【ふるさと納税】「正直者が馬鹿を見る」を大人が実現させている問題

先日、ふるさと納税の行き過ぎた返礼品に関しての記事をまとめましたが、同じように感じておられる方からコメントを頂き、改めて制度そのものを見直す必要があるんじゃないかと思いました。

【ふるさと納税】返礼品は廃止したほうが良いのでは問題

最近はふるさと納税に関するニュースをよく目にしますが、気になったニュースがあったので紹介します。

スポンサーリンク

返礼品を寄付額の3割に抑えたら寄付が激減する現実

総務省からの通知により、返礼品を寄付額の3割以内に抑えた福島県広野町では、以前に比べて寄付額が20分の1に激減したそうです。

広野町では原発事故後の風評払拭のため、返礼品として農薬の量を減らした特別栽培米を用意し、2015年度は3万円の寄付で米60キロと味噌1キロをお返ししています。

今年度は1万円で20キロの米(返戻率52%)とし、寄付を募集した昨年7~9月だけで1,571件が集まったそうです。

しかし、昨年9月に総務省が返戻率が3割を超える自治体名を公表し、それから広野町では返戻率を3割以下となるようにしました。

返礼品はそのままで、寄付額を17,000円とすることで返戻率を3割以下に抑えたのです。

するとどうでしょう…

返戻率が3割以下となった10月~12月に集まった寄付は、なんと76件まで激減。

時期的なものでたまたまそうなったのかは分かりませんが、今年に入っても寄付は低調に推移しているようですから、おそらく返戻率を下げたことが大きく影響したのだと思われます。

これで良いのかふるさと納税?!

ルールを守った正直者が馬鹿を見る。今回の件は、まさしくこの言葉がピッタリ当てはまる出来事だったのではないでしょうか。

広野町の寄付金の用途は、米づくり農家の応援事業に充てられているそうです。しかし、寄付をしている人の多くは事業の応援ではなく、返礼品のお得さで寄付をしていたということが分かりますね。

今回の件は、日本人のケチくさい根性が非常に分かりやすく現れたものだと思います。子供には決められたルールをちゃんと守りましょうと教える人が多いはずなのに、実際はそれを教える大人が歪んた現実を作り上げています。

総務省が何度も通達しているルールを守らずに好き放題やっている自治体に寄付が集まり、ルールを守っている自治体の寄付が激減する。

ルールを守らないのはそれを罰するための法律がないからですよね。

「罰則がないからルールなんか守らず、自分たちの考えでやっています。いちいち外野が口を出さないでください」ということを、個人どころか自治体がやっているようでは、子供にどれだけまともな教育ができるのか…と疑問に思ってしまいます。

学則で髪を染めるのを禁止しているところは多いと思います。なぜ髪を染めるのかを合理的に説明できる人はいないと思いますが、先生は学生に対して「学則で決められているからダメなものはダメ!」と言います。

禁止する理由すら曖昧なものをルールだからダメと学生には押し付ける日本人が、大人になれば好き勝手にやっているとか一同大爆笑じゃないでしょうか。

ふるさと納税については「本来の意図に反する」という理由があるにもかかわらず…です。

某市長は「これまで某市を選び、寄付をしてくださった約300万人の”納税者”に失礼だ」と発言していますが、約300万人のなかに「納税(寄付)」を目的とした人が果たして何人いるんでしょうかね。

一度、某市も返戻率を3割以下に抑えてどれくらい「某市の取り組み」に賛同してくれる人がいるのか試してもらいたいものです。

まとめ

散々言っておいて何ですが、僕にはどうするのが最善の策なのかは分かりません。しかし、ふるさと納税の制度は明らかに歪んでいることだけは確かです。

返礼品を廃止する・しないは別として、もう少し根本的なところから制度を見直すように、大人がしっかりと考えていく必要があるのではないでしょうか。

おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする