【資産形成の助っ人】人類最大の発見?!複利の力

世の中は、お金持ちがさらにお金持ちになるようにできています。なぜなら、お金持ちは複利の力を存分に活用しているからです。

かの有名なアインシュタインは言いました。

複利は人類最大の発見やでぇ!!

複利の凄さを説明するときには、以下のようなグラフを用いて説明されることが多いです。

縦軸が金額で横軸が年数、青線のグラフ複利で運用した場合のリターンです。しかし、こんなグラフを見てもあまりピンと来ないですよね。

僕の知り合いに話をしても、ほとんどの人は複利について理解していません。

今回は複利について、それを活かすことがどれだけ自分のメリットになるのかを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

複利とは

まず、複利とは何かを(Wikipediaが)説明し(てくれ)ます。

複利(ふくり)とは、複利法によって計算された利子のこと。

複利法とは、元金(がんきん)によって生じた利子を次期の元金に組み入れる方式であり、元金だけでなく利子にも次期の利子がつく。

したがって、各期の利子が次第に増加していく。投資や借金などでは、雪だるま式に利子が増えていくことになる。重利(じゅうり)とも。

出典元:Wikipedia

分かりましたか?

これで理解できれば、これ以上読まなくても大丈夫です( ゚Д゚)オイ

言葉で書くと難しいですね。僕はこの説明を読んでも、一切意味が分かりません。分かりやすくするために、数字を出して説明します。

まず、複利ではなく、単利というもので説明します。1%の利率で毎年100万円を積立すると、以下のようになるのが分かると思います。

年数元本利息
11,000,000円10,000円
22,000,000円20,000円
33,000,000円30,000円
44,000,000円40,000円
55,000,000円50,000円

利息は元本が増えた分だけ毎年1万円ずつ増加しています。このように、元本にのみ利息が付くのが単利の仕組みです。

しかし、同じ積立額でも、複利で運用するとこのようになります。

年数元本利息
11,000,000円10,000円
22,010,000円20,100円
33,030,100円30,301円
44,060,401円40,604円
55,101,005円51,010円

1年目に違いはありませんが、2年目の元本には1年目の利息が含まれています。そのため、2年目に受け取る利息は単利運用のときより増加することに。

3年目以降も同様ですが、年が経つにつれて利息の増加分が大きくなっていることが分かるかと思います。

数年では大きな違いは出ませんが、これが30年後となると単利で受け取る合計利息が465万円に対し、複利で受け取れる合計利息は約513万円となります。

その差は約50万円。30年で50万円の差って…と思われるかも知れませんが、ただ複利で運用するだけでこの差が生まれるのです。

また、複利の力が凄いのは、元本と利率が大きくなるほど発揮されるので、1%の利率では凄さが分かりづらいのも仕方ありません。

複利の弱点

複利には、効果を得るまでに時間がかかること・元本の大きさがものをいうこと・利率が低ければ大した効果が得られないという弱点があります。

先ほどの条件でも、5年後に受け取れる利息の差は2,000円程度です。しかも、今の低金利では到底考えられない1%という利率で計算しているのに…です。

それなら、一般ピーポーの僕たちが複利の力を活かすことなんて、夢のまた夢かよ…とも考えてしまいそうです。

しかし、それが夢のまた夢ならわざわざ記事にして紹介することはありません。

僕たち一般ピーポーでも、複利の力を活かして資産形成をするのは可能であり、その方法がこのブログでも推奨している米国株への長期投資なのです。

米国株投資のリターン

このブログで推奨している投資法は、ETFや投資信託を通じて厳選された超優良米国企業に積立投資をしていくものです。

米国株式市場が発足してから、こんにちまでの約200年間で得られたリターンは、年率約6.8%ほどと言われています。

元本保証の預貯金とは意味合いは違いますが、米国株式に投資をしていれば、年間約6.8%の利息を受け取ってきたということです。

複利のぉ~、力をぉ~、思い知れぇッ!!

最初の条件で40年間の長期運用をした結果がこちらです。

年数運用元本利息
1単利1,000,000円10,000円
複利1,000,000円10,000円
5単利5,000,000円50,000円
複利5,101,005円51,010円
10単利10,000,000円100,000円
複利10,462,213円104,622円
15単利1,500,000円150,000円
複利16,096,896円160,969円
20単利20,000,000円200,000円
複利22,019,004円220,190円
30単利30,000,000円300,000円
複利34,784,892円347,849円
40単利40,000,000円400,000円
複利48,886,373円488,864円
利息合計単利8,200,000円
複利9,375,237円

40年も経つと、複利で運用するだけで約110万も多く利息が受け取れることになります。小さい額ではないですが、やはりインパクトには欠けますね。

では、米国株式に投資をして年率6.8%で運用していたらどうなるでしょうか。その結果がこちらです。

年数運用元本利息
1単利1,000,000円68,000円
複利1,000,000円68,000円
5単利5,000,000円340,000円
複利5,727,834円389,493円
10単利10,000,000円680,000円
複利13,686,616円930,690円
15単利1,500,000円1,020,000円
複利24,745,287円1,682,679円
20単利20,000,000円1,360,000円
複利40,111,228円2,727,564円
30単利30,000,000円2,040,000円
複利91,128,960円6,196,769円
40単利40,000,000円2,720,000円
複利189,628,380円12,894,730円
利息合計単利55,760,000円
複利162,523,110円

6.8%で複利運用すれば、40年後には2億円近い資産が築けることになります。もはや桁が違い過ぎて、本当にこうなるのかとすら感じてしまいます。

実際には6.8%の利息が貰えるわけではなく、株価の上昇と配当金の再投資によってこのような結果になります。

【資産形成への第一歩】配当再投資のメリット・デメリット
このブログでは米国株投資を推奨しています。 その理由は、米国は先進国の中で唯一、今後...

また、この6.8%という数値はあくまでも約200年間の平均です。株式市場は好景気でリターンが大幅なプラスになることもあれば、不況でリターンがマイナスになることもあります。

そのため、現実ではプラスとマイナスの上下動を繰り返すことになり、平均6.8%で運用すると…なんていうシミュレーションはあまり意味がありません。

運用を始めてからいきなり大不況に陥れば、リターンがプラスになるまで時間が掛かる可能性も大いに有り得ます。

しかし、米国株市場ではこれまで約17年以上の長期で見れば、リターンがマイナスになったことがないという事実もあり、期間は違えど長期で運用していればマイナスになる可能性は限りなく低いと思われます。(絶対に…とは言い切れませんが)

このようなシミュレーションをしているのは、いかに複利で運用することが資産形成に有利であるかを理解するためと思って下さい。

そして、利率が低ければ複利の効果が十分に得られないということも理解し、株式投資の優位性も理解すればしめたものです。

では、利率が低いとどれくらい複利の効果が弱くなるのかを示しましょう。

年100万円・利率0.1%

年間100万を積み立て、現在の定期預金で優秀とされている0.1%で運用します。

年数運用元本利息
1単利1,000,000円
1,000円
複利1,000,000円1,000円
10単利10,000,000円10,000円
複利10,045,120円10,045円
20単利20,000,000円20,000円
複利20,191,145円20,191円
30単利30,000,000円30,000円
複利30,439,088円30,439円
40単利40,000,000円40,000円
複利40,789,972円40,790円
利息合計単利820,000円
複利830,762円

ご覧のように、複利でもほとんど差が出ません。

はっきり言って、少しでも利息を多く受け取りたいからと定期預金に積立をするのが、いかに無意味に近いことかも分かるのではないでしょうか。

これだけ積立をして、40年で受け取れるが僅か80万円程度です。とても運用と呼べるものではありません。何か副業して収入を増やす努力をする方が、よっぽど効率的でしょうね。

まぁそのうち金利も上昇するかも知れませんし、年間100万円の積立が出来るならそれなりの資産を築けますからそれはそれで良いかも知れませんが。

一般ピーポーがそこまで毎月積立するのは難しいですし、現実的に月に3万円を積み立てるとして、それを米国株の平均リターンで運用したらどうなるかを計算します。

年36万円・利率6.8%

年数運用元本利息
1単利360,000円24,480円
複利360,000円24,480円
10単利3,600,000円244,800円
複利4,927,182円335,048円
20単利7,200,000円489,600円
複利14,440,042円981,923円
30単利10,800,000円734,400円
複利32,806,426円2,230,837円
40単利14,400,000円979,200円
複利68,266,217円4,642,103円
利息合計単利20,073,600円
複利58,508,320円

いかがでしょうか。

現実的な月額3万円の積立でも、40年で7千万近い資産になっています。

単利の場合、元本が約1,400万円。

複利はそれまでの利息を加算した金額となるので、単利でも同じように利息を加算したとしても、約3,400万円です。

投資は金持ちがやるもの?

投資なんて金持ちがやるもんで自分には関係ないと思っている方も多いでしょう。しかし、月額3万円の積立でも複利運用すれば立派な資産形成となります。

ただ、今後も米国株に投資をして年率6.8%のリターンが得られる保証はありません。大抵は、これまでよりはやや低めのリターンになるだろう…と言われています。

それでも何もしないよりは遥かにマシです。

運用リスクと長寿リスク

多くの人が投資を嫌がるのは、損をするかもという思いがあるからでしょう。

それを運用リスクと言います。預貯金なら元本保証ですから、減らないという意味では安心です。しかし、多くの人は老後の生活は年金だけでは不足します。

そのため、預貯金を切り崩す必要が出てきます。仮に毎月3万円を40年間積み立て、預貯金が1,440万円になったとして、そこから毎月10万円を切り崩して生活するとしましょう。

すると、預貯金はわずか12年で底を尽きます

年金受給開始が65歳からだと、77歳で預貯金がなくなることに…働いて収入がある人はいいですが、収入がない人はそれ以降どうやって生活すればいいのでしょうか?

運用リスクを取らない人は、長生きすることで預貯金が底を尽くリスクがあります。

それを、長寿リスクと言います。元本毀損を恐れて運用リスクを取らない人は、長寿リスクを取っているということです。

長寿リスクを少しでも軽減するには、現役時代から貯蓄に励み、高齢になっても働けるだけ働いて、将来的に預貯金が底を尽かないように頑張るしかありません。

一方で、運用のリスクを取っている人は、長寿リスクを軽減できます。

なぜなら、株式で運用していれば配当金や分配金が貰えるので、自分が働けなくなっても年金以外に収入が得られるからです。

配当金や分配金は、企業が無配にしない限り、保有しているだけで受け取ることができる素晴らしい不労所得なんです。

まとめ

将来受け取れる配当金を増やし、働かなくても生活が成り立つくらいにまでなれば、何歳まで生きてもお金の心配をすることなく生活ができます。

残高が減り続けるだけの預貯金だと、生活するにも不安が付きまとう気がしませんか?

投資は資産を増やすだけでなく、将来のキャッシュフローを確立するためにも重要です。

今回の試算では、毎年同じだけの成長を続けることを前提に話をしていますが、実際には株価は変動しているため結果は違うものになってきます。

あくまでも複利を説明するために一定の利率で計算したに過ぎません。

ただ、どちらにせよ定期預金では複利の力を活かすことは不可能なレベルなので、投資をすることで得られるメリットは大きいことには違いありません。

先のことばかり考えて今の生活を疎かにし過ぎるのも良くないと思いますが、現在と将来のバランスを考え、楽しく生きていきたいですね。

おしまい。

投資をしないこともリスクになります。

投資のリスクを取らないリスク~運用リスクと長寿リスク~
投資にはリスクがありますが、投資をしないことにもリスクがあると言われます。 日本では...

人生お金が全てではないですが、お金は大事なものです。

人生とお金
人生を楽しく過ごすために、お金は大切な要素です。 しかし、日本ではお金は卑しいものだ...

非課税のつみたてNISAは、複利の力を活かせる優れた制度です。

【資産運用】NISA・つみたてNISAとは~仕組みと違いを解説~
2014年に少額投資非課税制度(NISA)が開始され、2018年には新たにつみたてNISA...