iDeCoの始め方

iDeCoは自分で将来の年金を積み立て、運用していく制度です。

そのメリットとして、掛金が全額所得控除になることや、運用益が非課税になることが挙げられますが、原則60歳まで引き出せないことがデメリットでもあるので、始める前にしっかりと制度の確認をしておきましょう。

iDeCoを始めるには口座開設が必要で、多くの金融機関で取り扱っていますが、手数料や取扱商品を考慮して選ぶ必要があります。

ここではこれからiDeCoを始めたいという方に向けて、ざっくりとiDeCoの始め方を解説していきます。

スポンサーリンク

加入対象者

iDeCoを始める前に、まずは加入対象者かどうかを確認しましょう。2017年から加入対象者が拡大され、ほとんどの人が加入できますが、加入者の属性によって毎月の拠出金額の上限には違いがあります。

加入者限度額
・第一号被保険者月6.8万円
・第三号被保険者月2.3万円
・企業型DCのない第二号被保険者
・企業型DCに加入している第二号被保険者で
他の企業年金がない方
月2.0万円
・企業型DCに加入している第二号被保険者で
他の企業年金がある方
月1.2万円
・確定給付型企業年金のみの加入者及び
公務員等共済加入者

これは上限額なので、生活に支障のない範囲で運用をしていくことが重要ですよ。自分はどの属性なのか、会社員だと少し分かりづらいと思うので、お勤め先に聞くのが確実ですね。

また、勤め先にも加入資格の確認のため、書類に記載してもらう箇所があります。とはいっても、やましいことはないので安心して提出してください。

iDeCoの始め方

iDeCoの始め方は簡単です。

  1. 金融機関で口座を開設する
  2. 運用する商品を選ぶ
  3. 放置する
  4. 年齢に合わせてポートフォリオを変更する
  5. 受け取る

金融機関で口座を開設する

まず口座を開設する必要がありますが、金融機関はネット証券のSBI証券マネックス証券のどちらか、次点で楽天証券をお勧めします。

その理由は、運用にかかる手数料が最安であること・取扱商品で適切なものが揃っているからです

上記3社の口座開設はWebから資料請求後、紙面での申込となります。

運用商品を選ぶ

口座を開設した後は、運用商品を選びます。

iDeCoで運用する商品は、元本保証の定期預金や保険、元本保証ではない株式や不動産・債券などの投資信託があります。

投資信託とは、複数の投資家から資金を集めて様々な企業の株を購入し、個人に代わって運用をしてくれるものです。

投資信託と聞くとあまり良いイメージがないかもしれませんが、それは大きな間違いであり、適切な商品は個人の資産形成において非常に役立つでしょう。

効率的な分散投資

投資信託を通すことで、個人の資金力では難しい分散投資が可能になります。

日本では100株単位の取引が基本となっていて、ユニクロでおなじみのファーストリテイリングの株価は1株4万円ほど。個人で購入しようと思うと、約400万円の資金が必要になります。

ほとんどの人にとって、ファーストリテイリング1社を保有するだけでも無理な話ですね。

しかし、投資信託ならファーストリテイリングの他、任天堂やトヨタなど、大企業の株を大勢の投資家が少しずつ資金を出し、その一部を分け合う形で保有することができます。

10万円を投資したら、そのうち5,000円をファーストリテイリング、3,000円を任天堂、2,000円をトヨタ…といった感じですね。(金額は適当です)

投資の格言に「卵は一つの籠に盛るな」という言葉があるくらい、投資対象を分散させることは重要なことです。

信託報酬に注意

投資家はただ資金を出資するだけなので、株取引の手間はありません。

ただし、自分の代わりに投資信託が運用してくれることになるので、その費用として信託報酬という手数料を支払います。手数料が高ければ優秀な投資信託…ということではなく、信託報酬は安いに越したことはないと覚えておきましょう。

投資信託によって、何を対象に投資をしているのかが違います。同じような対象に投資をしている場合は、手数料が安いほうを選ぶと良いです。

例えば、「日経平均株価に連動する投資成果を目指します」で、A信託は信託報酬が年率0.5%、B信託は年率0.25%なら、後者を選ぶべきです。

組み合わせることも可能

投資信託そのものが分散投資になりますが、投資対象が違う複数の投資信託を選ぶことでさらに分散することができます。

例えば、ひとつは米国の企業へ投資ができる商品、ひとつは新興国へ投資ができる商品という具合です。

複数の商品を選ぶ場合、拠出金額のうち、どの商品にどれだけ配分するかを設定します。

拠出額が1万円でA信託に80%・B信託に20%と設定すれば、A信託には毎月8,000円、B信託には毎月2,000円を投資することになります。場合によっては端数が出ますので、その端数をどの商品に入れるかも設定することができます。

運用する商品については、こちらでお勧めを紹介しています。

iDeCoのお勧め証券会社と商品を紹介
iDeCoは掛金が全額所得控除になったり、運用益が非課税になるメリットがある自分年金作り...

放置する

運用する商品を選んだら、後は放置しておくだけで勝手に運用してもらえます。

最初に適切な商品を選んでおけば、本当にすることがないので投資していることすら忘れてしまいますね。後々、自分で勉強した結果、違う商品で運用したいと思った場合はスイッチングや商品変更の設定を行います。

スイッチングとは?

スイッチングとは、これまで運用していた商品を一旦売却し、その資金を他の商品へ移すことを言います。

僕の場合、iDeCoを始めたときは知識不足だったため、選ぶ価値のない商品で運用していました。その後、長期投資に最適なのは米国株という結論に達し、それまで運用していた商品をスイッチング、今では米国株でのみ運用しています。

スイッチングはネット証券の場合、専用の管理ページから簡単に手続きをすることが可能です。

商品の変更をする場合

スイッチングはこれまで運用した商品を売却しますが、これまで運用してきた商品は売却せずに、違う商品を運用したいと思うこともあるでしょう。

その場合、最初に運用する商品を選ぶときと同じように、掛金を拠出する商品への配分を変更するだけで大丈夫です。

例えば、これまでA信託に80%・B信託に20%と設定していたものを、それぞれ0%にしてC信託に100%とすれば、次回からはC信託のみ買付が行われます。

SBI証券の場合、管理ページの「掛金の配分割合」から設定を変更することができます。

年齢に合わせてポートフォリオを変更する

ポートフォリオとは、運用する商品の組み合わせのことを言います。

ポートフォリオ

ポートフォリオは同一の金融商品での組み合わせを指し、株式・債券・現金などの違う資産の組み合わせは「アセットアロケーション」と呼びますが、覚えなくても運用に支障はないので問題ありません。

iDeCoの掛金の拠出は60歳までですが、運用は70歳まで行うことが可能です。今後、年齢の引き上げが行われる可能性もあります。

iDeCoの運用益の非課税というメリットを最大限に活かすには、リターンの大きい株式で運用することが望ましいですが、運用の期限が近付くほどに値動きの大きい株式の比率は下げたほうが賢明です。

積極的に株式で運用して大きな利益が出ていたとしても、受給の直前にリーマンショックなどの大暴落が訪れれば、利益が一気に吹っ飛んでしまう危険性があるからです。

僕は若いうちは株式100%で運用することを推奨しますが、50代には一部を元本保証の定期預金や値動きの小さい債券などにスイッチングし、攻めの運用から守りの運用に変更していくことを考えておきたいですね。

運用期間が限られるiDeCoは出口戦略を考えることも重要!
iDeCoは掛金が全額所得控除、運用益が非課税となるメリットがあるため、将来に備える資産...

受け取る

iDeCoは年金のように毎月受け取る方法と、一括で受け取る方法、これらを併用する方法が選べます。(金融機関によっては併用が選べない可能性もあり)

受給時には所得控除が適用され、よほどの高額ではない限りほとんど課税されることはありませんが、受け取り方によって税金の掛かり方も違ってくる可能性があります。

ただ、素人が考えるには複雑で、念のため専門家に相談するほうが無難かと思われます。

iDeCoの受け取り方による税金の違いが複雑すぎて素人には理解不能レベル問題!
iDeCoのメリットとして、運用益が非課税になると謳われることが多いですが、実は年金を受...

まとめ

ぶっちゃけ、iDeCoは始めてからよりも始めるまでが最も面倒です。書類はたくさんあるし、申込をしてからも審査等で実際に運用が開始されるまで1ヶ月以上も掛かります。

しかし、口座開設をして運用する商品を選べば、それ以降することはほとんどありません。掛金の引落口座にお金を入れ忘れないようにするくらいでしょうか。

最初さえ乗り越えられるよう、始める際には断固たる決意を持って臨んでください。(大袈裟)

こちらの記事も参考に!

iDeCoについて詳しくまとめた記事です。

【節税と資産形成】iDeCoのメリット・デメリットを理解して老後に備えよう
iDeCoは内容が複雑で理解しにくい面があるため、あまり浸透していないのが現実です。確か...

シェアする

フォローする