【当たるのに勝てない?】競馬の的中率と回収率の関係性

アイキャッチ競馬

馬券を購入する以上、当てたいと思うのが当然の心理だと思います。そもそも、競馬で勝つためには馬券が当たらなければ不可能ですからね。

しかし、世の中にはよく馬券は的中しているのに勝てない人もいるのです。なぜ、そのような摩訶不思議なことが起こるのでしょうか?

ここでは競馬の的中率と回収率の関係性についてお話していきます。

スポンサーリンク

的中率とは

的中率とは、購入したレース数に対して的中したレース数の割合を言います。3レース購入し、1レース的中すれば的中率は33%ですね。

的中率の上限は100%で、的中率100%は誰でも達成できます。なぜなら、単勝全通りを買えば必ずどれかが当たりますから。

では、なぜみんなそうしないのか?

それは、単勝全通りを買っても勝てないからです。

その理由まで理解している人がどれだけいるかわかりませんが、多くの人は直感的に全通り買っても勝てないことはわかっているでしょう。

全通り買っても勝てない理由は、競馬には控除率が存在するからです。

控除率があることによって、全通り買っても長期的には控除率を差し引いた約80%(単勝・複勝の場合)しか返ってきません。

また、競馬では的中率とは別に、回収率という言葉もよく使われます。

回収率とは

回収率とは、購入した金額に対して、回収した金額の割合です。

例えば、馬券を5,000円買って4,000円の払い出しがあった場合、回収率は80%ということです。もしこれが5レース中4レースで馬券が的中したものとすれば、的中率も80%ですね。

的中率80%は、かなりの好成績と言えるでしょう。しかし、回収率が80%=100%以下であれば、馬券の収支はマイナスです。

つまり、競馬で勝つためには高い的中率よりも高い回収率が必要ということですね。とはいえ、的中率を上げることは簡単ですが、回収率を上げるのはとても難しいのが現実です。

回収率を上げるにはどうすればいい?

馬券収支をプラスにするには、回収率が100%を超えなければなりません。では、回収率を上げるためにはどうすればいいのか?

先ほどの高的中率・低回収率になるような買い方は、基本的に人気馬ばかり買っていることになります。人気薄は好走率が低いため、そんな頻繁に当たりません。

しかし、回収率を上げるためには人気馬よりも人気薄を狙う必要があり、そうすると的中率が下がってしまいます。

言い換えると、的中率と回収率は相反するということです。

的中率と回収率は相反する

ある5年間、単勝2倍・5倍・10倍の馬を買い続けたときの結果は、以下のようになりました。

単勝勝率単勝回収率
2倍35.8%71%
5倍14.6%73%
10倍8.0%79%

オッズが低い人気馬は、多くの人が強いと思っている馬です。実際、勝率は高く、単勝2倍なら3回に1回は勝っています。しかし、回収率は低いですね。

逆に、オッズの高い人気薄は、勝率は低いのに回収率は高くなっています。この場合、いずれにせよ回収率は100%以下なので、収支はマイナスになります。

しかし、ここで重要なポイントは、みんなが強いと思っている人気馬を買って3回に1回当てるより、12回に1回しか当たらない馬を買うほうが負けなかったということ。

回収率ではわずか8%の差でしかないと思うかもしれませんが、率ベースでは金額が増えるほど勝ち負けの金額も比例して増えていくことになります。

1,000円しか買っていないときには影響は小さいですが、競馬を続けていると合計で10万円・100万円と馬券を購入していることになります。

そうすると、数%の回収率の違いが大きな金額となって表れるのは言うまでもありません。そのため、8%という数字は見た目以上に馬券収支に大きな影響があるのです

このように、競馬で勝つためには的中率(勝率)と回収率は相反するものであるということを理解しておく必要があり、当たりにくい人気薄を買うほうが馬券では勝ちやすいという複雑な仕組みなっているんですね。

人気薄が勝ちやすい理由

では、なぜ人気馬よりも人気薄のほうが勝ちやすいのでしょうか?さきほどのオッズでプラス収支にするには、以下の的中率が必要になります。※()内は実際の的中率

  • 単勝2倍…50.1%以上(35.8%)
  • 単勝5倍…20.1%以上(14.6%)
  • 単勝10倍…10.1%以上(8.0%)

実際の的中率(勝率)はこれらを下回っているので、その差を計算すると、本来の的中率よりどれくらい高い精度で当てる必要があるかがわかります。

単勝2倍の馬は、的中率が35.8%です。

しかし、単勝2倍でプラスにするには50.1%以上の的中率が必要で、50.1%を35.8%で割ると、1.39となります。

つまり、単勝2倍の馬を買ってプラスにするためには、本来の勝率より1.39倍ほど精度の高い予想をしなければ勝てません。

対して、10倍の馬はどうでしょうか。

勝率は8.0%で、プラスにするには10.1%以上の的中率が必要になり、この場合は本来の勝率よりも1.26倍の精度で的中させる必要があります。

わずかですが、単勝2倍の馬に比べると余裕ができましたね。

人気薄の方がプラスにしやすい理由の一つに、本来の勝率に近い的中率しか求められないということが挙げられます。

そうなる理由は、おそらく人気馬は初心者の投票が多くなりがちなこと(過剰人気)、競馬ではさまざまなアクシデントが起こるため、強い馬が勝つとは限らないことなどが関係しているからです。

人気馬は的中したときのリターンが低い。ということは、ひとつのミスが収支に影響を与えやすく、高確率で当て続けないといけないわけです。

にもかかわらず、競馬はさまざまなアクシデントが起こるわけですから、人気馬を買うのは割に合わないと言えるでしょう。

ただし、あまりにも人気薄の馬では逆に回収率は低くなる傾向もあります。なぜなら、そこには根本的に能力の足りない弱い馬も多く含まれるからです。

それでも大穴馬券を夢見て超人気薄を根拠なく買う人や、総流しで買われることがあるため、弱い馬もある意味では過剰人気になりやすいということですね。

人気馬でも、馬券で勝てないという訳ではありません。しかし、人気馬を中心に買って勝つためには、人よりも(圧倒的に)優れた精度の高い予想力と、馬券の買い方が要求されるということです。

競馬の収支は長期的なスパンで考える

競馬は多くの人が勝てないものですが、世の中には勝っている人が一定数いることも事実です。その勝てる人と勝てない人の違いは、いったいどこにあるのでしょうか?

一部例外はありますが、基本的に勝っている人というのは、目の前のレースの結果を重視しておらず、数ヶ月または年単位での結果をみて行動しています。

一部例外とは、ミラクルおじさんのようにあるレースで大勝負をして大勝ちし、そのまま勝ち逃げするような人です。ミラクルおじさんが勝ち逃げしたかどうかは知りませんけど。

短期的思考の危険性

短期的思考とは、目の前のレースの結果に一喜一憂し、馬券がはずれるとすぐにカッとなってしまうようなことです。

例えば、メインレースで絶対の自信を持っていた馬が、4角大外ぶん回しでクビ差届かず馬券がはずれたとき。まともに乗っていれば大勝できたとなると、怒り心頭の人もいるでしょう。

その怒りが収まらず、はずれた分を取り返そうと買うつもりのなかった最終レースにまで手を出して…

どや顔

大当たりの大逆転勝利!

なんてこともあるでしょう。しかし、実際にはほとんどの場合で最終レースもはずれ、負債を増やす結果になります。

この場合、最終レースが当たったかどうかという結果はさほど重要ではありません。問題なのは、負けているからといって目の前のレースを当てれば逆転できるという発想そのものです。

こういった考え方をしていると、冷静な判断できなくなる可能性が高く、ズルズルと負け組に向けて全力疾走してしまいます。まぁたまには逆転勝利をすることもあるでしょう。

でも、気付いてください。

それ以上に使っているお金のほうが遥かに多いという紛れもない現実に!

短期的思考は胴元の思うツボ!

競馬で最終レースに大逆転勝利をしたり、パチンコやスロットで最後の1,000円から大連チャンしたとき、多くの人はこう思うでしょう。

ギャンブラー
これがあるからやめられまへんなッ!

きっと、そのときのあなたはウハウハの有頂天かと思います。

しかし、そんなことは滅多に起こりませんし、普段ははずれてばっかりいるのが事実です。

にもかかわらず、良かったときの記憶は強く残るため、散々当たらなかったときの記憶はまるでなかったことのように忘れさられます

その結果、今回も最終レースで大逆転を!最後の1,000円で爆発するはず!と、起こる可能性が低いものに手を出してしまうんですね。

あなたがたまに一発大逆転をして「これがあるからやめられまへん!」とウハウハしているその裏では、胴元はこのように思っているのです。

オーナー
こんなカモがおるからやめられまへんのぅ!ウホウホ

ビギナーズラックはアンラッキー?!

競馬やギャンブルでは、初心者が勝ったときにビギナーズラックという言葉がよく使われます。しかし、これも短期的な考えではたしかにラッキーですが、個人的にはアンラッキーではないかと思うのです。

その理由は、適当な買い方で万馬券が当たってしまうと、自分には才能があるんじゃないかと勘違いしたり、的中したときの高揚感が忘れられずにドはまりしてしまう可能性があるからです。

ただ適当に買って的中した万馬券には、再現性がありません。再現性がないということは、そのあと馬券を買ったところで勝てる可能性もほとんどないということです。

名前は控えますが、某グラビアアイドルがG1で超高配当を的中させたと話題になったことがありますが、馬券購入の決め手は勘だそうです。

超高配当が当たったぶん、簡単にはマイナス域になることはないと思いますが、このままではJRAに返金し続けることになるでしょうね。

日本ではギャンブル依存症が問題になっていますが、これも一時的に大勝ちしたときの高揚感が忘れらないことによって起こるものです。

それを避けるためには、目の前の出来事に一喜一憂することなく、長期的なスパンで結果を考えることが重要なのです。

とはいえ、なにも当たっても喜ぶなと言っているわけではありません。当たったときは素直に喜べばいいし、万馬券を自慢してもいいでしょう(うざがられるけど)。

しかし、それはそれ。長期的にはいずれ馬券がまったく当たらない時期が来るので、大勝ちしたからと気を抜いていると、あっという間にマイナスになってしまいますよ。

競馬でまったく当たらないスランプがきたらどうする?!
競馬をしていると誰しもぶち当たる壁。それが、予想が全く当たらなくなるスランプです。同じような視点で予想しているにも関わらず、なぜか当たらない…今回は、その原因と対策を考えていこうと思います。

まとめ

馬券はよく当たっているのになぜか勝てない…という人は、人気馬ばかり買っているということです。

その場合、もう少し人気のない馬を選ぶようにすると、的中率は下がっても回収率は改善される可能性は高いでしょう。

ただし、的中率と回収率は相反する関係になりますが、回収率のみ求めるのも得策とは言えません。あまりにも的中率が低ければ、軍資金がなくなるリスクがあるからです

軍資金が無限にあるならば、三連単やWIN5で年に一回的中すればプラスになるような買い方もアリかも知れませんが、そのような人はほとんどいません。

仮に、それで勝てたとしても、ほとんど当たらないと面白くないですよね。

かと言って、的中させたいからと人気馬ばかり買っていると、相当の予想力がなければじわじわと軍資金が減っていくのが競馬の仕組みです。

的中率と回収率のバランス、これを考えるのは非常に難しいですが、競馬で勝つためにはこのポイントを理解し、克服していく必要があることを理解しましょう。

軍資金が少ないときの馬券の買い方を考える
競馬は資金力のある者が圧倒的に有利なゲームです。私を含め、一般的な競馬ファンは1レースに使える金額はそう多くないでしょう。それでも限られた資金で楽しむにはどうすればいいのか。今回は軍資金が少ないときに、どのように馬券を買うのが効率的なのかを考えていきたいと思います。

コメント