【まだ遅くない】30代で株式投資を始めました

僕は1983年生まれの、ごく平凡な人生を歩んできた男です。そんな男が投資に興味を持ち、株式投資を始めたのが32歳のとき。

話すと長くなるので省略しますが、僕は27歳で会社勤めに見切りを付け、それからはスロットで稼ぐ生活をしていました(平凡じゃないね)。

今になって思うのは、もっと早くから始めておけば…ということです。縁あってこの記事を見てくれた方に、投資の重要性に気付いてもらえればと思います。

スポンサーリンク

投資に興味をもったきっかけ

20代後半と言えば、仕事をしていく上で非常に重要な時期です。そんな時期に、僕は働くのを辞めてスロットで生活費を稼ぎ始めました。

きっかけはコンビニの雑誌でしたが、最初は本当に稼げるとか思ってた訳ではないです。でも本当に稼げるなら…との思いでやってみた結果、本当に稼げてしまったんですね。

おかげで同年代の平均的な給料以上に稼ぐことができ、もともとお金をあまり使わないので、気付けばある程度の貯蓄ができていたのです。

いつしか、「このまま貯金してるだけでええんかな?」と考えるようになり、安易ですが株式投資に興味を持ち始めました。

長期投資を始めよう

スロットで稼ぐために必要なことは、「長期的な視点で考えること」でした。1日単位の収支では負けることはあっても、1ヶ月、1年と期間を長く取るほど、やることをやっていれば負けないからです。

調べていくうちに、株式投資も短期的なトレードではなく、長期的に企業へ投資をしていくことが重要だと気付きます。

スロットも株式投資も、長期になるほど運に左右される要素が少なくなるからです。しかし、それを理解できるかどうかは知識や経験がものを言うでしょう。

僕の場合、スロットで長期的には負けないということを実際に経験していたことが、長期投資の優位性に気付くことができた大きな要因でした。

もちろん、スロットは適当にやっていて勝てるほど甘くはありませんよ。勝つための立ち回りを続けてこそです。

長期投資でも適当にやるのではなく、長期投資に適した企業を選ばなければなりません。それが、株式投資を始める上での一番ネックになる部分でした。

だって、経済のド素人がそんな企業をどうやって見つけられるのでしょうか。

経済に精通している人でも、これからどんな事業が成長していくかを見抜くのは容易ではありません。

とは言うものの、やってみなければ始まらないのも事実。素人なりに、これから株価が上がっていきそうな企業を探し、とりあえず投資を始めてみました。

1年後に転機が訪れる

結果として、最初に選んだいくつかの銘柄では、トータルでそれなりに利益を出すことができました。ただ、結果的には運が良かっただけ…と思います。

長期投資として臨んだはずが、およそ1年後に転機が訪れます。それが、米国株投資との出会いです。

それによって保有していた日本株は順次売却し、その資金は米国株へ回していきました。

米国株は、これまで右肩上がりに成長を続け、その理由を考えるとこれからも成長を続けていく可能性が高い。個別の企業ではなく、国全体への投資をしておけば、その恩恵に授かれる。

それが、経済のド素人である僕でもできる、間違いの(少)ない投資だと思った理由です。国全体への投資とは、投資信託やETFという商品を通じて分散投資をすることです。

国全体へ投資をすると、個別で衰退する企業があったとしても、他に成長する企業が多ければ、トータルで資産が増えていくことになります。

つまり、どの企業が伸びるか衰退するかを考える必要はなく、成長する国を考えれば良いのです。

日本は少子高齢化が進み、これらかの経済成長にはとても期待できません。そのため、日本全体への投資は報われない可能性が高く、個別企業を選別しなければ資産を増やせないのです。

でも、ほとんどの人にはそんなこと簡単にはできませんよね。もちろん、僕も例外ではないです。だから僕は米国株投資を選びました。

これまで成長してきたからといって、これからも確実に成長する保証はありません。しかし、人々がより良い暮らしを求めて生きていく限り、これからも米国は成長していくと思っています。

長期投資は簡単!だが難しい…

米国株への長期投資は、米国全体に投資ができる投資信託やETFを定期的に購入し、保有し続けるだけです。

英語が喋れる必要はありませんし、別に投資の知識がなくても問題ありません。ただ保有しているだけでいいんですから。

僕も投資の知識が豊富なわけではありません。企業の分析なんて一切できないし、これからどんなジャンルの企業が成長するかなんてわかる訳もない。

ただ、米国株へ投資をしておけば資産形成ができる、その理由を知っているだけです。だから、小難しいことを知らなくても長期投資を実践できています。

それでも、長期投資を実践できる人はそう多くないでしょう。長期投資では、短期間でお金持ちになることは不可能だからです。

途中、株価の暴落によって株を手放してしまうかもしれません。途中、Amazonのようなメキメキと成長する企業へ乗り換えてしまうかもしれません。

長期投資を始めるのは簡単ですが、それを実践し続けることは想像以上に難しいのです。

まとめ

僕は30代前半で米国株投資を始めましたが、あなたが40代でも50代でもまだ遅くはありません。要はやるか、やらないかです。

個別企業への投資を否定はしませんが、「誰にでもできる」「知識ゼロでもできる」投資という点で、僕は米国株への長期投資をお勧めします。

米国株投資で資産形成ができる理由は、このブログで紹介していますので、目を通していただければと思います。

おしまい。


日本一アンチが多い米国株ブロガー(?)であるバフェット太郎さんが手がけた一冊。初心者にも分かりやすい漫画形式なので、米国株投資を学ぶ最初の一冊には最適です。

米国株投資をするなら一度は目を通しておきたい一冊。読書の習慣がない人には分厚くて取っ付きにくいですが、過去のデータなどを取り上げているため、投資をしたことがなくても理解しやすいと思います。

米国株投資のメリット・デメリットをまとめています。

【初心者にこそ最適】米国株投資のメリット・デメリット
預貯金だけではお金が増えないこの時代、株式投資で少しでもお金を増やせたら…と思いませんか...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする