【初心者必見】株式投資にはギャンブルではない確かな理由がある

株式投資ってギャンブルでしょ?

これを見ているあなたもそう思っているのではないでしょうか。

結論を言うと株式投資はギャンブルではありませんが、やり方によってはギャンブルにも成り得ます。

しかし、株式投資とはどういうものなのかを理解すれば、ギャンブルではない本当の投資ができるようになるでしょう。

スポンサーリンク

株式投資がギャンブルではない理由

さまざまなサービスや商品が生まれ、世の中はとても便利になりました。そのサービスや商品を提供しているのは、主に株式会社ですね。

日本ではサラリーマンの割合が約87%とも言われるように、多くの人が大小さまざまな株式会社に勤め、世の中に貢献しています。

株式投資とは、株式会社へ出資をする行為です。その資金で株式会社は事業を行い、利益を株主に還元することで、Win-Winな関係を保っています。

もはや株式会社がなければ世の中は回らないと言っても過言ではありません。

つまり、株式投資とは間接的に世の中を良くするための行為です。

株式投資がギャンブルなら…

その行為をギャンブルと呼ぶなら、世の中の仕組みはギャンブルで成り立っているとも言えますよね。

ギャンブルの対象で働くサラリーマンも、ギャンブラーです。

しかし、実際そのように考える人はいないでしょう。会社は雇用やサービスを生み出し、世の中に貢献している立派な組織だと考えるはずです。

実際その通りですし、株式会社へ出資する行為も決してギャンブルではないことも、なんとなく理解できるのではないでしょうか。

人生そのものがギャンブルだろ!と言われればぐうの音も出ませんけどね…

では、なぜ世の中では多くの人が、株式投資はギャンブルだと勘違いしているのか。その理由は至ってシンプルです。

間違ったイメージによって作られた株式投資

株式投資がギャンブルだと勘違いされる理由は、メディアの印象操作によるものです

さて、あなたは株式投資と聞くと、どのような映像が頭に思い浮かびますか?

おそらく、このような映像が浮かんだのではないでしょうか?これが私のメンタリズムッ!

友人に聞いても、全員がこのようなイメージをしていましたね。実際、世の中に出回っている株式投資の関連本の多くは、イメージ通りの株式投資について解説されています。

また、テレビでは短期間で大儲けした人や大きな借金を抱えた人など、派手な結果を取り上げることが多いです。なぜなら、そのほうが数字が取れるからですね。

そのような情報が溢れかえっているため、投資をギャンブルと勘違いしてしまう人が多くなってしまいます。とくに、テレビの影響は大きいでしょうね。日本人はテレビが大好きですから。

冒頭にも言いましたが、このような行為は確かにギャンブルです。なので、僕はおすすめするつもりはありません。やりたかったら自己責任でどうぞッ!

だからと言って、株式投資がギャンブルとはなりません。なぜなら、このような行為はそもそも株式投資ではないからです

…このような行為はそもそも株式投資ではありません。(大事なことなので2回言いました)

何言ってんだコイツ?

とか思わないでください。これからその理由を説明していきます。

ギャンブルとは?

そもそも、ギャンブルとは何でしょうか?

わかりやすく言うと「金品を賭けて勝負をすること」ですかね。ただ、この場合だと参加費100円、賞金500円でコインの裏表を当てるようなゲームでもギャンブルとなります。

この場合、とてもギャンブルとはならないですよね?

2分の1で当たるのに、参加費は賞金の5分の1だけ。これだとお金を賭けていても勝負の回数を増やせば増やすほど、ただ自分が儲かるだけの勝負です。

ギャンブルの明確な定義はわかりませんが、個人的に思うギャンブルの定義はあります。それは「ゼロサム・マイナスサム」は、ギャンブルということ。

これを知れば、止めたくても止められないギャンブルから足を洗うことができるかもしれませんよ(できるとは言っていない)。

ゼロサムとは?

ゼロサムとは、参加者(プレーヤー)が投じた資金と、配分される賞金の総和が±ゼロになる仕組みを言います。

例えば、友人らと麻雀をしたとき、以下のような結果になったとします。

  • A君は5,000円勝ち
  • B君は1,000円勝ち
  • C君は2,000円負け
  • D君は4,000円負け

勝ち額・負け額はそれぞれですが、差し引きでは±ゼロとなっています。儲けた人のお金は、負けた人のお金を頂いてるということですね。

儲けた人がいる一方で必ず損をする人もいて、その金額の総和は±ゼロになる。これがゼロサムの仕組みです。

勝ち組になるのか、負け組になるのか。どちらかになるなら、これはれっきとしたギャンブルと言えるでしょう。

マイナスサム

ゼロサムが理解できればマイナスサムもわかりますね。参加者が投じた資金と配分される賞金の総和がマイナスになることが、マイナスサムです。

総和がマイナスになる理由としては、その勝負の場を提供する胴元がいることです。一般的なギャンブルである競馬やパチンコなどがわかりやすいでしょう。

競馬は参加者が賭けたお金から約20%を胴元である JRA が徴収し、残りの80%を馬券的中者に配分する仕組みです。

参加者は残りの80%を奪い合うことになり、馬券が的中したときの払戻金は馬券が外れた人のお金を頂くということですね。

決して JRA からお金を頂いているわけではありません。

マイナスサムで儲かるのは基本的に胴元だけで、参加者は損をする仕組みです。

参加者が多ければ多いほど、胴元に入る手数料が増えることになりますから、競馬でどれだけ万馬券が出ても JRA の懐が痛むことはありません。

ただし、運営するには経費が必要なので、一定数の参加者がいなければ赤字になってしまいます。

このマイナスサムで多くの日本人がハマっていることが…

そう、夢の宝くじです。宝くじでは、国が約55%を手数料として徴収しています。僕たちに払い戻されるのは、宝くじの購入額の半分以下なんです。

他のギャンブルと比べても、これはなかなかの超絶ボッタくり商法ですよ。宝くじは1等の賞金が大きいため夢はありますけどね。

また、宝くじの収益金は公共事業などにも使われているため、夢を追いつつお国のために奉仕していると考えると、案外悪くないのかな…と思うこともあります(なんの話や?)。

株式投資はゼロサム?マイナスサム?

では、株式投資はどうでしょうか。

一般的にイメージされている株式投資は基本的に「ゼロサム」です。企業の業績に関係なく、短期的な値動きに賭けて売買をする。

株が高値で売れるのは、高値で買う人がいるからです。株を安値で手仕舞いしたときには、安値で買える人がいます。

そこは参加者(プレーヤー)の資金が行き来しているだけのものであり、儲けた人がいれば必ず損をした人がいます。

ただ、厳密には証券会社が売買手数料を取っているため、その分だけ「マイナスサム」と言えますね。

2017年にブームとなった仮想通貨も、基本的にはゼロサム、手数料を考慮するとマイナスサムとなります。

仮想通貨は、顔も知らない相手とお金の奪い合いをしているに過ぎません。1億円儲けた人がいる場合、どこかで同じだけ損をしている人が出る仕組みです。

一時期、「仮想通貨が儲かる!」と口座開設をすすめる人が溢れかえっていましたが、あれは仮想通貨が儲かるのではなく、口座開設をすすめている人がノーリスクで儲かるのです。

根強く人気があるFXもそうですが、口座開設をしてもらうだけで紹介者には結構な紹介料が貰えるんですね

どれだけ良いように紹介したところで、あなたが行う株式投資・仮想通貨・FXはギャンブルなので、あなたが儲かる保証は何もありません。

むしろ、手数料を取られるマイナスサムである限り、負ける可能性のほうが高いことは間違いありません。

本来の株式投資とは…?

ここまで一般的にイメージされる株式投資がギャンブルである理由を説明してきましたが、それとは違う本来の株式投資とはどのようなものなのか。

本来の株式投資は、ゼロサムでもマイナスサムでもない、参加者全員が利益が得られる可能性のある「プラスサム」なんです。

そんな夢みたいな話があるのか?!と思ったそこのマスオさん。

これは冗談ではなく、真実です。日本だけでなく、世界の経済はこれまで日々成長を続け、発展してきました。

先ほども言いましたが、その中枢を担っているのが株式会社です。そして、株式投資とはそこに出資をすること。

株式投資とは本来、長期的に成長する企業への投資をする行為です。

ただ、なかには経営が上手くいかずに倒産してしまう企業もあります。将来有望だと考えていても、その通りに企業が成長してくれるとは限りません。

そうすると、企業の成長へ投資する行為であっても損をしてしまいます。それだと結局ギャンブルとさほど変わらんな…と思いますよね。

だって、儲かるかも知れないけど損をする可能性もあるんですから。

確かに、確実に儲かるという方法は株式投資にはありません。

しかし、「長期的に考えること」「対象を広く分散すること」を意識すると、損をする可能性は限りなく低くすることができます。

長期的に考える

経済はこれまで成長をしてきましたが、短期的には停滞・減速することもあります。延々と成長し続けることはありません。

停滞・減速はいわゆる不況ですね。ただ、長期的に考えればそれもちょっとした出来事のひとつに過ぎません。

これは米国のNYダウ平均株価の長期的なチャートです。

米国でも過去に何度かの不況(赤丸)が訪れました。短期的=その当時の出来事としては、それはもう悲惨なものだったかもしれません。

しかし、これまでの株価の成長を見ると、リーマンショックですら些細な出来事でしかなかった…ということがおわかり頂けると思います。

米国は今なお、右肩上がりに成長を続けているのです。

成長する企業へ投資をしていても、不況時に慌てて株式を売却してしまうことで多くの人は損をしてしまいます。

しかし、その時期を耐えればいずれ不況は改善され、株価も再び上昇するという歴史を繰り返してきました。

あなたが投資を始めた途端、その歴史が崩れて永遠に不況が終わらない…と考えるのは不自然ですよね?

対象を広く分散する

投資の基本は分散投資と言われます。ひとつの企業に集中して投資をすると、大きな利益を得られる反面、大きく損失を被る可能性があるからです。

もし、20年前に米国のアマゾンに投資をしていれば、今頃はとんでもない富を手に入れることができました。

しかし、20年前にアマゾンが今のようなモンスター企業へ成長していることを、どれだけの人が予測できたでしょうか?

アマゾンが大躍進した一方で、多くの企業は日の目を見ることなく衰退しているのも事実です。

自分が投資した企業がどちらになるか…後者になる可能性が高いのは言うまでもありません。

では、企業を見極める力がない僕のような凡人はどうすればいいのか。それは、成長する国そのものへ投資をすることです。

どこかの企業に投資をするのではなく、米国の企業全体へ投資をすれば、衰退する企業以上に成長する企業が多いため、その恩恵を受けることができるのです。

その恩恵は、先ほどのグラフを見れば一目瞭然ですね。

現在は、投資をする環境も以前に比べると遥かに良くなっており、誰でも米国企業へ投資ができます。

投資信託やETFという商品を通じて、僕たちはプラスサムの株式投資をすることが可能な時代になったのです。

良い時代になったものだ。

僕が目指す究極の株式投資

ここまでの説明で、株式投資はやり方ひとつでギャンブルにもなり、ギャンブルではない資産形成にもなることがおわかりいただけたでしょうか?

未来は不確実である以上、確実に利益が出るとは言い切れないという意味では、思想はどうあれ株式投資はギャンブルに近いかもしれません。

僕には目指してる究極の株式投資があります。それは、保有株を一切売却することなく、生涯持ち続けるということです。

いやいや、売却せな利益もへったくれもないやろこのトーシロが!と思いますか?

株式投資では、株を保有しているだけで配当金が貰えます。それは株を保有している限り、永続的にです(企業が配当を止めれば別ですが)。

株を保有していれば、年金と同じように生涯の収入源に成り得るので、それだけで生活ができるのであれば、株価が上がろうが下がろうが関係ありません。

僕が目指しているのは、このような永続的に収入を生み出してくれる資産を増やすことであり、最も身近で頼りになるのが株式投資だと気付きました。

このとき、僕 32歳。

正直、20代で気付いていれば…とも思いますが、30代前半で気付けたことをプラスに捉え、今後も株式投資を通じて資産形成に励みます。

まとめ

長期的に投資をするには、その対象が今後も成長していくことが前提です。そのため、僕は日本株ではなく米国株を選びました。

つみたてNISAやiDeCoといった、投資をするために有利な制度も整ってきましたが、あまり浸透していませんね。

やはり、株式投資はギャンブルというイメージが強いのでしょう。

つみたてNISAの口座開設数よりも、仮想通貨の口座開設数のほうが多いらしいです。仮想通貨なんて、圧倒的ギャンブルなんですけどね。

日本人はコツコツ真面目に!なんて、どこの誰が言ったのでしょうか。

仮想通貨に夢を見るのは程々にして、株式投資で将来のために資産形成をしておくことをおすすめします。

おしまい。


米国株投資に関する記事を一覧にまとめています。知っておくと人生の役に立つことは間違いないので、ぜひご覧ください。

米国株投資のすすめ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする