米国株投資におすすめの証券会社を紹介

日本では株式投資をしている人は少数派ですが、そのなかでも米国株投資となるとさらに少数派です。

にもかかわらず、この記事をご覧になっているのは米国株投資に興味をお持ちになられたからでしょう。

ただ、米国株投資をしようと思ってもどうすれば良いのかわからない…となってしまうのも仕方ありません。

とはいえ、米国株投資は全く難しいものではありません。証券会社に口座を開設し、取引するだけですから。

ここでは米国株投資に適した証券会社を紹介していきます。

スポンサーリンク

米国株投資におすすめの証券会社

米国株投資ができる証券会社は多々ありますが、僕たちが最重視するべきは手数料です。手数料には売買手数料・為替手数料・信託報酬などがあります。

個別株・ETFで運用したいなら売買手数料と為替手数料、投資信託で運用したいなら信託報酬を気にするようにしてください。

それらを踏まえると、おすすめの証券会社は大手ネット証券のSBI証券・マネックス証券・楽天証券となります。

最低手数料の撤廃

2019年7月に、上記3社で米国株取引の最低手数料の大幅な改定がありました。

これまでは各社で基本的な取引手数料は約定(取引)代金の0.45%、最低手数料が5ドルとなっていましたが、最低手数料が撤廃されることに。

これなら米国の優良企業を1株ずつ購入することも可能ですし、個人で少額から広く分散投資することもできそうです。

最大手数料は各社20ドルなので、一度に約4444ドル以上の買付ができると手数料比率を抑えることができます。

約定代金手数料比率
100ドル0.45ドル0.45%
5000ドル20ドル0.4%
10000ドル20ドル0.2%

SBI証券

SBI証券は「投資に興味はないけど、資産形成のためにしておきたい」と考える投資初心者に最もおすすめで、僕も実際に利用しています。

SBI証券のメリットは、他社に比べてドルを購入する際の為替手数料を大幅に安くできることです。

米国株はドルで購入することになるため、事前に円をドルにしておくか、取引時に証券会社が自動的にドルで買い付けてくれる円貨決済で取引をします。

ただし、円貨決済は1ドルあたり25銭の為替手数料が必要ですが、SBI証券なら住信SBIネット銀行を利用することで、1ドルあたり4銭に抑えることが可能です。

  • 円貨決済 or 他社…1ドルあたり25銭
  • 住信SBIネット銀行…1ドルあたり4銭

住信SBIネット銀行でドルに替えるため、円貨決済よりひと手間かかることになりますが、それを補って余りあるほどのメリットがあると言えるでしょう。

住信SBIネット銀行でドルを購入する方法

米国株取引をするには外国株式取引口座の開設をする必要がありますが、SBI証券の口座開設と同時に申し込むことができます。

SBI証券の口座開設

マネックス証券

マネックス証券は、SBI証券より取引できる米国株の銘柄が多いため、自分で企業を分析してお宝銘柄を発掘したいような人にはおすすめですね。

また、2020年1月7日までは、1ドルあたり25銭の為替手数料を無料にするキャンペーンも行っています。

とはいえ、個別株の取引には興味がなく、淡々とETFの積立をしていきたい人にとっては、基本的に為替手数料が安いSBI証券のほうが良いでしょう。

マネックス証券の口座開設

楽天証券

楽天証券は、投資信託で運用したい方におすすめです。投資信託は日本円で取引するので、為替手数料を気にする必要はありません。

また、投資信託の積立を楽天クレジットカード決済にすることで、積立額(上限月5万円)の1%が楽天スーパーポイントで還元されます。

つみたてNISAは非課税枠が年間40万円なので、月額だと約3万円でポイント還元の上限以下となります。

そのため、つみたてNISAは楽天証券を利用するのが最も効率が良いと言えるでしょう。

つみたてNISAで取り扱っている商品は、買付手数料が無料なので少額でも気にしなくても大丈夫です。

楽天証券の口座開設

iDeCoの加入にもおすすめ

ここで紹介した証券会社は、iDeCoの運用にもおすすめです。

SBI証券とマネックス証券は、米国の優良企業500社への投資ができる「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」が、楽天証券は「楽天・全米株式インデックス・ファンド」があります。

これらは投資の知識がなくても、ただ保有しているだけで資産形成ができる可能性が高い商品です。

また、3社とも運用に必要な手数料も最安水準なので、iDeCoの加入にはいずれかの証券会社を利用されることをおすすめします。

※ iDeCoはひとつの金融機関でしか口座開設ができません。

iDeCoでおすすめの金融機関

まとめ

それぞれの特徴を一覧にします。

 SBI証券マネックス証券楽天証券
売買手数料
為替手数料
個別株・ETF
投資信託
つみたてNISA
iDeCo
サポート
総合評価

何回も問い合わせたわけではないですが、楽天証券は返信が少し遅いです。マネックス証券は問い合わせをしたことがないので不明。SBI証券はすぐに返信されるので、サポートも悪くないと言えますね。

ただ、そもそも問い合わせをする機会はほとんどないと思うので、あまり気にしなくても良いとは思います。

最低手数料が実質撤廃されたことは何よりですが、今後は基本の取引手数料を引き下げてもらえるよう、各社ともに頑張っていただきたいですね。

おしまい。


口座開設には聞きなれない単語が出てくるので、こちらの記事を参考にしてください。

SBI証券の口座開設方法

マネックス証券の口座開設方法

楽天証券の口座開設方法

スポンサーリンク

シェアする

フォローする