天からの素晴らしいアイデアを受け取れる人と受け取れない人

先日、友人の女性と食事をしているときに、お金に関する話をすることがありました。

彼女はお金に関してはどちらかと言うと保守的なタイプで、よく言えば堅実、悪く言えばケチとも言える感じです。(し、失礼)

僕との会話ではお金のことが好きだと言っていましたが、おそらく同性の友人らと会話するときにそんな発言はしていないでしょう。

日本人はお金に関して腹を割って話をすることが少ないですから、彼女も友人たちには自身の貯蓄額を控えめに言っているそうです。

スポンサーリンク

お金が好きなことは真っ当な感覚だが

僕にお金のことが好きだと言ったときのトーンは、少し開き直ったかのような感じでした。お金のことが好きなんて公言したら引かれるかも…という思いが少しあったんでしょうか。

お金は大事にしなければならないものですし、お金が嫌いな人なんていないはずですから何もおかしな発言ではないんですけどね。

ただ、一つ気になったのは、彼女はお金のことが好きだと言いつつもお金については何も知らないということでした。いわゆる金融リテラシーの低いタイプです。

お金が好きなのは結構なことですが、お金の知識がない人がそういうことを言うとカネの亡者と思われかねません。

お金に支配される人

彼女は実家暮らしで生活費はほとんどかからず、そのおかげで年齢のわりには大きな資産(貯蓄)を蓄えていますが、税金・車・保険・投資などに関しての知識は全くありません。

車は親のもの、保険も祖母が掛けてくれている(契約内容はもちろん把握しておらず)状態で、おそらく環境によっては全く貯蓄ができず、お金に苦労する生活をするハメになっていた可能性もあったと感じます。

何より、お金の知識がないことによって、いくら貯蓄があっても将来の不安が拭えない状況にすでに陥っている、典型的なお金に支配されるタイプでした。

僕が彼女の資産と収入があれば、あと10~20年もあれば経済的自由を得られる気しかしないですけどね。

投資について説明はしたけど…

彼女はさすがに銀行に預けているだけではどうなのかと思っているようですが、投資をするにも勉強しなければ分からないし、勉強しようにも難しくて手が進まないと言っていました。

少し話を聞いてみると、彼女もやはり株式投資は株価が上がった下がったで損益が出る短期売買のイメージを持っています。

老婆心ながら、本来の株式投資は長期的にするものであって、世界的に見れば経済は成長を続けるから世界もしくは米国に投資し続けるだけで難しいことは考える必要はないとアドバイスをしておきました。

S&P500ならそれだけで分散もできるし、大事なのは短期的に株価が下がっても決して売らないこと、そして投資を継続すること。

投資の世界で言うリスクでは株式のリスクは大きいけど、長期的に見れば株式のリターンはマイナスにはなっていないことから、危険性という意味のリスクでは低くなること。長期的に投資を継続していけば、将来的に得られる配当金も大きくなること。

どれだけ株式投資は思っているほど怖いものではないと言ったところで、話を聞いているだけではほとんど理解できないことは承知しています。

なので、とりあえずやってみれば分かる。実際に投資に触れることで机上で勉強するよりも遥に早く理解できると伝えました。

さすがに投資を強要することはできませんから、始めるかどうか後は自分次第ということで話は切り上げましたが、彼女の反応を見る限り始めない可能性が高いかな…と思いましたね。

米国株や世界全体に投資をしておけば、将来的に大きな資産を築ける可能性があるのは米国株投資家なら誰もが同意できるものだと思いますが、やはり一般的には全く理解が得られないものなんだなとも思いましたね。ぼ、僕の説明が下手なだけだったのか!?

異論は認め…る。

また、この状況は以前読んだ「仕事は楽しいかね?」という書籍に出てきた話に通じるところがあるなと感じたこともありました。

もし宇宙が信じられないような素晴らしいアイデアをくれるとして、きみはそれにふさわしいかね?

仕事は楽しいかね?」では、ふとしたことから大ヒット商品を作り出した例が挙げられています。そのひとつが、コカ・コーラです。

コカ・コーラが誕生したきっかけは、薬屋で働く従業員がシロップ状の頭痛薬を水を割って飲んでいたところをオーナーであるジョン・ペンバートンが興味をもち、炭酸水で割っても美味しかったことがきっかけと言われています。(所説ありますが)

コカ・コーラはもともとそれ自体を作ろうと開発されたわけではなく、偶然の産物から生まれた商品だったということです。

ひょんなことからコカ・コーラを生み出したジョン・ペンバートンは、ものすごい幸運の持ち主なのかも知れませんね。

チャンスは誰にでもある

しかし、もしあなたがオーナーで従業員が勝手に頭痛薬を水で割って飲んでいたところを発見したとしたら、あなたはどのような行動を取るでしょうか?

真面目な人であるほど、勝手なことをするなと従業員を叱るかも知れません。すると、世紀の大ヒット商品であるコカ・コーラは誕生しなかったことになります。

このとき従業員が勝手に頭痛薬を水で割って飲んでいたことは、宇宙からの素晴らしいアイデアの一つだったのです。

決してジョン・ペンバートンが幸運だったわけではありません。

多くの人は目の前に素晴らしいアイデアがあっても、それに気付くことができずに通り過ぎてしまいます。そして成功者を見てはラッキーな人だなと思ってしまうのです。

もしかしたら、あなたにもこれまで幾度となく宇宙からの素晴らしいアイデアが舞い降りていたのかも知れません。

長期投資も素晴らしいアイデアの一つ

長期投資で資産を築いている人も素晴らしいアイデアに気付いた人であり、決して運が良かったわけではありません。

自分で言うのもなんですが、周りに米国株への長期投資を推奨していることは素晴らしいアイデアを提供していると僕は思っています。

…自意識過剰でしょうか?

でも米国株投資をしている方なら、僕の言っていることはあながち間違っていないことは分かってもらえるとは思います。

僕の話を聞いた彼女にも、まさに今、目の前に素晴らしいアイデアが一つ転がりこんできたはず。それに気付くかどうかは本人の行動次第です。

上から目線に思われそうですが、決してそんな風に思っているわけではありません。

僕は本当に長期投資が豊かな人生の手助けをしてくれると信じているので、彼女にもそれを感じてもらえればと思う次第でございます。

まとめ

彼女は自分でも、今の状況ではいくらお金を持っていても心配が尽きないことは薄々感じています。その状況を打開するには、お金に関する知識が必要不可欠です。

投資もそうですし、それ以外にも彼女には知っておかなければならないことがたくさんあるなと感じましたが、裏を返せばまだまだ伸びしろ(?)があるとも言えます。

人によってはいい歳になって実家暮らしとか有り得ないとか言う人もいますが、それは人それぞれの環境があるので気にする必要はありません。

むしろ、自分の幸せを考えるなら親に頼れるところは頼ったらいいとも思います。頼りっぱなしはどうかと思いますけどね。

日本では少子高齢化が進み、将来の年金や医療費の問題は深刻になっていきます。ただ真面目に働くだけでは、満足できる生活ができるかどうかも分からない時代。

少しでも明るい未来にするためには、自分で様々な知識を得ることがますます重要になってくるのではないでしょうか。

最後に、その彼女には無断でネタ記事にしましたが、身バレはすることないので許してちょんまげッ!!

おしまい。

株式投資はギャンブルではないことを知ってください。

「株式投資」とギャンブルが決定的に違う理由
株式投資なんてギャンブルだからやるもんじゃない!!と思っているそこのアナタ。投資とギャンブ...

短期投資と長期投資について。

短期投資と長期投資~初心者は長期投資で資産形成を~
僕の周りでもそうですが、株式投資といえば幾つものパソコン画面に映るチャートを見ながら、カチ...

米国株投資について。

【初心者にこそ最適】米国株投資のメリット・デメリット
これから株式投資を始めようとする投資初心者の方は、まず日本の株で取引をしようと考えると思い...

記事中に紹介した書籍です。