Googleアカウントを使って電話帳を移行する方法とLINEのデータ移行方法

スマホ代を節約するには格安SIMに乗り換えることが効果的です。

ただ、端末を新しく購入することを検討している場合、電話帳やLINEの移行などを自分でやらなければなりません。

今までは店舗でやってもらっていたと思いますが、格安SIMに乗り換えるときにちゃんとできるのかどうかが不安に感じるかもしれません。

でも、電話帳の移行などはとても簡単にできるので、心配する必要はありませんよ。

スポンサーリンク

Googleアカウントを使って電話帳を移行する

電話帳を移行するにはいくつか方法がありますが、僕が最も簡単だと思うのは「Googleアカウント」を利用する方法です。

手順はとても簡単。

  1. 現在の端末で電話帳とGoogleアカウントを同期する
  2. 新しい端末で電話帳を同期する

はい、たったこれだけです。

では、その方法を具体的に解説していきますが、Googleアカウントをお持ちでない方は、先にGoogleアカウントの取得をしてください。

ユーザー名がGmailアドレスにもなるので、忘れないようにしましょう。

現在の端末で電話帳とGoogleアカウントを同期する

同期の方法はOSや機種によって若干違いますが、まずはiPhoneで同期する方法を紹介します。

iPhoneの同期方法

設定」から「パスワードとアカウント」を選択します。

続いて、「アカウントを追加」を選択。

続いて、「Google」を選択し、ユーザー名とパスワードを入力すると、同期したい項目が出てくるので、「連絡先」にチェックを入れて保存します。

これで同期は完了。このデータはWeb上に保存されているので、他の端末やパソコンからでGoogleアカウントにログインすることで、データが共有できます。

androidの同期方法

Androidは機種によって画面が違う可能性もありますが、ここでは僕が利用しているarrows 03の画面で説明します。

まずは「設定」→「端末管理」を選択。

続いて、「アカウント」から「Google」を選択。

最後に、「連絡先」をチェックして完了です。

これでGoogleアカウントに連絡先のデータが保存されたので、違う端末からでもログインすれば共有することができます。

新しい端末に電話帳を同期する

同じ要領で新しい端末に同期をすれば、連絡先は自動的に新しい端末で利用できるようになります。

同じ要領で画像などの同期もできますし、やり方を覚えておけば今後も役に立つと思います。

LINEの移行方法

LINEの移行方法は、公式サイトにも記載されていますが、要点をまとめると以下のようになります。

  1. 引き継ぎ前にメールアドレス・パスワード・電話番号の登録をする
  2. LINEの「アカウント引き継ぎ」をONにする
  3. 36時間以内に新しい端末で引き継ぎの設定を行う

バージョンが変わると引継方法も変わる可能性があるため、公式サイトで最新の情報を確認してください。

まとめ

電話帳やLINEを移行するのは簡単にできるはずです。

これまでやったことのない作業に不安を覚えるのは仕方ありませんが、それを理由にスマホ代の節約を諦めるのはもったいないですよね。

僕はほとんど人は格安SIMで十分事足りると思っています。

ほとんどの人は格安SIMに乗り換えるほうが良い

乗り換えるだけで月数千円、年間で数万円もの差が出るのがスマホです。

スマホ代が高いと感じているのなら、早く乗り換えるほど自分にとってもメリットが大きいのは間違いありません。

おしまい。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 詳しい説明ありがとう!iPhone使っていたが、現在Androidのスマホに乗り換えたいので連絡先の移行方法を学んで来た。

    • hide より:

      コメントありがとうございます。
      分かってしまえば簡単な操作ですし、何でも調べられる良い時代になりましたね。