【行動経済学】人はなぜギャンブルにハマるのか?!

行動経済学とは、なぜ人は最も合理的な判断ができずに、不合理な判断をしてしまうのかという点に着目した学問です。

心理学にも通じるものがあり、周りから見れば不合理な行動でも、本人はなぜかそのように行動しています。

人がギャンブルにハマることも、不合理にもかかわらずやめられない人が多いです。不合理な行動をしてしまう方が、人間臭くて面白いですけどね。

スポンサーリンク

サンクコストの過大視

サンクコストとは、日本語では埋没費用と表されます。

これまでに支出され、回収することができない費用のことを指し、人はサンクコストに関してもったいないと思う気持ちを強く感じます。

パチンコやスロット・競馬などをする人の多くは、負けが込んでくると途中で引き返せなくなり、一発逆転を狙おうとする傾向がありますね。

冷静に考えれば、負けていてもその時点で止める方がトータルの損失は抑えられる可能性が高いのは分かるでしょう。

しかし、人は冷静でいられないときに合理的な判断をすることは難しいです。

ギャンブルで負けている状況では、可能性が低いとは分かっていてもここから逆転できるかも知れないと考えます。

また、ここまでに使った金額を過剰に意識するために、このままおめおめと引き下がれないという心理にもなってしまいます。

もしこれだけお金を使って止めた後に、違う人が座った台が大連荘…

次のレースで狙おうと思っていた穴馬が大激走…

なんてことが起こったら、精神的ダメージが大きすぎます。

ただ、実際にはそんなこと滅多に起こらないし、結局はダメだと思った時点で引き上げるのが一番良い選択であることには違いありません。

まぁギャンブルをしないという選択が最も合理的なんですけど。笑

サンクコストの過大視に関しては、何も僕たちのような一般庶民だけが陥るものではありません。有能な人たちですら、同じように不合理な選択をしてしまうのです。

有名な話では、超音速旅客機「コンコルド」の開発があります。

コンコルドは、マッハ2.0という速度を出せるものの、通常より長い滑走路が必要なこと・ソニックブームの発生・高額な運賃などの問題がありました。

そのため、開発途中で採算が取れないことが判明したのですが、すでに巨額の投資をしていたために強引に開発を進め、損失を拡大させてしまったのです。

このような例から、サンクコストの過大視はコンコルド効果とも呼ばれます。

男がギャンブルにハマりやすい理由

全体的な傾向として、女性よりも男性の方がギャンブルにハマりやすいとされています。

それは、男性の方が不確実な結果に対して面白みを感じるからだそう。

勝てると分かっている勝負よりも、今回はどっちに転ぶか分からない、けどここで勝てたら俺スゲーッ!!となり、強い優越感を得ることができます。

心理学では連続強化と部分強化という言葉で説明されます。

簡単に言うと、連続強化とは毎回同じ結果が得られること・部分強化とはたまにしか結果が得られないことを言います。

サラリーマンなら、毎日会社で仕事をすれば毎月決まった日に給料が貰えます。これが連続強化ということになりますが、たいていの人はそこに面白みを感じませんよね。

ですが、結果がどうなるか分からないギャンブルで勝ったとき、それは部分強化であり依存しやすいことが実験でも分かっています。

パチンコやスロットで勝つときは、大連荘したということです。

そうすると、その高揚感や興奮によってドーパミンが分泌され、ドーパミンによって脳が快楽を学習します。

その後に負けると脳が快楽を求め、人はギャンブルから抜け出せなくなっていくんですね。

ドーパミンは女性よりも男性の方が多く分泌されるそうなので、男性の方がギャンブルにハマりやすいのは本能的なものなのかも知れません。

ギャンブルにハマらないようにするには?

日本人に限らず、人間は基本的にギャンブルが好きな生き物です。

ただし、日本ではパチンコ・スロットという特殊なギャンブルが存在し、それが全国に数多く存在しているうえ、ほぼ毎日のように営業しるので余計ギャンブルにハマりやすい環境にあります。

ギャンブル依存症が問題視されていますが、それを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

正直、こうすれば間違いなく効果がある!!というものは存在しないと思います。それくらい、ギャンブルへの依存は質の悪いものなんです。

個人的にギャンブルへの依存をなくすためには、個人がギャンブルの仕組みを理解することだと思っています。

ギャンブルの仕組みは基本的に胴元が儲かるように出来ており、プレイヤーがトータルで勝てるようにはなっていません。

ギャンブルの種類によっては抜け道はあるので、勝つことも可能です。しかし、それも仕組みをちゃんと理解した人でないと不可能です。

仕組みを理解したからと言って全員が勝てるわけでもありませんが、少なくとも勝てない勝負にムキになって、大事なお金をドブに捨てるような愚行に歯止めはかけられると思います。

まとめ

ギャンブルは適度な範囲であればストレス発散にもなり、あれこれ考えることも必要なのでいい刺激になるものです。しかし、度が過ぎると人生を狂わす凶器にも成り得ます。

ギャンブルに人生を支配されないためにも、それぞれがギャンブルについて知識を持っておくことが重要ではないでしょうか。

おしまい。

スロットが勝てない理由を解説しています。

スロットが勝てない絶対の理由。それでもあなたはスロットを打ちますか?
あなたはスロットで負け続け、悔しい思いをしていませんか? この記事を読めば、あなたは今後負けなくなるかも知れません。 (負けない...

競馬が勝てない理由を解説しています。

競馬が勝てない理由と勝つための方法
競馬で勝っている人は世の中にどれくらいいるかご存知ですか? 根拠は分かりませんが、参加者の約5%ほどだと言われています。 95%...

仮想通貨もギャンブルです。

仮想通貨で大儲けした人の末路(妄想)
みなさん、元気に仮想通貨買っていますか? 僕は一銭たりとも買っていません。2017年も残すところあと僅かですが、いつからかビットコイン...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする