【教えて】選挙に行かないヤツは政治に文句を言う権利はない!の意味がわからない

選挙に行かないヤツは政治に文句を言う権利はない!と考える人は多いですね。

個人的にはなぜこのような考えになるのか意味がわからず、ネットで色々な意見を調べてはみたものの、納得できる答えがありません。

納得できる答えがない以上は、僕は選挙に行かなくても文句を言うくらいええやんって考えは変わりません。

スポンサーリンク

選挙権の行使は義務ではなく権利

選挙で投票するかどうかは、あくまでも権利です。

権利は必ず行使しなければならないわけではないですし、必ず投票しなければならないなら義務化するべきでしょう。

でも、現実は権利なので投票をしない選択をするのも自由です。行使したい権利なら行使するし、行使する気にならない権利なら行使しない。

それだけのことですよね。

それが、なぜか選挙に関することになると、普段は政治になんの興味も持っていないような人まで「選挙に行かないヤツは~」と言い出します。

無関心な投票に意味はあるのか?

選挙に行かないヤツは~の言い分だと、選挙にさえ行けば文句を言う権利はあるということですね。

では、こういったケースだとどうでしょうか。

政治にまったく関心はないけど、周囲の目が気になるからとりあえず投票だけ行きました…というAさん。

政治に確固たる信念があり、今の候補者には自分の期待する政治を実現できる人がいないので投票には行かない!というBさん。

難しいことはわからないAさんは、消費税は撤廃して最低賃金を2,000円に上げろボケー!と、無理難題な文句ばかり言います。

片やBさんは、今の日本を救える可能性のある的確な批判を発信し続けています。

極端な例えですが、実際にこのような場合でもAさんの意見は尊重され、Bさんの意見には一切耳を傾けないということでしょうか?

大勢の人は選挙に行くか行かないかで判断するわけですから、Bさんの意見は蚊帳の外なんでしょうねぇ。

Bさんはとにかく投票するべきなのか?

この場合、Bさんは投票したい人がいないなら、せめて当選してほしくない人以外に投票するか、白票でも良いから投票するべきなのでしょうか?

僕はまったくそうは思いません。

選挙はとても大事なことだと考える人がほとんどだと思いますが、それは一票にはとても重みがあるとも言えます。

そんな大事な一票を、支持したいと思わないけど仕方なく…で投票することは、それはそれで無責任すぎやしないかと思うのです。

民主主義なんてそんなもんだと言ってしまえばそれまでですが、考えた結果「投票しない」というのも、ひとつの選択肢であるべきだと思います。

白票についても、投票に行かないよりマシだとする声が多いですが、それこそ時間の無駄としか思えませんね。

政治に対する意思表示は自由だ

政治に対して国民ができる意思表示は、選挙だけではないですよね。日本では少ないですが、デモなんかも政治に対する意思表示のひとつです。

デモを起こすような人は、とりあえず投票に行くだけの人よりもよっぽど政治に関心がある可能性が高いです。ただの暇人という可能性もありますが。

そのような人が、投票するに値しないと感じた選挙で投票に行かなければ、デモをすることも許されないのでしょうか?

今でも許されてないわけじゃないですが、「あいつは投票もしないのにデモをするとか頭おかしいのか?」と思われるわけですよね。

いやいや、政党の意見に賛同できないから投票をしないのであって、賛同できないから批判しているわけですよ。

投票の有無にかかわらず、国に対する発言をするのも立派な政治活動だと思いますけどね。

どうも日本では政治参加 = 選挙のみと思っている人が多いように感じます。

投票をして文句を言うのもおかしくないかい?

投票すれば文句を言えるからと文句を言う人は、自分が人を選ぶセンスがないことを暴露している気がします。

自分が良いと思った政党・候補者に投票したのに、その政治に対して文句を言うわけですよね?

また、「投票しなかった」政党に対しては、何か言う権利はあるのでしょうか?

自分が選ばなかった政党に関しては、すべての政党に投票しなかった人と同様、その政党が何をしようが文句を言う権利がないのでは?

だって、投票してないですから。

野党の主な仕事が揚げ足取りだとしても、自分に投票しなかったあなたに文句を言われる筋合いはないわよ!と言われても仕方ない。

どこかに投票したか、どこにも投票しなかったか。の違いだけで、前者は文句を言える、後者は言う権利ナシ!となるのは不思議に思います。

ただの屁理屈でしょうか?

選挙に行かないヤツは~の意見そのものが屁理屈だと思いますけどね。

極端な言い分は幼稚に思える

とあるサイトでは、選挙に行かないヤツは戦争が起きて徴兵されても文句を言う権利はない、スーパーインフレが起きても何も言えないなど、何かと極端な言い分をしていました。

いつも奥さんにご飯を作ってもらっている旦那が、そのご飯に対して味付けがどうだの、量がどうだのと文句を言うなと指摘するのは納得できます。

でも、もし奥さんがご飯に毒を盛っていたら、さすがに何か言いますよね?

いつも作ってもらっているとはいえ、命の危機にまで何一つ口出しできないのはおかしいと思うのです。

「いくらなんでも毒を盛るのはやりすぎやろッ!」と、旦那も言う権利くらいあるはず。

選挙に行かないと、何に対しても発言する権利がなくなるというのは、あまりにも横暴な言い分で幼稚にしか思えない…

書いてるうちに自己解決してしまった

こんなことを書いている僕は、基本的に選挙には行きません。

でも、とくに文句を言うわけでもありません。批判したいことは色々とありますが。と書いているうちに、問題が少し解決したような気がします。

それは、「文句」と「批判」の違いです。

文句はただの不満・愚痴のようなものですが、批判は相手の言動に対する自分の意思表示になります。

政治で言えば、批判のなかには国を良くするためには自分はこう思う!といった意思表示があり、それは投票の有無に関係なく尊重される意見。

一方、文句はただ政治に対する不満をぶちまけているだけで、投票の有無に関係なく何の生産性もない。

記事を見直すと、無知なAさんでは「文句」を、賢明なBさんには「批判」という言葉を使っていました。

つまり、選挙・政治にかかわらず、文句を言うことが愚かな行為であり、そんな戯言には聞く耳を持たないということ…かな?

自分で言ってて意味がわからなくなってきましたが、「選挙に行かないヤツは政治を批判する権利はない!」となると、さらなる意見を求める必要がありそうです。

まとめ

まとまらん!

以上ッ!おしまい。


こちらの記事も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする