賃貸契約の火災保険の内容は、何が必要なのか?




賃貸契約をする際、なにかと初期費用がかかります。やれ鍵交換費用だとか、やれ害虫駆除代とか…

できることなら初期費用は抑えたいもので、交渉次第である程度は抑えることは可能です。

某アパマン〇ョップ事件でも分かるように、害虫駆除代とか完全なるボッタくりです。

初期費用のなかでも、火災保険はさすがに重要だと考える人が多いでしょう。しかし、その内容まで把握している人がどれだけいるでしょうか。

確かに、ほとんどの人にとって火災保険は必要になりますが、最低限の知識を持っていれば、火災保険でも費用を大きく抑えることも可能です。

スポンサーリンク

火災保険とは

火災保険はその名の通り、火災が起こったときに保険金を受け取れる保険です。

保険の対象は「建物」と「家財」に分かれ、入居者が加入するのは家財を対象とする保険です。家財保険とも呼ばれますね。

一方の建物に対する保険は、オーナーが加入することになります。

家財保険

家財保険とは、家具や家電など「自身の財産」にかける保険で、衣服や貴金属なども対象範囲に含まれます。

また、契約内容によっては火災だけではなく、その他の災害でも適用することができるので、ご自身の住んでいる地域で起こりやすい災害に関しては加入しておくといいでしょう。

家財保険が適用されるのは以下のようなものがあります。

基本対象・火災
・落雷
・破裂、爆風
・風、雪、雪災
オプション対象・水漏れ
・落下、飛来、衝突
・騒じょう
・盗難
・水災
・子供が物を壊した

火災保険では主に、上段の災害による被害が対象となりますが、保険会社によっては下段もセットになっている場合があります。

当然、様々なケースに対応するほうが保険料は高くなります。

家財保険は重要ではない

このように、火災保険と言っても、基本的には火災やその他の災害から「自分の持ち物(家財)」を補償するだけの保険です。

そのため、大した家財を持っていなければ、家財保険にあまり価値はないとも言えます。

少なくとも、僕にとってはたいして重要な保険ではありませんでした。

じゃあ火災保険なんて入らなくてもいいかと言うとそうではなく、火災保険に加入する最大の目的は、次に解説する「借家人賠償責任保険」に加入するためです。

借家人賠償責任保険とは

借家人(しゃっかにん)賠償責任保険と読みます。

賃貸契約では退去する際に、原状回復することが原則となっています。退去する時は住み始めた時と同じ状態にしてね、ということです。

自然に老朽化した分に関しては、こちらが負担する必要はありません。また、最初に敷金を払っていれば、退去時のクリーニング費用などもそこから補填されます。

そのため、一般的には原状回復に係る費用は、それほど必要ないと言えるでしょう。

しかし、火災などで部屋がボロボロになった場合も、現状回復の義務はあります。部屋そのものを修繕するとなると、さすがに何百万単位のお金が必要になりますね。

そんなときのために加入しておくのが、借家人賠償責任保険となります。

また、地震によって建物が損壊した場合は、こちらが部屋の修繕費用を負担する必要はないようです。そのため、賃貸契約で地震に対する保険の必要性は低いと言えますね。

加入は任意…だけど

借家人賠償責任保険…というより、火災保険は強制加入ではありません。自分で修繕費用を用意できるなら加入する必要はないのです。

しかし、ほとんどの人にとってそんなお金を用意するのは難しいでしょうから、加入しておく必要性が高い保険です。

火災は頻繁に起こるわけではないですが、もし起こってしまえば大きな負担がかかる。

保険とは、そんな万が一に備え、大勢が少しずつお金を負担して助け合おうという考えが基本です。

また、自分で気を付けていても隣家が火元になる可能性もあります。

その場合、基本的には隣人に賠償責任を追及することは難しいようで、自身で借家人賠償責任保険に加入して対応する必要があります。

とばっちりで大金を失うのはご免です。

ここまで理解すれば、家財保険は加入せずに借家人賠償責任保険だけ加入すればいいやん…と思われるでしょう。

その考えは正解です。

しかし、大人の事情か何か分かりませんが、借家人賠償責任保険は単独で契約することができない保険で、火災保険の特約として契約するしかないのです。

借家人賠償責任保険に加入するためには、嫌でも火災保険に加入する必要がある…ということです。

大人の事情って怖いですね。特約には借家人賠償責任保険とは別に、個人賠償責任保険というものもあります。

個人賠償責任保険とは

個人賠償責任保険とは、日常生活で他人に対して怪我をさせたり、人の物を壊したり、マンションで水漏れして下の階に被害を及ぼした場合などに適用される保険です。

この保険が適用された実例として以下のようなことがあったそうです。

  • 自転車で後方から追突し、頚椎捻挫などの怪我を負わせ約108万円の支払い
  • マンションで洗濯する際に水漏れし、階下3件分に損害を与えて約236万円の支払い

これ以外にも、自転車による事故で数千万円の賠償金が発生した例もあるそうで、こちらも万が一に備えて加入しておく必要がある保険と言えます。

一般的には1億円程度の補償額で契約しますが、それでも保険料は月額200円前後と安いのが特徴です。

重複加入に注意

ただし、個人賠償責任保険に関しては、火災保険以外にも自動車保険などでも特約として加入することができます。

また、本人以外にも「配偶者や同居の親族・別居している未婚の子供まで保険の対象範囲」となるため、保険の対象範囲を知らずに重複加入している可能性は少なくありません。

まぁ保険料は安いので、重複していてもそれほど損をするわけでもないですけどね。

修理費用保険とは

火災保険の中には、「修理費用」という名目の保険もあります。

保険会社の説明によると、例えば空き巣によって窓ガラスが割られたり、洗面台や浴槽に損害を与えた場合の修理費用を賄ってくれるそうです。

賃貸契約では退去時に原状回復をする義務があるので、そのための保険になります。

どのようなケースで補償されるのかは各社の内容をチェックしておいてください。

借家人賠償責任と似たような面がありますが、こちらは「法律上の損害賠償責任はないが、賃貸借契約に基づいて、自己の費用で修理を行ったとき」が対象となります。

借家人賠償責任は、「法律上、損害賠償責任を負った場合」が対象となる保険。うん、ちょっと何言ってるか分かんないです。

保険の性質から考えると、修理費用に関してはあまり加入しておく必要性はないと思います。

必要な補償額の目安は?

それぞれの保険の内容を理解すれば、あとはどれくらいの補償額が必要になるかを考えれば、自分にとって最適な火災保険が分かります。

人によって違いはありますが、参考までに一人暮らしで必要な補償額を考えてみましょう。

家財保険の目安

家財保険に関しては、自分の持っているもの以上の補償をする必要はありません。

僕は大した家財はないので、せいぜい家具を揃えるだけの10~20万程度あれば十分かなと。

しかし、賃貸契約の際に不動産会社が指定する火災保険では、一般的に150~300万円程度の補償になっていることが多いようです。

実際、僕が契約したときも150万円の補償が付いていました。いらね~。

賃貸契約の火災保険には気を付けろ!!
現在、賃貸マンションにお住いの方、契約の際に初期費用として「火災保険」をいくら支払いまし...

基本的には、そこまで大きな補償が必要な人はいないのではないでしょうか。

借家人賠償責任保険の目安

こちらは建物の「築年数・構造・専有面積」などによって変わってきます。

まぁ築年数の古い単身の賃貸マンションなら、せいぜい500万~1,000万程度で対応できるはず。高級マンションならもっと必要になりそうですが…

契約する部屋の補償がどれくらい必要になるかは、営業マンに聞いてみるのが確実だと思います(教えてくれるかは分かりませんが)。

個人賠償責任保険の目安

個人賠償責任保険は1億円の補償でも、保険料は月額200円前後です。

もしものときのために、しっかり対策をしておきましょう。

まとめ

ここまでの内容を簡単にまとめておきます。

保険目安
家財保険自身の所有する財産。
保険としての必要性は低い
借家人賠償
責任保険
契約した部屋の価値程度。
賃貸火災保険で最も重要な項目。
個人賠償
責任保険
1億円程度。
重複加入に注意。
修理費用保険要らんでしょ?

火災保険に加入する最大の目的は、借家人賠償責任保険で「もしもの場合」に備えることです。

必要最低限にすることで、一人暮らし賃貸の火災保険なら年間2000円以下にも抑えられます。

必ずしも不動産会社が指定する火災保険に加入する必要はないので、搾取されないように自分で必要な保険を選ぶことが重要です。

保険などの固定費は、一度契約を見直せばその後は何もしなくても高い節約効果が得られます。

日々の細かい節約を頑張るより、これらを見直すほうがよっぽど楽だと思いますよ。

おしまい。

自動車保険も見直す必要ありませんか?

【自動車保険】節約するポイントは?!
自動車保険は車を運転する人にとって必要不可欠ですが、金銭的には結構な負担となる方もおられ...

実家の自動車保険を見直して年間2万円の節約に。

実家の自動車保険を見直して年間約3万円の節約
以前、実家の家計改善のために保険を見直す必要があると考え、まず生命保険や医療保険の変更を...
スポンサーリンク
関連記事



シェアする

フォローする