関西電力から乗り換えで電気代は安くなるのか?数社で比較した結果は・・・

アイキャッチお金

電気代はできることなら安くしたいですよね。

2016年から電力自由化によって、さまざまな企業で電気の契約をできるようになりましたが、あなたはこう思っていませんか?

で、安くなんの?

僕はこれまで、電力会社の乗り換えでどれくらい電気代が安くなるのかを検証しないまま、どうせたいして変わらんやろと思って過ごしていました。

しかし、とりあえず調べるだけでも調べてみようかと思い…

手間暇かけて調べる労力に値する効果はねぇ!

という結果になりました。

ただ、これは一人暮らしをしている僕の話であり、ほかのご家庭にも当てはまるとは限りません。

関西電力からの乗り換えで安くなるのか?

いろいろと面倒な比較をしているので、最初に結論から書いていきます。

大結論としては「各家庭で調べてみないとわからん!」ということになりますが、それだとせっかく見てくれているのに申し訳ないですから、目安をお伝えします。

前提として、料金の比較をしたのは関西電力従量電灯Aなっトクプラン(電気とガスのセット契約)です。

その場合、月に150kWh前後の使用量なら乗り換えるメリットはほとんどありません。

200kWhくらいだと気持ち安く、300kWhを超えてくると「一律料金制」を採用しているところへ乗り換えれば安くなりそうです。

ただ、関電のなっトクパックだとガス代も毎月3%割引されているので、乗り換えるときはその分まで考慮しなければ意味がありません。

また、その時々でキャンペーンを行っていることもありますし、一概にどこが最安!とは言えないのです。

ここでは電気料金の仕組みから説明していくので、基本的な考え方を理解しておけば、あとはキャンペーンも考慮してお得になるところを探せるかと思います。

乗り換えは基本的に申し込むだけ

電力会社を乗り換えるには、毎月の検針票に載っている「お客様番号」と「供給地点番号」が必要です

はぴeみる電に登録していれば、電気の使用量を確認するページにどちらも載っているので、その番号を乗り換え先の申込時に入力します。

乗り換え先の電力会社が現契約の解約手続きをしてくれるので、申込をするだけであとは何もする必要はありません。

関西電力の電気料金

乗り換える前に、まずは電気料金の仕組みがどうなっているかを知っておきたいですね。

僕が契約している関西電力では、従量電灯(最低料金制)で、基本料金+使用量が多くなるほど1kWhあたりの単価が高くなるシステムです。

一般的に契約するのは「従量電灯A」というプランですが、関電ガスとの同時契約では「なっトクプラン」という契約になり、料金が割引されます。

関西電力通常プランなっトクプラン
基本料金
(月15kWhまで)
341.00円285.00円
1段料金
(15~120kWh)
20.32円20.31円
2段料金
(120~300kWh)
25.80円24.10円
3段料金
(300kWh超過分)
29.29円27.80円

これに「燃料費調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」という費用を合わせた金額が、毎月の電気代として請求されます。

燃料費調整額と再生可能エネルギー発電促進賦課金は、月ごとか年ごとかわかりませんが、単価が変わってくるようです。

まぁこれらはあまり気にしても頭が混乱するだけなので、そんな費用もあるよということだけ覚えておけば十分でしょう。

基本的な料金体系がわかったところで、僕のとある月の電気代を見てみます。僕はガスも契約しているので、単価はなっトクパックの料金です。

電気代の明細

月に153kWhだったので、必要なのは基本料金+1.2段料金に長い名前の費用。その合計が計3,668円です。

燃料費調整額は微々たるものですが、再生可能エネ発電促進賦課金(451円)は意外とかかっていますね。1kWhあたり約3円が上乗せされているので、使い過ぎると馬鹿にならない金額になりそう。

というわけで、他社で契約していた場合、この月の使用量ではどれだけ節約することができるのか、もしくは節約にならないのかを調べていきます。

なお、ここから先の料金はすべて税込で、燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進割賦金は考慮していません。

楽天でんき(一律料金)に乗り換えた場合

僕は主に楽天カードで支払いをしているので、楽天ポイントが貯まるなら楽天でんきが乗り換えの最有力かなと思い、まずは楽天でんきを調査しました。

楽天でんきでは「プランS・M」と「動力プラン」の3つのプランがありますが、従量電灯Aに該当するのは「プランS」になります。

プランSでは最低料金や基本料金などはなく、料金単価は使用量にかかわらず一律。単価はお住いの地域によって違います。

楽天でんきの単価

僕は関西電力エリアなので、1kWhあたり22.50円。これに燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金を合わせた金額が、毎月の電気代になります。

なお、燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価は同じエリア内であればどの会社でも同じです。

つまり、料金比較の際はこれらは除いて考えればOKということですね。

料金単価が一律なら、計算は簡単です。

153kw×22.50円で3,442.5円。これに燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金の約455円を足した約3,897円が楽天でんきで契約したときの電気代。

関西電力は3,668円だったので、乗り換えないほうがお得でした。

ただし、関西電力は使用量が増えるほど単価が上がりますが、楽天でんきはどれだけ使っても単価は同じ。

そのため、月の使用量が多いときは楽天でんきのほうが安くなる可能性があり、使用量が少ないときは関西電力のほうが安くなる可能性が高いということです。

使用量ごとの料金比較

使用量ごとの電気代を比較してみましたが、月に300kWh以上を使うようなら楽天でんきのほうがお得になりそうです。

※ 燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まず

使用量関西電力楽天でんき年間の差額
200kWh4,346円4,500円
(+154)
+1,848円
250kWh5,551円5,625円
(+74)
+888円
300kWh6,756円6,750円
(-6)
-72円
350kWh8,146円7,875円
(-271)
-3,252円
600kWh15,095円13,500円
(-1595)
-19,146円

もっと少ない使用量で楽天でんきが安くなるかなと思ったんですが、計算してからくりがわかりました。

関西電力は最低料金が285円(なっトクパックの場合)ですが、これを15kWhで割ると1kWhあたり19円です。

120kWhまでは20.31円なので、120kWhまでの使用では楽天でんきと1kwあたり5.69円もの開きがあることになります。

120kWhまでの料金差が大きくなることで、かなり多めの使用量にならないと、一律料金の優位性が出てこないんですね。

あたしゃ一人暮らしでも300kw以上は使うでー!

という方なら、乗り換えを検討してもいいかもしれません。

ただ、僕のように冬場でも150kwくらいしか使わないようなら、一律料金を採用している電力会社へ乗り換えるメリットは大きくはないと言えるでしょう。

楽天でんきはポイントが貰える

メリットがないと言い切らないのは、楽天でんきは楽天スーパーポイントが新規申込で2000P・電気代200円ごとに1P・楽天カードで決済すれば100円ごとに1Pが貰えるから。

年平均200kWhの使用量であれば、申込時の2000Pだけで差額分を賄うことができ、毎月のポイント分もお得になる計算です。

参考までに、僕のひと月あたりの平均使用量は約113kWhだったので、ポイントを考慮したうえでどちらがお得になるかも計算してみます。

電力会社関西電力楽天でんき
113kWhの電気代2,307円2,542円
年間27,684円30,504円
ポイントなし2457P
実質料金27,684円28,046円

ポイントは申込時に2,000P・電気代200円ごとに152P・カード決済で305Pが貰える計算です。

厳密には2.3段料金が増えると113kWhの平均も多少変わってきますが、まぁそこまで差は出ないので細かいことはキニシナイ。

この結果からも、僕の場合はポイントがあっても関西電力のままでいいことがわかります。

113kWhでほぼ差がないくらいなので、これより平均使用量が多い場合は楽天でんきがお得になりますが、支払う金額は多いことには注意が必要ですね。

しょせんポイントはポイント。特定のサービスでしか使えませんから、実質料金を取るのか、支払う金額を少ないほうを取るのかは各々でよく考えてください。

時間帯別に料金が変わる場合

関西電力では、時間帯によって単価が変わる契約がいくつかあり、家にいない時間帯の単価は高めに、家にいる時間帯の単価は低めにすることで、電気代を節約できるようになります。

こういった契約をされている場合は、単純に電気使用量だけでは比較するのが難しいですね。

単価の低い時間帯を多く使っているなら、多少は使用量が多くなっても関西電力のほうが安くなるかもしれません。

比較するなら、夏場と冬場2~3ヶ月分くらいの電気代と使用量を平均し、一律料金とどちらがお得になるかを確認してみるといいと思います。

一律料金制の単価比較

一律料金制を採用している電力会社の単価表です。

電力会社1kWhあたり備考
エルピオでんき22.2円ガスとセットで毎月100円割引
Looopでんき22.4円ガスとセットで0.4円/1kWh引き
楽天でんき22.5円楽天ポイント2,000Pが貰える
自然でんき
(softbank)
21.3円
あしたでんき22.0円

ほかにも電力を供給しているところはありますが、数が多くて意味不明になるのでそこそこ名のある企業に絞っています。

softbankが提供する自然でんきの単価が最安ですが、softbankだけに何らかの条件付きとかありそうな気も…(調べる限りではなにもありませんでしたが)

従量電灯(最低料金制)で乗り換えた場合

月の使用量が少ないと、一律料金制だとメリットが少ないことがわかりました。

では、関西電力と同じ従量電灯(最低料金制)を採用している電力会社ならどうなるのか。単純に考えて、各単価が安ければ節約に繋がることになりますが…

電力会社関西電力シン・エナジーENEOSでんき
基本料金285.00円304.41円
(+19.41)
285.00円
(±0)
1段料金20.31円19.81円
(-0.5)
20.31円
(±0)
2段料金24.10円23.83円
(-0.27)
23.99円
(-0.11)
3段料金27.80円27.30円
(-0.5)
26.80円
(-1)
電力会社おうちでんき
(softbank)
くらしでんき
(softbank)
auでんき
基本料金341.02円
(+56.02)
341.02円
(+56.02)
340.01円
(+25.01)
1段料金20.11円
(-0.2)
20.11円
(-0.2)
20.31円
(±0)
2段料金25.54円
(+1.44)
25.02円
(+0.92)
25.79円
(+1.69)
3段料金28.99円
(+1.19)
27.82円
(+1.02)
29.28円
(+1.48)

まぁ基本料金から各単価まで、微妙に違うから比べるのも一苦労です。

それぞれの特徴をカンタンにまとめてみます。

電力会社特徴
関西電力・ガスとの同時契約で電気代割引
シン・エナジー・45kWh以上の利用で関電よりお得に
・450kWhくらいまでが安い
ENEOSでんき・15kWh以上の利用で関電よりお得に
・2年契約で0.2円/1kWh割引※
・ENEOSカード、シナジーカードで支払うと割引
・提携カードでの支払いで優待あり
・450kWh以上だと安い
おうちでんき・初月の電気代が無料
・softbank(Y!mobile)のスマホ・タブレットなど1回線につき100円/月割引(3年目以降50円)
・解約料500円が必要
くらしでんき・電気料金1,000円ごとにTポイント5Pがもらえる
auでんき・毎月の電気代によってWALLETポイントが1~5%たまる
・1年以内の解約は2,000円の違約金

このうち、シン・エナジーとENEOSでんきは単価が安く、ENEOSでんきはさらに特典も豊富です。

2年契約だと0.2円/1kWhの割引がされ、さらに3年目以降は0.3円/1kWhと割引額がアップ。ただし、解約月以外(23・24ヶ月目)の解約では1,100円の違約金が発生し、3年目以降は自動更新となるので注意が必要です。

softbankが提供する2つのプランは、おうちでんきがsoftbankユーザーであれば特典がありますが、電気の単価は安くはありません。

ただ、ここでは関電の「なっトクプラン」を比較対象としているので、通常のプランと比べると単価は少し安いです。

もう一方のくらしでんきとauでんきについては、正直メリットをまったく感じないですね。

携帯会社はでんき事業でも安くなるのかどうかが相変わらずわかりにくいですし、個人的にはシンプルに単価の安い電力会社を検討するほうがいいかと考えています。

シン・エナジーとENEOSでんきを比較

シン・エナジーは基本料金が少し高いですが、2段料金までの単価が安いです。

一方のENEOでんきは、基本料金・1段料金は関電と同額、2段料金は少し安くなり、3段料金になると割引率が高くなっています。

そのため、使用量によってどちらが安くなるかは異なりますが、中程度の使用ならシン・エナジーが、使用量が多くなればENEOSでんきが安くなります。

使用量関西電力シン・エナジーENEOSでんき
120kWh2,417円2,417円
(±0)
2,384円
(-33)
150kWh3,140円3,099円
(-41)
3,137円
(-3)
200kWh4,345円4,290円
(-54)
4,336円
(-8)
400kWh9,535円9,403円
(-131)
9,415円
(-119)
450kWh10,925円10,768円
(-156)
10,755円
(-169)
600kWh15,095円14,863円
(-231)
14,775円
(-319)

まぁ、それでも一人暮らしでなっトクプラン(関電ガスとのセット)の契約をしていれば、その差は微々たるもの。

使用量が多い家庭であれば、乗り換えでそこそこ変わってきそうです。長期契約を覚悟すれば、ENEOSでんきだとさらに安くできますからね。

ただ、月の使用量が450kWhを超えてくると、一律料金制のほうが安くなります

とくに、一律料金ではsoftbankの「自然でんき」が最安の単価で、僕の見落としがなければ関電とは年間で1万円以上の差が。

softbankだけに何か罠があるような気がしてならないですが、サイトを見る限り何もないので大丈夫ならいいんですけどね。

結論

ここで比較した料金は、関西電力の従量電灯A・なっトクプランです。

従量電灯Bや、ガスと同時契約していない場合は、また話が変わってくるので注意してください。

もし従量電灯A・なっトクプランで契約しているのであれば、ここで比較したものが参考にできるかと思います。

ただ、使用量が多い家庭は関電の従量電灯Bで安くなるという可能性もあります。正直、従量電灯Bがどういった家庭で契約するのが得なのか、基準がまったくわかりません。

電気料金ややこしすぎんだよ!マジで!

使用量が多い家庭は、従量電灯Bもしくは一律料金制を採用している電力会社で比較してみることをおすすめします。

最後に、なっトクプランではガス代も毎月3%割引されています。電気料金が安くなってもガス代を含めたら変わらんかった!というオチも考えらえるので、注意してください。

電力会社特徴




エルピオでんき・ガスとセットで毎月100円割引
Looopでんき・ガスとセットで0.4円/1kWh引き
楽天でんき・楽天ポイント2,000Pが貰える
自然でんき・とくになし
あしたでんき
・とくになし




シン・エナジー・45kWh以上の利用で関電よりお得に
ENEOSでんき・15kWh以上の利用で関電よりお得に
・2年契約で0.2円/1kWh割引※
・ENEOSカード、シナジーカードで支払うと割引
・提携カードでの支払いで優待あり
おうちでんき
・初月の電気代が無料
・softbank(Y!mobile)のスマホ・タブレットなど1回線につき100円/月割引(3年目以降50円)
・解約料500円が必要
くらしでんき
・電気料金1,000円ごとにTポイント5Pがもらえる
auでんき
・毎月の電気代によってWALLETポイントが1~5%たまる
・1年以内の解約は2,000円の違約金

こちらのサイトではここで取り上げた電力会社以外にも、電気代の比較をすることができます。

使い方はこちらの記事で解説しているので、よければ参考にしてください。

電力会社の料金を一括比較できる「インズウェブ」の使い方と注意点
電気料金の一括比較ができるインズウェブでは、毎月の電気使用量を入力することでより詳細に比較をすることができます。ここではインズウェブを使って電気代を比較するやり方と、乗り換えの申込に関する注意点を解説していきます。インズウ...

ここではお得なキャンペーンなどもやっていますが、注意点もあるのでパッと見の比較だけで飛びつかないようには気を付けましょう。

コメント