【つみたてNISAやiDeCoにも】米国株投資にお勧めの証券会社

米国株投資をするには証券口座の開設が必要ですが、手数料や取扱銘柄の関係でお勧め出来る証券会社は僅かしかありません。証券会社の口座開設だけなら無料なので、いくつかの証券会社で口座を開設しても大丈夫です。

ここでは米国株への長期投資に最適な証券会社を紹介していきます。

スポンサーリンク

米国株投資にお勧めの証券会社

早速ですが、米国株投資にお勧めの証券会社は「SBI証券・マネックス証券・楽天証券」です。これらの証券会社は売買手数料・取扱銘柄などにおいて、他の証券会社よりも優れているため、いずれかを利用するのがベストです。

手数料に関しては3社とも横並びで、2019年7月にマネックス証券が先んじて最低手数料を引き下げましたが、他社がすぐに追随してあっという間に最低手数料は 撤廃となりました。

勘違いしてはいけないのは、最低手数料が無料と書かれていても、基本的な売買手数料として約定(取引)代金の0.45%(税抜)は必要なので、手数料は発生するということです。

これまで個別株やETFでは少額投資が難しかったのですが、最低手数料が撤廃されたことで問題は解消されましたね。一方、最大手数料は20ドルとなっているので、一度に大きな金額で買付できるほど手数料比率は下がってお得になります。

つまり…金持ちが有利ってことです。てやんでいッ!

約定代金手数料比率
100ドル0.45ドル0.45%
5000ドル20ドル0.4%
10000ドル20ドル0.2%

また、取扱銘柄に関しても、米国株の長期投資に適した銘柄は3社とも問題なく取り扱っています。そのため、どこを利用しても問題なく資産形成は出来ると言えますが、各社の特徴を簡単に紹介しておきます。

SBI証券

SBI証券は「個別株」や「ETF」で運用したい人に最もお勧めの証券会社。そのメリットは、他社に比べてドルへの為替手数料が大幅に安くできることです。

個別株やETFは基本的にドルで取引することになりますが、SBI証券は住信SBIネット銀行と連携しており、住信SBIネット銀行では1ドルあたり4銭の為替手数料でドルを購入できます。

SBI証券に円のままお金を置いておき、取引時に自動的にドルで買い付けてくれる方法(円貨決済)もありますが、その場合は1ドルあたり25銭の為替手数料が必要になり、これだと他社と同額なのでお得になりません。

  • 円貨決済 or 他社…1ドルあたり25銭
  • 住信SBIネット銀行…1ドルあたり4銭

住信SBIネット銀行の口座にあるドルは、SBI証券の口座へ簡単に移行できます。他社とは連携していないため、これはSBI証券だけのメリットです。

米国株取引をするには「外国株式取引口座」が必要ですが、SBI証券の口座開設と同時に申し込めます。住信SBIネット銀行の口座も同時に開設できるので、申込時に一緒に開設しておきましょう。

SBI証券の口座開設

マネックス証券

マネックス証券はSBI証券より取引できる米国株の銘柄が多いため、自分で企業を分析してお宝銘柄を発掘したいような人にはお勧めです。

また、2020年1月7日まで、1ドルあたり25銭の為替手数料を無料にするキャンペーンも行っています。期間は予定となっているため、延長される可能性もあるかもしれません。

とはいえ、個別株には興味がなく、淡々とETFや投資信託の積立をしていきたい人にとっては、それほどメリットがあるわけではありません。

マネックス証券の口座開設

楽天証券

楽天証券は「投資信託」や「つみたてNISA」で運用したいという方に最もお勧めの証券会社です。投資信託は円での取引なので、為替手数料は気にする必要がありません。

楽天証券では投資信託の購入に楽天カード決済ができるようになり、購入金額(月5万円まで)の1%がポイントとして還元されます。ポイントは投資信託の購入にも充てられるので、実質1%の利回りUPとも言えますね。

つみたてNISAの非課税枠は年間で40万円なので、月額では約3万円。これをカード決済にすることでお得に利用できます。もちろん、余裕があれば通常の取引口座でも購入すれば良いですしね。

これは他社にはないサービスなので、現状つみたてNISAは楽天証券が最も効率が良いのは間違いありません。(今後は他社がどう出るか分かりませんが)

楽天証券の口座開設

iDeCoの加入にもおすすめ

つみたてNISAは楽天証券がお勧めですが、iDeCoならSBI証券もしくはマネックス証券がベスト。楽天証券も悪くはないですが、現状では取扱商品で少し劣ります。(個人的な意見)

SBI証券とマネックス証券は、米国の優良企業500社へ投資する「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」を取り扱っています。なお、同商品は2019年11月12日からは信託報酬が大幅に引き下げられます。

楽天証券は「楽天・全米株式インデックス・ファンド」がありますが、運用にかかるコストの点でやや分が悪い。ただ、こちらも良い商品であることには違いなく、今後はコストの引き下げがされる可能性も十分に有り得ます。

これらの商品に共通するのは、投資の知識がなくてもただ保有しているだけで資産を増やせる可能性が高いということ。また、この3社はiDeCoの運用に必要な手数料も最安水準なので、他の金融機関を使う理由はありませんね。

ただし、iDeCoは一つの金融機関でしか口座開設できないため、十分に検討してから加入するようにしましょう。(移行は可能ですが手数料が必要)

まとめ

それぞれの特徴を一覧にします。

 SBI証券マネックス証券楽天証券
売買手数料
為替手数料
個別株・ETF
投資信託
つみたてNISA
iDeCo
サポート
総合評価

今後、各社がどのようなサービスを提供するかは分かりませんが、ここまで解説したサービスの違いも含め、それが最重要ポイントではありません。

最も重要なのは、投資を始めようと考えているなら「とにかく始めてみる」こと。実際に投資をしなければ、その恩恵を受けることはできませんから。

最低手数料が撤廃されたことは何よりですが、今後は基本の取引手数料を引き下げてもらえるよう、各社ともに頑張っていただきたいですね。

おしまい。


こちらの記事も参考に!

各社の口座開設を画像付きで解説しています。投資をしたことがない人にとっては悩む箇所が出てくると思うので、こちらを参考にしてください。

【SBI証券】口座開設の方法を画像付きで紹介します
SBI証券は住信SBIネット銀行と連携し、ドルを購入するための為替手数料が他社に比べ大幅...
マネックス証券での口座開設の流れを画像付きで紹介
マネックス証券は米国株の売買手数料を大幅に引き下げたことにより、これまでより遥かに手軽に...
【つみたてNISAにお勧め】楽天証券の口座開設の手順を画像付きで解説します
証券会社の口座開設はネットから簡単に申し込めますが、友人が開設したときには用語の意味が分...

シェアする

フォローする