人類最大の発見?!複利の力

世の中のお金持ちがさらにお金持ちになり、一般人がどれだけ一生懸命働いてもお金持ちになれない理由をご存知ですか?

それは、お金持ちは存分に複利の力を利用しているからです。

かの有名なアインシュタイン(稲田)は言いました。

複利は人類最大の発見やでぇ!!

複利の力に関しては、多くのブログでも紹介されています。

このようなグラフを見たことはないでしょうか?

縦軸が金額で横軸が年数、青線のグラフが複利で運用した場合のリターンです。

しかし、こんなグラフを見てもあまりピンと来ないですよね。

僕の知り合いなどに話をしても、投資をしていない人にはあまり伝わっていないと感じることが多いです。

まぁ説明が下手なだけかも知れませんが、複利の力を懇切丁寧に解説していこうと思います。

(ただし、上手く伝わるとは言っていない)

スポンサーリンク

複利とは

まず、複利とは何かを(Wikipediaが)説明し(てくれ)ます。

複利(ふくり)とは、複利法によって計算された利子のこと。

複利法とは、元金(がんきん)によって生じた利子を次期の元金に組み入れる方式であり、元金だけでなく利子にも次期の利子がつく。

したがって、各期の利子が次第に増加していく。投資や借金などでは、雪だるま式に利子が増えていくことになる。重利(じゅうり)とも。

出典元:Wikipedia

分かりましたか?

これで理解できれば、これ以上読まなくても大丈夫です!!( ゚Д゚)オイ

言葉で書くと難しいですね。

僕はこの説明を読んでも、一切意味が分かりません。

分かりやすくするために、数字を出して説明します。

まず、複利とは違う単利を説明します。

毎年100万円を積み立て、1%の利息を貰うとこのようになります。

年数元本利息
11,000,000円10,000円
22,000,000円20,000円
33,000,000円30,000円
44,000,000円40,000円
55,000,000円50,000円

このように、積み立てた元金にのみ利息が付くことを、単利と言います。

毎年100万円の1%(1万円)ずつ、利息が増えていくことが分かりますね。

一方、同じ積立金額と利息を、複利で運用したケースがこちら。

年数元本利息
11,000,000円10,000円
22,010,000円20,100円
33,030,100円30,301円
44,060,401円40,604円
55,101,005円51,010円

違いが分かりますか?

1年目は全く同じですが、2年目から元本と利息に変化が出ます。

2年目の元本は、1年目の利息を足した金額に。

その結果、2年目の元本は単利の場合よりも増加し、受け取る利息も増えることになります。

3年目も同様ですが、2年目よりも利息の増加分が大きくなっていますね。

これを繰り返していくと、単利に比べて複利は元本がどんどん大きくなるので、時間が経てばより大きな利息を受け取れます。

これが、複利の力と呼ばれるものです。

ドゥーユーアンダスタン?

複利の弱点

お金持ちがお金持ちである理由が、複利の力によるものならば、僕たち一般ピーポーでもお金持ちになれるチャンスはあるということです。

そう、複利の力を借りればいいんですね。

しかし、そんな複利にも弱点があります。

それは、効果を得るまでに時間が掛かることと、元本の大きさがものをいうことです。

先ほどの条件なら、5年後の単利と複利による違いは僅か2000円程度でした。

何がすごいのか、さっぱり分かりませんね。

実は複利は、運用できる元本と利率が低いほど、単利との差は広がりにくい面があります。

そういった意味でも、お金持ちは元本が多いので有利なんですね。

じゃあ一般ピーポーがお金持ちになるのは夢のまた夢なのか…

正直、大金持ちになるのは難しいと思いますが、小金持ちくらいなら現実的であることを、次のシミュレーションで知ってもらおうと思います。

複利のぉ~、力をぉ~、思い知れぇッ!!

先ほどの条件(年100万積立・利率1%)で、長期の40年間運用したケースがこちらです。

元本・利息とも、上段が単利・下段が複利の数字です。

年数元本利息
11,000,000円
1,000,000円
10,000円
10,000円
22,000,000円
2,010,000円
20,000円
20,100円
33,000,000円
3,030,100円
30,000円
30,301円
44,000,000円
4,060,401円
40,000円
40,604円
55,000,000円
5,101,005円
50,000円
51,010円
1010,000,000円
10,462,213円
100,000円
104,622円
1515,000,000円
16,096,896円
150,000円
160,969円
2020,000,000円
22,019,004円
200,000円
220,190円
2525,000,000円
28,243,200円
250,000円
282,432円
3030,000,000円
34,784,892円
300,000円
347,849円
3535,000,000円
41,660,276円
350,000円
416,603円
4040,000,000円
48,886,373円
400,000円
488,864円
利息合計8,200,000円
9,375,237円

年数が多いと表が長くなってしまうので、途中キリのいい年数のみ表示しています。

5年だけでは2000円程度の差でしたが、40年間運用すれば複利の合計利息は、単利より約110万円も多くなっています。

同じ積立金額・利率なのに、ただ利息を再投資するだけでこれだけの差が付くのです。

それでは、積立金額と利率を変えて、複数のパターンでシミュレーションしてみます。

年60万円・利率0.1%

毎月5万円・年間60万円を、現在の定期預金で優秀とされている金利で運用してみます。

年数元本利息
1600,000円
600,000円
600円
600円
53,000,000円
3,006,006円
3,000円
3,006円
106,000,000円
6,027,072円
6,000円
6,027円
2012,000,000円
12,114,687円
12,000円
12,115円
3018,000,000円
18,263,453円
18,000円
18,263円
4024,000,000円
24,473,983円
24,000円
24,474円
利息合計492,000円
498,457円

結果、単利と複利の差はほとんどありません。

普通預金だとさらに低い利率ですから、運用という面では貯金はしていても意味がないレベルであることが分かりますね。

年120万円・利率0.1%

では、同じ利率でかなり頑張って月10万円を積み立てた場合はどうでしょうか。

年数元本利息
11,200,000円
1,200,000円
1,200円
1,200円
56,000,000円
6,012,012円
6,000円
6,012円
1012,000,000円
12,054,144円
12,000円
12,054円
2024,000,000円
24,229,374円
24,000円
24,229円
3036,000,000円
36,526,905円
36,000円
36,527円
4048,000,000円
48,947,966円
48,000円
48,948円
利息合計984,000円
996,914円

結果…雀の涙でした。

このことから、複利と言えど利率が低すぎると意味を成さないことが分かります。

まぁこれだけ積立ができるのであれば、それだけで既に小金持ちと言えそうですけどね。

では、リスクを取って高い利率を目指してみます。

年60万円・利率2%

積立は毎月5万・年間60万円、利率は現在のアメリカ10年国債と同水準で運用してみます。

年数元本利息
1600,000円
600,000円
12,000円
12,000円
53,000,000円
3,122,424円
60,000円
62,448円
106,000,000円
6,569,833円
120,000円
131,397円
2012,000,000円
14,578,422円
240,000円
291,568円
3018,000,000円
24,340,848円
360,000円
486,817円
4024,000,000円
36,241,190円
480,000円
724,824円
利息合計9,840,000円
12,966,014円

結果…

なんと、利率が2%になると、40年後には受け取る合計利息に約300万円もの差が付いています!!

低金利では複利の力は思い知れませんでしたが、利率が上がると複利の力を思い知れるようになってきます。

年60万円・年率5%

同じ積立金額で、株式投資なら現実可能ラインの5%で運用してみます。

年数元本利息
1600,000円
600,000円
30,000円
30,000円
53,000,000円
3,315,379円
150,000円
165,769円
106,000,000円
7,546,736円
300,000円
377,337円
2012,000,000円
19,839,572円
600,000円
991,979円
3018,000,000円
39,863,309円
900,000円
1,993,165円
4024,000,000円
72,479,865円
1,200,000円
3,623,993円
利息合計24,600,000円
52,103,858円

結果…

桁が大きくなりすぎて、逆に分かりづらいです。

これくらいの利率で運用できると、40年後には倍以上の差が付くことになります。

仮に、単利で受け取った利息を40年間貯め、それを元金に足しても約4800万円

複利で運用した約7000万円超の足元にも及びません。

当然ですが、年間120万円を積み立てて年率5%で運用すれば、その差はより大きくなります。

このくらいになるとさすがに、元本と利率によって複利は凄まじい力を発揮することが分かってくるのではないでしょうか。

ただ…

どうやって5%で運用すんねん

と思った方もいるでしょう。

だって定期預金ですら、利率が0.1%の時代ですから。

複利の力は分かったけれど、その力を発揮できる利率で運用できなければ絵にかいたみたらし団子、捕らぬカシミヤの皮算用です。

しかし、我々のような一般ピーポーでも、年率5%程度で運用できる方法は…ありまぁす。(懐かしい)

それが、当ブログでも紹介している、米国株への長期投資です。

米国の株式市場は、数回の暴落を乗り越えながら右肩上がりに成長を続けてきました。

その成長を平均すると、年率約6.8%となっているそうです。

先ほどのシミュレーションよりも、実際はさらに高い利率で運用できたということです。

もちろん、これまで約6.8%で成長してきたからと言って、今後も同じように成長できるかは分かりません。

それでも米国の未来を考えると、及ばずとも遠くない成長は期待できると思います。

なので、先ほどは少し低めの5%でシミュレーションしてみました。

毎月5万円でも米国株に投資を続ければ、将来的には我々のような一般ピーポーでも、大きな資産を築くことは不可能ではないはずです。

毎月5万円が厳しければ、もっと少なくても構いません。

毎月3万円を5%で運用しても、これだけの結果になります。

年数元本利息
1360,000円
360,000円
18,000円
18,000円
51,800,000円
1,989,227円
90,000円
99,461円
103,600,000円
4,528,041円
180,000円
226,402円
207,200,000円
11,903,743円
360,000円
595,187円
3010,800,000円
23,917,985円
540,000円
1,195,899円
4014,400,000円
43,487,919円
720,000円
2,174,396円
利息合計14,760,000円
31,262,315円

年間36万円を、ただ40年間積み立てただけなら1440万円

しかし、複利運用ならほぼ3倍になります。

それを知っても、まだ預貯金だけで将来に備えようと思いますか?

運用リスクと長寿リスク

ほとんどの人が投資を嫌がるのは、損をするかもしれないリスクがあるからでしょう。

それを運用リスクと言います。

預貯金なら元本保証ですから、減らないという意味では安心です。

しかし、多くの人は老後の生活は年金だけでは不足します。

そのため、預貯金を切り崩す必要があるわけですが、仮に預貯金が1440万円あったとして、毎月そこから10万円を崩して生活するとしましょう。

そうすると、年間120万円を切り崩すことになり、1440万円は僅か12年で底を尽きます。

年金受給開始が65歳からだと、77歳で預貯金がなくなることに…

働いて収入がある人はいいですが、収入がない人はそれ以降どうやって生活すればいいのでしょうか?

運用リスクを取らない人は、長生きすることで預貯金が底を尽くリスクがあります。

それを、長寿リスクと言います。

元本毀損を恐れて運用リスクを取らない人は、長寿リスクを取っているということです。

長寿リスクを少しでも軽減するには、現役時代から貯蓄に励み、高齢になっても働けるだけ働いて、将来的に預貯金が底を尽かないように頑張るしかありません。

一方、元本毀損の可能性がある運用のリスクを取っている人は、それで長寿リスクを軽減できます。

なぜなら、株式で運用していれば配当金や分配金が貰えるので、自分が働けなくなっても年金以外に収入が得られるからです。

配当金や分配金は、企業が無配にしない限り、保有しているだけで受け取ることができます。

将来受け取れる配当金を増やし、働かなくても生活が成り立つくらいにまでなれば、何歳まで生きてもお金の心配をすることなく生活ができます。

残高が減り続けるだけの預貯金だと、生活するにも不安が付きまとう気がしませんか?

投資は資産を増やすだけでなく、将来のキャッシュフローを確立するためにも重要です。

先のことばかり考えて、今の生活をおろそかにし過ぎるのも良くないと思いますが、現在と将来のバランスを考え、楽しく生きていきたいですね。

おしまい。

投資をしないこともリスクになります。

投資のリスクを取らないリスク~運用リスクと長寿リスク~
投資はリスクがありますが、これからの時代、投資をしないことにもリスクがあることを考えたことはありますか? 日本では少子高齢化が進み、社...

人生お金が全てではないですが、お金は大事なものです。

人生とお金
人生を楽しく過ごすために、お金は大切な要素です。 しかし、日本ではお金は卑しいものだとか、お金の話をするのは下品という風習があります。...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする