【ゴージャグ】設定6でもハマるときはハマる

アイキャッチ設定判別

ジャグラーシリーズは設定確定演出がないため、どれだけ各設定の理論値に近い数値になろうと設定を断定することはできません。

バリバリの設定6挙動でも実際は設定4や設定5の上振れだった可能性もあるし、中間っぽい挙動でも設定6の下振れという可能性もある。

しかし、グレーのようなオフホワイトのような話ですが、そのホールの店員と仲良くなっていると、たまに後日設定をこっそり教えてくれることもあります。

そんなホールでゴージャグを設定6を打っていたときですが、とても設定6とは思えないような動きも多々ありました。

スポンサーリンク

引けないビッグ

ゴージャグはコイン持ちが悪い分、ボーナス確率はシリーズ屈指の軽さとなっています。

設定6ではビッグ・バケともに約1/240なので、高設定なら終日打てばビッグも付いてくる。いつまでもビッグが付いてこないのは中間以下だ!という持論を展開する方もいますね。

しかし、このときは序盤こそボーナスが軽く高設定に期待しながら打っていましたが、2000Gを超えた辺りからモミモミの展開が続き、4000G中盤を超えてから悲劇が訪れます。

なかなか連チャンしないうえに、ペカれどペカれどバケ、バケ、バケ。気付けばビッグを引いていないG数は1000Gを超え、なんとかキープしていた出玉もどんどん減っていきます。

ようやくビッグを引いたのはビッグ間で約1500Gハマってのこと。設定6だと教えてもらえたのは後日なので、打っているときは中間設定を疑わずにいられませんでした。

ビッグ確率は約1/240なので、6倍ちょいのハマりということですが、これが起こる確率は0.2%ほどだそうです。ビッグ525回に1回の割合ですよ。

とはいえ、ゴージャグは設定1でもビッグ確率は約1/269。ぶっちゃけ、設定1でもビッグ間1500Gもハマるのは稀です。その確率は約0.37%で、ビッグ267回に1回の割合です。

確かに設定1のほうが倍近い確率で起こりやすいとは言えますが、どちらにせよ個人で喰らうハマりとしてはそうそう簡単には起こらないレベルです。

ビッグ確率にはそこまで大きな設定差がないので、ゴージャグやアイムでビッグが引けない=高設定を否定するとは言えないですよね。

当たらないボーナス

ビッグ間ハマりを1500Gで抜けた後、高設定なら巻き返してくれるだろうと信じて回しました。回しました。回し続けました…すると、、、

800Gハマりました。

(*´ω`)ナンデヤネン

打っているときはさすがにここまでハマるとは思いませんでしたし、ここまで来ると設定6は厳しいと考えざるを得ません。高設定が入る場所としては割と自信はあったんですけど。

出玉は飲まれる寸前でなんとかビッグが引けましたが、この出玉壊滅の特化ゾーン中は約2300Gでビッグ2回・バケ7回というとんでもないデータなわけです。

ジャグラーで好挙動から下山するときにいつも思うんですが、設定1でももっと当たるやろ?というくらいウンともスンとも言わなくなるのが本当に不思議。お前…なんかプログラミングされてるな?ボソ

前半バケのヒキが強く、これでもバケ確率は高設定域だったため、半信半疑で出玉があるうちは粘ろうと打ち続けましたが、その後はやっぱり高設定あるやん?というくらいボーナスが引けましたね。

ただ、ビッグは終日通して弱く、約9000Gで32回(1/281)と設定1すら下回る結果に。バケは39回(1/230)と設定6を上回っており、まぁ設定4以上はあったんだろうと思える結果となりました。

で、後日店員が声を大にして「あの台は設定6でした」とこっそり教えてくれたのです。

なるほどなるほど、設定6でもダメなときは2000G回してもボーナス確率が1/200くらいになるのか…と良い勉強になりました。

ワイ「おい店員さん!嘘ついてないやろな?!」

引けないバケ

同じホールでゴージャグを打った別の日。

この日は夕方からしか参戦できず、打てるかどうか分からない状況でホールに着くと、例の店員が「今日もジャグラーは頑張ってます!」と言ってきたので、おそらく設定6が入っているんでしょう。

このホールはこれまでの営業ですっかり信用を失っており、特定日の夕方でも稼働はまばら。ジャグラーのシマを見に行くと、入るならここ!という台は朝から100Gも回されていない状態で空き台に。

周囲にかなり良い感じに出ている台もありましたが、そこに入るのか?というところだったので、中間のまぐれ噴きと推測し、僕は全然回されていない台で勝負します。

これが「お前、ゴージャグか?」というくらいブドウの落ちが良く、開始からサクッとビッグ・ビッグ・バケと好調な出だし。

しかし、次の当たりがいきなり300Gを超え、その後も連チャンらしい連チャンはなく1000Gを消化すると、ここまでビッグ6回・バケ1回というとても高設定には見えないデータとなりました。

とはいえ、ブドウはゴージャグを打っていて見たことのない約1/6.1という数値に。当然、たった1000Gなので信用するには試行が少ないし、ブドウを最重要視するわけでもありません。

でも高設定に期待ができる日に高設定が期待できる台でここまでブドウが良いと、多少なりとも続行する要素として考えてもいいでしょう。

いやいや、1000Gでバケ1回とか設定6じゃそうそう起こるもんじゃないし、それは都合よく考えすぎだろう?と思われるかもしれません。

でもね、僕は少し前に(店員が嘘をついていなければ)設定6のゴージャグで、ビッグ間1500Gもハマったわけですよ。

ゴージャグの設定6はビッグもバケも同じ確率ですから、これくらいバケが引けなくても何ら不思議ではない。いや、本音ではこんなハマりがポンポン起こるとは思いたくはないんですけど。

幸い、ビッグは確率以上に引けて出玉はあるし、もう少し打ってバケが引けない&ブドウも落ちないようなら諦めましょう。

と思って打ち続けたところ、今度はストレートで600Gハマりを喰らいます…(*´ω`)オイ

1000G手前からのハマりだったので、通算では約1500Gでビッグ6回・バケ2回とボーナス確率的にはかなり厳しい数値に。

ただ、ブドウは相変わらずマイジャグレベルに引けています。そのおかげで、これだけ酷いボーナス確率でもプラスなんですよ。

さすがに今回は厳しいかなぁと思いつつも、飲まれるまでは続行としたところ、台の挙動が急変します。

2回目のバケを引いてからは、あれよあれよとボーナスが引けるようになり、余裕の設定1以下だったボーナス確率も2000Gを迎えるまでに中間程度に回復。

そして、その勢いは止まらず2300Gの時点でビッグ10回・バケ10回にまで育ち、ビッグ・バケともにまさかの設定6以上というデータになりました。お前…なんかプログラミングされてるな?ボソ

その後、少し回して知り合いに譲りましたが、すぐに当たって1000枚ほど出たそうです。まぁ出たのは良かったですが、なぜ僕は出だしにあれだけ苦労したのに、チミはそんなあっさり出せるのか…

後日、店員からあの台が設定6だったと教えてもらいましたが、「最初全然出てないからビックリしましたよ」と言われました。

ちなみに、他にポンポン当たっていた台は中間でもなく「設定2」だったそうで、3000G以上回って僕が打っていた設定6の台より設定6らしいデータになっていました。

まとめ

ゴージャグはジャグラーのなかでもボーナス確率が軽く、2~3000Gくらいなら低設定でも高設定のような当たり方をします。逆に、設定6でも一時的には設定1を大幅に下回るような確率でしか当たらないこともあります。

それも後で設定を聞けるという貴重なケースだからこそ分かることで、実際に打っているときは目の前の数値で設定を推測することは不可能だなと改めて思わされる出来事でもありましたね。

また、どれだけホールのデータを取っていても、設定6以上に当たっている台が本当に設定6かどうかも分かりません。

過去の傾向からこの日はこの台に設定6が入る!と思っているその台は、もしかしたら設定4でしかない可能性も十分ある。

設定4か設定5を散らしておけば勝手に設定6のような台になるなら、ホールは設定6を使う必要もなくなります。

要は、ジャグラーはどれだけ設定を推測したところで、設定を判別することはできないってことです。

もうね、僕は設定6を使っているという情報を店側から聞けない限り、ジャグラーは怖くて打てません…打つけど。

コメント