃貸契約で火災保険に加入する最大の目的は、借家人賠償責任保険に加入するためです。

これは単体の保険ではなく、家財保険の特約でしか加入できないのです。

賃貸契約では、退去する際に原状回復といって、入居したときの状態に戻す必要があります。(経年劣化によるものは除く)

それは火災によって部屋がボロボロになったとしても同様で、ボロボロになった部屋を修繕するには何百万単位のお金が必要になります。

そのときの補償をしてくれるのが、借家人賠償責任保険です。

極端な話、部屋の修繕も全額賄えるお金を持っていれば、火災保険には加入する必要はないということです。

ただ、ほとんどの人はそんなことないでしょうから、借家人賠償責任保険に加入するために火災保険が必要になるということになります。

そのため、主契約となる家財保険にも必然的に加入することになりますが、家財の補償を少なくすることで、保険料は大きく抑えることが可能になります。

契約時に加入した保険

本来、火災保険は契約する保険会社を、自分で選ぶことができます。

不動産会社が指定する火災保険に加入する義務はありません。

そのことは事前に調べていたので、僕は賃貸契約時にその旨を不動産会社に伝えました。

しかし、大家がどうたらこうたらと言うので、面倒になりその場は一旦指定された火災保険で契約することになりました。

そこで加入させられたした火災保険は、みんなの部屋保険G2という保険です。

まぁごちゃごちゃして分かりにくいですね。

色んな補償をしてくれるようですが、はっきり言って僕はそんな補償を求めていないのです。

僕が加入したいのは最低限の家財保険と借家人賠償責任保険だけ。

不動産会社に補償額はいくらなのか聞いても、

後日契約書が郵送されると思います

とのこと。

実は営業マンも詳細知らんのちゃうかと疑っています。

結局、その契約内容が書かれた書類は届きませんでした。

そのため、この保険会社のサイトを見て、支払った保険料から補償額を確認してみることにしました。

家財保険の補償額

支払った保険料から家財の補償額を確認すると、なんと152万円もの補償が付いていました。

ただの一般ピーポーがどんな家財を持っていると思っているのか…

個人的には10万程度の補償で十分だと思っていましたが、この保険会社では家財保険の最低額が70万円となっています。

誰向けの保険会社を案内してくれとんねん。

こちらのニーズを聞くことなく、一方的に無意味な高い保険料で契約させるのが日本の不動産業界ということです。

おそらく、保険会社からキックバックを受け取れるので、自分たちの利益のために無駄な保険に加入させるんですね。

もし不動産関係の営業の方がこれを見て反論があるなら是非お聞きしたい。

なぜ僕はあのような無駄な保険に加入させられたのか?

納得できる理由があるのでしょうか。

修理費用保険にも強制加入

修理費用保険とは、部屋に備え付けのもの(洗面台や浴槽など)が破損したとき、その修理費用を補償してくれる保険です。

補償金額は損害の箇所によって違います。

この保険会社の場合、洗面台や浴槽などに関しては100万円まで、ガラスなどに関しては10万円までとなっていました。

この補償は特約扱いの保険もありますが、みんなの部屋保険G2では主契約となっています。

こちらはこのような補償が必要など一言も言っていないのですけどね。

当然、これが盛り込まれることで保険料は高くなるわけです。ガッデム!!

特約の補償額

この保険の特約にある、借家人賠償責任保険の補償額は、1,000万円でした。

しかし、僕が契約したマンションの部屋を修繕するのに、そんな大金はいりません。

せいぜい500万円の補償があれば十分です。

みんなの部屋保険G2には、もれなく個人賠償責任保険という特約も付いています。

こちらも補償額は1,000万円。

個人賠償責任保険は、とても便利な保険なんですけど、僕の場合はすでに別で加入しているものでした。

つまり、僕には個人賠償責任保険を新たに加入する必要は一切ないということ。

にもかかわらず、強制的に加入させられることになりました。

ちなみに、個人賠償責任保険に加入する場合は、補償額は1億円程度にするのが一般的。

実は、それでも保険料は200円前後です。

個人賠償責任保険は自動車保険などの特約でも加入できるので、すでに契約している場合は火災保険で特約を付ける必要はありません。

また、個人賠償責任保険は加入者の家族・別居している未婚の子供まで補償が適用されるので、契約が被らないように注意したいところです。

まぁ保険料は安いんですけど…

みんなの部屋保険G2の総評

みんなの部屋保険G2自体は、悪いとは思いません。

保険が適用される災害は幅広いですし、あれこれ不安な人にはこれ一つである程度カバーできる気はします。

ただ、僕にとっては無駄な内容が多く、全くニーズに適さない保険であったと言えます。

誰のための保険か

火災保険は加入しておく必要性は高いものですが、不動産会社が紹介する保険は客のための保険とは言えません。

どう考えても、不動産会社や大家のための保険です。

複雑な仕組みなのをいいことに、自分たちの私腹を肥やすために利用しているのです。(すべての不動産会社がそうとは言いませんが)

難しいことを自分で調べるくらいなら、多少高い保険料を払ってもええわと思うならそれでもいいでしょう。(僕は嫌なので自分で調べます)

子供には勉強をしろと言う大人が多いのに、自分のことになると勉強しないというのはいかがなもんかと思いますけどね。

最適な保険を見直した結果

僕が自分で最低限必要だと思う保険は、借家人賠償責任保険として500万円程度の補償です。

家財保険に関しては、その保険にある最低限の補償で十分。

それらを考慮して調べた結果、全労済の住まいる共済で契約することにしました。

 見直し前見直し後
家財保険152万円300万円
借家人賠償
責任保険
1000万円500万円
個人賠償
責任保険
1000万円なし
保険料7500円/年1500円/年

住まいる共済では家財保険の最低補償額は300万円でしたが、保険料は年間6000円安くなっています。

いかに見直し前に無駄な補償が付いていたかが分かると思います。

というか、見直してみると、みんなの部屋保険G2は一体どんだけ手厚い補償を付けているのか…と思いますね。

家財保険の補償額自体は、保険料にそれほど影響していないことが分かります。

住まいる共済の家財保険で適用される災害は、以下のようになっています。

上段(火災・落雷)が基本契約となっていて、他は追加すれば保険料は高くなります。

ただ、僕の住んでいる地域では、特に心配する必要のない災害なので追加していません。

下段(地震などのとき)も、ここで対象となるのは家財です。

建物ではありません。

仮に、建物が大きな被害を受けるほどの大地震で部屋がグチャグチャになっても、その場合はこちら側に支払い義務が生じることはないそうです。

その場合に必要なのは建物に対する地震保険であり、それは大家が加入するものだからです。

もちろん、一戸建てやマンションを購入した人は地震保険が必要になりますが、部屋を借りているだけの人には、地震保険はあまり関係がないとも言えますね。

保険会社のHPは分かりにくい!!

正直言って、全労済が最適だったかどうか分かりません。

ネットで調べても、他の保険会社では細かい見積もりができなかったり、情報が少なすぎるのです。

賃貸向けの火災保険は扱いが弱いのか、一括見積りができるものは賃貸ではなく一戸建ての火災保険ばかりでした。

なんとも不親切な業界だな~と感じたのは内緒です。

※後々、府民共済の方が若干安いことが判明しましたが、年間数百円なのでききき、気にしてません。

まとめ

賃貸契約の初期費用に含まれる火災保険は、ほとんどの場合で割高になっていると思います。

よっぽどの高級マンションにでも住まない限り、保険料は年間数千円で済むはず。

契約時には2年契約となっている可能性もありますが、保険料が1万円を超えるようなら、不動産会社に詳細を聞くことをお勧めします。

火災保険は自分で加入する会社を選べます。

なかにはこちらが何も知らないと思って、

「そんなことはできない」

と言い張る営業マンもいるかも知れません。

そんな不動産会社は、こっちから願い下げするべきです。

カモにされないためにも、自分の身は自分で守りましょう。

おしまい。

賃貸の火災保険に関してもう少し詳しく解説しています。

賃貸契約の火災保険の内容は、何が必要なのか?
賃貸契約をする際、なにかと初期費用がかかります。 やれ鍵交換費用だとか、やれ害虫駆除代とか… できることなら初期費用は抑えたいも...

自動車保険に関してまとめています。

自動車保険を節約するポイント
車を運転する人にとって必要不可欠で、しかし金銭的な負担となる自動車保険。 保険は何も考えずに加入していると、無駄に保険料を支払っている...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする