つみたてNISAで毎日積立をするメリット・デメリット

つみたてNISAは長期的に資産形成をしていく制度であり、初心者が投資を始めるにはうってつけです。

多くの金融機関で取り扱っていますが、つみたてNISAなら楽天証券で開設すると、楽天ポイントを貯められるのでお得です。

スポンサーリンク

つみたてNISAの積立間隔

楽天証券では、つみたてNISAで積み立てる間隔を「毎月」「毎週」「毎日」から選択できます。

基本的には最初に設定してしまえば、後は自動的に買付が行われるため、口座にお金さえ入れておけば何もすることはありません。

では、実際に積立投資をするとして、一体どの期間で積立を行えば良いのでしょうか?期間を設定しろと言われても、投資をしたこともない人は全く分かりませんよね。

先に結論を言ってしまうと、

どれでも良い

です。(マジで)

つみたてNISAは20年(以上)の長期投資を前提としており、投資期間を長期的にみたとき、購入するタイミングはさほどリターンに影響がないと言われています。

実際は多少の差はあると思いますが、今後どの期間で積み立てるのが最も高いパフォーマンスになるのかを、僕たちが事前に知ることは不可能です。

それよりも大切なのは、なるべく早い時期から投資を始め、継続すること。投資をするとしないでは、将来的に大きな違いが出てきます。

お金持ちがどんどんお金持ちになり格差が広がっていくのも、投資をしている・していないが大きな要因となっているのです。

毎日積立のメリット

積立の期間によって大きな違いはないとは言いましたが、毎日積立によるメリットがないことはないです。毎日積立のメリットとは、言うなれば究極の時間分散投資です。

仮に、「毎月積立」で毎月1日に購入するよう設定していたとしましょう。その場合、月の中頃に株価が大きく下落したとしても、その安くなったときに買い増すことができません。

それが一時的な下落で、翌月の購入するころには元の株価に戻っていたとしたら、安く買うチャンスを逃すことになります。もちろん、逆に購入直前に安くなって、バーゲンセール価格でたくさんの口数を購入できるという可能性もありますけどね。

しかし、「毎日積立」にしておけば、株価の高いときも安いときも、少しずつ買い増すことになるので、毎月積立に比べてマイルドな投資ができると言えます。

究極の時間分散投資は、株価が安くなったときを逃さずに投資をすることが可能になるということです。

毎日積立のデメリット

メリットの裏返しですが、毎日積立だと株価が高くなったときも逃さず(?)投資をすることになります。

ただ、人は「得をするより損をしたくない」と考える生き物です。毎月積立で高値掴みをするより、毎日積立で良くも悪くも平均的な価格で投資できるほうが、精神的に良いかもしれません。

あとは、取引をするたびに「取引報告書」が送付されることです。毎日積立だと報告書が連日届くようになります。メールがバンバン来るのが鬱陶しいと感じる可能性はありますね。

些細なことですが、一応これも毎日積立のデメリットとして挙げておきます。

まとめ

正直、積立時期の設定は本当にどれを選んでも大丈夫だと思います。いつでも変更することは可能なので、自分なりにどれが一番しっくりくるかを試してみるのも良いでしょう。

そんなことで迷うより、早く投資を始めてそれを継続していくことを心掛けたいですね。

おしまい。


短期売買で、自分だけが他人を出し抜いて利益を上げることがどれだけ難しいのか、初心者こそインデックス投資をするべき理由が記されています。

米国株投資をするなら一度は目を通しておきたい一冊。読書の習慣がない人には分厚くて取っ付きにくいですが、過去のデータなどを取り上げているため、投資をしたことがなくても理解しやすいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする