【無料相談には行かないほうが良い】保険の無料相談はなぜ無料なのか?

CMでもお馴染みの保険の無料相談。保険は複雑で、自分には何が必要なのかわからないので、専門家に相談すれば最適な保険を教えてくれる…

そう考えて相談に行く人は多いかもしれません。しかし、その仕組みを考えると、無料相談には行かないほうが良いことが分かるはずです。

スポンサーリンク

無料相談には行かないほうが良い

無料相談に行かないほうが良い理由。それは、無料相談に行く人というのは基本的に保険の知識がない人であり、知識のない人は保険業界では最高のカモとなるからです。

無料相談の収入源

無料で相談にのってくれる方たちは、ボランティアでやっているわけではないので、毎月の収入が必要です。では、その収入源はどこにあるのか?

相談を無料でしている限り、考えられるのはひとつしかありません。それは、保険会社からの(紹介)手数料です。

某無料相談の会社では、新卒の初任給が23万円となっています。当然、相談に来る人すべてが保険に加入するわけではありません。

定かではないですが、成約率はおよそ50%ほどと言われています。その成立した契約で得られる手数料で従業員の給料を支払い、無料の相談窓口を経営している会社は利益も出さないといけないのです。

となると、得られる手数料が少ない保険ばかり紹介していては経営が成り立たなくなるので、必然的に手数料の高い商品を紹介する必要があります。

多くの手数料を得られる保険というのは、保険会社が販売してもらいたい商品とも言えます。多くの手数料を払ってでも売りたい商品とは、それでも保険会社が儲かる商品と考えるのが妥当ですよね。

つまり、無料相談というのは構造上、相談者にとって最適な保険を紹介するよりも、会社が得られる手数料の高い商品を紹介される可能性が高いということです

全く必要性のない保険を紹介されるとは思いませんが、担当者によってはその可能性もないとは言えませんね。無料相談に行く人は知識がない(人が多い)から、あれこれ不安を煽った挙句、この保険に加入しておけば安心ですよ…と言えばコロッと騙されそうです。

無料相談を紹介するサイトに注意

保険の公式サイト以外で保険について解説してくれるサイトはたくさんありますが、そのようなサイトで保険の無料相談を勧める広告がある場合は注意が必要です。

ここまで言ったきたように、保険の無料相談は契約者にとってほとんどメリットはありません。保険について詳しい人なら、誰でもわかっていることです。にもかかわらず、保険の無料相談を勧めるのはなぜか?

それは、その広告を通じて無料相談を申し込み、保険の契約が成立すれば紹介者に多額の報酬が貰えるからです。もちろん、その報酬の源泉は契約者であるあなたの保険料ですよ。

そのようなサイトの運営者は、あなたが保険でどれだけ無駄な契約をしようが知ったこっちゃありません。無知な人を利用し、自分たちの私腹を肥やすことが一番の目的なのでしょう。

保険は難しくない

保険は決して難しいものではありません。難しそうに感じるのは、複雑な商品を作って契約者に考えることを放棄させるための、保険会社の策略です。

自分に必要な保険とはシンプルで、現時点で自分では用意できないお金が必要になったとき、それに備られるような保険です。

もし、あなたに1億円の貯蓄があるなら、入院しても医療費の心配は要りませんよね?なら、あなたに医療保険は不要です。

1億円の貯蓄があれば、あなたが死亡した場合でも残された家族は貯蓄と公的な保障で生活していける可能性が高いでしょう。なら、生命保険も不要です。

ただ、実際にそこまで貯蓄がある人はそう多くありません。なので、自分の貯蓄額や公的な保障がどれくらいあるのかなどを考慮したうえで、足りないと思う分だけを保険で備えておきます。

医療費なら高額療養費制度によって抑えることができるし、入院中の収入は会社の健康保険から傷病手当金が支給されるので、思っている以上に必要な保障は少ないのです。

生命保険は、自分が亡くなったときに残された家族が生活していけることが最大の加入目的なので、シンプルに保障額だけ考えて契約すれば良い。

あれもこれも特約があれば安心ですよという口車に乗せられると、万が一にしか起こり得ないことのために、無駄な保険料を支払わされます。

保険は基本的にこちらが損をする仕組みです。それを念頭において、自分で用意できる費用に関しては備える必要はなく、用意できないと思う費用にだけ、最低限の保険で備えておきましょう。

まとめ

保険の無料相談で一番損をするのはあなたです。

自分で勉強して自分で考えるのが一番ですが、どうしてもわからない場合は相談料を支払ってでも専門家に話を聞くべきでしょう。そのほうが結果的に得をする可能性が高いですし、もしかしたら現時点であなたには保険は不要だと教えてくれるかもしれません。

無料相談に行くなら、話を聞いてみて提案された内容を自分で調べてみる。そこでわからない部分をまた聞きに行く…といった具合に、自分の知識を高めるために利用するのが効果的ではないでしょうか。


シェアする

フォローする