円高・米国株安で僕の資産が溶けていくぅ~…

米国株投資をしている多くの人は、2018年になってから相場にヤキモキしているのではないでしょうか。

とくに高配当株をメインに投資をしていると、S&P500を大幅に下回るリターンとなっているはずです。なぜなら…

僕がそうだから(´;ω;`)

僕は毎月、口座の残高をエクセルでまとめ、前月・年初からどれくらい資産が増減しているかをチェックするようにしています。

2017年は寝ているだけでも勝手に資産が増加する夢の年でしたが、2018年は…(´;ω;`)

スポンサーリンク

3月の口座残高

僕はいくつか口座を用意して、目的別に管理しています。

  • A → 給料振込・貯金・カード引き落とし
  • B → 競馬用
  • C → 投資用
  • D → iDeCo用

他にもありますが、メインはこれらの口座です。

そして、2月末と比べて各口座の資産推移は以下のようになりました。

  • A → +18%
  • B → +92%
  • C → -4%
  • D → +1%

一見、しっかりと資産は増えているように見えますが、トータルでは前月比-1.4%ほどになっています。

なぜなら、僕は資産の大半を投資に向けているからです。(Cの口座)

絶好調だった競馬の口座とは、金額では50倍ほどの差があるので、資産の増減は相場に左右されまくりです。

年初からの推移

昨年末から1月末・2月末の資産の推移です。

昨年末 → 1月末

  • A → -1.8%
  • B → +68.8%
  • C → +2.3%
  • D → +8.5%

1月末 → 2月末

  • A → +15%
  • B → -13%
  • C → -6%
  • D → -3%

はい、2月の米国株式の下落と円安の影響によって、Cの口座で6%の減少となっています。

NYダウなどは結果的にそれほど下がっていませんが、保有している個別株が軒並み低パフォーマンスだったんですね。

僕は普段、インデックスとのパフォーマンス差はほとんど気にしていません。

しかし、口座残高をチェックしていると、NYダウなどに比べてえらい金減ってんな~って感じで気付きます。

もっと気にした方がいいのでしょうか?

まぁ気にしてもどうにもなりませんからね。

年初来でCの口座が10%近く減少しているので、僕の資産も割と減っています(´;ω;`)

株価が下落していれば安く仕込むことができるので、前向きに捉えたいと思います。

が…

4月の頭にでも購入する予定ですが、ここにきて少し株価が上昇してやがる…

2月は購入した直後に大きく下落したので、タイミング的にはかなり悪い購入になりました。

4月に購入する前に大きく値上がりしてしまうと、なんか弄ばれている感が半端ないですね。

長期的に見れば大した問題にはならないと思っていますが、僕だって血の流れる心のある人間なんだよ。

購入する前後で株価が大きく動くと、ちょっとは気になるっつーの。

何事にも動じない強い心が欲しいものです。

おしまい。

米国株投資にタイミングは関係ない…と強く願う。

米国株投資は購入するタイミングを考える必要はない
株式投資では、株価が安いときに買い、高いときに売ることが鉄則とされています。しかし、実際に投資をしているとそれがいかに難しいことかを実感する...

株価が下落しても生活にはとくに影響していません。

下がりに下がった2月相場で資産激減も、生活に影響はしない
2月は久しぶりに大きく相場が下がりましたね。この相場で資産が大きく減少した人が多いのではないでしょうか。僕もその一人です。 僕の場合は...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする