ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座・資産運用編」はギャンブル講座だ!!




お金の教養を身に付けるための、日本唯一のマネースクールとして誕生したファイナンシャルアカデミー。そこで行われている無料のセミナー「お金の教養講座」へ行ってきました。

ファイナンシャルアカデミー【お金の教養講座】を受講して~騙されないために知識を高めよう~
お金の教養を身に付けるための、日本唯一のマネースクールとして誕生したファイナンシャルアカ...

こちらの記事では資産運用に関する講座は、ギャンブルを教えているとお伝えしましたが、その理由を解説していきます。

スポンサーリンク

資産運用編はギャンブル講座

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」では、お金の教養編と資産運用編の話がありました。

資産運用編で感じたことは、ここで習う資産運用は、「投機的なギャンブルのやり方」であり、将来のための資産形成を目指す投資ではないな…というものです。

資産運用とは、長期的に将来の資産を「形成」するものであるはずですが、ここで習う資産運用は、短期的な「儲け」を重視している内容でした。

セミナーに興味を持っている人の多くは、将来のために資産運用をしたいと考えているはずです。ならば、過度なリスクを取りたくはないでしょう。

まさか「この100万円はなくなっても良いお金だから、リスクを承知で増やしたいんや!」と考えているのでしょうか?

それではもはや、完全にギャンブルです。

その対象がパチンコであるか、競馬であるか、株式・FXであるかの違いだけです。にもかかわらず、株とFXなら儲かるだろうと考えるのでしょうか?

「パチンコや競馬で勝てる方法を教えます」なんてスクールがあったとして、それを信じて高額な授業料を支払って入学したいですか?

普通に考えれば、そんなこと有り得ないと分かりますよね。競馬で勝てる方法があるなら、自分で儲ければいいんですから人に教える必要がありません。

ギャンブルはゼロサム・マイナスサムという仕組みで、参加者同士でお金の奪い合いをするマネーゲームです。つまり、自分の儲けは人の損失から得ているものに過ぎません。

その儲け方を人に教えるということは、自分の儲けるチャンスを逃すことになります。

また、株やFXなら短期間でお金持ちになれる可能性はありますが、短期間で同じだけ損をするリスクも付きまといます。

それはどれだけ知識があろうと同じで、ジョージ・ソロスという投資で莫大な財産を築いた人ですら、トランプ大統領誕生の際には読みが外れて1,000億ほどの損失を出したという話は有名です。

まぁその人にとって1,000億はちょっと痛手程度かも知れませんが、過去に大成功を収めた人ですら、短期的には大きな過ちを犯す可能性があるということです。

ファイナンシャルアカデミーで受講するくらいで「私はそんなヘマしない」と考えるなら、思う存分大損すれば良いでしょう。

そのとき初めて、資産運用のつもりが只のギャンブルに酔狂していたことに気付きます。

なぜギャンブルと言えるのか

なぜ、僕がファイナンシャルアカデミーで働く講師たちをギャンブラー扱いするのか。

それは、僕が過去にスロットだけで生活費を稼いでいた経験から、講師たちよりもギャンブルについての知識が豊富で、仕組みも知っているからです。

そもそもですが、彼(女)らは投資のプロなのでしょうか?

いいえ、彼(女)らはただの講師であって、株やFXについて素人よりちょっと詳しいだけです。

PERや移動平均線・営業利益やスワップポイントなど難しそうな言葉を知っているだけで、投資初心者はその人たちをとても賢い人のように錯覚します。

そこに「講師」という肩書が付けば尚更ではないでしょうか。

しかし、そんなこと知っている個人投資家は山ほどいます。そして、その多くが株式市場やFXで負けているのが現実なんです。

2016年、日経平均株価は年初に比べ、年末は約14%上昇しました。にもかかわらず、個人投資家の約6割は運用成績がマイナスだったそうです。

年初に日経平均株価と同じ値動きをする商品(投資信託)を購入して、放っておくだけで年末には資産が増えていたはずなのに、6割もの投資家が損をしたのです。

その原因は、短期的な値動きに一喜一憂し、値下がりしたときに焦って売却するからです。

2016年は夏にチャイナショックというちょっとした暴落がありましたから、そのタイミングで多くの投資家は、それ以上株価が下がる恐怖から損失覚悟で売却したのでしょう。

そのまま保有していれば、その後株価は回復したにもかかわらず、大きな値下がりに遭遇したときに冷静な判断が出来る人はそう多くありません。

僕は、ギャンブルとは「勝てる根拠がない勝負にお金を投じること」だと考えています。

株価や為替の短期的な値動きは、偉大な投資家であっても判断を誤るということは証明されています。

なぜ判断を誤るのか?

それは、その行為が勝てる根拠に乏しいものだからとしか言えません。

それでもジョージ・ソロスはこれまでに莫大な財産を築いた訳ですから、勝てる根拠が乏しくても相当の知識と運があればあなたも成功するかもしれません。

ファイナンシャルアカデミーの授業を受ければ、その確率が少しは上がるかもしれませんが、確率が上がるだけで勝てる保証はどこにもありませんよ。

どれだけ勉強をしようと勝てる根拠がはっきりしていない限り、それはギャンブルと変わらないただのマネーゲームということです。

勝てる根拠とは?

僕がスロットだけで生活費を稼げた理由は簡単です。

スロットには、明確に勝てる根拠が存在するからです。適当に打っていても、運が良ければたまには勝てます。でも、それでは勝ち続けることは不可能なんです。

スロットが勝てる根拠は、簡単に言うと5,000円分のメダルが出る大当たりを、4,000円使えば当たる方法があるからです。

いや~、胡散臭い話ですね。

しかし、スロットは抽選確率が決まっているので、打てば打つほどその確率に収束するようになります。

そのため、4,000円使えば当たるような台を打ち続ければ、長期的に見たときに収支がプラスになるのです。

もちろん、そんな台がそこらじゅうにあるわけではありません。

ほとんどの台は6,000円使わないと当たらない台ばかりなので、たまにすぐに当たったとしても、長期的には必ず負けるようになります。

多くの人は負ける台ばかり打ち、稼いでいる人は負ける台は避け、勝てる台を打つようにしているのです。

株やFXの勝てる根拠は?

では、株やFXで勝てる根拠を考えてみましょう。

無料講座で説明されるのは、チャート分析(テクニカル分析)や、ファンダメンタルズ分析によって値上がりする株を探すものです。

チャート(テクニカル)分析

チャート分析には「移動平均線」を使う手法があります。短期と長期の移動平均線が交差するところが売買のタイミングである…といったものです。

あるブログで見付けた、移動平均線を使用する根拠を一部抜粋します。

『相場では、他の人が今どのように考えていて株価はどちらに動くかを予測する事は、とても重要な事です』

株価は、多くの人が予測している方向へと株価は動いていきます。投資をしている人のうち、どの位の人が判断に使っているかと考えると、多くの投資家が使っている移動平均線 > 使っている人が少ないテクニカル指標となるはずです。

その点から見ると、多くの人が使用している判断基準を把握しておけば、市場心理も見えてくるはずです。つまり、移動平均線での売買タイミングを把握しておけば、定石通りに動きやすいのではないかと思っています。


出典元:ノミでも分かる株入門

この内容をまとめると簡単にまとめると、こういうことです。

相場では「市場の予測が重要」で、「移動平均線は多くの人が利用している」ため、今後の「予測が立てやすい

この理由を見て、勝てる根拠として十分だと思いますか?

僕には、チャートがこう動いたから今後はこう動いてほしいという、ただの願望にしか思えません。

移動平均線だけでなく、他のチャート分析の手法に関しても同様です。

あくまでも、過去の例からこうなりやすい程度の理由付けであって、そこには明確な根拠が存在しません。分かりやすく言うと、チャート分析はオカルト分析ということです。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析ですが、これはチャート分析よりは根拠がある分析と考えられます。

ファンダメンタルズ分析は、企業の財務状況から現状の株価が高いのか安いのかを判断したり、今後の成長度合いを予測するものです。

それにはPERやROEなどの指標の意味を理解し、買い時・売り時を判断する必要があります。

かの有名なウォーレン・バフェット氏は、この分析能力に長けていた為に大成功しました。しかし、我々のような凡人が投資の神様と呼ばれる人のように分析ができるわけがありません。

バフェットですら、確実に予測をすることは不可能なので、これで成功するのは限られたごく一部の人だけでしょう。

突き詰めれば成功する可能性はあると思いますが、それを自分ができるかどうかは別問題ですよね。

少なくとも僕にはできる気はしません。あなたにはその自信がありますか?

資産運用編の落とし穴

お金の教養講座の資産運用編では、実際の授業で推奨した銘柄の株価がその後上昇し、いかにも成功したかのような話をされています。

しかし、その銘柄の株価はその後急落しているようなところばかりだったのです。

つまり、ここで習う分析方法では、将来性のある銘柄を割安なときに購入し、タイミングを逃さず売却できて初めて儲かるということ。

当然、タイミングを逃せば損をする可能性もあります。

まぁ株なんてそんなもんだろと考えている人は多いと思いますが、本来の株式投資はそのようなものではありません。

無料講座ではその後に上昇した銘柄ばかり取り上げていましたが、無数に推奨した中から上昇した銘柄を紹介していただけに過ぎないと思います。

そんな簡単に爆上げする銘柄を発掘できるなら、それこそ自分で買って儲けりゃいい話ですよね。

また、講師の分析能力が優れているわけではない理由として、僕が投資を始めた際に自分で分析して購入した銘柄は、その後ほとんどが値上がりしており、中には3倍近く上昇しているものもありました。

それは僕の分析能力が優れていたのではなく、単に相場の環境に左右されていただけなのです。今では米国株へシフトしているので、そこまで上昇する前に売却しましたけどね(悔しいですッ)。

日々の仕事で疲れ、家に帰れば家事もこなさなければならないあなたに、あれこれ分析をするだけの時間があるでしょうか?

分析をして購入したものの、今度はいつ売却するかのタイミングを見定めなければなりません。日中株価が気になって仕事が疎かになっては元も子もないです。

それでも資産運用するために頑張るんやと意気込む人は頑張ってください。投資は自己責任ですから、僕も講師陣も止めることはできません。

間違いなく言えることは、高い授業料を払って受講してくれたあなたがどれだけ損失を被っても、講師陣は何も責任は取ってくれないということです。

銘柄を推奨する本質を考える

世の中には上手い話には裏があるという考え方があり、それはほとんどの場合、正しい意見です。必ず儲かる投資…のようなものが最たる例ですね。

これに関してはほとんどの人が理解されていることでしょう。必ず儲かるなら、人に話をせずに自分で儲ければ良いじゃないかと思いませんか?

世間の常識からすると、講義内で銘柄を推奨するのは「必ず儲かるものではない」と考えられます。必ず儲かるなら、推奨せずに自分で仕込んで儲ければいいだけですからね。

講師にそのように言うと、おそらく自分だけではなく、みんなにも豊かになってもらいたいからです…的な返答があると思います。

なんて素晴らしい人格者なんだ!と思いますか?

僕は心の荒んだ人間なので、もし本当にみんなに豊かになってもらいたいと考えているならば、授業は無償(もしくは格安)で行い、自分たちは資産運用で生活費を賄えばいいのに…と思ってしまいます。

ですが、スクールの授業料はおいそれと出せるような金額ではないのが現実です。なぜ、無償もしくは格安で行わないのでしょうか?

それが出来ない理由はひとつ。

自分たちが教えている資産運用だけで、確実に生活費を賄うことができないからに他なりません。ファイナンシャルアカデミーで教える資産運用では、利益を出し続けられる保証はないということです。

特に、授業で教えるような短期的な儲けを狙うには、大きく損をするリスクも発生します。当然、講師であっても大きくマイナスになる可能性があります。

彼(彼女)たちは、知っているのです。

自分たちでリスクを取って運用するよりも、授業料を取って初心者に投資(投機)を教えるほうが、「遥かに楽で安全に稼げる」ということを。

なぜなら、彼(彼女)たちはお金の知識が豊富だから。

そして、お金の知識がない人は高額な授業料を納め、役に立つかどうかも分からない知識を付けようと頑張ります。

結局、ここでも情報弱者は情報強者に搾取されている仕組みなんですね。

資産運用で儲けようとするのはおかしい

僕が資産運用編に共感できなかった大きな理由に、株やFXで「儲ける」という言葉を使用されていたことが挙げられます。

パンフレットにすら、株式投資の学校をおススメするタイプに「1年で資産を2倍に増やしたい人」「5年で老後資金を貯めたい人」ということが書かれています。

正直、お金の有識者(と謳っている人)がこんなことを言って良いのか?と思いましたね。

1年で資産を2倍ということは100万円なら200万円、年率100%を目指すということです。

短期間に限れば不可能ではないですが、その場合は損失も同じだけ出る可能性もあることを覚悟しなければなりません。

そして、長期的にそれだけの利益を出し続けることはほぼ不可能ということは断言できます。

投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットですら、投資リターンは年率22%前後らしいです。(これでも凄い数字だということを知っておきましょう)

にもかかわらず、たった5年で老後資金(いくらよ?)を貯めさせるって、どれだけのリスクを背負わせようとしているのでしょうか。

短期的にお金持ちになろうとする考えは、今すぐ止めることをお勧めしておきます。

よく投資で「月に5万円くらい稼げれば十分」という人がいますが、2,000万円ほどあれば、毎月それくらい安定して稼ぐことは可能です。

逆に言うと、数十万~数百万の元手で月に5万円稼ぐには、それなりのリスクを取る必要があるということです。

でも投資はやる方が良い

僕は株式投資を否定しているように思われるかも知れませんが、むしろ積極的に株式投資はやるべきだと思っています。

しかし、あくまでも「資産運用=長期的」という意識を持って行うべきであって、短期間で儲けようとするのは資産運用とは思っていません。

もし、ファイナンシャルアカデミーで習う方法が絶対的だと感じたならばそれも良いでしょう。最終的には自己責任ですから、誰にも止める権利はありません。

僕は独学でしたが、そのなかで出会った「米国株への長期投資」が資産形成にはベストだと思ったので、それを実践しています。

なぜ米国株か?

僕が日本株ではなく米国株を推奨する理由は、「米国には経済成長が続く根拠があり、難しいことを考えなくても誰もが実践できるもの」だからです。

ただ、それでも将来がどのようになるかははっきりとは分かりません。

確実に資産が増やせるとは言い切れませんが、世界の人口が増え続ける限り経済は発展を続け、長期的な株式投資によってリターンを得られる可能性は高いと考えています。

まとめ

ファイナンシャルアカデミーで習う資産運用は、参加者同士でお金の奪い合いをするマネーゲーム(ゼロサムゲーム)のやり方です。

参加者の利益と損失の総和が±ゼロになるゼロサムゲームは、儲けた人がいる一方で同じだけ損をした人がいるということ。

そこで得た利益は、他人の不幸のもとに成り立っているギャンブルに過ぎません。そのようなやり方で、胸を張って資産運用と呼べますか?

一方、このブログで推奨している米国株への長期投資は、参加者全体が利益を出せる(可能性がある)プラスサムゲームです。

プラスサムだからこそ、僕は他人に推奨できるのです。ゼロサムゲームのように、自分の儲けるチャンスが減るわけではありません。

このやり方では短期間でお金持ちになることは不可能ですが、時間を掛ければ誰にでも資産形成ができます。

どのような投資をするかは自分次第ですが、損をしても誰も責任は取ってくれません。

僕が言えるのは、くれぐれも短期間でお金持ちになろうと欲を出さないよう、気を付けてくださいということです。

おしまい。

この記事を読んでからセミナーへ参加され、資産運用の話を聞いた方はその感想を書き込んでいただければ嬉しく思います。

お金の教養講座への申し込みはこちらからどうぞ。

資産運用編の内容には、明らかにミスリードと思われるものがあるので気を付けてください。

ファイナンシャルアカデミーの資産運用講座では、ほとんどの人が勝てない理由
お金の教養を身に付けるための、日本唯一のマネースクールとして誕生したファイナンシャルアカデ...

投資初心者向けの、基本的な内容をまとめた記事です。

米国株の長期投資に興味がある方は、こちらをご覧ください。

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

フォローする

コメント

  1. オニオン より:

    株の投機やコイン、fxやってる人って
    養分だし、種銭が全然ない人や
    なんか洗脳されてる人に共通する。
    てか資金不足でパンクしてる人大体。

    • hide より:

      コメントありがとうございます。
      投機では儲けた人だけがもてはやされるので、自分にもチャンスがあると思う人が多いんでしょうね。
      でも実際は儲けているのはほんの一部で、その人が今後も儲け続けられる保証はないのですが。

  2. YT より:

    不動産と株式のダブル受講しました。地方にいるため一度も通っていませんが、DVDとテキストのみで勉強しています。
    不動産の束田先生は非常に優秀だと思います。今はおかげさまで3棟所有。
    受講費用が高いので、ヤフオクやメルカリで5~6万で売っているので、それでも十分いける。結局不動産と株でそれぞれ32万で64万ですから、それを考えたらヤフオク、メルカリで売っているもので十分。

    • hide より:

      実際の受講した体験談ありがとうございます。
      僕は不動産に関しては全くの無知ですが、不動産はリスクがある分リターンは大きく、最初に師事を仰ぐ人が非常に重要だろうと思います。
      繋がりがないなかでそのような人と出会う可能性は低いですし、それを考えると不動産投資の受講にはメリットがあるかもしれませんね。
      ただ、株に関してはあまり人に推奨できるものではないと考えています。