JETBOYのWPインストールとSSL化の方法

このブログはJETBOYのレンタルサーバーを利用して作成していますが、JETBOYは月額料金も安く、サイト評価にも係わるSSL化も無料で行えます。

ここではJETBOYでWordPress(WP)をインストールする方法と、無料でSSL化する方法、ついでにやっておきたい設定も紹介していきます。

スポンサーリンク

インストールの前に

まず、独自ドメインを取得していない場合は先に取得しておきましょう。どこで取得しても良いですが、僕は「ムームードメイン」を利用しています。

その際、ネームサーバを設定する項目がありますが、JETBOYで利用するならネームサーバ1を「dns1.jbsrv.jp」に、ネームサーバ2を「dns2.jbsrv.jp」で設定しておきます。

仮に設定をし忘れても、ムームードメインの管理ページから変更することができます。

ムームードメインの管理ページへログイン後、対象のドメインを選択して「ネームサーバ設定変更」から「GMOペパポ以外のネームサーバを使用する」にチェックをして入力します。

WPのインストール方法

まずは取得したドメインの設定を行います。

ドメインの設定

JETBOYの管理画面から、「サーバー管理」を選択します。(ご契約サーバーでも可)

続いて、「サーバーパネルログイン」を選択。

続いて、ドメインの項目から「ドメイン設定」を選択。

ここでは「新規ドメイン作成」を選択します。

続いて、①に取得した「ドメイン名」を入力し、②の「ドメインを作成する」をクリック。その下には、ネームサーバー設定の注意書きがあります。

”ドメインを新しく追加しました”と表示されれば、「このドメインにWordPressをインストールする」をクリックします。

これでドメインの設定は完了、続いてWPのインストールをしていきます。

WPのインストール

まずは、「WordPress自動インストール」を選択。

続いて、「WordPressの自動インストールはこちら」を選択。

続いて、インストールドメインの右側(赤矢印)をクリックし、該当ドメインを選択して「インストール」を選択。

ちなみに、「詳細設定」を開くと以下の情報を入力できます。

管理ユーザー」「管理者パスワード」はWPのログインに必要な情報なので、ここで自分の好きなように設定しておくと良いでしょう。

何も設定しなければ、自動的にユーザー名とパスワードが作成されます。ただ、管理ユーザーは変更することができないため、自分で決めるほうが良いかもしれません。

ブログ名・ブログの説明は後で変更できるので、そのままでも大丈夫です。画像には写っていない項目も下の方にありますが、触る必要はありません。

インストールが完了すると、以下の画像が表示されます。

ユーザー名とパスワードは忘れないようにしましょう。

これでインストールは完了です。自動インストールの画面に戻り、対象ドメインの「ログイン」を選択肢、WPの管理画面へ移行しましょう。

サイトをSSL化する

SSLとは、ざっくり言えば通信を暗号化することで、セキュリティを強化するものです。

SSLに対応していないサイトはURLの最初が「http://」で始まり、「保護されていない通信」と表示されます。

SSLに対応しているサイトはURLの最初が「https://」となっているので、安全かどうかが一目でわかるようになっています。

SSL化がされていないとサイトの評価に関わるそうなので、これから始める人はSSL化をしておくほうが良いでしょう。

一部では有料となっていますが、JETBOYなら無料でSSL化することができるので、その方法を解説します。

まず、JETBOYのサーバーパネルにログインし、「Cpanelログイン」を選択します。

続いて、真ん中より下までスクロールして、「Lets Encrypt SSL」を選択。

続いて、下にスクロールして「Issue a new certificate」からSSL化したいドメインの右側にある「+Issue」を選択。※画像は日本語翻訳しています。

続いて、左下の「Issue」を選択すればSSL化されます。

もしエラーが出るようなら、赤枠のチェックを一番上だけにして再試行してください。僕はそれで直りましたが、詳細は良くわかりません。

最後に、以下のような表示が出ればSSL化は完了です。

なお、JETBOYのガイドには、WPをご利用の方は下記プラグインをインストールすれば、WPデータベース内すべてのURLがSSL化されますと説明されています。

細かいことは分かりませんが、下記プラグインをインストールして有効化しておきましょう。

プラグイン名:「Really Simple SSL」※ダウンロードせず、WP内でプラグインの新規追加から検索してもできます。

WPインストール後にしておく設定

WPをインストールし、管理画面へログインできるようになったときにやっておきたいことがあります。

一つは日本語の表示にすること、もう一つはパーマリンクの設定をしておくことです。

日本語の表示設定

管理画面の(PC画面では)左側にメニューがずらりとありますが、その中から「設定」→「一般」を選択します。

ここでブログ名なども変更できます。

日本語の設定は、真ん中あたりにある「サイトの言語」から日本語を選択し、「タイムゾーン」を東京に合わせておきます。

ちなみに、サイトの言語で日本語を探すのが意外と面倒です。

僕の場合、真ん中よりやや下あたりに日本語がありました。なぜか一度目は韓国語に設定され、もう一度日本語で設定するとちゃんと日本語になりました。

タイムゾーンは最初のアジア群の下の方に東京があります。

パーマリンクの設定

パーマリンクとは、ウェブサイトの各ページに付けれらるURLの末尾部分のことで、「記事ごとの住所」と考えてください。

これによってそれぞれの記事が認識されるため、同じ内容でもパーマリンクを変更すれば違う記事とみなされます

例えば、この記事は「https://独自ドメイン/dmain-install/」というURLで、赤字部分がパーマリンクです。

僕の場合、パーマリンクの設定で「投稿名」を選択し、記事ごとに自分でパーマリンクを設定しています。ただ、以外と面倒です。

他を選べば自動的にパーマリンクが設定されるので、面倒なら違うのを選んでも良いかもしれません。

ただ、その場合はパーマリンクだけだと何の記事か自分でもわからないことがあり、アクセス解析には不向きです。

まぁ大して解析しない僕には関係ないんですけどね…

最初は良くわかりませんでしたが、パーマリンクは非常に重要です。

とくに、サイトが大きくなった後でパーマリンクを変更すると、せっかく検索結果で上位表示されていても、新しい記事と認識されるため上位表示されなくなります。

そうなるとアクセスが一気に落ち込みますので、気分も一緒に落ち込んでしまいます。※経験済み

記事の内容がしっかりしていれば、いずれ順位は上がって上位表示されるようにはなりますが、不用意に変更するのは避けたほうが良いのは間違いありません。

まとめ

ここまで設定が完了しても、使いやすくするにはもう少し色々やっておくほうが良いことがあります。

WPではテーマと呼ばれるサイト全体の構成や骨組みを形作る、いわゆるテンプレートのようなものがあります。

テーマひとつとってもどれを使用するか悩みますが、まずは使い方に慣れることが必要なので、色々といじってみるのが良いでしょう。

何か分からないことが出てくれば、大抵のことは調べれば解決できるので、めげずに頑張りましょう!

おしまい。


こちらの設定もしておくほうが良いと思います。

JETBOYでファイルのアップロードサイズを大きくする方法
僕は現在 JETBOY というサーバーを利用しています。 ブログを始めた当初は知名...

シェアする

フォローする