【保険とは?】無駄な保険に加入しないための考え方

日本は世界的にみても民間保険への加入率が高く、保険に加入するのが当たり前のような風潮すらあります。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われることもありますが、はっきり言って多くの人はそんな高い保険料を支払う必要はないでしょう。

にもかかわらず、多くの人が高額な保険料の支払いをしているのはなぜなのか。

それは、保険とは何かを考えず(知らず)に契約しているからです。

かんぽ生命の悪質な営業が明るみになりましたが、高額な保険料を支払っているのは保険会社に都合よく搾取されている可能性が高いですよ。

でも、保険とはどういうものなのかについて考えると、搾取されることなく無駄な保険に加入せずに済むはずです。

スポンサーリンク

保険とは?

そもそも、保険とは何なのか?

ドイツの保険学者マーネスは言いました。(誰やねん)

マーネス
one for all,all for one!!

マーネス(誰やねん)は、保険とは「一人は万人のために、万人は一人のために」あるものだと言っています。

つまり、保険に加入して支払う保険料は、基本的には自分のためではなく誰かのために支払うものなんです。

自分が支払った保険料は、どこかで保険を必要としている人のために支払われ、もしも自分がお金を必要としたときは、誰かが支払ってくれた分を頂く。

そういった「相互扶助」が保険の本質です。

保険は必要なのか?

保険が必要かどうかについて、結論は「人それぞれ」となります。

なぜなら、人によって必要な保険は違いますし、同じ人でも年齢や環境によって必要かどうかは変わってきます。

そのため、第三者があなたに本当に必要で最適な保険というものを判断するのは難しく、自分で考えることが重要です。

ただ、独身である程度の貯蓄がある人なら、基本的に保険は必要ないと判断することができます。

生命保険はもちろん、貯蓄額によっては医療保険だって必要ありません。ただ、車やバイクに乗っているなら、自動車(バイク)保険は必須ですよ。

このような人でも保険に加入しているというケースは多いですが、はっきり言って無駄としか言いようがないですね。

でも万が一のことがあったとき、保険に加入していたら助かるでしょ?

と反論する人もいますが、それが本当に保険で備えるべきことなのかどうか。それを考えると、自分にとって必要な保険が見えてきます。

保険で備える必要があるものは?

保険に加入するのは、いざというときにお金が必要になったときの対策ですね。

では、仮にあなたに1,000万円の貯蓄があったとして、怪我で入院し治療費がトータルで10万円ほど必要になったとします。

このとき、入院1日あたり5,000円の保険金が出る保険に、毎月2,000円支払って加入する必要はあるでしょうか?

もちろん、この場合は十分な貯蓄があるのですから、入院したとき(いざというとき)でもお金は足ります。

お金が足りるのであれば、わざわざお金を支払って保険に加入する意味はどこにもありませんよね。

保険に加入してすぐに入院すれば金額的には得をしますが、入院するような事態になることはそう多くありません。

統計学的に、支払った保険料より多くの保険金を受け取ることはできないように保険料は設定されているので、ほとんどの人は損をするのが保険です

お金を十分に持っている人が、なぜ損をする確率が高い商品を購入する必要があるのでしょうか?

医療保険は不要論を唱える人が多いのは、医療費に関しては貯蓄でも十分に賄える可能性が高いからです。

つまり、自分で賄える費用に対しては保険で備える必要はなく、自分で賄えない費用に対して保険で備える必要があるということですね

自分で賄えない費用とは?

貯蓄が少ない人は、医療費でも家計に大きな負担となるのは間違いありません。

また、結婚をして小さな子供がいる家庭なら、自分に不幸があった場合に残された家族は生活するためのお金に困ります。

子供が自立するまでに、数千万単位が必要になる可能性もあるでしょう。

車で事故を起こし、損害賠償を請求されれば億単位になる可能性だってあります。自転車事故ですら、数千万円の賠償請求事例がありますから。

これらは自分では賄いきれない金額が必要になりますから、こういったときのためにそれに相応しい保険へ加入すれば良いということです。

「いざというとき」とは良く聞きますが、「いざというとき = 自分で賄えない費用が必要になるとき」と考えると、必要な保険かどうか判断しやすいでしょう。

自分で賄える費用が必要になるのは、いざというときではないですよね

このような事態に陥る可能性は低いですが、もしもこのような事態が起こってしまったときは、他の人が支払った保険料で助けてもらう。

いざというときに備えて保険に加入していたけど、保険金を受け取る事態にはならなかったときは、他に必要としている人の助けになる。

このように支え合うための仕組み(相互扶助)として、保険は存在しています。保険は自分が得をするために加入するものではありませんよ。

保険はお金を用意する手段のひとつ

保険とは、お金を用意するための手段のひとつに過ぎません。

普段から収入に見合った生活を心掛け、貯蓄をしたり今より稼ぎを増やすことを考えたりすることで、お金を用意することはできます。

それでも用意できるお金には限りがありますし、用意するまでに時間が掛かってしまうのが現実です。

だからこそ、用意できない分だけ保険で備えるんです

自分に必要な保険は何か?

以上のことを踏まえ、自分に必要な保険とは何かを考えてみましょう。

例えば、僕は独身で貯蓄もそれなりにあるので、今のところ民間の保険は何も加入していません。だって、加入する必要がないんですから。

生命保険?自分が死んだときに金銭的に困る人がいないので要らない。

医療保険?貯蓄はあるし必要になるかどうかわからない医療費の備えは要らない。

自動車保険?車持ってません。バイクに乗るけど家族のファミリーバイク特約に加入しているので、個人名義では加入する必要がない。

火災保険?以前は一人暮らしで加入していたけど、今は実家にいるので要らない。また家を出たら加入します。

必要な保険がわかったとして、後はどれくらいの保障を付ければ良いかですね。

正直、こればかりは家庭の事情によって異なるので何とも言えません。ただ、複雑な契約をする必要はありません。

特約などでお得感を漂わせる営業をされても、自分が理解できないような契約はしないことです。

得するために保険に加入するわけではないですからね。

公的保障を知る

小さな子供がいる家庭なら、生命保険へ加入する必要性は高いでしょう。

しかし、年金には「遺族年金」という制度があり、子供が18歳になるまでは国から年間およそ100万円が受けとれます。

厚生年金の加入者はさらに上乗せされますが、受給額は人によって異なるので、自分たちは遺族年金がいくら受け取れるのかを知っておくことが重要です。

また、自宅の購入時に団体信用生命保険へ加入した場合、残りのローンは返済する必要がなくなるため、毎月の生活費も大きく削減されます。

こららを踏まえると、意外と生命保険で備えなければならない金額は多くはならないかもしれません。

貯蓄と保険は切り離す

生命保険では掛け捨て型より貯蓄型が人気だそうですが、はっきり言って加入するメリットはありません。貯蓄と保険は切り離して考える必要があります。

貯蓄型は満期になれば支払った金額より多くの返戻金が受けとれますが、満期までの期間を考慮すると、増える金額があまりにも少なすぎます。

保険では多額の手数料を取られるため、運用には全く向いていません。保険業界は手数料を開示しないところがほとんどですが、理由は明白。

手数料が高すぎて、開示すればボッタくりなのが一目瞭然になるからです

先ほども言ったように必要な保険は時期によっても変わりますし、同じ契約を何十年と続けることに意味はありません。

生命保険の選び方

無料相談には行かない

保険の無料相談では、あなた(客)に最適な保険ではなく、あなたにある程度適した保険のなかで自分たちが最も儲かる商品をすすめられます。

もしかしたら、まったく向いていない商品を紹介されるかもしれません。

相談に乗ってくれる人は、無償で働いているわけではありません。その人たちの給料はあなたが加入する保険料から出ています。

Aという保険を売れば5万円、Bという商品を売れば1万円のインセンティブがあったとしたら、どちらを売りたいかは考えるまでもありません。

保険の無料相談に行ってはいけない

まとめ

保険とは何かについてまとめます。

  • 保険は相互扶助の制度
  • 自分に必要な保険は時期によって違う
  • 保険で備えるのは自分では用意できないお金
  • 自分で用意できないお金について考えれば、必要な保険はわかる

自分に必要な保険に加入するとしても、契約は長期に渡る可能性が高いです。そうなると、それなりに支払う保険料の総額は多くなるのは間違いありません。

普通は、得体の知れない高額な商品を買うことなんてないですよね。

保険について何も知らないまま契約するのは、得体の知れない高額な商品を買っているのと変わりません。

そう考えると、何も知らないまま契約するのはとても恐ろしいことだと思いませんか?

おしまい。


各保険についての記事も併せてご覧ください。

【医療保険は必要か?】最もおすすめの医療保険は「貯蓄」だ!

【高すぎる!】賃貸の火災保険の相場は?

【比較より見直し!】自動車保険を見直しするポイント

【京都で義務化】こんな人は自転車保険に加入しなくても大丈夫!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする