30代で株式投資、始めました

このブログを読んでくれているのは何歳くらいの人でしょうか?

僕は1983年生まれで、ごく平凡な人生を歩んできました。

そんな僕が投資に興味をもったのは32歳のとき。

投資とは株式投資のことです。

話すと長くなるので省略しますが、僕は27歳で会社勤めに見切りを付けます。

その後、僕はスロットをして稼ぐ生活をしていました。(平凡じゃない)

話すと長くなるので省略しますが、スロットも投資もギャンブルです。

しかし、決してギャンブルではないことを分かっていただきたい。

何言ってんだコイツ…?

と思った方、話すと長…

とにかく30代になって投資を始めました。

今になって思うのは、もっと早くから始めておけば…ということです。

縁あってこの記事を見てくれた方に、投資の重要性を気付いてもらえればと思います。

スポンサーリンク

投資に興味をもったきっかけ

20代後半と言えば、仕事をしていく上で非常に重要な時期です。

そんな時期に、僕は働くのを辞めてスロットで生活費を稼ぎ始めました。

きっかけはコンビニの雑誌でしたが、最初は本当に稼げるとか思ってた訳ではないです。

でも本当に稼げるなら…との思いでやってみた結果、本当に稼げてしまったんですね。

しばらくは実家にいたこともあり、27歳で全財産が5万円だった男(悲惨)は、その後数年で全財産を100倍以上に増やすことに成功。

しかし、いつしか

このまま貯金しているだけええんか?

など考えるようになります。

いつまでもスロットだけで稼ぐのも何か違うよなぁ…と思っていたこともあり、この頃から株式投資について調べるようになりました。

スロット生活によって得られた最大のメリット

僕はもともと経済的なことに興味はなく、株式投資も伸るか反るかのギャンブル的なものだと思っていました。

あなたが考えているのと同じように…です。

しかし、数年間のスロット生活で、僕はギャンブルで勝てる仕組みを理解しました。

その仕組みを理解していたからこそ、やり方ひとつで株式投資はギャンブルではなくなることを理解することができたと思います。

一般的にスロットが勝てない理由はこちらの記事でまとめています。

スロットが勝てない絶対の理由。それでもあなたはスロットを打ちますか?
あなたはスロットで負け続け、悔しい思いをしていませんか? この記事を読めば、あなたは今後負けなくなるかも知れません。 (負けない...

僕がスロットで勝てたのは、スロットで勝てない理由と逆の行動をしていたからです。

その仕組みは、他のあらゆるギャンブルにも通じるものであり、それは株式投資にも当てはまります。

僕はスロットを通して偶然にも、株式投資で負ける方法も学んでいたことになります。

そのため、始めからそのような投資には手を出さずに済んだのです。

一般的にスロットで生計を立てるような人間は、社会の悪として捉われ気味です。(否定はしませんが)

しかし、僕にとってスロット生活は金銭面だけではなく、このような考え方を学べたことが最も価値のなることだったと思っています。

幸か不幸か、これによって実家の金銭問題に対応できたと言っても過言ではなかったです。

お金に苦労する親の考え方
僕の実家はお世辞にも裕福とは言えません。 バブルの頃は小さい家が高く売れたとかで、一時はお金があったようですがそれも昔。 今では...

ギャンブルとしての株式投資

一般的な株式投資のイメージはどのようなものでしょうか?

恐らく、ほとんどの人は…

このような場面を思い浮かべるでしょう。

パソコンの前に陣取り、株価のチャートを見ながらカチカチカチッ!!

これが多くの人が思う株式投資です。(ですよね?)

しかし、これらの取引は投資ではなく、投機と呼ばれるものです。

この方法では、上手く行けば短期間で大金持ちになることも可能です。

たまにメディアで取り上げられる、○億円稼いだという天才トレーダーなどがそうです。

彼らは特別な存在で、株式投資の才能があったから大金持ちになったのでしょうか?

僕はそうは思っておらず、ここで取り上げられた人はたまたま、運よく相場が予想通りになって利益を上げられただけだと思っています。

株式市場はいつか必ず暴落するときが来ますが、このような取引をしている人のほとんどは、その暴落時に多大な損失を被るでしょう。

それ以前に、利益を上げている人よりも損失を出している人の方が多いのが現実ですけどね。

投機では利益を出した人と同じだけ、損失を出す人が存在します。(人数ではなく金額)

大勢の負け組の上に、ごく少数の勝ち組が存在するのが投機の世界。

投機では運に左右される割合も大きく、僕は投機=ギャンブルと考えていいと思っています。

株式投資とは

一般的に考えられている株式投資は投機であって、それはギャンブルです。

では、僕が考える株式投資はどのようなものなのか。

それは、長期的に成長が見込める企業への、長期的な投資です。

そして、将来的に十分な資産形成ができるものだと考えています。

スロットでも勝つために重要なのは、長期的な結果を考えること。

正しいやり方なら長期的になればなるほど、運に左右されることが少なくなるからです。

これは株式投資でも同様で、投資をする以上は運に左右される要素はなるべく排除することが重要なのです。

長期成長企業への投資

長期で考えればどこに投資しても良いということではありません。

長期投資をしていても、投資先の企業が利益を上げられないような業績では逆効果です。

長期投資を行うには、将来的に成長を続ける企業へ投資する必要があります。

では、長期的に成長を続ける企業を、我々一般ピーポーはどうやって探せば良いのか?

ハッキリ言って、素人には個別企業を分析して探し当てるのは無理でしょう。

ほな素人はどうしようもないのか…ということではありません。

個別に選別するのが無理なら、国ごとまとめて投資すれば良いのです。

成長が見込める国、それが米国

国に投資をすると言っても、やはり低成長 or 後退している国では意味がありません。

しかし、世界にはこれまで常に成長し続けている国があります。

それが、米国です。

先進国の中で唯一人口が増え続け、世界の中心であり続ける米国。

100%ではないですが、今後も成長し続ける可能性は限りなく高いと思います。

また、米国企業は株主への利益還元に積極的であり、他のどの国よりも安定して利益をもたらしてくれる可能性が高いのです。

僕たちは、米国の優良企業で構成されるNYダウ工業株30種や、もっと幅広い企業を対象としたS&P500に投資することで、米国企業全体に投資ができます。

ジェレミー・シーゲル氏の調査によると、1802年以降、普通株のインフレ調整後のリターンは、年率6.5~7%ほどになることが判明しています。

今後も同じような数値になるかは分かりませんが、過去200年ほど様々なことが起こったにもかかわらず、同じような成長をしていることを考えると、今後も同等の成長をする余地は十分にあると考えられます。

まとめ

僕が株式投資を始めたきっかけは、貯金だけで将来大丈夫なのかと漠然と思ったから。

スロット生活で得た知識により、投機的な取引に手を出さずに済んだのは幸運とも言えます。

そして、株式投資を始めてから約1年で米国株に出会います。

米国株への長期的な投資は、投資の知識がなくても誰もができる簡単な投資法です。

むしろ米国の企業全体へ投資をすることが、素人ができる投資の最適解。

また、長期投資では短期間でお金持ちになることは不可能です。

しかし、時間を掛ければ誰でもお金持ちになれる可能性もあります。

短期間で大金持ちを目指し投機に手を出すか、長期的にゆっくりお金持ちを目指すかは自分次第です。

おしまい。

投機的な取引はマイナスサムゲームです。

短期投資と長期投資について。

短期投資と長期投資について。投資初心者が行うべき投資とは?
株式投資というと、どのようなイメージを持つでしょうか? おそらく、投資をしたことがない人のほとんどは、パソコン画面に映る訳の分からない...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする