ハービンジャー産駒の特徴と狙い目

アイキャッチ血統・種牡馬

※重要なお知らせ

諸事情により画像データが消えてしまいました。読みづらいところがあるかと思いますが、現在復旧中ですのでご勘弁。

今回はハービンジャー産駒の特徴について紹介します。

ハービンジャーはイギリスの競走馬で、伝統のG1キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬。

代表産駒はマイルCSを制したペルシアンナイト・エリザベス女王杯を制したモズカッチャン・秋華賞を制したディアドラなど。いずれも京都競馬場で行われたレースで、当時は雨の影響が強く残った力の要るタフな馬場でした。

ハービンジャー自身、欧州のタフな芝で走っていたことからそのような産駒が出ることは想定内ですね。ダンチヒ系なので日本のスピード競馬にもある程度対応できているのかも知れません。

スポンサーリンク

ハービンジャー産駒の特徴

ハービンジャー産駒がデビューしてから2018年3月18日までの、単勝100倍以内の成績を分析してみます。

まず、最初に知っておきたいのはハービンジャーは芝血統であり、ダートでは基本的に狙えないということ。ダートでは穴をあけることも少ないし、人気馬の信頼度も高いとは言えないです。

とくに人気馬で母父が米国型以外、内枠などの条件なら喜んで消しましょう。来たら来たで仕方ないと割り切ったほうがトータルでは良い結果に繋がります。

揉まれ弱いと言われるハービンジャー産駒ですが、一概に外枠の回収率が高いというわけでもありません。

使い込まれてストレスがあるときの内枠は危なそうですが、休み明けや前走凡走しているときなどは、内枠でもそこまで気にしなくても良いかと思います。

競馬場別では、平坦なコースより坂のあるコース、小回りコースより広いコースで回収率が高くなっています。ただ、2017年秋の京都競馬場では坂のないコースでもハービンジャー産駒が大暴れしました。

このときは雨が多く京都競馬場にしては非常にタフな馬場となり、普段の軽いスピードが求められない馬場になっていました。結果、ディープ産駒がまったく走らず、ハービンジャー産駒がG1を立て続けに勝つことに。

一概に競馬場ごとで得意・不得意を考えるより、ハービンジャー産駒が穴をあけるときは馬場がタフになっている可能性があり、そういったときは続けて好走するケースがあるので注目です。

また、前走から距離短縮となるレースよりも、距離延長となるレースのほうが穴をあけることが多いです。

これはハービンジャー産駒は序盤から流れが速くなるレースを苦手としているため、前走より流れが速くなりやすい短縮では追走に苦労するから。逆に、延長だと前半が緩くなりやすいため、力を発揮しやすくなるということです。

ただ、一時期ハービンジャー産駒の短縮馬がよく穴をあけることがあり、短縮馬について調べてみたところ、少しだけ特徴的なことがあったので紹介しておきます。

短縮馬の取捨

短縮馬の取捨で参考になりそうなポイントは、母父にありそうです。

成績が良いのは母父サンデーサイレンス・ヴァイスリージェント系・フォーティナイナー系。これらは前向きな気性を伝える傾向があり、前走より流れが速くなるレースにも対応しやすい系統です。

逆に、緩い流れを好む欧州型のノーザンダンサー系やロベルト系はパッとしません。さらに、Pサンデー系の中では母父アグネスタキオンの成績が悪い。

アグネスタキオンはハービンジャーと似た特徴を持つ種牡馬で、少頭数・外枠・延長ローテを好むタイプ。つまり、母父もハービンジャーと同じタイプだと短縮は苦手になりやすいということです。

Pサンデー系でも母父フジキセキは悪くなく、その他の母父でも短縮に向く血統かどうかをチェックしておくと、取捨の判断になるかと思います。

まとめ

ハービンジャー産駒は日本の軽い馬場で切れ味勝負になるとサンデー系に敵いません。しかし、雨が降るなどして馬場がタフになった場合、サンデー系を凌駕するパフォーマンスを発揮します。

そのときは血統の凄さを思い知らされるようにまとめて走ることがあるので、その瞬間を逃さず馬券に活かしたいですね。

オルフェーブル産駒の特徴と狙い方
現役時代のオルフェーヴルは、阪神大賞典の逸走や天皇賞(春)で凡走する脆さを見せたり、凱旋門賞では2年連続2着になったり引退レースをぶっちぎったり、とにかくヤンチャな印象が強いですね。そんなオルフェーヴルの産駒は、いったいどんな特徴...
ロードカナロア産駒の特徴と狙い方
ロードカナロアは現役時代、短距離戦で世界を制した名馬です。キングカメハメハの後継種牡馬として期待されましたが、その期待通りに初年度から三冠牝馬アーモンドアイを輩出。コンスタントに活躍馬を出し、リーディング争いの常連になることは間違...

コメント