【No1はどれだ?!】京都(近所)のカレーパンを食べ比べ!

アイキャッチ日々の生活

カレーパンって美味しいですよね。ただでさえカレーもパンも美味いのに、それを合わせれば相乗効果でその美味しさはプライスレス!

読者

僕は100円のパン屋さんでも美味しいと感じますが、いつもは食べ比べることがないので味の違いについてはよくわかっていません。

ということで、近所にあるパン屋さんのカレーパンはどれだけ違いがあるのか、思い付きで食べ比べてみることにしました。

スポンサーリンク

近所のパン屋さん

今回カレーパンを購入したのは以下の4店舗。

  • 阪急ベーカリー(京都ファミリー)
  • マルモファクトリー(天神川御池)
  • ブーランジェリー108(イオンモール京都五条)
  • ブレッドファクトリー(イオンモール京都五条)

僕がどこに住んでいるのか特定できそうです…

hide
あぁ右京区だよ!文句あるかバカヤローコノヤロー!!

カレーパン実食

では、おうちで実食。

こうやって並べてみると、それぞれ形や大きさが全然違うんですね。始めて気付きましたよ。

ところで、パンは焼きたてが美味しいですよね。カレーパンは揚げているので、やはり揚げたてのほうが美味しいわけですよ。

手作りしない限り揚げたては食べられませんが、パン屋さんのカレーパンを美味しくするちょっとしたひと手間を加えます。

まずはパンを電子レンジで中まで温めます。そのままではしんなりした生地になるので、これを少量の油を熱したフライパンで軽く揚げてやりましょう。

カレーパンを揚げる

表面だけカリっとするくらいで十分です。電子レンジで温めておかないと、ただ揚げるだけなら中が冷たいままなので、温めてから揚げるほうが美味しいです。

ちなみに、冷凍のたこ焼きとかお好み焼きも、チンしてからフライパンで表面をカリッとさせると美味しくなります!

まずは阪急ベーカリーのカレーパン(108円)。ドンッ!

阪急ベーカリーのカレーパン

阪急ベーカリーは100円なので、サイズもやや控えめですね。表面にはパン粉がまぶされており、サクサク感があります。

カレーの辛みはほとんどなく、後から少しだけほんのり辛みを感じるかな程度。子供でも食べやすいと思います。

続いてはブーランジェリー108のカレーパン(108円)。ドンッ!

ブーランジェリー108のカレーパン

サイズは阪急ベーカリーと同じくらいですね。

阪急ベーカリーほどパン粉が付いておらず、生地のサクサク感はそこまで。カレーの味はやや濃い目な気がします。こちらも辛みはほとんどありません。

続いてはマルモファクトリーのカレーパン(118円)。ドンッ!

マルモファクトリーのカレーパン

値段が10円アップしましたが、サイズはこれまでより一回り大きめ。ただ、なぜかペタンコなので見た目はいまひとつですね(‘ω’)

こちらは生地のサクサク感が強く、カレーはやや甘みがあるかな…という感じ。見た目はあれですけど、生地がサクサクカリカリで美味しいです!

最後にブレッドファクトリーのカレーパン(172円)。ドンッ!

ブレッドファクトリーのカレーパン

値段は頭一つ抜けて高く、その分ボリュームがあります。

こちらも生地のサクサク感が強いですが、カレーの味や生地とのバランスでみると、他より高い値段相応かどうかは微妙…もちろん、これ単品で食べれば美味しいですよ。

京都(近所)No1のカレーパンはこれだ!

今回は4店舗で食べ比べましたが、この中で一番美味しかったカレーパンは…

hide
どぅるどぅるどぅるどぅるどぅる(ドラムロール)

デンッ!!

hide
マルモファクトリーです!
No1カレーパン

ぶっちゃけ、口の中がカレーだらけなんで味の違いははっきりわかりませんが、生地の食感・カレーの味・ボリューム・価格など、全体のバランスを考えるとこれがNo1となりました。

どのカレーパンも美味しかったですが、今回カレーパンを食べ比べてわかった確かなことは…

hide
カレーパン4つ食べるのは結構きついデスッ!

食べ過ぎには注意しましょう。

コメント