長期投資は簡単!だが難しい!?

アイキャッチコラム

資産形成を成功させる秘訣は、黙々と積立を継続していくことです。

効率的に資産を増やす方法として、貯蓄よりも株式投資が優れているのですが、日本では株式投資=ギャンブルのイメージが強いので、あまり浸透していませんね。

でも、それは大きな勘違い。株式投資はギャンブルではないし、資産形成のために行う投資は決して難しいこともありません。

僕は32歳のときに株式投資を始め、この記事を書いている時点で約5年が経ちました。最初は日本の株で投資をしていましたが、あることをきっかけに米国株で運用する方向にシフトします。

貯蓄も投資も資産形成のためには長期的に継続することが重要で、長期投資はとても簡単にできます。簡単なんですが、ある意味では難しいのも事実なので、この相反する内容についてお話していきます。

スポンサーリンク

米国株への長期投資は簡単!

なぜ米国株での運用なのかという詳細は省きますが、その理由のひとつは「投資や経済に興味が全くない」僕でも、簡単に且つ高確率で資産形成ができるものだからです。

端的に米国株投資のやり方を説明すると、米国全体に投資ができる「投資信託」や「ETF」に、積立投資をするだけ。もちろん、英語なんて理解できる必要はないし、難しい知識も必要なし。

ただ積立を継続し、保有し続けるだけ。今は自動で積み立てる設定もできますから、言ってしまえば最初に設定を済ませれば後は何もやることがありません。簡単すぎるでしょう?

実際、僕は経済とか興味はないし、投資の知識も豊富ではない。自分でやることは理解しておきたいので、最低限の勉強くらいはしていますが、企業分析とかできる知識はゼロ。ちょっと専門的な話になれば、もうついていけません。

そんなレベルの僕でも、将来の資産形成については不安はほとんどないです。なぜなら、米国株への長期投資をしておけば資産形成ができる理由を知っているから。むしろ、それくらいしか知らないと豪語できるくらいです。

その理由については別の記事で解説しているので、興味があればご覧頂きたいと思います。

だが難しい!

米国株への長期投資は「ただ保有し続けるだけ」なので簡単です。それでも、長期投資を実践し続けられる人はそう多くないと思っていて、その理由は主に2つあります。

ひとつは、長期投資は成果が出るまでに時間がかかり、短期間でお金持ちになることは不可能だから。もうひとつは、途中で不安になる可能性が高いからです。

短期間ではお金持ちになれない

長期投資で資産形成ができる理由は、元本を積み立てて複利で増えていくからです。複利とは、利息を元本に含めて翌年も運用する方法で、分かりやすく言うと「お金がお金を生む仕組み」。

例えば元本10,000円で10%の利息(1,000円)を受け取った場合、翌年の元本は11,000円になります。すると、翌年は11,000円に対して利息(1,100円)が付くので、3年目の元本は12,100円になりますね。

このように、徐々に元本が増えることで受け取れる利息も増えていき、時間が経つほど元本と利息が加速度的に増えていくようになります。この説明では利息分しか元本が増えていませんが、積立投資で元本を増やすことで、より早く複利効果を活かせるのもお分かりいただけるでしょう。

現在の低金利ではほとんど複利が活きないので、それよりも高リターンな株式投資でこそ活かすことができます。それでも元本が少ないうちは利息が増える分も少なく、思うほど資産が増えていきません。

長い時間をかけ元本を積み上げてようやく、ただ働いて得られるお金と同等もしくはそれ以上のお金を生み出すことができるんですね。

ただ寝ているだけでも毎月何万・何十万というお金を生んでくれる状態に成長させた人も、世の中にはたくさんいるのです。

ただ、それまでは投資をしているからと言って急激にお金が増えることはありません。それが長期投資の弱点でもありますが、多くの人は短期間でお金持ちになりたいと考えています。

その結果、胡散臭い投資話に騙されたり、ビットコインなどに手を出して(ほとんどの人は)損をしていくのです。投資をしてもすぐにお金が増えるわけではない、ということを理解しておかないと、投資を継続するのは難しいでしょう。

途中で不安になる

株価は常に変動しているので、短期的にはリーマンショックやコロナショックのような、大きな暴落が訪れる可能性もあります。

このような暴落が起こると、毎日資産が減っていく恐怖に耐えきれず、途中で投資を止めてします人も出てくるでしょう。

投資を始めて間もない頃であれば、何もしてないのに資産が減り続ければ不安で不安で仕方ない。それは僕も経験したことなので、何も感じず投資を続けられる人は稀でしょうね。

大きな暴落でなくとも、そこそこの株価下落なんて頻繁に起こります。それがすぐ戻ることもあれば、数ヶ月続くこともある。弱気相場が長く続くと、本当に長期投資だからって上手くいくのか?と迷うときもあります。

投資を継続するということは、そういった暴落や不安を乗り越える必要があるということです。

言うは易し行うは難し

このように、資産形成を成功させる秘訣は「投資を続けるだけ」と言葉で言うのは簡単ですが、それを信じて実践し続けることは思っている以上に難しいんですね。

実際のところ、僕も投資歴は数年程度のペーペーなので、長期投資で実績を残しているわけではありません。将来のことは分からない以上、絶対の絶対に間違いない!とも言い切れません。

でも、世の中が株式会社で溢れかえっている資本主義である限り、株式投資をしている人・していない人で格差が広がる可能性は高いので、僕は投資を続けるし、周囲にもお勧めしています。

米国株はこれまでも何度か暴落が起こっており、それでも暴落を乗り越えて経済成長を続けて今の株価があるのです。米国企業にはそれを乗り越える強さがあるからこそ、今後暴落が起こってもいずれ株価は回復し、さらに上昇していく可能性が高いと言えます。

そこを理解しておけば、途中で投資を止める選択肢なんてなくなると思うし、そのための勉強は必要不可欠です。

こちらの記事では、米国株について解説しています。

米国株投資のメリット・デメリット
このブログでは米国株への長期投資を推奨していますが、経験者ならまだしも初心者にとっていきなり米国株と言われても、投資するには不安が大きいかもしれません。ここでは米国株投資のメリット・デメリットについて解説していくので、これを理解す...

こちらの記事では、米国株のインデックス投資について解説しています。

【初心者向け】米国株のほったらかし長期インデックス投資
最近、つみたてNISAやiDeCoなどの制度が少しずつ浸透し、資産形成のため投資を始めてみようと考えている増えてきた気がします。この記事をご覧になっているあなたも、おそらくその一人ではないでしょうか。ただ、「とはいえ、投資なんてよ...

株はギャンブルではありません。

株がギャンブルではない理由
世の中には「株はギャンブルだ!」と考えている人は多いですが、本来の株式投資はギャンブルではありません。しかし、一般的に行われている株式投資はギャンブルと言えます。ただ、それは株式投資とは言えないのです。いきなり意味不明なこ...

コメント