【ふるさと納税】返礼品は廃止したほうが良いのでは問題

ふるさと納税をめぐって、大阪府泉佐野市が総務省に反発しているというニュースが話題になっていますね。…なっているのか?

個人的にはふるさと納税の制度に疑問を持っているので、泉佐野市側の意見にはあまり賛同できないと考えているクチです。

スポンサーリンク

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは「応援したい自治体に寄付ができ、寄付金が所得税・住民税の控除対象となる」制度です。

基本的には寄付した金額から2,000円を差し引いた金額が控除されるため、実質2,000円で目当ての特産品が手に入ることになります。

例えば、超高級牛肉が貰える自治体へ10,000円の寄付をした場合は8,000円が控除され、実質2,000円で超高級牛肉が貰えます。

泉佐野市の問題とは?

今回ニュースになっている泉佐野市では、返礼品の他にアマゾンのギフト券を贈るなどをしていたそうです。

以前から過剰な返礼品を用意する自治体が増え問題視されていましたが、たまたま泉佐野市に白羽の矢が立ったのでしょうか。

詳しい経緯は分かりませんが、他にも過剰な返礼品に該当する自治体があると思われるだけに、自分たちを名指しで非難されるのは心外なのかもしれません。

ふるさと納税の目的

総務省には、行き過ぎた自治体はふるさと納税の制度対象から外し、税制上の優遇措置を受けられないように規制する力があるようです。

とはいえ、その基準は曖昧なようですから、どこかを規制すれば「なぜ自分たちだけ」と反発されることでしょう。(子供か)

そもそも、ふるさと納税が導入された目的は、総務省のHPではこのように書かれています。

ふるさと納税で「地方創生」

地方で生まれ育ち都会に出てきた方には、誰でもふるさとへ恩返ししたい想いがあるのではないでしょうか。

育ててくれた、支えてくれた、一人前にしてくれた、ふるさとへ。都会で暮らすようになり、仕事に就き、納税し始めると、住んでいる自治体に納税することになります。

税制を通じてふるさとへ貢献する仕組みができないか。そのような想いのもと、「ふるさと納税」は導入されました。

総務省HP

また、ふるさと納税には三つの大きな意義があるとしています。

第一に、納税者が寄付先を選択する制度であり、選択するからこそ、その使われ方を考えるきっかけとなる制度でなること。それは、税に対する意識が高まり、納税の大切さを自分ごととしてとらえる貴重な機会になります。

第二に、生まれ故郷はもちろん、お世話になった地域に、これから応援したい地域へも力になれる制度であること。それは、人を育て、自然を守る、地方の環境を育む支援になります。

第三に、自治体が国民に取組をアピールすることでふるさと納税を呼びかけ、自治体間の競争が進むこと。それは、選んでもらうに相応しい、地域のあり方をあらためて考えるきっかけへとつながります。

総務省HP

ここから僕が重要だと感じるポイントは、「ふるさとへ貢献できる仕組み」「寄付金の使われ方を考えるきっかけとなること」「生まれ故郷・応援したい地域の力になれること」「自治体が取組をアピールし、選んでもらうに相応しい地域のあり方を考えるきっかけ」です。

しかし、現状のふるさと納税はこれらの目的をほとんど果たしていないのでは…と思います。

自治体と寄付する側の考え

これはあくまでも個人的な推測です。

自治体はふるさと納税の仕組みを利用して、多くの寄付金を集めたいと考えています。本来なら、寄付金を集めて「何をするのか」が最も重要なことだと思いますが、現状は「何を贈れば寄付してくれるのか」を重視しているのでは。

問題の泉佐野市のHPへアクセスしてみましたが、トップページに表示されるのが…

これですよ。

下にスクロールすると、「泉佐野市からのお知らせ」があり、その下には…

これです。

もはや、ふるさと納税は「返礼品をアピールする制度です!」と言っているようにしか思えません。

寄付金で何をするのかについては、さらに下にスクロールしたところと、メニューバーにリンクがあります。

メニューバー
HP下部

他の自治体までは見ていませんが、少なくとも泉佐野市では「選んでもらうに相応しい地域のあり方」をアピールしているようには思えず、おもいっきりモノで釣っているように感じます。

一方、寄付する側の考えはどうでしょうか。

言うまでもなく、多くの人は寄付金が「何に使われているか」よりも「お得な返礼品はどの自治体か」を重視していると思います。

なかには本来の目的に則って寄付されている方もおられるでしょうけど、割合は非常に少ないと思いますね。正直、みなさんもそう思うでしょ?

どれだけの人が自分の故郷、もしくは何か縁があって応援したいと思う自治体へ寄付しているのでしょうか。

また、そのほとんどが税控除される寄付金の使い方を真面目に考える人が、果たしてどれだけいるのでしょうか。

日本には寄付する習慣がないため、そのような人はほとんどいないと思います。

返礼品は廃止すれば良い

寄付とは本来、見返りを求めないものです。

しかし、ふるさと納税はそのほとんどが見返りのために行われているおかしな制度で、返礼品の割合を3割以下にするという規制すらおかしいと思います。

一般的な寄付でもいくらか税控除はされますので、それくらいはあっても良いかなとは思いますが、返礼品は要らないでしょう。

もし、それでふるさと納税額が大幅に減少するのであれば、日本人はそういう性格だということです。

日本人の性格が悪いという訳ではなく、これは習慣である以上なかなか改善するのは難しいでしょうね。

パッと思いつく改善策といえば、小さいころからお金は人の為に使うことで幸福感を得られるという教育をしていくことでしょうか。

小学校の授業で、将来の収入の一部は自分が素晴らしいと思う取組をしている自治体へ寄付しましょうと教えていけば、自然と寄付をする人が増えるのではないでしょうか。分かりませんけど。

現状の制度では「自分に大きなメリットがある」場合だけしか寄付をしない人を量産するだけだと思いますね。

ふるさと納税でいかに得をするかを自慢気に公開している人を見ると、自分はそうはしたくないな…と思わされます。

まとめ

「返礼品によって結果的に寄付金が集まり、自治体が活性化すれば良いじゃないか!要は結果が大事なのだよワトソン君。」という声もあるでしょう。(?)

でも、僕はそうは思いません。

結果は確かに大事ですが、今の制度はいずれ破綻する可能性が高いと思います。

時間は掛かるかもしれませんが、それよりも見返りを求めず寄付をするという習慣を根付かせるような政策を取るほうが、将来的に意義のあるものになると思います。

おしまい。

少し難しいですが、与えるものが(最大限の)幸福を得るという話があります。

お金はある程度あれば十分幸せになれる、そんなことを教えてくれる一冊です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. くー より:

    こんにちは。たまにブログ読ませて頂いています。投資や節約、お得な事が好きでいろいろやっていますがふるさと納税は何故か違和感がありした事がありませんでした。わかりやすくまとめられていて私も同じ様に思っていたんだな、、とわかって読んでいてすっきりしました。ありがとうございます。これからもたまにブログ読みますね。

    • hide より:

      コメントありがとうございます。
      お得感だけで考えれば制度を利用すれば良いと思いますが、本来の意図が寄付であることを考えると僕も利用する気になりません。
      だったら返礼品は受け取らずに寄付だけしろという声も挙がりそうですが、思い入れのある地域がなければ難しいですよね。笑
      今後も当ブログを宜しくお願い致します。何か知りたい情報などがあれば、お気軽にご質問くださいね。