インターネットを利用するために必要な契約と業者について解説。ISP?プロバイダ?何それ美味しいの?

自宅でインターネットをするには、ISP(インターネット・サービス・プロバイダ)と呼ばれる業者と契約する必要があります。

ISPには2種類あり、固定回線を引くタイプと引かないタイプがあります。一般的にイメージされるのは前者の固定回線を引くタイプでしょう。

しかし、回線だけ契約してもインターネットを利用することはできません。

実際にインターネットに繋げる役割を果たすのが、プロバイダと呼ばれる業者です。

つまり、固定回線を引く場合は、ISP+プロバイダの契約をすることで、インターネットを利用することができるのです。

この場合、2つの契約が必要なので料金体系がややこしいですね。

それぞれにどれくらい料金を支払っているのか…あなたは把握していますか?

一方、後者の固定回線を引かずに使用するタイプは、モバイルルーターと呼ばれる小型の端末からWi-Fiで通信することになります。

こちらは固定回線が不要なので、回線業者の契約はする必要ありません。

その分、料金もシンプルで分かりやすい設定となります。

どちらも一長一短の面があり、どちらが優れているかは一概には言えません。

今回はそれぞれのメリット・デメリットを紹介しますので、自分に合ったものを選ぶようにすればいいでしょう。

スポンサーリンク

固定回線のメリット・デメリット

自宅に固定回線を引く場合、回線業者とプロバイダの契約が必要になります。

回線業者NTT東日本NTT西日本ソフトバンクBBKDDIなどがあり、それぞれが光フレッツソフトバンク光au光などの名称でサービスを提供。既にややこしいですね。

プロバイダは数百社以上あると言われており、有名どころではOCNYahoo!BBBIGLOBE@niftySo-netなどがあります。

プロバイダの主な役割はインターネットに繋げることですので、どこの業者でも品質(?)は大差ないそうです。

違いはキャンペーンの内容や、携帯とのセット割引があるかどうかでしょうか。

インターネットの質を求めるならば、プロバイダよりも回線業者を重視する必要があります。

固定回線のメリット

自宅に固定回線を引くメリットは、通信の安定と速度にあります。

複数台のパソコンを使う場合でも、ルーターを購入して接続すればWi-Fiの無線通信で使用することが可能です。

通信の質を求めるのであれば、固定回線で利用するのが最適でしょう。

固定回線のデメリット

デメリットとしては、まず固定回線を引くための工事が必要なこと。

それに、インターネットが使えるのが自宅のみに限られるということです。

工事費も数万円と高額になり、工事は予約の先着順で行われるので希望の日程で利用開始できるかは分かりません。

また、自宅でしか利用できないので、外出先でスマホを使う場合はデータ通信量に気をつける必要がありますね。

特に、格安スマホでデータ容量の少ない契約プランの場合は注意が必要です。

引っ越しする際には、手続きが面倒なのも困ります。

料金体系が分かりにくい

固定回線の場合は回線業者とプロバイダの契約をする必要があるので、2社に料金を支払うことになり、料金体系も複雑です。

例えば、フレッツ光(西日本)集合住宅(マンション等)の契約の場合。

どこの料金を見ればいいのか、全く分かりませんね。

詳細は省きますが、この料金は集合住宅内で同じフレッツ光を契約している人の数や、マンションで既に光回線があるかどうかなどによって変わってくるようです。

仮に、大きめのマンションで他にも契約者が多数いて、既に光回線もある場合は一番上の価格となります。通常料金で3,200円、割引適用で2,530円の欄ですね。

プロバイダはOCNで契約したとすると、プロバイダ料金は月額900円(税抜き)となり、合わせて約3,430円~4,100円程度になるということです。

実際には、〇〇割などが適用されてもう少し安くなるかも知れません。

回線業者によっては、プロバイダ代込みの料金となっているところもあるようで、詳しくない人からすると余計意味が分からなくなりそうです。

これだけ複雑だと、乗り換えを検討するのも面倒になる気持ちがよく分かります。

…が、それこそ業者の思うツボなんですよね。ガッデム!!

固定回線を引かないタイプ

ISPのもう一つの種類が、自宅に固定回線を引かずにWi-Fiを使えるようにするものです。

こちらはモバイルルーターと呼ばれる小型の端末を購入(実質無料)し、電源を入れれば契約した業者の回線を利用できるようになります。

WiMAXポケットWi-Fiなどに聞き覚えがないでしょうか?

モバイルルーターとは、それらの総称です。

モバイルルーターのメリット

モバイルルーターのメリットは、まず固定回線を引く必要がないので工事(費)が不要なこと。

そして、端末が届けば簡単な設定をしてすぐに利用できることです。

料金体系も使い放題プランが〇〇円、上限のあるプランが〇〇円と言った具合にシンプルで分かりやすく、固定回線を引く場合に比べて若干割安なことが多いです。

さらに、モバイルルーターは非常にコンパクトなので持ち運びが可能で、外出先でもスマホやPCでデータ容量を気にせず高速通信が行えます。

他にも工事不要で持ち運べるということは、引っ越しをしてもそのまま煩わしい手続き不要で使い続けることができます。

おや、なんだか良いことばかりな気がしてきたぞ…?

モバイルルーターのデメリット

デメリットとしては、固定回線を引く場合に比べて通信が不安定になりやすいこと。

建物内だと、電波が入りづらいこともあります。

地域によってどれくらい電波が安定するか、各プロバイダの公式サイトで検索ができるので、まずはそこから自分の地域を調べることが重要ですね。

それと、通信速度が若干劣ることです。しかし、僕はBroadWiMAXで契約していますが、速度が遅いと感じることはありません。

よく書かれている最大速度○Mbpsなどは、あくまでも理論上可能な速度ということで、実際にはそれより遥かに低い速度しか出ていないことがほとんどです。

そのため、よほど通信が混雑しないかぎりは、あまり気になるポイントではない…というのが、利用している側の意見です。

また、持ち運べることがメリットと言いましたが、同時に持ち運んでいる間は自宅でネットが繋がらないということにもなります。

自宅で家族がスマホやPCの通信をするような場合は、逆にデメリットになってしまいます。

そして、持ち運ぶ際はバッテリーの残量に気を付けましょう。

格安SIMとモバイルルーターを組み合わせる

一人暮らしでスマホやPCでそれなりにデータ通信を行う人なら、格安SIMとモバイルルーターを組み合わせる方法もあります。

以前僕が契約していた内容で例えると、スマホはMVNOの楽天モバイルで低速通信しかできないベーシックプランを契約。

自宅ではパソコンでブログ作成などをするのでBroadWiMAXでWiMAX2+というモバイルルーターを契約していました。

料金はスマホが月額約1250円・WiMAX2+が月額約3800円です。

これでWiMAX2+を持ち歩けば外出先でもスマホは高速通信が無制限で行えるし、パソコンも好きなだけ通信することが可能になります。

固定回線を引くと引っ越しの際が面倒なので、僕にはモバイルルーターが最適でした。もちろん、スマホだけでデータ通信をそれほど行わない人なら、スマホの契約だけで十分です。

モバイルルーターを提供する多くのプロバイダではキャッシュバックキャンペーンを実施していますが、実はBroad WiMAXにはキャッシュバックがありません。

その代わり、毎月の利用料金が安く設定されていますので、実質キャッシュバックが適用されているのと同じと言えます。

また、他のプロバイダではキャッシュバックを受け取るには手続きが必要で、大半の人はその手続きを忘れてしまうような仕組みになっているので注意が必要です。

しかし、僕はセルフバックを利用して、Broad WiMAXでも高額キャッシュバックを受け取ることに成功しました。もちろん、煩わしい手続きなどは不要です。

セルフバックはユーザーと企業がwin-winな関係になるアフィリエイトシステム!!
世の中には、知っているだけでとても得をする仕組みがあります。 ここで紹介するセルフバックも、その一つです。 セルフバックはアフィ...

まとめ

インターネットやスマホ関連の契約は、仕組みが複雑すぎて考えるのが嫌になります。

しかし、知らないばかりに損をするのはもったいないので、少しずつ覚えていけば無駄を省けるのではないでしょうか。

固定回線を引く場合と引かない場合のポイントをまとめておきます。

固定回線を
引く場合
固定回線を
引かない場合
回線業者とプロバイダの契約が必要プロバイダの契約のみ
通信は安定しやすく、質を求めるなら「回線業者」を重視する工事が不要で料金もシンプル
工事が必要で料金が複雑外出先でも通信ができるが、その間は自宅では通信不可
自宅でしか使えない通信の質は固定回線に比べて劣る

どちらが良いかは生活環境にもよりますので一概には言えません。

今ではモバイルルーターでも通信の質は向上しているので、個人的にはモバイルルーターが便利かな…と思いますね。

おしまい。

複雑な仕組みを考えることは、様々なメリットがあると思います。

格安スマホのあれこれ。

格安スマホに乗り換えて通信費を大幅節約!!そのメリットとデメリットを理解しよう
以前と比べて格安スマホの利用者は増加しています。 それでも2018年の調査では全体の1割程度しか利用していないとか。9割近い人が格安ス...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする