Google XML Sitemapsの使い方

アイキャッチブログ運営

Google XML Sitemapsは、XML形式のサイトマップを簡単に生成できるプラグインです。

サイトマップを作成すると、Googleのクローラーがサイトを巡回しやすくなり、結果として高評価に繋がるとされています。

ぶっちゃけ、僕はたしいて知識がないので、XML形式とか何のことかわかりませんが、このプラグインなら僕でも簡単に設定ができました。

ここでは、Google XML Sitemapsの使い方を紹介していきます。

スポンサーリンク

Google XML Sitemapsをインストールして有効化する

基本的にプラグインは公式サイトでダウンロードしてWPでアップロードするか、WPでインストールして使用します。

WPでインストールするケースが多いと思うので、まずは管理画面の「プラグイン」→「新規追加」へ進みます。

Google XML Sitemapsをインストールして有効化する

右上に「Google XML Sitemaps」と入力し、表示された該当プラグインを「インストール」した後に「有効化」します。画像のように有効となればオッケーです。

なお、この設定では「Google search Console」へ登録する必要があるので、まだ登録していない方は先にGoogle search Consoleの登録を済ませてください。

Google XML Sitemapsの設定(簡易版)

まず、ややこしいことはいいから設定の仕方だけ教えてくれ!という方のために、どこをどう設定すればいいかを箇条書きしていきます。

  • 「管理画面」→「設定」→「XML Sitemap」へ
  • 「基本的な設定」→上3つにチェック
  • 「高度な設定」→変更不要
  • 「投稿の優先順位」→優先順位を自動的に計算しないを選択
  • 「Sitemap コンテンツ」→ホームページ投稿(個別記事)を含めるカテゴリーを含める最終更新時刻を含めるにチェック
  • 「除外されたアイテム」→変更不要
  • 「周波数を変更する」→Sitemap コンテンツでチェックした項目を「毎日」に変更
  • 「優先順位の設定」→Sitemap コンテンツでチェックした項目を「1.0」に、それ以外は優先度に合わせて変更

以上が最低限やっておけばいい設定です。

この後、Google search Consoleでサイトマップの登録をしていきます。

Google XML Sitemapsの設定(画像付)

では、画像付きでもう少し詳しく紹介していきます。

まず、管理画面の「設定」→「XML-Sitemap」に進みます。

サイトマップを選択

続いて、「基本的な設定」と「高度な設定」を行いますが、基本的な設定のチェックボックスは3つともチェックしておきます。

高度な設定」については、素人が触る必要はないと思います。デフォルトの状態でオッケー

サイトマップの設定をする

続いて、「投稿の優先順位」では優先順位を自動的に計算しないを選択します。

優先順位の決め方

これを選択しておくと、後半で自分の好きなように優先順位を設定できるようになります。意味がわからなくてもとりあえずこのまま進みましょう。

少し下へスクロールし、「sitemapコンテンツ」の項目で、サイトマップに載せるページを設定します。

コンテンツに関する重要なページだけチェックを入れることで、クローラーに効率よく巡回してもらい、SEO対策につながるとのことです。

sitemapコンテンツの設定をする

ここではホームページ投稿(個別記事)を含めるカテゴリーページを含める最終更新時刻を含めるにチェックを入れておきます。

この下にある「除外されたアイテム」は何もしなくていいです。

続いて、「周波数を変更する」では、クローラーへ更新を伝える頻度を設定します。

周波数の設定をする

ここではホームページ・投稿・カテゴリー別・今月のアーカイブを「毎日」としておきます。

ただ、メモにも書かれているように、これが絶対というものではないようなので、どう設定するのが正解かはわからないといったところでしょうか。

続いて、「優先順位の設定」で、優先順位をつけていきます。

優先順位の設定をする

先ほどの「Sitemap コンテンツ」でチェックをつけなかった項目は、優先順位を低くしてもいいようです。

Sitemap コンテンツでチェックした項目は「1.0」で設定しておけばいいと思います。細かい数値の設定でどれだけ違うのかはわかりません。

すべての項目を設定し終えたら「設定を更新」をクリックし、設定を保存しておきましょう。

なお、この後にGoogle Search Consoleへサイトマップの登録を行います。

ここで作成したサイトマップのURLが必要になりますが、XML Sitemap設定画面にURLが記載されているので、確認しておいてください。

サイトマップのURL

Google Search Consoleにサイトマップを登録する

サイトマップの登録方法は簡単。

Google Search Consoleにログインし、「サイトマップ」→「新しいサイトマップの追加」で先ほどのURLを入力し、「送信」をクリックするだけで完了です。

サイトマップをサーチコンソールに登録

ステータス」が成功しましたとなればオッケーです。

まとめ

初心者には(僕も)わけがわからない設定ですが、とりあえず難しい作業ではないので、これでサイトの評価がちゃんとされるのであれば設定しておきたいですね。

複雑な設定は詳しい人しか意味がわからないと思うし、最初のうちは気にしなくてもいいかと思います。

いずれ知識がついてきたらあーだこーだ設定するのもいいでしょう。まぁ僕にそんな日が来るとは思いませんけどね。

こちらの記事でブログ初心者におすすめのプラグインを紹介しています。

【ブログ初心者向け】プラグインのおすすめ12選
ブログ初心者には自分でサイトをカスタマイズするのは難しいことです。しかし、プラグインを使えば便利な機能が簡単に使えるようになり、ブログの運営にとても役立つでしょう。ここでは初心者におすすめの12のプラグインを紹介します。

コメント