【必見】株式投資では配当金が大きな意味を持つ

株式投資のメリットのひとつは、株を保有しているだけで企業から配当金を受け取れることです。

その配当金は株価に対して年間数%くらいなので、金額が少なすぎて意味がないと考える人もいるでしょう。

しかし、株式投資で資産を増やすためには配当金が大きな意味を持ち、長期投資では配当金を無視することはできません。

スポンサーリンク

配当金と配当利回り

株式投資では、企業から利益の還元として「配当金」が受け取れます。株価に対して受け取れる配当金の割合を「配当利回り」と呼び、1株1,000円で配当金が100円なら、配当利回りは10%となります。

ただ、これほど高い利回りを得られる企業はありません。実際に高配当利回りと呼ばれるものでも約3%前後で、7~8%以上ともなると何か問題があると疑ったほうが賢明です。

配当利回りが3%なら10万円を投資しても、年間に得られる配当金は3,000円。

銀行よりはマシですが、リスクを取っている割にはショボいな…と感じる方もいるでしょう。ましてや、配当金には税金もかかるため、利回りはさらに低くなります。

しかし、配当金も積み重ねれば馬鹿にならないもので、極端に言えば利回り3%なら、33年保有し続ければ投資資金を回収できます。また、米国企業は配当金を増やしていく(増配)意識が強いので、実際にはもっと早く回収できるでしょう。

ということで、僕が実際に米国株投資を実践しているなかで、配当金がどれくらい貢献しているのかを紹介します。

配当金の貢献度

2019年6月時点の数値ですが、米国株投資を始めたのが2016年8月頃なので、約3年で積み上げた配当金と損益です。

配当金合計含み損益配当込損益
3302.93ドル5220.55ドル8523.48ドル

含み益は日々の株価によって変動しますが、積み上げた配当金の合計(約3,300ドル)はすでに確定している利益とも言えます。

2018年以降は株価の変動が大きかったので、一時的に含み損となる時期もありましたが、そのときでも配当込みの損益(トータルリターン)ではマイナスにならずに済みました。

長期投資の途中なので、そのときに損をしていなかったことはそれほど重要ではありませんが、僕も人間なので損をしている状態よりは利益が出ている状態のほうが気分的に楽なのは間違いありません。

もちろん、投資を始めたばかりで受け取った配当金が少なければ、株価の下落によって損失が出ている状態になる可能性はありますが、投資を継続して配当金を積み重ねていけば、そうなる可能性も低くなります。

僕の場合、2017年の配当金は年間約970ドルでしたが、定期的に資金を追加していることや、増配によって2018年には約1,500ドル、2019年は年間で1,800ドルくらいの配当金を受け取れそうです。

2019年が終わる頃には累積配当金は4,000ドルを超えるので、相当な株価の下落が起こらなければトータルでマイナスになることはなさそうです。

と言っても暴落が起これば十分に有り得る話ですが、そうなると安く買えるので、株数が増えて配当金を増やすチャンスにもなります。

長期投資にお勧めの制度

投資は損をする可能性があって怖い…と考えている人は多いかもしれませんが、長期投資で配当を積み重ねていけば損をする可能性は限りなく低いです。

とくに、このブログで推奨している米国株へのインデックス投資なら、これまでどの時期に投資を始めても約17年の長期保有をしていれば、損をすることがなかった事実があります。

それなら自分もやってみたい…と思った人にお勧めなのが、つみたてNISAという制度。つみたてNISAは長期投資を前提とした制度で、利益に対して税金が掛からないメリットがあります。(本来は利益の約20%が税金として引かれます)

ただ、つみたてNISAは投資信託で運用することになり、投資信託は基本的に配当金が出ません。しかし、実際には投資信託が企業から配当金を受け取り、それを再投資しています。

意味がよく分からないかと思いますが、配当金は受け取れないけど損をすることはないので、心配しなくても大丈夫ということです。

まとめ

投資をしていない人は、株を保有しているだけで配当金が貰えることを知らない人もいるでしょうし、知っていてもそれがどれだけリターンに影響を与えるかまでは分からないでしょう。

実際には配当こそがリターンの源泉にもなるので、これから投資を始めようと考えている方は、たかが数%と侮ることなく、コツコツと積み重ねて資産形成を頑張りましょう。

こちらの記事も参考に!

配当を再投資することが資産形成にとって重要です。

配当再投資のメリット・デメリット
個別株やETFを保有していると企業から配当金(分配金)が貰えますが、これを「インカムゲイ...

シェアする

フォローする