株がギャンブルではない理由

アイキャッチ株式投資

世の中には「株はギャンブルだ!」と考えている人は多いと思われるが、本来の株式投資はギャンブルではない。

しかし、一般的に行われている株式投資はギャンブルと言える。ただ、それは株式投資とは言えないものだ。

いきなり意味不明なことを言っているように思われそうだが、この記事を最後まで読めば、僕が言いたいことが分かっていただけるかと思う。

スポンサーリンク

株式投資がギャンブルではない理由

昔に比べてさまざまなサービスや商品が生まれ、世の中はとても便利になった。そのサービスや商品を提供するのは、主に株式会社だ。

日本ではサラリーマンの割合が約87%とも言われるように、多くの人が大小さまざまな株式会社に勤め、仕事を通じて世の中に貢献していることになる。

株式投資とは本来、株式会社へ出資をすることだ。出資した人は株主となり、株主が出資してくれた資金を元に、株式会社は事業を行い利益を出せるように努力する。

出資した株主は会社が上げた利益を還元してもらうことで、両者はwin-winな関係となるのだ。

iPhoneを作っている会社も、マスクを作っている会社も、ポテトチップスを作っている会社も、ほとんどが株式会社。もはや、世の中は株式会社がなければ回らないと言っても過言ではないが、その株式会社は出資してくれる株主がいないと事業ができない。

つまり、株式投資とは間接的に世の中を豊かにするための行為で、なくてはならないものだと言えるだろう。

株式投資がギャンブルなら

世の中を豊かにするために必要な行為をギャンブルと呼ぶのなら、世の中の仕組みはギャンブルで成り立っていることになる。そこで働くサラリーマンもギャンブルの対象で働いていることになるが、そのように考える人はいないだろう。

このように考えると、株式投資がギャンブルではない理由も理解しやすいのではないだろうか。では、なぜ世の中では多くの人が株式投資はギャンブルだと勘違いしているのだろうか?

その理由は至ってシンプルである。

間違ったイメージによって作られた株式投資

株式投資がギャンブルだと勘違いされる理由は、メディアの印象操作によるものだ

あなたは株式投資と聞くと、どのような映像が頭に思い浮かぶだろうか?

投資のイメージ

おそらく、このような映像が浮かんだだろう。

どうも、メンタリストhideです。

パソコン画面に映る株価を見ながらマウスを頻繁にクリックし、短期的な売買を繰り返して利ザヤを稼ぐ。友人に聞いても、全員がこのようなイメージを持っていた。

実際、世の中に出回っている株式投資の関連本の多くは、イメージ通りの株式投資について解説されている。

テレビでもこのようなやり方で大儲け or 大損した人など、派手な結果を取り上げることが多い。なぜなら、そのほうが視聴率が取れるからだ。

テレビや雑誌・書籍でもこのような情報が溢れかえっているため、株式投資をギャンブルと勘違いしてしまう人が増えるのも仕方ない。しかし、このようなやり方は確かにギャンブルと言えるので、僕はおすすめしない。

ただ、株式投資はギャンブルではない。なぜなら、このようなやり方は株式投資ではないからだ。このようなやり方は株式投資ではないからだ。(大事なことなので2回言いました)

ナニイッテンダコイツ?

とか思わないでくれ。

これからギャンブルと株式投資の違いについて説明していく。

ギャンブルとは?

そもそも、ギャンブルとは何だろうか?

分かりやすく言うと「金品を賭けて勝負をすること」だろう。ただ、この場合だと参加費100円、賞金500円でコインの裏表を当てるようなゲームでもギャンブルとなるが、実際はギャンブルとして成立していない。

2分の1の確率で当たるのに、参加費は賞金の5分の1だけ。これだと勝負の回数を増やせば増やすほど、ただ自分が儲かるだけの勝負だ。どこかでやっているなら僕は喜んで参加しよう。

つまり、ただ金品を賭けて勝負をするだけではギャンブルとは言えない。その明確な定義は難しいが、個人的に思うギャンブルの定義はゼロサムマイナスサムであるか、ということだ。

ゼロサム

ゼロサムとは、参加者(プレーヤー)が投じた資金と配分される賞金の総和が±ゼロになる仕組みを言う。

例えば、友人らと麻雀をしたとき、以下のような結果になったとしよう。

  • A君は5000円勝ち
  • B君は1000円勝ち
  • C君は2000円負け
  • D君は4000円負け

勝ち額・負け額はバラバラだが、差し引きでは±ゼロとなっている。儲けた人は、負けた人のお金を頂いているということだ。

このように、儲けた人がいる一方で、必ず損をする人がいる。その金額の総和は±ゼロになることを、ゼロサムと呼ぶ。言い換えると、勝ち組と負け組に分かれるということ。これはれっきとしたギャンブルと言えるだろう。

マイナスサム

ゼロサムが分かればマイナスサムも分かるだろう。

マイナスサムは、参加者が投じた資金と配分される賞金の総和がマイナスになる仕組みだ。総和がマイナスになる理由は、その勝負の場を提供する胴元が存在するから。一般的なギャンブルである競馬やパチンコなどが、マイナスサムの良い例だろう。

競馬は参加者が賭けたお金から約20%を胴元であるJRAが徴収し、残りの80%を馬券的中者に配分する仕組みだ。参加者は残りの80%を奪い合うことになり、馬券が的中したときの払戻金は、馬券が外れた人のお金から出ている。

マイナスサムで儲かるのは基本的に胴元だけで、参加者は損をするようになっている。

参加者が多ければ多いほど、胴元に入る手数料が増えることになるため、競馬でどれだけ万馬券が出ても、JRAの懐が痛むことはない。ただし、運営するには経費が必要なので、一定数の参加者がいなければ赤字になるのだ。

このマイナスサムで多くの日本人がハマっていることが、夢の宝くじだ。

宝くじでは、国が約55%を手数料として徴収している。つまり、僕たちに払い戻されるのは、購入金額の半分以下ということだ。

他のギャンブルと比べても、これは超絶ボッタくり商法である。その分、宝くじは1等の賞金が大きいため、勝ち組と負け組がはっきりと分かれる仕組みでもある。

また、宝くじの収益金は公共事業などにも使われているため、夢を追いつつお国のために奉仕していると考えると、案外悪いものではないと思うこともある。

あたしゃ買わないけどね。

株式投資はゼロサム?マイナスサム?

では、株式投資はどうだろうか。

一般的にイメージされている株式投資(企業の業績に関係なく、短期的な値動きに賭けて売買をする方法)は基本的にゼロサムである。株が高値で売れるのは、高値で買う人がいるからだ。

短期売買では参加者(プレーヤー)の資金が行き来しているだけのものであり、儲けた人がいれば必ず損をした人もいる。ただ、厳密には証券会社が売買手数料を取っているため、その分だけマイナスサムと言えるだろう。

2017年にブームとなった仮想通貨や、以前から人気のあるFXも基本的にはゼロサム、手数料を考慮するとマイナスサムと言える。

仮想通貨やFXは、顔も知らない相手とお金の奪い合いをしているだけで、1億円儲けた人がいる場合、どこかで同じだけ損をしている人が出る仕組みであることに変わりはない。

一時期、「仮想通貨が儲かる!」と口座開設をすすめる人が溢れかえっていたが、あれは仮想通貨が儲かるのではなく、実は口座開設をすすめる人がノーリスクで儲かるだけのこと。

なぜなら、彼らがブログなどで口座開設をすすめ、その広告から登録し、一定の取引をしてもらうだけで、紹介者には多額の紹介料がもらえる仕組みになっているからだ。

その紹介料はどこから出ているかというと、あなたが取引のたびに支払う手数料からという事実を知っておこう。

どれだけ良いように紹介したところで、あなたが行う株式投資・仮想通貨・FXはギャンブルなので、あなたが儲かる保証は何もない。

手数料を取られるマイナスサムである限り、負ける可能性が高いことは間違いないが、あなたが損をしても口座開設をおすすめした人は何ひとつ責任を取ってくれないから気を付けよう。

本来の株式投資とは?

ここまで一般的にイメージされる株式投資がギャンブルである理由を説明してきたが、それとは違う本来の株式投資とはどのようなものなのか。

本来の株式投資は、ゼロサムでもマイナスサムでもない、参加者全員が利益が得られる(可能性がある)プラスサムゲームなのだ。

え?

そんな夢みたいな話があるのか?!と思っただろう?これは冗談ではなく、真実だ。

世界の経済はこれまで日々成長を続け発展してきたが、その中枢を担っているのは紛れもなく株式会社である。経済が成長すれば株式会社の株価が上がり、そこへ出資している株主の資産も増加する。

ゼロサムやマイナスサムと大きく違う点は、経済が成長すれば多くの株式会社の価値が高まり、全体のパイが増えることで参加者全員が恩恵を受けられるということだ。

もともと「10」だったのものが成長して「50」になる。すると、10人が「1」ずつ出資していた資産が1人あたり「5」に増える。このようにして、プラスサムでは全員が恩恵を受けることができるのだ。

対して、短期売買のようなゼロサムやマイナスサムは「10」を奪い合うだけのもので、本来の株式投資とはかけ離れた行為であることが分かるだろう。

ただ、なかには経営が上手くいかずに倒産してしまう企業もある。将来有望だと考えていても、その通りに企業が成長してくれるとは限らない。そうすると、企業の成長へ投資する行為であっても損をしてしまう。

それだと結局ギャンブルとさほど変わらんな…と思うだろう。だって、儲かる可能性はあっても損をする可能性もあるのだから。

たしかに、確実に儲かるという方法は株式投資にはない

しかし、長期的に考えること対象を広く分散することを心がければ、損をする可能性は限りなく低くなるのが株式投資なのだ。

長期的に考える

経済はこれまで成長をしてきましたが、短期的には停滞・減速することもある。延々と成長し続けることはないのだ。停滞・減速とはいわゆる不況だが、長期的に考えればそれもちょっとした出来事のひとつに過ぎない。

これは米国のNYダウ平均株価の長期的なチャートだ。

NYダウ長期チャート

米国でも過去に何度かの不況(赤丸)が訪れている。短期的=その当時の出来事としては、それはもう悲惨なものだったかもしれない。

しかし、これまでの株価の成長を見ると、リーマンショックですら些細な出来事でしかなかった、ということが分かるだろう。短期的に暴落しても、その後はそれ以上の株価に成長しているのだから。

つまり、株式投資は短期的な株価の変動に一喜一憂せず、長期的な視点で考えることが重要なのだ。

米国株は、今なお右肩上がりに成長を続けているが、不況時に慌てて株式を売却してしまうことで多くの人は損をしてしまう。

しかし、その時期を耐えればいずれ不況は改善され、株価も再び上昇するという歴史を繰り返してきた。

あなたが投資を始めた途端、その歴史が崩れて永遠に不況が終わらない…と考えるのは不自然ではないだろうか?

対象を広く分散する

投資の基本は分散投資と言われる。ひとつの企業に集中して投資をすると、大きな利益を得られる反面、大きく損失を被る可能性があるからだ。

もし、20年前に米国のアマゾンに投資をしていれば、今頃とんでもない富を手に入れることができた。しかし、20年前にアマゾンが今のようなモンスター企業へ成長していることを、どれだけの人が予測できただろうか?

アマゾンが大躍進した一方で、多くの企業は日の目を見ることなく衰退しているのも事実だ。自分が投資した企業がどちらになるかだが、後者になる可能性が高いのは言うまでもない。

では、企業を見極める力がない僕のような凡人はどうすればいいのか?

それは、成長する国そのものへ投資をすることである。米国全体では衰退する企業以上に成長する企業が多いため、その恩恵を受けることができるのは先ほどのチャートの通りだ。あれこそ全体のパイが増えるプラスサムの実例と言える。

現在は投資をする環境も以前に比べると遥かに良くなっており、誰でも米国企業に投資ができる。投資信託やETFという商品を通じて、僕たちはカンタンにプラスサムの株式投資をすることが可能な時代になったのである。

良い時代になったものだ。

僕が目指す究極の株式投資

さて、株式投資はギャンブルではない理由と、多くの方がイメージする株式投資はギャンブルである理由を解説していきましたが、お分かりいただけただろうか。

ただ、未来は不確実である以上、確実に利益が出るとは言い切れないという意味では、思想はどうあれ株式投資はギャンブルに近いかもしれない。

だが、僕には目指してる究極の株式投資がある。

それは、保有株を一切売却することなく、生涯持ち続けるということだ。いやいや、売却せな利益もへったくれもないやろこのトーシロゥが!と思うだろうか?

株式投資では、株を保有しているだけで配当金が貰える。それは株を保有している限り、永続的にだ(企業が配当を止めれば別だが)。

すると、年金と同じように生涯わたる収入源に成り得るので、それだけで生活ができるのであれば、株価が上がろうが下がろうが関係ない。つまり、売らないので損をすることもなく、何歳まで生きてもお金の心配をせずに済むということだ。

僕が目指しているのは、このような永続的に収入を生み出してくれる資産を増やすことであり、最も身近で頼りになるのが株式投資だと気付いた。

このとき俺氏、32歳!

正直、20代で気付いていれば…とも思うが、30代前半で気付けたことをプラスに捉え、今後も株式投資を通じて資産形成に励もうと思う。

まとめ

長期的に投資をするには、その対象が今後も成長していくことが前提だ。そのため、僕は日本株ではなく米国株を選んだ。

なぜ僕は米国株への長期投資を選んだのか
僕は将来のために米国株への長期投資をしている。難しそうなことやっているコイツは何者だ?なんて思わないでほしい。なぜなら、僕は投資については初心者レベルであり、そんな男がもっともカンタンで確実にお金を殖やせる方法が、米国株への長期投...

つみたてNISAやiDeCoといった、投資をするために有利な制度もあるが、まだまだ浸透しているとは言えない状況だ。やはり、株式投資はギャンブルというイメージが強いのだろう。

なんでも、つみたてNISAの口座開設数より、仮想通貨の口座開設数のほうが多いらしい。仮想通貨なんて、圧倒的ギャンブルなんだが…

日本人はコツコツ真面目に!なんて、どこの誰が言ったのだろうか?(一同大爆笑)

投資初心者におすすめと言われることが多い株主優待も、僕はあまり良いものとは思わないので、投資とは何かを考えることも重要だろう。

投資初心者に株主優待をおすすめしない理由
初心者が投資を始めるきっかけとして株主優待をすすめる人もいますが、僕は資産形成を目的とした投資をしたいと考える人には、株主優待は必要ないと考えています。そもそも、株主優待を目当てにするのは投資とは言えません。

コメント