選挙に行かない最大の理由は「行っても意味ないから」

僕は基本的に、選挙には行っても意味がないと考えているので、これまでほとんど行ったことがありません。

1回くらい行った記憶はありますが、もはや記憶の片隅。

海外ではどうか知りませんが、日本では選挙に行かないと非国民扱いされる風習を強く感じます。

それでも僕が選挙に行かないのは、やはり「行っても意味がない」としか思えないからです。

スポンサーリンク

世代間格差の問題

以前まで選挙に行かなった理由は、正直わからない・面倒だからといったことが大きいですが、今は世代間格差による問題が大きいですね。

1票の格差という言葉はよく聞くと思いますが、それよりも世代間による格差のほうが深刻だと思います。

明確な年齢分けはしませんが、日本では若者よりも高齢者のほうが圧倒的に多いです。

なんでも、20代と30代が全員投票したとしても、40代以上の40%投票するだけで同数になるそうです。

どれだけ綺麗事を並べて若者の投票率を上げようと、押し寄せる圧倒的な「数」の前には太刀打ちする術がないんです。

自分の1票では変わらない

となると、自分の1票でいったい何が変わるのかと。

ただでさえ、有権者数分の1でしかない自分の1票には何の影響力もないのに、さらに世代間格差がのしかかると、何しに選挙へ行くのか?

自分の1票はもはや1票ではなく、実質0.1票くらいの価値しかないのが現実です。

若者の投票率を上げるには

若者の投票率を上げるには、全世代の意見を平等に汲めるように世代間格差を是正しないかぎり難しいでしょう。

また、もっと義務教育の時点で政治に関する勉強が必要でしょうね。かと言って、自分が学生なら勉強するのかと言われると・・・ですが。

ただ、そう思うのはテレビなどの影響も大きいと思います。

もっとテレビで政治や年金、その他もろもろの話題を議論するような番組を放送し、親がそれを見て子供と意見を交わす。

そうやって政治がもっと身近にあるのが当たり前のようになれば、学生のときから意識が高まるのではないでしょうか。

現実はバラエティー番組ばかりですけどね。

若者の投票率が上がったところで…

2019年の参院選の結果では、全世代で自民党の支持率が最も高かったようです。

投票率は24年振りに50%を下回ったとのことですが、今の政権に不満があって政治に関心のある人なら投票に行っていることでしょう。

投票に行かないのは、政治に興味がないとか、自分が投票しても意味がないとか、要はどこが政権を握っても良いと考えている人のはず。

つまり、若者のなかでも現状を変えたいと思う人は選挙に行って自民党以外に投票するはずで、その若者でも自民党が最も支持されているということは、投票率が上がったところで結果は変わらない…とも言えますね。

若者でも自民党を最も支持しているのは正直、少し意外でした。自民党が良くて選んだのか、自民党以外が酷すぎて自民党が一番マシと思っただけなのか…

若者の真意はいかに?

白票なんて時間の無駄

選挙に行かない理由には、投票したい政党・候補者がいないこともあります。

それでも白票でも良いから選挙には行けバカヤロー!と言う人がいますが、はっきり言って白票なんて何の意味もない、完全なる時間の無題でしかありません。

白票推奨派としては、投票したい人がいない意思表示になると考えているようですが、それ本当に思ってますか?

実際には白票はただの無効票ですから、何も影響はありません。投票したい人がいない意思表示とは、誰に向かってしているのでしょう。

政治家が白票が多くなれば危機意識を持つだろう?

そんなまともな意識を持っていれば、投票率が低すぎること自体に危機意識を持つんじゃないでしょうか。

これまでも白票に意味があると信じて投じている人たちは大勢いるはずです。

その結果、その意思表示は政治家に伝っているのでしょうか?

白票・棄権は全権委任?

白票や棄権(投票に行かない)は、選挙結果への全権委任という解釈がされていますが、政治家がそう考えている時点でヤバいな…と思います。

投票率がどれだけ低くても、自分たちは国民に選ばれたと都合よく解釈できるのがすごいですよね。

実際、なかには委任している人もいると思いますが、少なくとも僕は全権委任するつもりで選挙に行かないわけじゃありません。

A候補は美術館を建設すると公約に掲げ、B候補は水族館を建設すると公約に掲げている。

あなたはどちらも無駄だから建設するべきではないと思っているから、A候補にもB候補にも投票せずに棄権した。

就職しないで、ブロガーになった人のBlog

まさにこれです。

どちらにも投票したくないから投票しなかったのに、なぜ結果に納得しますと解釈されてしまうのか。

また、投票しなければ文句を言えない理論のように、無駄なものは無駄と言えないこんな世の中じゃ…ポイズンですな。(?)

政治家が都合の良い解釈をやめないかぎり、白票に意味を見出すことは無理だと思います。結果、白票はいつまでも意味がない。

政党が代われば国が良くなるのか?

あなたの1票で政治が変わるという意見を聞きますが、それは政権が代わるということですよね。

違うかもしれませんが、僕には政権が代わらないと政治が変わるとは思えないので、その前提で進めます。

では、僕の1票で政権が代わり、政治が変わったとしましょう。

しかし、現野党のいずれかが政権を握ったところで、その先に明るい未来は待っているのか?

それはやってみなければわかりません。わかりませんが、現状の野党の仕事ぶり(主に与党の揚げ足取り)を見ていると、漆黒の未来しか見えません。

つまり、自分の1票で何かが変わる可能性があるとしても、それがお先真っ暗な未来なら、結局は意味ないやんってことです。

自分でできることは自分で頑張る

ぶっちゃけると、僕は政治に何の期待もしていません。

政権がこのままでも、政権が代わっても期待はしないので、選挙の結果がどうであれ気にしていないのです。

だからといって文句を言うわけではなく、政治に期待ができないから自分でできることは自分で何とかしようと考えています。

まぁ自分でできることは、主に金銭面ですよね。金銭面は政治に頼らずとも、自分の意識ひとつで何とでもなると思っています。(何らかの事情がある方は別ですが)

基本的に、日本は十分豊かで恵まれている国だと思ってるし、身の丈に合った生活をしていれば普段の生活には困らないはずですけどね。

それでもお金がないと言うなら、それは身の丈に合った生活ではないということでしかありません。

給料が低すぎる?その会社を選んだのはあなたですし、転職・副業と収入を増やす手段はいくらでもあります。

人はやろうと思えば自分が思っている以上に色んなことができる、僕はそう思っています。

まとめ

日本では政治の話を外でするのはタブー視されていることがありますが、なぜ大事なことを議論することがタブー視されるのでしょうか?

政治に関する問題は、自分ひとりで調べて理解するには難しすぎます。周囲でそういった話をすることは、自分の知らないことを知るきっかけにもなります。

別に他人と意見が違ったって良いじゃないですか。だって、人間だもの。

意見は違って当たり前ですから、それで口論になるのは幼稚すぎます。口論するのでなく、色んな意見を参考にして自分なりの考えを出す。

そうやって政治に関する話をおおっぴろげにすることが、政治に関心を持つために必要はことじゃないでしょうか。

とはいえ、世代間で1票の重さが違う、若者でも自民党を最も支持している…自分が投票に行ったところで、結果には何の影響もないのは明白なので、僕が投票に行くことはないと思いますけどね。(関心がないわけではない)

おしまい。


シェアする

フォローする