【詐欺事件】騙す方も悪いけど、騙される方も一部は自業自得

先日、投資グループ「SENER(セナー)」の関係者8人が詐欺容疑で逮捕されたという事件がありましたね。

あまり詳しく見てないので詳細は分かりませんが、騙されて出資した方たちはさぞお怒りになっていることでしょう。

よく(?)議論されることですが、果たして「騙す方」と「騙される方」は一体どちらが悪なのでしょうか。

スポンサーリンク

騙される方の一部は自業自得

基本的に、僕は騙す方が圧倒的に悪いと思っています。騙す人がいなければ騙される人はいないわけですから、それで事件が起こることはなくなりますからね。

でも世の中には欲深い人が必ずいるため、人を騙してでも儲けようと企む人がいなくなることは有り得ないと思います。

ですから、世の中には騙す人がいるということを前提に生きていかなければなりません。世知辛い世の中です。

ただ、今回の投資詐欺事件に関しては、僕は騙された人はあまり擁護する気にもなりません。もちろん、騙した方を庇うわけではありませんよ。

欲に目が眩んだ人たち

今回の事件で騙された人は、はっきり言うと「楽して金儲けができる」と欲に目が眩んだ人たちではないでしょうか。

おそらく、普段は投資などで不労所得を得ている人に対しては、「あいつら楽して稼ぎやがって…」とか「自分は真面目に働いて生きるんや」とか考えている人も多いはずです。

ですが、投資で楽して稼いでいると考えているのは無知なだけで、投資でもなんでも楽して稼げるようなものは普通はありません。

不労所得を得ている人も、そこに至るまでは様々な苦労や勉強をしており、さらには元本が変動するリスクを背負って行動したからこその結果なんです。

投資による収益が軌道に乗れば、トマ・ピケティが発表したように「r > g」の法則によって、ただ真面目に働くだけの人よりも楽に収入を得ることができるでしょう。

でも、それはその人の努力の賜物によるわけで、何もしようとしていない人からとやかく言われる筋合いは何もありませんよね。

投資に向き合っているかどうか

ただ、そのような人と今回詐欺に遭った人たちが、不労所得を得るために同じように行動したのかと言うと、僕は根本的に違うと思っています。

今回の事件に限らず、投資で騙される人たちは自分でその投資に対してしっかりと向き合っていないからです。

常識的に考えれば、自分の大切な資産を投じるわけですから、何に投資をするのか・なぜ利益が生まれるのか・どのようなリスクがあるのかなどを調べますよね。

それで内容がよく分からなかったら普通は手を出さないはずですが、恐らく勧誘の口車に乗せられて、自分では理解できないけど安心して投資しても大丈夫だと考えてしまうのでしょう。

そうしてしっかりとリスクについて考えないまま、気付いたときには騙されて手遅れになっているんですね。

誰もが騙される可能性はある

自分で考えて不労所得を作り上げた人たちは、元本保証で高額配当や必ず儲かる商品なんて有り得ないことは知っています。

まぁ普通の人ならほとんど知っているとは思いますが、そのような人たちの大半は「投資はギャンブル」だから手を出さないと考える人だと思います。

今回騙された人も他の人たちと同じように、そんな商品あるわけないと考えていたかも知れません。でも、それ以上の知識がないから勧誘の口車に乗せられるんだと思います。

つまり、そんな上手い話があるわけないと叩いている人たちでも、一歩間違えれば自分が騙される側になる可能性は十分に有り得る…と僕は考えています。

「私に限ってそんなことはない!!」と考えている人ほど、騙されやすいんじゃないですかね。(知らんけど)

日本人はとくに投資に疎いですから、リスクとリターンについて理解していない人が多いのではないでしょうか。その関係性を理解していれば、上手い話の真贋は見抜けるはずです。

まぁそれを説明しろと言われても、上手く説明はできないので自分なりに調べていただきたいと思います。(説明はできないけど自分では理解しているつもり)

お金に憑りつかれた人たち

結局、ちゃんと不労所得を得ている人はリスクと向き合って行動しているけど、騙される人はリスクを考えずに「金儲け」に目が眩んでしまっただけ。

だから騙されてもそれは自業自得ですよね~、としか思えないんですよね。騙す方も悪いですが、それで一儲けできると考えてお金を出したのは自分なんですから。

お金の魅力に憑りつかれ、お金に人生を支配されている人…とも言えそうですね。

人の善意に付け込む詐欺は最低最悪

欲に目が眩んで騙された人たちは、自業自得で擁護する気にはなりません。しかし、世の中には人の善意に付け込んで詐欺を働く輩もいます。

振り込め詐欺とか振り込め詐欺とか…振り込め詐欺とか?

これらの被害者は、自分の欲とは関係なしに騙されてしまうわけで、良くも悪くもお人好しということになります。

これも普通に考えれば○○万円必要になったから振り込んでくれ…なんてそうそう起こることはないですし、騙されるのが不思議に思えてきます。

ただ、稀にでもそういう事態は起こってもおかしくはありませんし、身内のこととなると、突然言われたら冷静な判断ができなくなるのかなぁとも思います。

で、本当に心配してお金を振り込んでいる人の気持ちを考えると、このような手口で人を騙す輩はもはや人ですらないと感じますし、できることならこのような輩がいなくなってもらいたいですね。

まとめ

欲に目が眩んで騙されるヤツは自業自得ッ!!

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉あります。今回騙された人たちは、この経験を教訓にして楽に金儲けはできないことを学んだでしょう。

ですが、投資による不労所得を得ることは、決して悪いことではありません。楽して稼ぐことはできませんが、投資でも努力すれば相応の見返りを得ることは可能です。

騙されたから投資なんてクソやと思考停止するより、失敗(経験)から学び、どうしたら自由に生きるための収入を得ることができるのかを考えてもらいたいですね。

このブログでも紹介している米国株への長期投資は、その手段の一つと成り得ると思っていますので、投資に関する記事もご覧になっていただければと思います。

おしまい。

米国株投資のメリット・デメリット

【初心者にこそ最適】米国株投資のメリット・デメリット
預貯金だけではお金が増えないこの時代、株式投資で少しでもお金を増やせたら…と思いませんか...

株式投資とギャンブルの違い

【初心者必見】株式投資は決してギャンブルではない確かな理由
株式投資はギャンブルだ!なんて思いこんでいるそこのアナタ。イメージだけで思い込んでいると...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする