米国株投資にお勧めの証券会社【SBI証券・マネックス証券・楽天証券】

最近、投資に興味を持つ人が少しずつ増えてきたように思います。実際はどうか分かりませんけど、この記事をご覧になっているということは、そういうことなんでしょう。

このブログでは投資で資産形成を行うことを推奨していますが、投資対象は日本株ではなく米国株を挙げています。

投資経験者であっても米国株投資は身構えるかも知れませんし、これから投資を始めたいという方なら尚更でしょう。しかし、資産形成をするなら米国株が断然良いです。

【初心者にこそ最適】米国株投資のメリット・デメリット
これから株式投資を始めようとする投資初心者の方は、まず日本の株で取引をしようと考えると思い...

今回は、米国株投資をするのにお勧めの証券会社を紹介していきます。

米国株投資なんて難しそうだし、しっかり勉強してからじゃないと…と考えるより、まず行動してみることで得られるものは大きいです。

米国株だからと言って英語なんかできなくてもノープロブレム。

あいきゃんのっとすぴーくイングリッシュ!!ぷりーずニホンゴ!!

今や米国株ブロガーが溢れ(?)、有益な情報をたくさん提供してくれています。

しかも…無料で!!

いい時代になったものだ。

スポンサーリンク

米国株投資を始めるには?

米国株の取引をするのに必要なステップは以下の3つ。

米国株投資のステップ

1.口座開設
2.入金(円→ドルを購入)
3.ネットで購入(売却)指示

米国株はETFなどを通して円でも購入できますが、通貨も日本円だけでなく分散させることが重要なので、ドルで購入するほうが良いとおっしゃる方も多いです。

僕は正直どっちが良いのかよく分かりません。

口座を開設できる証券会社はたくさんありますが、それぞれ取引形態や取引額で手数料が違います。その中で米国株投資をするのなら、大手ネット証券のSBI証券マネックス証券楽天証券のいずれかで口座を開設することをお勧めします。

各社の特徴

投資をする際に、手数料の高低は重要な要素の一つになります。

2018年10月現在、3社の売買手数料はいずれも同じで、以下のようになっています。

売買手数料(税込)

・基本手数料…約定代金の0.45%(0.4867%)
・最低手数料…5ドル(5.4ドル)
・上限手数料…20ドル(20.4ドル)

これは通常の取引口座(特定口座)の手数料で、NISA口座での買付となると、各社で若干の違いがあります。

NISAの買付手数料

・SBI証券…個別株→通常と同じ・ETF→無料
・マネックス証券…個別株・ETF→実質無料
・楽天証券…個別株→通常と同じ・ETF→実質無料

SBI証券と楽天証券では、個別株の買付では通常と同じ手数料です。マネックス証券だけ、個別株でも「実質無料」となっていますね。

実質無料の意味は、手数料分が後ほどキャッシュバックされるため、差し引きの負担がゼロになるということです。

無料との違いですが、キャッシュバックは雑所得とみなされるため、キャッシュバックの金額が多い場合は確定申告が必要になる可能性があります。

庶民レベルでは気にする必要はないかも知れませんが、他の雑所得がある場合は気を付けておきましょう。

SBI証券はETFのみ完全無料となるので、金額が多くても税金の心配などは必要ありません。

いずれも「買付」に関しての手数料で、売却時には通常の手数料が必要となるので間違えないように注意してください。

その他の特徴は以下の通りです。

SBI証券の特徴

・外国株式取引口座が必要
・外国株式取引口座は申込時に同時開設可
・日本円のまま米国株の買付可能(円貨決済)
・円貨決済の為替手数料は1$あたり25銭
住信SBIネット銀行を利用すれば1$あたり4銭
・SBI証券と住信SBIネット銀行間の入出金は無料

マネックス証券の特徴

・口座開設後、ログインして手続きすれば米国株の取引が可能
・ドルでの買付しかできない
・1$あたりの為替手数料は25銭
・個別株の取り扱い銘柄数が多い

楽天証券の特徴

・口座開設すれば自動的に米国株取引も可能
円貨決済に対応
・1$あたりの為替手数料は25銭
・楽天サービスとの連携がある
・投信積立にクレジットカード払いが可能
楽天スーパーポイントが貯まる
・楽天スーパーポイントで投信が購入可能

お勧めはSBI証券or楽天証券

どの証券会社でも長期投資に適した銘柄は取り扱っていますので、後は手数料やサービス内容から選ぶことになります。

為替手数料を考えればSBI証券が最もお得ですし、楽天ユーザーなら楽天証券のサービスも悪くありません。

とくに、楽天証券でつみたてNISAを利用すれば、月に100ポイント程度を自動的に獲得することも可能なので、その分リターンが上乗せされるとも言えます。

ただし、ハッピープログラムにエントリーし、複数の投信で毎日積立を行うなどの必要があるので、よく分からないという方には向いていません。

現状、マネックス証券の優位性があまり感じられませんので、最もお勧めはSBI証券、次点で楽天証券ということになります。

住信SBIネット銀行でドルを購入する方法は、こちらの記事で紹介しています。

【PC版】住信SBIネット銀行でドルを購入する方法を画像付きで紹介
米国の個別株に投資をするにあたり、日本円をドルに換えるには為替手数料が必要です。 こ...

まとめ

米国株投資をするなら、証券会社はこの3社のうちから選ぶことになるでしょう。

口座開設は無料ですので、いつどこがお得なサービスを始めるか分かりませんし、全て開設しておいても問題はありません。

口座を開設して入金すれば、いよいよ米国株を購入する準備完了です。将来の不安を和らげるためにも、コツコツと投資を継続していきましょう!!

以下の公式サイトから口座の開設ができます。

SBI証券
マネックス証券
楽天証券

おしまい。

SBI証券で米国株を購入する方法を解説しています。

SBI証券で米国株を購入する方法を画像付きで紹介
米国株への長期投資は誰でも出来る簡単な方法で、ほぼほったらしでも高いリターンに期待が出来る...

自分年金制度のiDeCoも活用しましょう。

iDeCoのメリット・デメリットを紹介。将来に向けてお得な制度を有効利用しましょう。
2017年から個人型確定拠出年金・通称iDeCoの加入対象者が拡大し、少しずつ加入者が増加...